2008年07月21日

<30代製造業派遣・男性の魂の叫びから>適齢期女性陣よ、拝金主義から脱却せよ!

こんにちは! 皆さんお元気ですか?!
今回の記事を書き出した時刻は朝方04時、
早いんだか、遅いんだか訳わからない時間で
おなかも空いてきました(笑)

改めましておはようございます! 笹竹 政村です。私は至って元気です。
本日の内容は少しヘビィかも知れません。

先日、或る30代前半・独身男性の手記を読ませて頂く機会に恵まれました。
彼の手記からはロストジェネレーション(失われた世代=1993年から2004年の
就職氷河期に社会人となる時期にぶつかった現・20代後半から
30代中盤を指す)の大勢が抱く、不安、苦悩、焦燥、そして希望の光などが
短い簡明な文章の中において象徴的に顕れており、
こういうブログをやっている私自身、大変響くものがありました。
まずは下記に転載いたしますので皆様、是非ご一読くださいませ。

『俺の現実』
NHK・BSで、この前、夜中に「働くお父さん特集」みたいなことをやっていた。
そこで、とある働くお父さんの誕生日に子供がビデオレターを送るって企画をやっていた。
某大手旅行会社(みんな知ってる)のAさん、年齢は俺と同い年だった気がする。
普通に働いて、そこそこ出世して、奥さんも普通にカワイイ、幼稚園くらいのカワイイ娘さんがいる。
番組の出演者が、誕生日にAさんの会社に行き、娘さんからのビデオレターを渡して一緒に見る。
娘さんが画面の向こうで「パパ誕生日おめでとう」と言い、似顔絵を見せる。
喜ぶAさん。

たまにこうゆう番組を見るのも、何か微笑ましいし、いいものだなと思った。
ただその反面、妙な羨ましさや虚しさもあった。

そう、Aさんと同い年でも、今の俺の現状が俺の現実なんだ。

昨日、また新たに登録した派遣会社に、仕事が欲しい旨のお願い電話をした。
そうだ、これが今の俺の現実・・・・・・orz


さて、(資格のための)勉強するか・・・・。


この手記の書き手である某県在住のD君に話が聞いてみたく思った
私・笹竹 政村は彼にコンタクトをとり、続きを読む

2008年07月04日

思い悩む前にまず行動! それは結婚に対しても言えることです。

こんにちは! またまたご無沙汰更新ですみません。
笹竹 政村です。


この記事を書いている正確な日時は
08年7月4日、午前1時、
もう眠りについている方も多かろうと思います。
私はその日のスケジュールによって 
朝型だったり、夜型だったり・・・
日々是精進(ひびこれしょうじん)、まだまだ修行が足りません。
貪欲に上を目指して歩いていかねば―と思い悩む毎日です。

かみさんも専業主婦ではなく結構、忙しく生活のために
頑張って頂いていて、日々感謝に耐えません。

勝ち組と呼ばれる層およびそれに近い人たち、
安定力の強い層以外の
いわゆる<庶民>においては
共働きが当たり前の時代となりましたね。

女性自身の職業意識が十数年前とは比較にならないほど高まり
「男も女も関係ない!」とする時代背景にありますが
結婚してからの女性の仕事に対する考え方というのは
大別すると二つの流れになるように思います。

一つは「私、仕事が、外で働くことが好き!
できる限り社会の前線にいたいの」というキャリア志向の強い女性。

もう一つは続きを読む

2008年06月12日

嫁―姑問題から見える<親子関係の心理>

こんにちは! またまたご無沙汰更新ですみません。
笹竹 政村です。


今日、ふと<栃木のN子>さんはその後、どうしているだろうか・・・
と気になりました。

いえ、別に私の知り合いでも何でもありません。
今年の冬に目を通した新聞の人生相談欄で
私が今まで見聞してきた範囲の中でも、非常に悪質なエゴイズムに満ちた姑像
そこに記されてあり、大変な衝撃を受けたんです。
回答者の立松和平(作家)さんが懸命に諌めているのですが
さて四ヶ月経過した家族たちは如何なる暮らしに至っているのか―
と思ったので、今日は嫁―姑問題から見える<親子関係の心理>について書いてみます。

皆様にもこの家族の問題を精査していただくためには、
この記事をご一読願う必要がありますね。
原文のまま<栃木のN子>さんと立松和平さんのやりとりを以下に記載致します。

【読売、08年2月6日朝刊、人生案内】

80歳代女性。夫とは離婚しています。間もなく定年を迎える優しい息子と2人で暮らしたいと思っています。
息子は高校を卒業後に上京、知り合った女性と結婚しました。
私は反対し、嫁には「どんな風に育ったかわからない人とは話したくない」と言いました。
嫁は「わかりました」と答え、以来必要なこと以外は話していません。
息子が結婚した年から冬の間、私は東京の息子の家で家事などせずゆっくりと体を休めることにしており、
30年以上続いています。続きを読む

2008年05月20日

「大阪で生まれた女・18」の素晴らしい世界にぜひ触れて下さい!

