2007年02月

2007年02月21日

【結婚できない30代】生活レベルが下がるから結婚しない!? ほんとにそれでいいの?

こんにちは!
笹竹 政村です。


国がこのほど発表した最新の未婚率データを基に
今日は改めて皆さんが
<結婚>に向かって進むべきベクトルについて考えて見たいと思います。

30代の男女において未婚率がさらに急激に伸びている模様です。

結婚についての統計資料をこまめに集めている
『男の結婚』というブログで数字を把握させて頂きました。

今回、国が明らかにした05年段階における30代の未婚率は以下の通りです。

30〜34歳 男・47.1% / 女32.0%
35〜39歳 男・30.0% / 女18.4%


1970年の調査では30代の90%が結婚していた・・・それに対し
上記のように実に多くの結婚できない(しない)人が現出するに至りました。

特に顕著な伸びを見せたのは30〜34歳の世代で
この10年で未婚率は倍増とのこと。


最も年頃の適齢期と言っていい世代で、この予想以上の
晩婚化―非婚化の進捗状況には、私もいささか驚きを禁じえません。

世間を騒がせた柳沢発言もこうしたバッググラウンドを目の当たりにし、
待ち受けている【圧倒的な少子化社会】に対する危惧から
生まれたものであったかもわかりません。
<表現の拙劣さ、醜悪さに関しては”酷いものであった”ことを再度、言及しておきます>

30〜34歳世代の男女は、平成大不況の犠牲者であることには相違ないと思います。
どん底の日本経済の只中、
成人し大学に行っても安定企業に雇用されることは難しく、
(それどころかいまだその状態は続いているわけですが)
正社員になることすらままならず、

続きを読む

kokasita at 15:43|PermalinkComments(7)TrackBack(0)データ | セックス

2007年02月19日

笹竹夫婦・結婚記念日! 我が家の夫婦円満のコツ教えます!!

こんにちは!
笹竹 政村です。


日付けが変わる前にブログ更新しようと思っていました。
あ〜あ、日付けが変わってしまった(^^;。
でもまあ、いいか!

昨日、2月18日は私、笹竹政村と妻・明日香の結婚記念日、
でございました(*^^*)。


この六年を振り返ると、本当に妻には
私の一身上の都合などにより、苦労をかけ、
それでも私に愛想をつかさず、しっかり私を、家を支えてくれた、
そして多くの大切な守るべきものをしっかり守ってくれた
感謝に尽きぬ六年間でありました

今日は私たちの夫婦生活を通し、
特筆に価するエッセンスを一つ披瀝
し、
将来、家庭を持つことを夢見るあなたに・・・、
そして既に家庭生活を送っていらっしゃるみなさんに
体験に基づくメッセージを贈らせて頂きます。

それは・・・
【極力、なんでも相談し、苦悩を共に分かち合う】こと―
です。

続きを読む

kokasita at 07:05|PermalinkComments(28)TrackBack(0)結婚生活 | こころ

2007年02月13日

今年のバレンタインに<本命プレゼント>をあげられない貴女へ贈るココロの魔法

こんにちは!
笹竹 政村です。


さて、明日はSt.バレンタインデーですが
女性読者の皆様におかれましては、
意中の男性に本命プレゼントをする準備は整っていますでしょうか?

この日本における白熱したバレンタイン商戦の状況は
お菓子業界の策略であるとかいう説も強いですし、
「毎年毎年、憂鬱でたまらん!」と頭を抱える男性諸氏も少なくないと思います。

また女性におかれましても、世間がかまびすしい状態にあって
「このところ本命プレゼントがあげられていない!!」―
という状態は、女性としてかなり精神的にストレスのかかるものではないでしょうか???

