2006年08月

2006年08月29日

元彼(彼女)に「ありがとう!!」

こんにちは!
笹竹 政村です。

約一週間のご無沙汰ですm(__)m。
皆さん、お元気にしてましたか?

いやー、季節は確実に巡り、晩夏ですなあ( ̄ー ̄)...
九月に入ればここ北海道では、スタッドレスタイヤのCMが始まり
否応なく冬の予感に怯える日々に突入するわけですが、
その前に、天高く馬肥ゆる秋!

秋を存分に満喫しようではありませんか!
ということで・・・

今日は実りの秋に相応しく
嫉妬の話をします(どこが相応しいねん(笑))

今、交際中の異性がいる・・・
或いは「いいなあ、あの人・・・」と思う対象がいる・・・

そういう相手に対し
我々人間というものは

とかく過去に交際していた異性に対し
えもいわれぬ嫉妬心を抱いてしまいがちですよね。

「元彼(彼女)のこと今でも少し好きなんじゃない?」
「元彼(彼女)とどんなことしたの、どんな思い出があるの?」

訊いても栓のないことを蒸し返せば
相手があなたの人間としての器に疑問を持つだけではなく、
不愉快にさせてしまって、せっかくうまくいっているものも
うまくいかなくしてしまう危険性すらあります。

こういう時は
嫉妬を感謝に変換すればうまくいきます。

感謝・・・誰に???
元彼(彼女)にです。

あなた自身が、人によって数に差はありましょうが
少なくない人たちと交際してきた証として
今の自分が形成されてきた・・・
という事実を忘れてはなりません。

多くの人から学んだ物事が己の中で
血肉化し、大切な自分自身が出来上がっている。

そう考えれば相手も同じです。

相手も素敵な元彼(彼女)がいたからこそ
今の素敵な彼(彼女)になって存在している・・・

自分と元彼(彼女)を比較して
鬱屈した想念を持つのではなく

積極的に「自分が惚れるほどの女(男)」にしてくれた
元彼(彼女)に沸々と

「ありがとう!!」

という思いが湧いてくるではありませんか!

こういう式に進んでいけば
人の世の”嫉妬”にまつわる
【想念の地獄】もだいぶ和らぎ
いきやすい世の中になるんじゃないかなー
と私は夢想します。

(負)の感情そのものを、
真っ向から否定する必要はありませんが

(負)を(正)に切り替えようと
セルフコントロールする姿勢は
尊いものだといえるでしょう。

笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)。

kokasita at 18:57|PermalinkComments(12)TrackBack(0)恋愛 

2006年08月24日

ルックスの良い人間と悪い人間がモテる?!

こんにちは!
笹竹 政村です。

今日はたった一つだけ、
明らかな真実をワンポイントアドバイス!

極端なことを言うと、
男も女もモテるのはルックスが良いか悪いか
そのどちらかの人間がモテる。

これ、マジです。

没個性的、良くも悪くもない顔はあまりモテない。

ルックスが良い人には特有の自信を醸し出すオーラが出ている。

「オレはいい男なんだ!」
「私はいい女よ!」

自他共に裏打ちされた根拠のある自信は
表情の豊かさや行動に顕れ、善循環をもたらす。

ルックスが良いとはその定義、本質的に何ぞや???

顔の作りそのものもあるが
その善循環が上手く回っている状態を究極的には評されるものでしょう。

反対に顔のつくりがあまり良くない・・・

そういう向きはそれをカバーする高い精神性が宿れば
人間的に愛し愛されるキャラになります。

要はルックスの良い人間、悪い人間ともに
”気迫”という名の共通の魅力が相手を動かすのです。

気迫=パワー、活力・・・

漲(みなぎ)るエナジーが対象の相手をKOし
惹きつける。

気迫さえあれば文章上乱暴ですが)
究極的には何でも叶います。

あなたも気迫を持つことから初めては如何でしょうか?

笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)。

kokasita at 17:43|PermalinkComments(14)TrackBack(0)恋愛 

2006年08月20日

モテメンチャート/ あなたの該当タイプはどれ???

