2010年03月15日

ホワイトデーの翌朝、男たちはこの行事の意義を鑑みる

おはようございます!
笹竹 政村です。

今年はバレンタインが日曜ならホワイトデーも日曜で
この機会に告白したり、最初の第一段階を意中の相手に対し
意識付けさせてもらおうとする戦略が、
どうしても一般論的に考えると平日バレンタイン、
平日ホワイトと較べると弱いものがあったかも知れませんね。

それは皆が皆、<職場恋愛>、<カルチャースクール恋愛>、
お酒の場などの<社交場恋愛>をしている比率が高い、
だから顔を合わせる大義名分がなくなる・・・などという
ステレオタイプな意味だけではなく

クリスマスも、春先のこれら一連の行事も平日の方が
仕事場で皆が競い合うように、アポが入っている夕方めがけてテンションを上げていく様が
何ともいい意味で皆さん、
欲が表情や雰囲気に出て
臨場感があるように
私もサラリーマン時代感じたものですから・・・。




私は67(昭和42)年生まれで物ごころついた時から
その時点でバレンタインという習慣は世間に根付き始めていましたが
ホワイトデーというのは昭和50年代中盤にかけて
菓子業界はもとより、多くのホワイトデー収益を期待する様々な業種、
それを取り上げる女性誌、男性誌(エロ本はこの場合除く)の
熱心なキャンペーンにより定着していったような意識が私にはあります。


ホワイトデーの明確な由来に関しては

「All About」にわかりやすく解説されていたので
以下に引用致します。

続きを読む

kokasita at 05:01|PermalinkComments(6)TrackBack(0)恋愛 | 男性側の問題

2010年02月24日

久しくお相手がいないあなたへの手紙

久しくお相手がいないあなたへ

寂しくはないですか?
寂しさから目を背けるのはきっとやめた方がいい
寂しいと思う本当の自分の心をむしろ大切にしてみませんか?

「そんな感情を大切にしたら身が持たないよ」
・・・
確かにその通りかも知れません

でも寂しいと思う本当の貴方の心こそが
貴方にお相手を引き合す最大の力となるに違いない・・・
私は、常日頃からそう思っています

私自身、20代後半から相手が切れて以来、
今のかみさんと出会うまでの5年間ほど
孤独に震える月日を過ごしました

時が私の恋愛を解禁し(笑)
かみさんと出会って、好感を持ち、付き合うまでの間、
自分の中でどんどん相手に愛情を高められることが出来たのは

きっと<ひとりぼっちは嫌だ!>という正直な気持ち、
<愛したい、愛されたい!>という素直な欲求を枯らしていなかったからだと感じます

本当の自分の感情に目を背けても
本当の自分はきっとごまかしきれないもの・・・

ならばそれを認め、むしろその感情におびえるのではなく
その感情を利用してやりましょう・・・!!

<寂しい・・・>

その素直な貴方の感情にはものすごい爆発力や
行動力が秘められているのですから・・・!

不定期更新が続き申し訳ありません。
今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

笹竹 政村 2010年2月24日


メンズスキンケアショップのエムコスメ


kokasita at 01:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)雑感 | 恋愛

2010年02月14日

「バレンタイン」で緊張している貴方へ・フリーライターからのメッセージ

皆さんこんにちは!
笹竹 政村です。

バレンタイン当日の昼間ということで
のそのそと床を抜け出し、ブログ更新開始です。

・・・えーっとですね・・・
ちょっと昨日痛いものを見てしまったんですよ。
一応、考えた上でその当該する人や皆様の糧となれば良いかなと思い
稿を立ち上げます。

昨日のお昼時、私がよくスープカレーを食べに行く札幌近郊の
少し手狭なカレーハウスに高校生か専門学校生かと思わしき二人とも結構気合い入れて
びしっとキメたいでたちの
カップルか?カップル未満か?