今現在、空き家だ!―という女性にとっては
格好のイベントであることには全く違いないのですから、
もしこれを読んでいる女性の中で
「あげようか、あげまいか悩んでいる」―という方がいらっしゃったら

相手の反応に憂慮せず、どんどんあげちゃってくださいね(^^)。

ブログの方も更新がいささか遅れ、
また最近、柳沢発言に絡んだテーマで押しまくっていたせいもあり、
バレンタイン前日―となってしまった今日現在、

昨年末のクリスマス特集の時のように、男女別各論にわたる
具体的なメソッドを提示する時間はありません(^^;。

今日の記事は「今、本命プレゼントをあげられるほどの相手がいない!!」―
と少しブルーになっている女性のみなさんに
来年のバレンタインを如何に楽しい気分で送れるか=
来年のバレンタインまでに如何に堂々と本命プレゼントができる自分に変貌できるか


一緒に考えてみましょう(^^)。

皆さんも何となくご理解している部分があると思いますが、
男は中学生や高校生の時代から
「どれだけチョコレートをもらえるか」競い合って育ってきたような部分があります。

続きを読む

kokasita at 15:31|PermalinkComments(19)TrackBack(0)女性側の問題 | 恋愛

2007年02月07日

【産科医不足】医者の資質と、医者と結婚したい女の資質が、今、問われている!

こんにちは!
笹竹 政村です。


前回は「産む機械」発言の柳沢伯夫厚生労働大臣に対して私観を展開、
あのような暴言を生んだ背景には、氏の妻との家庭生活など
彼のバックボーンに大きな問題があるのではないか―
と指摘しましたが、それに対して親愛なる当ブログ読者・イチゴ大福もぐ!嬢が
大変示唆に富むコメントを残してくれました。

コメントの内容などを要約すると
「表現は確かにひどい。しかし氏の言わんとしたことに一理あるのも事実。
それより少子化対策や妊娠、出産、子育てにまつわる重要な問題は山積している。
それらを一刻も早く、解決の方向に国は持っていって欲しい


というような内容でした。

まさにその通りで、6日現在、柳沢氏の続投は本決まりとなった今、
野党は次元の低いあげあし取りに終始せず
恋愛―結婚の先にある巨大な偉業・妊娠、出産問題について
総理と閣僚、国会議員は真剣な討議を果たしてもらいたい―

と恋愛―結婚専門ブロガー・笹竹 政村は切に願うものであります。

今日は産婦人科医の深刻な医師不足が叫ばれる昨今においても
最悪のケースであろう私の地元・北海道で勃発している
日本本土最東端・根室市の実情を皆様にお伝えし、
そこから浮かび上がる諸問題を共に考えていこうと思っています。

北海道の東の東、もう海を渡れば北方領土―
という国境の半島に人口3万人の根室市はあります。(納沙布岬が有名ですね)

続きを読む

kokasita at 08:00|PermalinkComments(30)TrackBack(0)少子化 | 社会病理

2007年02月02日

柳沢伯夫の妻は、これまで亭主としっかり向き合ってきたのだろうか???

こんにちは!
笹竹 政村です。


すっかり一週間もご無沙汰してしまいました(汗。
実はこれにはわけがあるんです・・・。
出張した先、投宿した旅館でまったり過ごしているうちに、
左眼がバンバンに腫れてきて、白目の部分も激しく充血しだし
「これはおかしい!」と思い、

帰宅してから眼科にかかったところ、”強膜炎”との診断を受け、
「モタモタしてたら大学病院送りだったよ!」と医者に叱られました。

強膜とは眼球と白目の間に広がる、薄いけれども、
非常に強い膜で、私の場合何が原因かは特定できませんが
その膜が熱を帯び、腫れてしまったんですね。

これも偏に「目の使いすぎだよ」との天からの思し召しのように思われ、
治療に専念し、しばらくPCの前に座りませんでした。
ほんの少し、充血は残っているものの、
症状は極めてスムーズに平癒の方向に進んでおります。

少なからずも私のブログの更新を待ってくださっている読者のみなさんに、
一週間もブランクが空いたことを深くお詫び申し上げると共に、
私も今春で40の大台に突入し完全に年齢的には”中年”の仲間入りですけれども、
常に健康には留意し、明るく溌剌と
「成長のお薬」を処方していくことをお約束いたしますm(__)m。

さてさて、私が休んでいる間、現・厚生労働大臣、
いぶし銀の頑固者かつ、政治家としては大変なやり手の部類に入る
柳沢伯夫がやらかしてくれちゃいましたねー。
今、どのサイトでも柳沢発言を巡って”祭り”の真っ最中です。

続きを読む

kokasita at 10:53|PermalinkComments(26)TrackBack(0)結婚生活 | 人間関係