2006年09月

2006年09月26日

”感動体質”に変身し、一期一会を大切にしよう!

こんにちは!
笹竹 政村です。


ところでどうですか? あなたは異性に対して理想が高い方ですか?
「自分の周りにいい女(男)いなくって・・・!」とお嘆きになる前に
笹竹の意見も聞いてください。

以前にも書きましたよね。
お相手を高望みしすぎてストライクゾーンを狭めてはいけないと。

今日の内容はあの時と幾分重複するかもしれませんが、
何度強調してもしすぎることのないテーマですので
再度、稿を起こしますね。

私の周辺にも結構います。
「女、紹介してくれ!」とせがむ割りには
実際会うと「ちょっと違う、あのコじゃダメだ」と
否定的な想念に陥ってしまうことを繰り返し続けている人が・・・。

「何で〜? まだどうだかわかんないじゃん。もっと会って
色んな話してみろよ〜」と言うのですが

「いや、ダメだと思う。俺のタイプじゃない」と頑なになり
折角、セッティングしてやったこっちの好意を
簡単にないがしろにしてしまう・・・。

こういうタイプの人は、相手に問題があるのではなく
実は自分自身のこころに大きな問題を抱えていることを識るべきです。

心理学的にいうと「投影」というのですが
自分の秘めたるこころの世界に、
例えばコンプレックス、喪失している自信、トラウマなどがあり

相手とコミュニケーションをとっているつもりでも
暗い自意識がうごめき
相手との空間を居心地の悪いものにしてしまう・・・。

しかし当人はそのメカニズムに気付かず
どこまでも「会ってても楽しめない相手だ」と
居心地の悪さをすべて相手の魅力のせいにし、

何年経っても「自分は女(男)運のない人間だ」と
すねていじけた想念界に低迷してしまうのです。

コチンコチンに理想を固めてしまう前に、
「ああ、人間て素晴らしいものだなあ!」というように
こころがいつも躍動している
”感動体質”に生まれ変わることが急務ではないでしょうか?

人間社会は実に様々なキャラクターたちが
自由自在に織り成す色鮮やかな絨毯(じゅうたん)のようなもの。

十人十色といいますが、よくもまあこんなに
いい意味でも悪い意味でも
いろんな人間がいるものだ!と
多くの人に出会えば出会うほど感心してしまいます。

「へ〜、こんな人もいたのか、初めて会うタイプだ。新鮮だなあ」
「ちょっと今までの好みとは違うけど、こんなタイプも”アリ”かな?」

逐一、日々の出会いで感動を新たにし続けることで
あなたは旧(ふる)い”理想”という名の
自己のしがらみから脱却できます。

常に新たなるもの、
自分のカテゴリになかったものすら受け止めることで、
より多くの出会いが生まれ、
交際の範囲は飛躍的に広がると私は思います。

その感覚を身につけたうえで
「この人、嫌い。合わない」と思う人は
本当にあなたと縁のない、あなたの嫌いな人間です。
関わらない方がいいでしょう(笑)。

”感動体質”に自分を高めるためのエクササイズは
好きな映画、例えばベタですが「タイタニック」が好きなら
何度も何度もDVDで見まくり作品のキモをがっちり掴む、
(読書も同様です)
そしてそういう作品をどんどん増やしていき
価値観の幅を広げることが有効な方策の一つでしょう。

そして精神的に葛藤しないターゲット(物事)なら
どんどん新しい世界に飛び込み、実地で訓練する。

そうしていけば、きっと数ヵ月後には
あなたもこころが常にビートを打つ
躍動美溢れる”感動体質”に変わり、

一度一度の出会いを大切にできる
”大人(たいじん)”へと成長できると信じます。


さてさて、ブログランキングの方ですが・・・

我が目を疑ったのですが
今現在28位!