が、私の方から一挙一動見えるポジションにご来店、ご着席されました。




近年のご他聞に洩れず、女子側が明朗快活、場慣れしていました。
男子側がもやしっ子(古い表現スマソ)みたいな所謂、典型的草食系。
髪型はウルフでキマッていて、モテ面に類するタイプであるとは思いました。
ただキョドがちょっと酷い。




「ふーん、カレー屋で前日バレンタイン(バレンタインイブ?!)かな、
若いカップルってーのはけなげで可愛くてええのう」などと微笑ましく
感じたりしていました。

私もあんまりジロジロ見てたわけではないんですけど、
こういうブログをやってるせいなのか
時々こうして<神降臨>により近年の男女における諸事情を教えてくださるような
仕組みが発動するので(笑)、こうして皆様とともに考察することができるということはあります。

彼らと同じ空気感の中、理解したのは
「どうもこれは逆チョコ(男から女へ告白して渡すチョコレート)だな」




ということ、彼女の堂々たる振る舞いと<NO・緊張>に比して
彼のキョドが酷く、来店してからほとんど硬化してしまい
話しかけられなくなってしまったことからそのような判断に至りました。

メニューをオーダーしてから、
メニューが卓に出されてから、
食事が終わってから、
二人はまるでお通夜のように無言です。
そして二人ともとてもつらく苦しそうです。

私はこの二人の状態を言葉で軽く説明することができますので
皆さんの今後のデートなどの参考になればと、以下にささっと講釈します。

皆さんは視線恐怖症という言葉を訊続きを読む

kokasita at 14:37|PermalinkComments(4)TrackBack(0)女性側の問題 | 男性側の問題

2010年02月07日

2010バレンタイン決戦! 今年も大きな成果を目指しましょう!!

皆さんこんにちは
ご無沙汰してます、笹竹 政村です。
そして明けましておめでとうございますΣ(^∀^;)
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
(↑ぬけしゃあしゃあとよくもまあ・・・と自身であきれつつも
そう言い切ってみます(^◇^;)

さて今年もバレンタインデーが近づいてまいりました。
この数年でチョコレートに代表される贈り物の内容、
バレンタインの形態も随分変容してきていますよね。


従来からの恐らく最も重要なものであろう【本命】




そして義理
数年前から女子の間ではやり始めた
仲の良い女子同士で交換するようになった
友チョコ
昨年あたりからかなりマスコミ媒体で取り上げられるようになった
男子から女子に渡し、逆告白するようになった【逆チョコ】等々・・・。




こういうもののトレンドはいつの時代も若年層の動向が
市場に大きく影響を与える
ように思います。
もちろん私たち、結婚適齢期世代のように
【本命】や【彼氏】にブランドチョコ・プラス・ブランドアイテムを贈る財力は
子供たちにはあまりないでしょう。
しかし我々が幼かった時代も
創意工夫で真心をこめたプレゼントを渡すために頑張ったみたいに

彼女らの気合いの入れ方や向かっている方向性から
いろいろ続きを読む

kokasita at 09:49|PermalinkComments(4)TrackBack(0)女性側の問題 | 人間関係

2009年12月30日

肥満は明らかに恋愛や婚活上、弱みになります。

皆さんこんにちは!
ご無沙汰してます、笹竹 政村です。

いよいよ年の瀬も押し迫って参りました。
恐らく今日上げるこの記事が本年の最終号となるでしょう。

いい記事を書いていきたい、
そうは思えどなかなか例によって更新の頻度が上がらなかったこと
悔いが残ります。

厄も来年ようやく抜けます。

そう、厄といえば今年八月には久方ぶりの入院などという事態もありました。
私を見たことがある人はご存知だと思いますが
こんな華やかなジャンルでブログをやっておきながら
実は私、なかなかな恰幅のよい体型でございまして、
入院中、退院後も食事療法、断酒などを通じ
数十キロ以上減量しました。しかしまだ肥満体には変わらない俺って一体・・・
相変わらず温泉に行くと皆さん目を見張ります。腹立ちますよ、おっさんにも自分自身にも・・・。

まあ、正味な話、今年ビールは年間で350サイズで10缶は絶対に飲んでいないはずです。
サプリメントにもお世話になりました。
無類のクルマ好きですので、運動は足らなかったと反省しています。
私の経験上、男性の肥満解消のサプリメントは
まず国内製品ではあまり効果が期待できないように思います。
やはりデブ大国・米国産がよろしいと体験上いわざるを得ません。
しかも男性用としっかり明記している製品を選んだ方が絶対いいと思います。