こんにちは! またまたご無沙汰更新ですみません。
笹竹 政村です。


出会いと別れの季節である春も徐々に遠のき始め
季節は巡り、初夏のほのかな香りが漂い始めた日本列島ですね。

私がこの列島で住民登録した行政区は
北海道の十勝管内と東京都の城北地域の何区かにまたがった時代が十数年あったのみで
生活者として街を語れるのは十勝と東京のみに絞られます。

しかし私が昔も今もたまには訪れ、惹かれ続ける街に
大阪という大きな存在があります。数度ほど短期的にしか滞在していませんから
前述したように生活者の視点で大阪並びに近畿圏を語ることは出来ず
フォリナーの視点での語りになるのに歯がゆさを覚えつつも、

今から30年ほど昔に大ヒットした大阪発の名曲の
そしてその名曲の原曲の素晴らしさを、同世代や諸先輩から若い世代の皆様に至るまで認知して頂き、
その偉大なる曲に含有される人間の営みの普遍性をあらゆる垣根を越えて共感しあえたら
とっても素敵だなあ・・・と思い稿を進め始めました。

私が初めて大阪に行ったのは続きを読む

kokasita at 03:27|PermalinkComments(8)TrackBack(0)音楽 | 恋愛

2008年04月11日

羊の赤ちゃんから学ぶ<美しいものを美しいと思える暮らし>の重要性

こんにちは!
笹竹 政村です。


毎回毎回、更新遅延のお詫びを重ねつつの
ブログライティング・・・
なんとも不甲斐なき哉、
数え42の男の大厄のこの一年、
とうとうたった三回のアップデートで
満41(数え42)と相成りました。

とにかくこの一年は低空飛行でもいいので
身を律し、心を修して、無事に来年の元日を迎えたい・・・その一念です。

私の周囲も過去においても、現在においても
この男の大厄という激流の前では
相当、ひどい目に遭うケースを見てきた気がしています。

先日、北海道内でも名医として評判のドクターから
お話を聞かせて頂く機会を得ましたが
「厄とは大元の陰陽道に限定した話ではなく
医学的見地からも影響があるといわざるを得ない性質のものと踏まえている」
とおっしゃっていました。

・・・とまあ、悪いことばかり書きましたけども
最近の歌い手さんでは私も非常に気に入っている
aiko 嬢(33)も盛んに「ピンチはチャンス!」と
気勢を上げていらっしゃる姿などを拝察して
きちっと、攻めるべき、闘うべき局面では、挑んで参りたいと思う次第です。

三日前、読売の社会面(08/4/8)に
北海道は十勝、狩勝峠麓のYORKSHIRE FARM(ヨークシャーファーム)
(観光牧場・宿泊施設
)で
生まれたばかりの子羊ちゃんたちの写真が大きく掲載されていました。
ヨークシャー 読売
続きを読む

kokasita at 04:59|PermalinkComments(10)TrackBack(0)こころ | 出会い

2008年02月13日

笹竹流<自然に最高の笑顔でチョコレートを渡せるエクササイズ>

こんにちは!
笹竹 政村です。


復帰二発目! でも少しいやまたしても
だいぶ更新の頻度が遅いっ(゚Д゚;
明日はバレンタインです!
バレンタインの前日に更新しなければ
とてもとても恋愛ジャンルのブログとは言えないっ!!

