2007年04月

2007年04月26日

【札幌発】彼女(彼氏)とのマンネリなんか、このエピソードを読めば吹き飛びます!

こんにちは!
笹竹 政村です。


今日は最近、札幌在住の女友達がネット上に披露した
心温まる言葉を引用し幸せの形を俯瞰(ふかん)していきましょう。

まずはその言葉を以下に転載します。

【今日も待ち合わせをしてテクテク二人で帰りました(^^)
最初、「稲穂」を歌ってたんですが、途中から「テレビ」に変わってずっと歌いながら、星を見ながら帰ってきました♪楽しかった(o^o^o)】


この文を書いた女友達は現在30代前半。一つ年上の旦那さんと毎日、
幸せを強く享有しながら生活しています。

彼女の言葉を補足しますね。

彼女は自宅から若干離れた勤め先でパート勤務をしており
常日頃は交通機関を用いて往復しています。

旦那さんはもちろん会社勤めをしているのですが、
家から職場まで比較的至近距離にあるため
健康面なども考慮して、日々徒歩で通っています。

旦那さんは彼女の帰りが自分より遅くなった時、
勤め先そばまで先回りし、驚いている彼女に対し
「一緒に帰ろう」と右手を差し出した
そうです。

その日を境に彼女の遅番の日は、勤め先そばで待ち合わせをし、
二人とも大好きなスピッツのナンバー
(ここに挙げられている「稲穂」、「テレビ」というのもスピッツの曲名です)
を歌いながら札幌のストリート上、星空に抱かれ
心を弾ませて帰宅するようになった―その風景を切り取ったのが
上記の彼女による描写であります。

このエピソードの中からいろんなことが学べると思います。

私がまず真っ先に思いついたポイントは
「男は釣った魚に餌はやらない」とよく言うが、それでは上手くいかないのは当然だな―
こういうしっかりとした愛情面におけるケアをすることこそ
夫婦のみならず、男と女の円満の秘訣かもしれないな・・・
ということでした。

また私が恒常的にブログで主張してきたメソッドの端々が
エピソードの中に盛り込まれている
気がしました。

「男は小さな約束を叶え続けることが重要」、
「互いが互いに感謝の念を忘れない」、
「<一緒に>好きな歌を歌い、<一緒に>歩き享有意識を高める」


やはりうまくいっている人たちは、お互いにそれなりの努力をしている―
ということを改めてこのエピソードが知らせてくれているようです。

「今、彼女(彼氏)がいない」というあなたも
この素敵な夫婦愛の在り様をご参考にして頂き

今度付き合う人にはまず思いやる心をしっかり堅持して
相手と喜びや幸せ感を享有しよう―
自分の思いばかりをぶつけるのではなく
相手が何を、どういうことを求めているのか・・・
その事柄を自然に提示できる自分になろう―
と密かな決意を固めてみてください。

お相手のいる方、結婚されている方、

馴れやマンネリズムほど恐ろしいものはありません。
”出会った頃の輝き”が失せかけていないか
時折チェックして、初々しさを保つ努力を続けていきましょう。


皆さんのこのエピソードに対して抱いた率直な感想なども
どしどしお寄せくださいね(^^)


26日早朝現在ランキングは・・・
31位でした。
はためく鯉のぼりのように上げ上げ気流に乗って、
上位進出を窺いたいものです。

今日も何卒よろしくお願いしますね(^∇^)

ワンクリック、プリーズ!

ブログランキング


なお、笹竹 政村は27日から数日短期出張します。
コメントのレスは5月に入ってからになると思いますがどうかよろしくお願いします。

笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)

札幌にお見えになる際は、ベタですがここが一番無難かと思います。
北海道にお越しになる際、参考になれば幸いです。
割合、安く料金設定されていると思いますよ。
<b>JRタワーホテル日航札幌</b>
JRタワーホテル日航札幌


kokasita at 12:21|PermalinkComments(21)TrackBack(1)結婚生活 | 恋愛

2007年04月22日

<GWは彼女(彼氏)がいた方が楽しいに決まっている>ことを認めよう!