こんにちは!
笹竹 政村です。


お盆ボケで更新が少し滞ってしまいました。
ブログ開設時のエナジーを復活させて
皆様に役立つ成長のお薬を処方してまいる所存です。

さて今日は所謂(いわゆる)モテメンの種類には
大雑把に分けて二種類あること、そして女性への愛し方も
大雑把に分けて二種類あること、

さらに女性にとって幸せな気分にさせてくれるモテメンの種類も
大雑把に分けて二種類あること・・・など

今日は大雑把−二種類祭り(笑)と銘打って
記事を展開してみます。


モテメンタイプ・A

イケメン、ないしどちらかというとイケメン、或いは時代トレンドに即した
ルックスなどを武器に、まず見た目でアドバンテージを保つタイプ。
当然、一般受けし、引く手数多。恋愛に強い自信をのぞかせる。
(ただしオタクや最近多い目が死んでるタイプは除外)

モテメンタイプ・B

ルックスは普通、どちらかというと普通以下。デブやハゲも含まれる。
見た目にコンプレックスさえある。それゆえに女性を射止めるために
何とかしたいという内なる闘志に目を見張るものがある。
(ただし清潔感がない、私服がダサい・・・は除外)


愛し方・C

絶えず空家にならないよう努め、比較的多く女性の影がある。
女性は寂しいのが嫌いだから、なんだかんだいっても
女性との接触が恒常的なこのタイプを容認する傾向。
恋愛の危機が訪れた場合は、安易に別れを選択する悪癖がある。

愛し方・D

謙虚にレディーファーストに振舞う。一回一回の恋愛に
神社に願掛けに通い続けるほどの熱情と覇気を持って
プライベートは過ごしているが、そのような様は女性には見せない。
恋愛の危機が訪れた場合は、出来るだけのことはする。


女性の幸せ気分・E

自他共に認める自慢の彼氏であり、元来、普遍的に虚栄心の強い女性の
気持ちを高揚させる。ただし、いつ浮気されるかわからない雰囲気が
漂っているので猜疑心の強いタイプの女性は、気が休まらない。
ゆえに一回一回のデートで激しく燃える気分を味わう。

女性の幸せ気分・F

いつも自分を特別に扱ってくれる居心地のよさに、元来、普遍的に寂しがり屋の
女性の心に平安を与える。ただし、その関係が長期化するにつれ
それが当たり前となり、緊張感が薄れ、浮気癖のあるタイプの女性は自分が敵となる。
そうでない場合は永続的な関係を望むようになり【結婚】も視野に入ってくる。

このA〜Fを各項目別にチャートしていくと
都合八種類ものモテメンと女性の組み合わせが生まれてきます。
皆さんも自分と相手のタイプはどれに該当するか
ゲーム感覚で楽しんでみてください。

以下に組み合わせ別のコメントを記します。


A−C−Eタイプ
ひと夏の一発花火的な、組み合わせとしては最も破滅的なタイプ。
まず結婚はむずかしいでしょう。一日一日をスリリングにお過ごしください・・・。

A−C−F 齟齬(そご)あり非成立

A−D−Eタイプ
男性側がイケメンでも謙虚な分、女性としては幸福感が強いでしょう。
ただ浮気の心配が残るのでより猜疑心に火が点きそうです。お気をつけ下さい。

A−D−Fタイプ
男性がイケメンな上謙虚で、居心地がいいという女性からすれば最高殊勲ボーイ。
所謂(いわゆる)白馬の王子様はこの組み合わせか。
理想は高く持ってこの組み合わせを期待してもいいですが、
いつ現われるか解かりませんよ(笑)

B−C−Eタイプ
所謂(いわゆる)面白い人で押しの強いタイプでしょうか。
なおかつ女癖が悪いとくれば昔のさんまみたいなもんですね。
ナンパ師に多いタイプかもしれません。

B−C−F 齟齬(そご)あり不成立

B−D−Eタイプ
ルックスの悪さを優しさでカバーして余りある魅力が、かめばかむほど出てくる。
また人の良さからか、或いは女癖も多少悪いのか浮気の可能性も一丁前に具有。
女性側の手綱さばきの出来・不出来が問われそう。

B−D−Fタイプ
見てくれは悪いがほかの部分で一生懸命、ポイント高し。
このタイプが実は一番女性に喜びと安らぎを与えてくれる
パートナーであるかもしれません。
てまえみそですが笹竹家はこのタイプです(笑)

コメントで皆さんの該当タイプや
今回のこのチャートに関する感想等お寄せください。
一緒に語り合いましょう!!

笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)。

kokasita at 23:17|PermalinkComments(7)TrackBack(0)女性の意見 

2006年08月15日

06・お盆 シングルに捧ぐ

皆さん、こんにちは!
笹竹 政村です。


今年ももうお盆を迎えましたね。
暑さも彼岸までといいますから

猛暑にお苦しみの
本州の皆様におかれましては
これから秋になるまで続く
残暑に辟易(へきえき)しつつも

名残惜しむかのように夏の色鮮やかな1頁を
心に彩って頂きたく思います(^^)。

お盆なので皆様、全国津々浦々
大移動されていて
あまりPCに向かうような状況ではないかなと思い

今日はちょっとだけシングルマン(ウーマン)に
ワンポイントアドバイスをば。

今はとにかく愛すべき者をゲットするため
飽くなきチャレンジを続けてください。

どこまでも明るい想いで、
太陽に向かって呼吸をするかのように
躍動感を持って・・・ね。

でも本当に頑張らなきゃいけないのは
お互い口説き落とした(落とされた)後からだということも
踏まえておけば、今現在にかかるプレッシャーも分散して
いいんじゃないでしょうか?

いい意味で軽く、かる〜く
ほんわかといきましょう。

皆さん、お気をつけてご自宅までお帰りくださいね(^^)。

笹竹 政村でした。
お盆明けも読んでくださいね(^^)。


kokasita at 18:20|PermalinkComments(13)TrackBack(0)出会い 

2006年08月11日

「彼女いるんでしょ?」その真意に気付け!

こんにちは!
笹竹 政村です。


「彼女いるんでしょ?」

男性諸氏は女性にそう聞かれたことはありますか?

女性は男性との会話でこのキーワードを発したことはありますか?

この言葉は実は、女性側から男に好印象があることを伝えようと
精一杯の祈りを込めて発せられる場合が多いことを
男性は認識しておく必要がありますね。

だってそうじゃないですか。
気のない男にこんな言葉かけませんよ、普通。

決して彼女がいるから、いるように思われているから
否定的にこのキーワードが発せられたと早とちりして
会話を切り上げず、

男性は自分に女性側が関心を持たれていることに感謝して、
自分にできる精一杯の誠実な回答をしていく必要があるでしょう。

笹竹 政村のブログが二股、三股をかけることを
お薦めするサイトでないことは
良識ある読者各位におかれてはご理解いただけていると思います。

彼女がいる場合は正直に「いるよ」と答えるべきですし、
いなければいない旨を真剣に伝え
意中の相手や交際してみたいと思う女性であれば

この女性ならではの、愁いに満ちたサインを見逃さず
攻勢に出てみてください。

男性各位に置かれましては、
この言葉に限らず、女性から意味のあるサインを
頂戴できる男であり続けたいものですね。

女性読者の皆様も
自分ならではのサイン等ございましたら
ご参考までに教えてくださいね(^^)。

笹竹 政村でした。
明日も読んでくださいね(^^)。


kokasita at 21:36|PermalinkComments(16)TrackBack(0)恋愛 

2006年08月08日

"出会い始めのデート”でしっかりリードし、男を上げよう!

こんにちは!
笹竹 政村です。

ちょっと更新間隔空いてしまいました。
人気ブログランキングとかで常に上位に進出する人は
ほぼ毎日更新し、自分の置かれている順位というのを
絶えず気にしていますね。

私も人気ブログランキングなど、ブログランキングサイトへの
参戦を最近考え中ですが、どのサイトが自分のブログにマッチしているのか
よく精査していずれリンクを貼りたいよ思いますので
皆さん、是非その折は笹竹 政村を応援してくださいね(^^)。

さて今日は、男性の女性に対するリードのあり方について
男性諸氏に大まかなレクチャーをしていきたいと思います。

良くも悪くもこの男女共同参画と呼ばれる時代、
”女性上司に仕える男性部下”という構図も
全く珍しくない状況になりました。

職場でバリバリ、男の部下を掌握し
指示を下し時に叱責する・・・

そんなデキる女も急増中のこの時代においても
こと恋愛―結婚となると女性は急にしおらしくなる〜
結婚相談所等の職員はそう語っているようです。

時代の様相が如何ほどに変わろうとも
未婚の女性とは、如何に日々の暮らしぶりが逞しかろうとも
乙女心をしっかり堅持しているものなんだなあ
と微笑ましく感じもしますね。