やったー(>∇<)! 奇跡だ!
皆様のお陰です。

特に過疎ブログだった頃から応援、カキコしてくれている
貴重な男子・がじゃまろ君! ありがとう(><)。

あと3ランク上がれば一番最初のページで紹介されるため
アクセスが飛躍的に上昇するものと思われます。

どうぞ、皆様、今日も宜しくお願い致しますm(__)m。

ワンクリック、プリーズ!

ブログランキング


笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)。

kokasita at 17:07|PermalinkComments(16)TrackBack(0)出会い | こころ

2006年09月24日

都市生活に煮詰まった時の処方箋

こんにちは!
笹竹 政村です。


私事になりますが
東京から郷里のこの北海道の田舎町に帰ってきて
早、10年近くが経とうとしています。

在京時は手前味噌になりますがやり手の記者として
主に霞ヶ関の中央官庁街や大企業本社のひしめく
千代田区内を巨体をゆすって東奔西走したものです。

そして夜は上司や取材対象と新橋界隈の飲み屋や
銀座のクラブを徘徊し、酒浸りの荒んだ日々を送っていました。

その何年にも渡るツケは、急性アルコール性肝炎という
いわば”飲み過ぎ病”となって健康を直撃しました。

「あんた、このまま酒ばっか飲んでたら死ぬよ!」

上がりに上がったガンマGTPの数値を見て
医者が放った叱責の声を今でも忘れません。

健康を快復するため、やむなく帰郷、療養の日々を
余儀なくされ、その後、摂生とともに
健康状態も著しく改善され、

今、フリーライターとして
原稿用紙一枚ナンボの世界で日銭を稼いで凌いでいます。

この間、本格的に働けない時期だったのにも関わらず
妻と出会い、献身的なケアと愛情に包まれて
平成13年2月にゴールイン、

今も友人らから「本当におまえらラブラブだな」と
言われ続ける円満な家庭生活を送っています。

私の恋愛運を振り返ってみると、
在京時、幾人かと激しい恋愛に落ちたこともありましたが

”結婚”の二文字は限りなく遠いものだったような気がします。

ひとえに、自分がまだ”その気”になっていなかったことが
一番大きな要因ですが、

この晩婚化社会で葛藤する愛すべき
善男善女と同様、

なかなか”これだ”と思える対象と出会えなかったことが
大きかった点が挙げられます。

異性と出会えるチャンスが格段に多いと思われる都市部の暮らしも
一人暮らしが長くなると殺伐としたものでした。

毎年、クリスマスやバレンタインを呪いました(笑)。

今、振り返って考えると
都市部にいた時の自分は、今の自分と較べて
明らかに”素直さ”が欠如していた気がします。

そして心身に鎧をまとったような感覚で
人と対峙(たいじ)する時も、異常に意識過剰になっていたように思えます。

あらゆる事象に対して高度なセキュリティ意識を持たねばならぬ
都市生活は、他者と親密になる共感能力を殺ぎ落とす側面があります。

自分をさらけ出さなければ、本当の濃い恋愛はできないでしょう。

何もかも手に入る、出会いもそこらじゅうに転がっている・・・

そういう環境に常時浸かっていると、一回一回の
貴重なチャンスに対する反応が鈍くなるとは思いませんか?

例えば街の盛り場のストリートですれ違う異性は無数にいますが、
それをチャンスに変換するのは大変むつかしいですよね。

田舎のバス停で一人佇んでいると
同年代の適齢期と思わしき異性が
バス停に向かって歩いてきた・・・

これはもう非常に有効なチャンスそのものです。

選択肢が多すぎてこんがらがってしまう都市部にない
シンプルな交流が田舎にはあります。

・・・私は何も田舎暮らしを薦めるものではありませんが
【群集の中の孤独】に煮詰まったら

リラックスしつつも大きな勇気を持って一人で、
一番近い田舎町に電車やバスに揺られ小旅行するのもいいと思います。

それは都市生活に疲れたあなたの視神経や精神状態を休めるだけでなく
あなたに勇気さえあれば、
シンプルな出会いのチャンスがないとも限りませんから。

この小旅行には、都市生活でこんがらがって複雑になった
あなたの思考回路を整理する効能もあります。

きっと「話し掛けた」、「話し掛けようとした」努力が
都市に帰ってきた時のあなたにアグレッシブさを与えるはずです。

是非、お試しください!