女性のダイエットで面白いものがないかググっていたら
今年の春先あたりに放送された番組で
女優の杉田かおるさん(44)が10キロ、2か月と10日ほどで減量成功したとのこと。

彼女の日ごろの言動は常軌を逸している観が強く、観ていて腹がたつほどわがままですよね(笑)
反面そんなわがままで、減量に関し主体性に欠けるアラフォー女性を
短期間でそれほどの効果を与えたエステサロンの力量は
きわめて高い
といわざるを得ません。





こちらでは男性への施術も行っているようです。
その他もろもろ詳しくは直接、サロンさんの方にお問い合わせ下さい。

さて、明日はおおみそか。あさってはもう早、元日です。
一年で一番肥満に気をつけなきゃならない季節が到来しています。

恋愛や結婚をあきらめないためにも、そして何より健康のために
本来あるべきめかたにすることをいつも心に留め置くことを
私も再認識して本年最後の稿を終えます。

皆さん、本年は、誠に有難うございました。
来年も何卒、よろしくお願いいたします。


幸せ提案

kokasita at 17:49|PermalinkComments(8)TrackBack(0)雑感 

2009年12月06日

年下彼氏の魅力に、現実を見失う或るアラフォー女性の醜態

皆さんこんにちは!
お久しぶりです、笹竹 政村です。

いやあ、もう12月ですね。
この季節になると今年を振り返り
「あの時、もっと強く振る舞うことが出来たのではないか?」
とか
「年頭目標と比較するとまるでだめじゃん・・・」とか
後悔や反省が先に立つ気がしますね。

だから来年はもっとこうあるべきだろう・・・というような
後悔と反省の中、年越す前に
すべてを綺麗に仕上げて、
そしてプライベートでも国民的ビッグイベントが目白押しな月ですから、
それらを存分に楽しんで
全力投球で今年をフィニッシュしたい、そう考える
笹竹 政村です。

年末は時節柄、帳簿を通し
小市民なら誰もが自分の現在の経済力指数を実感させられるもの。

金がすべてではないけれど、やはりお金は常時、ある程度余裕があるべきであり、
その余裕が心にも穏やかさや優しさを与えるものです。

「衣食足りて礼節を知る」とはよく言ったものだよね・・・と先日
女の友人S美さん(36・お子さんと二人暮らし)から或る<女性・トラブルメーカー>の話題を伺い痛感しました。

今日は難しい部分が多いとされる女性同士の人間関係を分析するため
S美さんの許可を頂き、<女性・トラブルメーカー>のハチャメチャな生活をブログにアップして
問題提起させて頂き、皆さんと現代の結婚動態について一緒に考えてみたく思っています。
男性の皆さんにとっても十分、遭遇し得る系統の話であり、総論として
男性の結婚についても触れる
ことになりますので
どうぞ皆さん、お付き合いのほどお願い致します。

<トラブルメーカーA子(35)の抜けられない『だめんずスパイラル』>

数か月前、友人のA子さん(35)からS美さんに
『今月厳しいのでお金を借して欲しいの・・・』と連絡があったそうです。
正直S美さんは
『すごくムカつき、相手の浅はかさに思いを馳せざるを得なかった』と語ります。

借金を申し込んできたA子は×1・子持ち(2人)で
12歳年下の彼氏T朗(23)と現在交際中。
大型連休に本人とT朗、自分の子供たちとで
一泊二日の旅行に行ったそうですが、
その旅行費用は全額A子持ちだったそうです(笑)

基本的にいつもデート費用は
ジュース一本から食事代、ガソリン代に至るまで
全額A子持ち
だということを知っていたS美さん。

T朗の口ぐせは『お金がないお金がない』

T朗は実家に暮らしていて
家には一銭もお金を入れていないという。
去年は一年間で8回(?!)仕事を変わっており、
今年はまだ2回
だからマシな方だとか(汗)・・・。