昨年に続き、今年も<バレンタイン前日>バージョン行きます。
最後までお茶でも飲みながら、ごゆっくりお付き合いください( ^‐^)_且~~

今年はまず、明日、<本命>を渡す女性
さらには渡すにあたっていささかの緊張感や不安、妙なドキドキ感があるという方に対し
笹竹流・<自然に最高の笑顔でチョコレートを渡せるエクササイズ>を伝授します。

それには該当しないという方や男性諸氏も
「このおじさん、面白いこと考えるね」ぐらいの感じで
読み進めてくれれば嬉しいです。

さて、

<本命>も大きなくくりで分けると
まあ、三つに分かれるのかなあ・・・と私は考えています。

一つは
A)STADY に対して(だんな様、彼氏)
二つ目は
B)非STADY に対して(好きな人に告白やアプローチ)
最後に
C)POTANTIAL を秘めた相手に対して(友達以上恋人未満、自分の気持ちがよくわからないが
何か気になる など)

―というように分かれると考えます。

しかしそれらすべてに共通して言えることは
会社などの本当に”お義理”で渡す相手や
好きでも嫌いでもない・・・とか、
或いはむしろ嫌い・・・とか(笑)
そういう<義理>の相手と上記A〜Cは根本的に違うことは言うまでもありません。

<義理>にはまあ、当然といえば当然ですが
さして<自分という女の>心が込められる機会は少ないものですけど

A〜Cには自分という一個の女性が
渡した相手にどう思われるかどのような気持ちで受け取られるか
そしてその行為の後に、どんな未来が拓けるのか・・・

そういう自己を主体とした相手との関係性を心身が
潜在〜顕在意識で占うがゆえに緊張もするし、心拍数も上がる。
臆病にもなる人もいれば、不安が顔をのぞかせる場合もあると言えるでしょう。

グダグダにならず、てんぱらずに
続きを読む

2008年01月21日

復帰一発目! 福山雅治に学ぶシングルとお酒の関わり

こんにちは!
笹竹 政村です。

当ブログを更新のたび読んで頂いていた読者の皆様、
ブラウザにブックマークして下さったり、RSSリーダーなどで読んで下さっていた皆様、
時折、何か真新しい情報はないかと確認に来て下さっていた皆様、
検索キーワードで当サイトの該当記事をチェックする機会を得られた皆様に・・・

四ヶ月にも及ぶ更新の停滞がありましたこと深く申し上げます。
ご心配をおかけ致しましてすみませんでした。

諸事・雑事に追われていたのは事実ですけれど、
確かに私自身、若干、モチベーションを落としていたきらいもありました。

でもここで知り合えた皆様とまたWEB上を通して再会したい!―
その思いの熱は止むことはなかったのです。

ただ一年数ヶ月にわたり多くの記事を書いてきたとはいえ
更新を怠りすぎるとブログ自体の生命力が衰退してしまいますよね。
私自身、また今日から初心に返り
ブログを始めた時のような
この恋愛/結婚ジャンルで”キラリと輝くブロガーになる”
という情熱を呼び覚まして、「成長のお薬」を処方して参る所存です。

どうぞ、皆様、今後もこの不肖・笹竹 政村をよろしくお願い申し上げます。


昨日の日曜日はいつものように妻とちょっと離れたところにある温泉に出かけ
帰りは愛車のカーステから流れるラジオの音に続きを読む

2007年09月22日

現代を俯瞰(ふかん)し”晩婚化”の原因を解析します!

こんにちは!
笹竹 政村です。
九月ももう終盤だというのに二回目の更新・・・
いかんいかん(´ヘ`;)、
気を取り直して、
結婚―恋愛・社会科学ブログ・「成長のお薬」の真髄を
今日はみなさまに披瀝いたしたく、キーボードをたたき始めました。
本日もどうぞよろしくお願いいたします!

さて晩婚化、非婚化というけれど
まだ当ブログでは現段階で最新である先の国勢調査(05年実施)を基にした
データ解析は行っていなかったと思いますので(^^;
今回はそれに関して紙幅を割きます。

結婚できないこの時代をあらためて俯瞰(ふかん)し現実に立脚することにより
適齢期シングルの皆様それぞれが、困難にも対峙(たいじ)していって頂きたい
と願うものであります。

平成17年国勢調査・配偶関係 についての記述
(以下、原文、グラフ、ママ。)

20歳代後半から30歳代にかけて未婚率は男女とも大きく上昇

○ 15歳以上人口の配偶関係をみると,有配偶率は男性が60.8%,女性が57.0%,未婚率は男性が31.4%,女性が23.2%となっている。<1>

○25〜29歳の未婚率は,男性が71.4%,女性が59.0%と,平成12年に比べそれぞれ2.1ポイント,5.0ポイント上昇している。また,30〜34歳の未婚率は,男性が47.1%,女性が32.0%と,平成12年に比べそ
  れぞれ4.2ポイント,5.4ポイント上昇している。さらに,35〜39歳の未婚率は,男性が30.0%,女性が18.4%と,平成12年に比べそれぞれ4.3ポイント,4.6ポイント上昇している。(図6) <2>