さて恋愛ブログランキングですが
今現在、当初目標にしていた50位を超えて
44位にランクイン!

嬉しいっす(>∇<)!
有難うございます!!

今日も皆様の一票が私を支えます。
バナーをぽちっとクリックしてくださいm(__)m。

ワンクリック、プリーズ!

ブログランキング


笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)。

kokasita at 12:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0)出会い | こころ

2006年09月20日

自分が変わらなければ相手は変わらない!

こんにちは!
笹竹 政村です。

前回から「恋愛ブログランキング」に参加しましたが
早速77位にランクイン!

ありがとうございます(>∇<)
皆様のお陰ですm(__)m。

今日もあなたにバナーをぽちっと押してもらえるよう
いい記事を書かねばと武者ぶるいがします。


今回は恋愛のみに限定されない、
他者への要求の最たるものとして
「相手(態度、性格など人となり)を変えようとしてしまう
人間の悲しい性(さが)」について考察してみます。

職場でも交友関係でも、そして恋愛や夫婦関係においても
相手の未成熟な部分、或いは欠点などに目が行き、
それを修正してもらいたいという欲求は
人誰しも持つものでしょう。

職場では、その職場の業務内容や方針、目標などに向かって
相応しい人間に仕込みあげるために
新卒者を新人教育で染めあげますし。

その後の上司等との人間関係の中で
伸展或いは矯正されていきますよね。

この過程は人それぞれの仕事へのモチベーション、
感受性の強弱にもよりますが

決してラクなもんじゃない、
時に非常な苦痛を伴うことは
社会で生き続けなければならない私たちは
嫌というほど知っています。

しかし先に述べた交友関係、
恋愛、夫婦関係においても
「相手を変えよう」と恣意的(しいてき)に迫られることは
それにも増して激しい痛みを伴うものでもあります。

いや、むしろ「ON」である職場の方が
まだ”仕事だから・・・”と割り切れる部分がありますが
「OFF」である交友、
さらにその色合いが濃い恋愛となると

人間性の問題点に対する指摘がほとんどとなるため
時に、自分を”操作しよう”とする相手の意図に
うんざりもし、怒りも感じる局面もありましょう。

「言ってくれるね、でもそういうけどね・・・
あんたはどうなの???」

この叫びが心に沸々と湧いてくる友人、恋人のタイプは
【自分は一切変わろうとしないで、相手を操作して変えようとする】
”卑怯者”である可能性が高いです。

「あー、そうかー、自分は確かにそういうトコあるなあ、
耳痛いけど、言ってくれてありがたいなあ」

そうしみじみ思える友人、恋人は”本物”です。
何故なら彼(彼女)は自分を見つめ
自分を変える努力を続けているから・・・

その真摯(しんし)なオーラが
私たちを素直にさせてくれるのではないでしょうか?

こちら側から相手に注文しなければならない局面は
生きている限り日常的にあるわけですから

自分自身を”本物”に高めていきたいものですよね。

その『良き状態』で指摘しても変わろうとしない相手は
”ダメ人間”の可能性が高いです。

そっと静かに部屋から出て行くのが得策でしょうね・・・。

さて、結婚となると
新婚ほやほやの頃はともかく

互いに慣れてくれば、未熟な者同士
もうこの”変えよう欲求”に日々悩まされることになるでしょう。

夫婦ならばいよいよもって自分を少しでも変えてから、
相手に思いやりを持って
ほだすように問い掛ける必然性がでてくると思います。

私も、我が家も本当にまだまだ・・・です(^^;

がんばります。

みなさん、共に向上の途を辿りたいものですね(^^)。

ランキング、今日で二回目です。
是非、あなたのお力で笹竹の名を押し広げてください!!