接近、交流、結合と言う過程において
男性=能動的、女性=受動的、という流れは
恐らく生物学的に、人間学的に普遍かつ不変のものであり
本質的な真実でありましょう。

如何に大都市のギャルが逆ナンしようとも
そういう事象は末期的な現代社会のあだ花であって
普通は
”男が誘い、女は待つ”
これがセオリーです。

女性は基本的に男性にリードされたいと思うもの。
出会い始めの頃、男性がいったいどんなプランニングで
自分を楽しませてくれるか・・・
女性はシビアにチェックしています。

私などはこの出会い始めの頃のデートのプランニングが
今までの恋愛でも大好きでしたが
最近の去勢された感のある一部男性の間では

”なんでデートしなきゃいけないのかわからない”

という実に哀しいことを言う人も増えているようです。

そんなんではいつまでもマニアックな趣味に埋没するか
AV鑑賞で自分を慰め続けるしかない人生が茫漠(ぼうばく)と続くのみです。

好感を持つ女性の心からの笑顔ほど
男を癒す美しいものはありません。
ほんとです。
ほんとにいいものです。

どんどん出会い始めのデートで女性をリードする
喜びに目覚めていって欲しいと思います。

行き先、食事場所などちゃんと決まっていないと
「自分のことを大切に考えてくれないんだ・・・」
と女性はいじけます。

結果、無言の気まずさのまま
「もうこの人とは会いたくない」と判断されてしまいますので

余裕のなさ過ぎるキツキツの計画を立てろ―とは言いませんから
大まかなデート当日の青写真は描いておいてください。

男性の皆さんは初デートの思い出や
苦い経験など、そして今度出会う相手とは
どんなデートをしていきたいか・・・etc カキコして
頂くと嬉しいです。

また女性の皆さんは
出会い始めの頃のデートで体験したいい思い出、
ありえない思い出などのエピソードも交えて
いつもどおり
忌憚(きたん)のない男性への意見をお願いします。

笹竹 政村でした。
明日も読んでくださいね(^^)。


kokasita at 16:35|PermalinkComments(4)TrackBack(0)デート | 男性側の問題

2006年08月04日

"TRY娘”から透けて見える危機的状況

こんにちは!
笹竹 政村です。

炎暑の候、如何お過ごしでしょうか?
とは申せ、私の住む北海道はそれほど暑くなく
過ごしやすい適度の暑さで日々経過しております。

私自身31歳まで、東京で仕事をしていたので
こんな北海道の暑さなんて何とも思わないのですが
ずっとここにいる人たちは

みっともないくらいに
「暑い暑い!」と連呼して
そういうあなたが一番暑苦しいと
つっこみたくなります。

いつもハードかつディープな
恋愛―結婚問題を取り上げている
笹竹 政村ブログも
かなり暑苦しいかもしれません(苦笑)ので

今日はこの前の日曜日放送された
「噂の東京マガジン」、毎度おなじみの
TRY娘の映像でも見ていただいて
笑ってやってください。

22歳・保育士「麻婆茄子を作る」

こういう類いの馬鹿娘が欲望だけは一丁前に
<懸命に働く30代女性>に対して
『負け犬にはなりたくない』などと
思っているとしたら
てんでお笑い種です。

女も男も、
結婚以前の月並みなことが
普通にやれる

普遍的な一般性が強く求められている
危機的な時代であるということを

この手の映像は再認識させてくれます。

皆さんも映像を見た感想等
自由にコメントしていただき

SEXばっかり得意な
この手合いに、一喝入れてやってくださいな。

今日は、ちょっと早いですが
この辺で。

またネタ詰め込み、
ビシバシ、ブログ展開していきますので
今後も笹竹 政村をよろしくお願いします。

kokasita at 00:30|PermalinkComments(13)TrackBack(0)女性側の問題 

2006年08月01日

出会いの<チャンス>はそこあそこに、無限に転がっている!!

こんにちは!
笹竹 政村です。


「結婚したい、でも出会いがない」

実によく耳にするフレーズです。

でもね、そんなに出会い、皆さんの周りに少ないのでしょうか?