そのような自己の根本的問題を棚上げし
『A子と結婚したい』といつも強調している。
聞くところによるとA子にはなかなか男らしく逞しい発言を繰り返している模様。
一例を挙げると続きを読む

kokasita at 11:21|PermalinkComments(4)TrackBack(0)女性側の問題 | 男性側の問題

2009年11月24日

強き女の肖像<松田聖子>覚え書き

皆さん、こんにちは!
笹竹 政村です。

「50年に一度!」のワイン飲みました?
数年前に「100年に一度・・・」とも聞いた記憶があり、
なかなかフランスという国の広報姿勢も
自分で自分の首を絞めるような余裕のないスピーキングをするものですね。
誰かフランス人の精神性に詳しい方、コメント欄でご教示願います(笑)
ブルゴーニュの名門ネゴシアン[ドルーアン社]社長が『数十年来の最高の仕上がりで、私たちは今年のボジョレ・ヌーヴォーの印象をお伝えすることに、大変、興奮しています。』と語る極上の新酒!ジョセフ・ドルーアン・ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2009
ブルゴーニュの名門ネゴシアン[ドルーアン社]社長が『数十年来の最高の仕上がりで、私たちは今年のボジョレ・ヌーヴォーの印象をお伝えすることに、大変、興奮しています。』と語る極上の新酒!ジョセフ・ドルーアン・ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2009
クチコミを見る


さて今日は、現在の30〜40代女性のライフスタイルに多大な影響を与えたと評される
松田聖子について、同じ時代を生き、つぶさに彼女を観察してきた自負をこめて
笹竹 政村的に松田聖子の歩みについて迫ってみたいと思います。
地球音楽ライブラリー  松田聖子 改訂版
地球音楽ライブラリー 松田聖子 改訂版
クチコミを見る


彼女は私より5歳上、ということは現在47歳になっていらっしゃると思います。
彼女が学生女子用洗顔フォーム(資生堂「エクボ」CM)のイメージソング
SQUALL
SQUALL
クチコミを見る
「裸足の季節」でデビューしたのは80(昭和58)年の初めの頃のことでした。

当時、毎晩22時にニッポン放送系AMラジオ局にて「ザ・パンチ・パンチ・パンチ」
(平凡社「週刊平凡パンチ」提供)なるちょっとセクシーなラジオ放送が全国ネットで流れており、
まさに13歳という人生で最も多感な時期にいた私やクラスメイトの男子は
固唾を飲んでこの放送を聞いていました。そのパンチガールの中心的人物が松田聖子でした。
クラスのみんなはラジオの前でビンビンでした。

夏になる少し前に松田聖子デビュー期の代表的楽曲「青い珊瑚礁」が大ヒット、
機を一にしてベビーフェイスでありながら、超グラマラスな水着姿で売っていた
河合奈保子の「大きな森の小さなおうち」、
金八先生でスケ番役をして、アクの強いイメージで売った三原順子の「セクシーナイト」などが
相次いでベスト10入りし、前年、三浦友和と結婚し、芸能界から完全に引退した
山口百恵のポジション、所謂、<ポスト百恵>の座を巡って激しいつばぜりあいが始まりました。

しかし全国的にも男子学生の半分以上の支持は
男の子の好感を集める所作に長け、
また楽曲の圧倒的なクオリティの高さなどの要素が秀でた
松田聖子に集中、

どいつもこいつも学校の自分の机に
<SEIKO・MATSUDA>、<I LOVE SEIKO>などの文字を彫ったり
鉛筆は無論、マジックで書きなぐったりして、
彼女がほほ笑む缶ペンケース(鉛筆箱)を破顔して見つめ
授業中はひたすら松田聖子のことばかり考えてしまい、勉強が出来ないという奴が激増しました。
私も恥ずかしながら聖子派でしたが、比較的軽症な方でして
本当に「こいつ大丈夫か?」というような奴が誇張でなくいっぱいいましたよ。

僕らの世代の多くは無論、リアルに学校で誰かに恋をすることを覚えましたが、
一方でいつも理想の女性として<松田聖子>が心の中で君臨し、
現代の<アイドル人気分散型>の時代に生きる若者と較べると
信じ難いほど強力な人気を松田聖子は博しました。
(無論、その分アンチ派の人も男女問わず大変多く
その嫌われ方も半端なものではありませんでした。
所属事務所のサンミュージックにはカミソリやナイフが
郵送されてきた封書を開封した者の手を直撃するように仕込まれ、事務所社員そして当事者の松田聖子を大いに悩ませました)