ワンクリック、プリーズ!

ブログランキング


笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)。


kokasita at 02:15|PermalinkComments(14)TrackBack(0)こころ | 人間関係

2006年09月14日

増加する一途の”隙のない男”は「都市生活」の産物か?!

こんにちは!
笹竹 政村です。


女性読者の、かなさんから
先だってリクエストがありました
男女の恋愛に大きな影響を与える
「隙」というキーワードに的を絞って
本日は稿を起こしてみようと思います。

かなさんが教えてくれた情報によると
ある報道番組で経済的には勝ち組でありながら
結婚できていない30〜40代男性の実像を
やんわりと俯瞰(ふかん)した特集があったとのこと。

番組内では

『何人か紹介されてたけど、
ドラマに出てきそうなおしゃれなマンションにすんでたり、
仕事も充実してて、料理も得意。
アフターファイブはおしゃれなお店で
飲む。もはや女性が入る隙はなさそう!』(視聴した、かなさんの感想)

該当番組の担当ディレクターの弁は以下の通りです。

【取材した人々には、共通点がありました。
一つは、20代は「一人前」になるため、懸命に仕事に打ち込んできたこと。
そのころはバブル崩壊の直後で日本は不況で落ち込んでいました。

そしてもう一つは30代に結婚を意識した相手がいたこと。
その後は、確立された自分の生活スタイルの中で
「結婚」という存在が優先されなかったというのです。

今回は40歳代の独身男性にスポットをあてましたが、
このような考え方は実は30歳代に多いのではないでしょうか。
このテレビ業界にもたくさんいます。ちなみに私も34歳“結婚できてない男”です】

なるほど、時代に翻弄されてきた世代が
今の30〜40代の世代という指摘は当たっていると思います。

最近でこそ自民党が、今現在が戦後最長の好景気が続いているとして
”小泉景気”などとふざけた戯言を抜かしていますが

まだまだ好況を呈しているのは大都市、大企業か
新進気鋭のベンチャーくらいなもんで
地方の中小零細に勤めるサラリーマンなどには
どこ吹く風。

・・・でも意外と地方で貧しいながらも
かみさんにパートさせつつも
子供二、三人抱えて
幸せな中年夫婦になっている層というのも
自分が地方にいるだけに非常に多い気がします。

生活が豊かだからこそ、余暇を自分なりに大いに楽しみ
ライフスタイルを充実させて、自己完結した暮らしぶりにこだわる。

その孤独ながらも優雅な暮らしの中、
自分のスタンスを崩すのが嫌になり
さらには加齢と共に頑固さも増長し
非婚について論理武装を始め、結婚しない男
要は、「隙のない男」になっていく・・・。

列挙してきた例の中から(あくまでこれらの例ですが)
男の隙のなさというものを現象面でとらえると
こういうところに落ち着くのかもしれません。

今日のところはあまり、
真実に肉迫できなかったかも知れませんが
お許しください(^^;。

またいずれ、「女性の隙」についても
考察を加えてみたいと思います。

あと・・・それとね、
今日からブログランキングに参加するので
皆さん、是非、応援してください。
下のバナーを1クリックするだけでOKです。

よろしくねっ(>∇<)。

ブログランキング

笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)。


kokasita at 11:06|PermalinkComments(6)TrackBack(0)男性側の問題 

2006年09月11日

貴重な独身時代だもの、己を磨きに磨こう!!

こんにちは!
笹竹 政村です。

先週のショッキングなデータレポートから
一週間が経過しましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

人口比的には結婚適齢期を迎えている男女の数は
圧倒的に男性が多く、このままいけば
数十万人にも及ぶ”絶対結婚できない男の群れ”が現出する
と警告を発しました。(詳細は前回の記事をご覧下さい)

今回はそのデータを踏まえつつも
貴重な独身時代をどのようなスタンスで
過ごしていくべきか、私なりに雑感を綴ってみます。

男性においては
焦りは禁物です。
焦りは余裕のなさを発生させてしまいます。
男の余裕のなさは、女性が大いに嫌う点でもあります。

【落ち着いて着実に物事を行うことができる者】への
成長を期しましょう!