○未婚率が最も高い都道府県は,男女とも東京都でそれぞれ37.9%,29.9%となっている。一方,最も低いのは,男女とも秋田県でそれぞれ26.4%,17.2%となっている。 <3>

グラフ















<1>に関しては続きを読む

kokasita at 21:32|PermalinkComments(20)TrackBack(0)データ | 晩婚化

2007年09月08日

台風の9月に”非日常感覚”の重要性を語ります

こんにちは! 笹竹 政村です。
今月に入って初めての更新です。

9月といえば台風、台風といえば9月という感じが私のような
比較的昔の世代には根強くあります。

地球温暖化によるさまざまな天候上の不調和が激化しているさなかの今、
適齢期世代或いは青春時代を送っている皆様におかれましては、
7月でも8月でもおかまいなしに台風が襲来するのには
もうなれっこかもしれませんね。

今回の台風9号も首都圏直撃型台風でしたので
都市インフラにもさまざまな悪影響が出ました。
家や会社のみならず、
いろんな思いがけない所に閉じ込められたような体験をされた方々もおられたことと思います。

ただ不謹慎な発言なのは重々承知で、少し“夢見がちな少年”の心地で
イマジネーションした風景を吐露させて頂けば、
<今、自分が思春期や若い世代で、突然の大雨や台風に見舞われ
一人で閉じ込められてしまった時、偶然同じ世代の見知らぬ女の子が一人いたらどうだろう?>
というようなことを続きを読む

kokasita at 14:57|PermalinkComments(16)TrackBack(0)出会い | 雑感

2007年08月30日

久々の更新は<結婚費用>について考えます!

こんにちは! 笹竹 政村です。
実に23日ぶりの更新です(汗
長かった諸業務の整理も終え、ようやく戦える体制が整いました。
今日からまた更新の頻度を上げて参りたい所存です。

復帰一発目、何を書こうか迷いますが、
シングル読者の皆様には是非、目標を意識していただきたいと常々思っていました。

目標とは夢物語ではありません。
峻厳たる現実です。

金がすべてではありません。
しかし金はやはり必要です。

相手が見つかる前から結婚費用についてあれこれ考えないものですが、
そして実際、相手が決まり「いざ!」という時、
大慌てするのが人の常ですので(^^;、
この際、結婚にかかわる総費用はどれくらいかかるのか―を
大まかに頭に入れていただき、
より<結婚>というものが<自分にとって当然意識されるべき目標なんだ!>
実感してみるのもいいかもしれません。

近年の結婚費用の相場はUFJ銀行〔旧三和銀行〕の調査によると、新郎側の平均で約445万円、新婦側で約290万円、計740万円近くとけっこう高額な数字が出ています。ですが繰り返しますがこれはあくまで結婚費用の平均値です。
地域性や結婚するカップルの収入の格差による影響もあることは看過できません。
例えば地域差なら名古屋(ド派手婚のメッカ)と北海道(ほとんどの式が完全会費制)、
婿側のステータスでは社長の御曹司と派遣社員など非正規従業員の場合などでは根本的に単位が変わってきましょうし、
両性、両家の考え方に左右される面もありますよね。

結婚費用に億単位の金をかけるカップルもあれば、
地域相場の平均値周辺の人も多いでしょう。
あるいは「うちは入籍だけで一銭もかかっとらん!」と豪語する方々もおられるやもしれません。
ですが、一銭もかからんわけはないわけでして(笑)、最低限の見積もりをすると(1)新居のための住宅賃貸費、(2)家電・家具等生活インフラ整備代の二つはかかり、
90万円から100万円は入籍だけの場合でもかかると思っておいたほうがいいと思います。

さて両性の合意が叶い、結婚というステージに上がった段階でただの男と女から、それぞれの<家同士の付き合い>という問題が浮上してきます。
スムーズに行く場合もあれば、「もう面倒くさい、やめちゃおうか?!」なんて弱音が出るケースもこれからの二人に対して世の中には山積しています。
女性側の父上が男性側に対して首を縦にふった後でも(その逆も無論あるわけですが・・・)いわゆる<家柄>などを再考してもめる場合も特に封建的で因習的な風土が強い地方であれば、今なお少なくない問題でもあります。

「あの男でおまえは本当に幸せになれるのか?!」と横槍が続きを読む