新しい女の生き方を体現し続けると憧れられる、歌手・松田聖子の歴史の始まりは
日本中の男子学生のハートを鷲づかみにすることから始まったのです。

彼女の楽曲を語る上で欠かせない人物として
作詞家・松本隆の存在を忘れてはなりません。
松本隆対談集 『KAZEMACHI CAFE』
松本隆対談集 『KAZEMACHI CAFE』
クチコミを見る


彼が編み出し聖子に歌わせる詞の世界は、男子にとって
とってもセンチでか弱く、「俺が守ってやらねば・・・!」と
思わせるヒロイン像
でした。
作曲も松任谷由美や財津和夫、
佐野元春
といったポップ界の重鎮たちに次々に委ねられ
「松田聖子のシングル曲は絶対1位を取らねばならない」
という重圧が絶えず制作側につきまとっていたそうです。

あの頃は全国的に校内暴力の嵐が吹き荒れ、
今の若い子たちのファッションセンスとはかけ離れた
所謂、限りなく「DQN」的な服装や髪形を好む者が男女ともに非常に多かったです。
あの時代において、シンデレラのようなドレスを身にまとい歌い続ける
松田聖子はまごうことなき時代が生んだ「お姫様」であり
DQNは無条件にひれ伏しました。
Candy
Candy
クチコミを見る


現代の極めてファンと至近距離で対話するアイドルたちとは
続きを読む

kokasita at 13:55|PermalinkComments(6)TrackBack(0)女性側の問題 | 音楽

2009年11月04日

結婚相手次第で幸せの形も変わる、さあ君はどの道を選ぶのか?!

皆さん、こんにちは!
11月一本目の「お薬」を処方します(^.^)

今日は≪ありのまま生きる≫ことの重要性について書いてみようと思います。


ですがまずその前に、今、一番国民の耳目が集中しているであろう犯罪者の問題に私も触れておかねば気が済まないので、ちょっと書かせてください。
木嶋佳苗(34)(容疑者、4日現在)なる北海道野付郡別海町出身の女が
東京を拠点に前代未聞の<連続殺戮(さつりく)結婚詐欺>を実行し続け
血に彩られた忌まわしい一億円近い札束にて、
虚栄心丸出しの生活を送っていたのではないかというニュース

もう皆様もご存じの通り。
稀代の女結婚詐欺師・木嶋佳苗(本人が写メで撮影、ブログにアップ)

北海道新聞社の中標津支局員は多忙な日々が続いていることでしょう。
心血注いだ取材を敢行し、ブロック紙の意地を見せて頂きたいところです。
テレビ局、大手一般紙、夕刊紙、スポーツ紙に至るまで木嶋佳苗のバックグラウンドを取材・調査しているマスコミ人によってこの悪意に満ちた下劣な人間(女)が
広大で美しい根釧原野に暮しながら、どのようにその野獣の如き人間性を形成していったのか―
より突っ込んだ取材による続報を注目したい所存です。実名報道にもう切り換えてもいい頃合だと思うのですが、何かマスコミサイドに遠慮しなければならない要素があるのでしょうかね?
根釧原野(放牧中の牛の群れ)


さて、それでは今日の本題に入っていきます。
人は皆それぞれ実に様々なバリエーションに富んだ人格を有します。
人に相対する時の態度や言動は、本当の自分の<心の芯>投影されます。

自己実現できた状態にある人というのは本当に幸せだと思います。
例えばそれがもし暴力団関係者に代表されるアウトローであったとしても
彼の<精神風景の核>と行動や人間関係における自己の態度が
悪い意味でも一致していれば、まさに筋金入りの”ワル”、

私たち素人は彼らを見るとやはり恐ろしく
多くの人は内心嫌悪感を持ち、反社会的な行動に怒りを覚えますが
その”ワル”は”ワル”なりに人の目を気にせず
アウトローとして幸せな人生を送っていると見ることもできます。