ただし、【焦らず急ぐ】というような
アグレッシブな姿勢が多少ともなりないと
所謂(いわゆる)”結婚難民”になってしまいかねません。

このデータは圧倒的な現実にもかかわらず
あまりよく知られていない点を考えると、もっと多くの
男性独身貴族(?!)に見てもらいたい。

何事も事を為すには、シビアな現実すらをも見つめ
そこから自分なりの打開策を講じていくというのが
正しい方策であろうと思います。

究極は人間性を磨きに磨いて
『あなたといつも一緒にいたい、いつまでも一緒に・・・』
と思ってもらえるようなジェントルマンに成長するのが
遠回りなようで一番近道かもしれません。

一方、多くの女性は高望みをやめることも勇気です。
世間的に立派といわれる男をゲットしたとしても
永続的に夫婦関係を続けていくだけの己であるのか
見つめることも肝要です。

経済的に貧しすぎるのも問題ですが
「ちょっと少ないかな・・・」と思われる手取りでも
一緒に何とか乗り越えていきたい、
苦楽を分かち合いたいという姿勢をあなたが見せれば
普通の男なら、燃えます。

必ず、あなたをより幸せにしようと精進することでしょう。
入り口の段階で躊躇するのをやめ、ある程度の柔軟性も
持ち合わせ対処していくことも必要かと思います。

何よりも貴女を一番大切にしてくれて
常識があり、ルックスも許容範囲ならGOです。

さらにパワーアップして言葉を連ねる
笹竹 政村ブログをどうぞお楽しみ下さい。

笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)。


kokasita at 19:49|PermalinkComments(4)TrackBack(0)雑感 

2006年09月04日

データで見る「絶対結婚できない男」の数に驚き!

こんにちは!
笹竹 政村です。


今日のブログは適齢期男性諸君にとっては
かなりキツい一撃になるかもしれません。

意外と知られていない冷徹なデータを基に
記事を展開していきます。

日本の人口で男と女、どっちが多い???
そう聞かれたらあなたはなんと答えますか?

「・・・女・・・?」

そうです、当たりです。女性の方が多いです。
ただし50歳以上からね。

如何に00年発表(前回)の国勢調査の
一部データを記します。

      男     女
15〜19歳 383万人  365万人
・・・・・・・・・・・・・・
25〜29歳 497万人  483万人
・・・・・・・・・・・・・・
50〜54歳 522万人  523万人

上のデータを見ていただいてお分かりのように
男の方が圧倒的に女より生まれやすいのです。

そして50〜54歳の世代ではじめて女性の方が1万人だけ
多くなります。要は男性の方が短命ですから、
このあたりから、亡くなる人が激増していき
最終的に総人口的には女性の方がだいぶ多くなるのですが、
女性の人数を稼いでいるのは
おばあちゃんがたということになっているのです。

ではまさに結婚するならまったなしの
35〜39歳の適齢者の数はどうなっているのか?

35〜39歳(未婚者) 男105万人 女56万人
というデータが物語るように
この時点で49万人も男性が多く

ここから考察していくと男側に数十万人の
【絶対に結婚できない男】の群れが発生することになります。

この層に該当する女性は、高学歴、高収入の人が多く
「自分よりも上(学歴、収入)」の男性を希望する傾向が顕著。

この層に該当する男性は、低学歴、低収入の人が多く
相も変わらず『若くて可愛い子がいい』と
見果てぬ夢を追い続ける人も少なからず。

若い女の子の同世代やちょっと上の世代自体
男の方が数十万人多いのです。

そこから考えるとよほどの起業家か
やり手ビジネスマンやキャリア職でなければ
一世代離れたおじさんに若い子がついて来るのは
現実離れしていることを

該当世代の男性は識らなければなりません。

また該当世代の女性にしても
『自分よりも上のランクを・・・』と熱願しても
データが同世代の未婚者の多くは
低学歴、低収入です。

経済力を評価して40〜50代に期待をかけるか
それとも若さと将来性を買って、
年下狙いでいくか・・・。

そう、今、多くのこの層の女性は
年下狙いにシフトしているといわれています。

絶対結婚できない男にあなたが入らないようにするには
どうしたらいいか!?