NO! 出会いはそこあそこに無限に転がっています。

今日は私の20代の頃の苦い実例をここで吐露し
ダメな男の代表として参考にしていただければ・・・
と思いしたためますね。

あれは冬でした。
JRの普通列車で「宛てのない旅」をしていた時ですから
正月休みとかじゃなかったでしょうか?

忘れもしません。栃木県の足利という町の駅から
可愛い清楚な感じのOL風の女性が一人乗り込んできて

四人が座れる対面式のボックス座席に
一人座りました。

それまで所在無くデッキでウロウロしていた私は
「これはチャンスだ」と確信し

つかつかと彼女のボックスまで進み

「すみません、ここ空いてますか?」

と問い掛けますと

「ええ、どうぞ(^^)」

と満面の笑顔で座らせてくださいました。

ここまではよかった。実に積極的なよい姿勢です。
でもその後が散々だと、むしろ近寄らなかった方が
お互いのためということになってしまいます。

ああ、嗚呼・・・、今こうして書いていても
あの頃のあまりのうぶさ加減に情けなさを禁じ得ません。

もう普通に考えてこれだけで、大チャンス、
巧い人ならさりげなく話し掛けて
どんどん活路を見出していくシチュエーションでしょうね。

もし懇意になれなかったとしても
こういう場合、
若い男女が対面で座るというケースは

男側が話し掛けるのが礼儀というものです。
何故なら、話し掛けなかったらどんどん気まずくなるからです。

あの当時、前の彼女と別れて数年以上経過しており
私は完全に”女性との場”を創出する柔軟性が欠如していました。

(いい正月ですね・・・、どちらまで・・・
いいとこですね、この辺は・・・あーなんでもいいから話し掛けろ!
座らせてもらってからに、何やってるんだよ俺は!)

そんな具合に逡巡(しゅんじゅん)していると女性も、私の精神の葛藤を
感じ取ったのか、気まずそうに窓からの景色を見たり
うつむいたりして、ますます我々の座るボックスの空気は
淀んでいきました。

結局、足利から数駅離れた桐生で
女性は「失礼しまーす(^^;」と

ひきつった笑顔を浮かべ降りていきました。

何故、私が話し掛けられなかったのか・・・

それはまず一つにコンプレックスです。

ですがそれよりも問題なのは
たいした男でもないくせして
鼻持ちならない自意識過剰さを持っていることが挙げられるでしょう。

<こう話し掛けたらどう思われるだろうか・・・>

<変に思われやしないか・・・>

せっかくの思い出を創る大チャンスを前にして
頭の中で、堕落しきった弱い精神と
チーチーパッパしていたに過ぎません。

そもそも、女性が笑顔で座らせてくれたこと自体
私とのコミュニケーションを拒んでいない、
むしろ少しくらい楽しみに思っている節さえあります。

そもそもデッキでウロウロしていた怪しい男が
いい女が座席に座ったと同時に
移動してくること自体、十分に変です。

でも男と女は、いつ如何なる時でも
相手がいようが、空き家であろうが
素敵な出会いのシチュエーションは求めているものなんです。

とことん出会いがない・・・と言って
大金を払って相談所に行くくらい

男女とも出会いに飢えています。

出会いの場が少ないのではなく、

私の足利〜桐生間の失敗を見て明らかなように
逡巡(しゅんじゅん=思い悩む)する暇があること自体が”敵”です。

足利〜桐生間は20分以上もの時間がありました。
時間がありすぎたのです。

中途半端に時間があるほど、
例えばミクシィなんかで中途半端な出会いのチャンスが
あればあるほど、チャンスを活かせなくなります。

どんどんオフ会やったらいいんです。
「この人はダメだな」と思えばさっさと撤退して
次に行けばいいんですから・・・。

ちょっと今日は自分の情けない話から飛躍して
激しい論調になってしまいましたが

要は”幸せになりたい”という
<何よりも泥臭い執念や根性が実を結ぶのだ>
ということを強調して終わります。

チャンスはそこらじゅうに転がってますよ!
それを忘れずに!
GOOD LUCK!

笹竹 政村でした。


kokasita at 19:09|PermalinkComments(8)TrackBack(0)出会い