私たち一般市民もまた自分なりに描いた人生設計を俯瞰(ふかん)し、
<精神風景の核>と行動や人間関係における自己の態度が一致し
自己実現できた状態で生活できていれば、心が病むことも少ないし
いろいろつらいことや嫌なことがある生活の中ででも、
概ね楽しい人生を送っているといえるでしょう。

生活の中で、いつも不平や不足、苛立ちなどが精神風景の中に内在していると
自分なりに描いた人生設計・いわば『理想』と『現実』のギャップ
大きな不満を感じ閉そく感(ストレス)があふれ、生きることがつらくなってきます。
その状態にいる人たちこそが詐欺師に一番だまされやすいのではないか―
私は見ています。ストレスがガンガンたまっている時に、そのストレスをそっくり
取り除いてくれて、なおかつ自分で「俺は一発逆転のホームランを打ったぜ!」
というように夢中になってしまう。(注)これは今回の被害者の方々の傾向を分析し、直接的に彼らを指しているのではなく、笹竹 政村による結婚詐欺師に引っ掛かりやすい典型的な例として挙げたものです。
続きを読む

kokasita at 17:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)晩婚化 | 社会病理

2009年10月20日

愛する者を得た全ての人々へ

なかなか更新の時間が取れない現在ですが、皆さんお元気ですか? 私もちゃっかり元気ですよ!
とりあえず今日は前回の更新から時間がまた例によって空いてしまったので急ぎ携帯から投稿します。

私たち夫婦も来年2月には結婚九周年、いよいよスイートテンも近づいてきました。時々、私もそのことを思い出すと多少焦りますね。
やっぱりよくぞ十年歩き続けたという感慨、彼女がいなかったなら乗り越えられなかった大きな壁や挫折からの復活など…。
感謝の言葉を彼女の心に絨毯爆撃して、いい気分になってもらい、素知らぬ顔で日常に回帰するという軽い男の手段もありますが、自分にもそして皆さんにも強調したいのは感謝は形にしなければ感謝とは言えないという面があるということです。

まみちゃんやなしえちゃんに上手なKISSの仕方のレッスンでも受けたいところですよ(^_-)☆(^ *)

さて、かみさんが美味しいミルクココアを淹れてくれました。寒くなるとマグカップに立つ湯気に幸せを感じますね\(o⌒ー⌒o)/ これはトヨエツが大ブレイクした『愛していると言ってくれ』という昔のドラマのフレーズをパクりました(笑)

今日、なんとか更新出来て良かったです。皆さんも素敵な夜を(^_-)-☆…。

笹竹 政村でした。次回もよろしくお願いいたします。


幸せ提案

kokasita at 08:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)結婚生活 | 雑感

2009年10月09日

鼠先輩の引退に立ち会い、個性の大切さを再認識する

皆さんこんにちは!
笹竹 政村、棲息地北海道・道央、
日本列島を直撃した今年最大級の台風とともに
ブログ戦線に帰ってきました。

先日、私のビジネスパートナーから光栄にも
お呼ばれして観に行った鼠先輩の引退ツアー・札幌ライブですが
はっきりいってしょーもなかったです。
ベストヒット☆コレクション-2008~2008-(初回生産限定盤)(DVD付)ベストヒット☆コレクション-2008~2008-(初回生産限定盤)(DVD付)
アーティスト:鼠先輩
販売元:ユニバーサルJ
発売日:2008-12-24
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

しょーもなかったんですが、特に芸事というのは<突き抜ける>
美⇔醜、うまい⇔下手、高尚⇔低俗といった世間一般の価値観を破壊し
不思議な感動をリスナー側に与えることがあります。

鼠先輩のヒット曲は後にも先にも「六本木〜GIROPPON〜」一曲のみで、
ほかにも数曲出すには出しましたが全然売れませんでした。
この日の客もさほど大きくないライブハウスに100人も入らず
閑古鳥が鳴いていましたが、前述のヒット曲は
一説によると着うた(R)で120万ダウンロードを達成したとも聞き及んでいます。
モバうた
モバうた
クチコミを見る

100人と120万人、このギャップをどう説明したらいいのだろう・・・。
嫌われているのか、好かれているのか?
一時的なネタに過ぎないまさにお笑い草の一発屋であることには違いないにせよ。
続きを読む

kokasita at 12:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)男性側の問題 | 音楽