男がこんなにも余っているのに
結婚できない貴女をすくう手立てはないものか?

これからも笹竹 政村は
ジャーナリスティックに、或いはコラムニストのように

幸せを念願するあなたへまごころをこめて
メッセージを展開していきます。

今後とも、宜しくお願い致します。

笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね。


kokasita at 17:40|PermalinkComments(18)TrackBack(0)データ | 男性側の問題

2006年09月01日

男はハキハキ、ハッキリと!

こんにちは!
笹竹 政村です。


以前も書きましたが
「交際始め」にかかわらず
女性は基本的に常に男性にリードされたいもの、

そして過去にあまり遊んでいない男性よりも
ある程度遊び、女性を楽しませる能力が豊かな方が
モテるということも、女性読者へのアンケートで
明らかになりましたよね。

今日はもう男としては基本中の基本、
女性と交際する上で最も重要なポイントを
敢えて、抽出し、今世の男性諸君の奮起を促すべく企図し
センテンスを連ねようと思います。

一回のデートを例にとっても
男と女で決めておかねばならないことは山ほどあります。

待ち合わせ場所、デートの主だった内容、ドライブルート、
食事の場所や何を食べるか、大体何時ごろまで遊ぶのか・・・etc

基本的に男性側が一生懸命考えて、青写真を描き
女性側はそこの【仕切り】の能力に
男としての甲斐性やリーダーシップを判断しますよね。

一つ例を挙げると
何を食べるかという点においても
女性が何を食べたいかなどとやたら卑屈になって
詮索するよりも、自分が連れて行きたい店、
食べたいものを考えて強引に決めちゃっていいんです。

最初の頃は、それで上手くいきます。
慣れてくると「今度は久々に信州そばでも食べるか!」と
男性側が打ち上げると女性の方で
「私、そばよりうどんの方が食べたいなあ」と
希望を言ってくれるようになります。
(食べ物の例え、あえて渋くしました(^^;)

「そっかー、じゃあ美味しい讃岐うどんの店調べとくね♪」
と双方向のデートプランが自然と確立されるようになってきます。

男がたたき台を出し、女が自分の希望を加味する・・・

こういう躍動感のあるデートが続くと
自ずと会話も弾み、絶えず楽しいひと時を過ごせる関係に
二人の中は進捗していくこと間違いありません。

私ももう39で、20代の子たちの最近の情勢にそれほど
詳しくはないのですが、
伝え聞くところによると
男子の女子への【仕切り】の能力は著しく低下しているようですね。

かねてからこのブログで問題にしている通り
男が去勢された犬のようにエナジーを失って久しい感があり
私のこういう文章自体、
「おっさん、うぜえよ!」と
煙たがられてしまう性質のものになってしまっているのかも知れません。

ですがただ一つ、強調しておきたいのは
好きな女性が自分の采配で喜んでくれている姿ほど
嬉しい光景はまたとなく

「男の喜びここに極まれり」といっていいほど
いいものです。

本質的に男が具有しているハズの、女性を喜ばせたい欲望が
萎えてしまっては哀しいですね。

男はハキハキ、ハッキリと!
煮え切らない男は終生、救われないことだけはお忘れなく!

皆さんのご意見、コメント欄でお待ちしています(^^)。

笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね。

kokasita at 21:57|PermalinkComments(16)TrackBack(0)デート