こんにちは!
笹竹 政村です。


四月も早、下旬に入りそろそろみなさんが待ち焦がれているであろう
ゴールデンウィークも近づいてまいりました。

昨年末のクリスマス時も
また今年のバレンタイン時も
いささか紙幅を費やし特集を組んでみましたが、
やはりこういう世間が浮かれている時、
彼女彼氏がいて楽しめている人たちがそれぞれ休みの計画を立て
ゴールデンウィークの旅行に沖縄だ、北海道だ、海外だ・・・と盛り上がっている様をみると
独り身の寂しさ、恋したい気持ちが否が応にも増し来るものだと思います。

独身三十代男性、女性、さらには独身四十代男性、女性であればあるほど
何ていうんですかねえ・・・
劣等感というかコンプレックス地味た感覚をチクリとされるような
少し嫌な気分になるのも仕方ないと思います。

かくいう私も相方がいなかった時は
無理にでも予定をこしらえ、同じ境遇の同性などを誘って
飲みや遊びに出かけ、気を紛らわしていましたよ。
女性の潤いが欲しくてたまらない時は、
お水関係で大枚をはたいて一時の享楽に酔いしれた夜も多々ありました。
ふらっと列車に乗り込み宛てのない旅に出かけることもままありましたね。

思うにそういう行為は無論、決して”逃げ”でもないし否定される筋合いのものでもありません。
ひたすら家で悶々としているよりは、表に飛び出して外界の刺激を受けることは必要です。

そこで外出する際の精神面におけるワンポイントアドバイスを一つ・・・。

「俺(私)、寂しい、恋したいなあ、孤独だなあ・・・」というような負の感情から
目を逸らさずにドアを開け、歩みを進めましょう。
続きを読む

kokasita at 05:33|PermalinkComments(15)TrackBack(0)こころ 

2007年04月16日

彼女がオバさんになったら貴男はオジさんです!

こんにちは!
笹竹 政村です。


私の40歳の誕生日から早、5日が経過し
この記事を掲載するタイミングとしてはいささか間が抜けておりますが
今日は前回お約束したとおり私と同じ4月11日生まれの
著名人女性をリスペクトし、彼女の世界観から学び得る「お薬」を抽出してみましょう。

私が二十代の頃、熱狂して応援し続けた歌い手さん
その人は森高千里さん(38)であります。

森高千里 画像

今回の渋谷区長選挙に立候補するという、宅八郎に代表されるようなオタクのハシリのみが
森高ファンであったかのような誤解を持っている方は是非、その認識を改めて頂きたい。

森高千里の詞世界を高く評価する識者は多く
(有名なところでは石井竜也、大槻ケンヂ、タモリなど)
私も渉外先の高齢なオエライさんが熱狂的な森高ファンであったため、
交渉が極めて有利に働いたことが何度もありました。

80年代後半から99年、江口洋介氏と結婚するまでの間
「森高ワールド」とまで言われた
彼女自身のライティングで繰り出される
おもしろおかしくも涙さえ誘う詞世界と
けれんみのない打ち込みサウンド、
そしてあのカモシカのような脚線美と美貌で
続きを読む

kokasita at 08:10|PermalinkComments(12)TrackBack(1)恋愛 | 音楽

2007年04月11日

男40にして加山雄三をあえてリスペクト!

こんにちは!
笹竹 政村です。


本日、07(19)年4月11日、
小生笹竹 政村は昨日を以って30代を終え、
遂に完璧に中年の仲間入りを果たしました!
今日は、笹竹 政村40歳・誕生日であります!!

孔子は
「男三十にして立ち、四十にして惑わず」
という名言を残しておりますが

私がフリーとして立ち上がったのが昨年ですから39歳のこと、
起つのが遅すぎたせいかまだまだ孔子の格言の如く「惑わず」とは参りません。
日々、自営業者として惑いっぱなし、悪戦苦闘の連続であります。

自分が自由自在に大好きなテーマに沿って展開できる
このブログ「成長のお薬」は自分のささやかな人生経験を発表する舞台であり、
恋愛や結婚に惑う、悩む―
すべての仲間たちへ捧げる

スピリチュアルでありながらリアルなメッセージ・発信の場として今後ますます充実を期すべく
邁進、挺身していく覚悟であります。

今夜はかみさんとこの大節の日をショットバーにでも行って
ドンペリで乾杯なぞしながら、大望を膨らませ固めてみたく思っております(^^)

ちなみに今日誕生日を迎えた著名人は結構、私と因縁が深い感じの人たちがいます。
(勝手にそう言ってるだけかもしれませんが(汗)

親愛なる男女一組づつ二回連載で紹介していきましょう。

今回紹介するのは、今日70歳になられた私の親父とタメの加山雄三氏。
”若大将”もいっぱしの老人になられましたね(^^;

加山雄三 画像


続きを読む

kokasita at 16:50|PermalinkComments(27)TrackBack(0)結婚生活 | 男性側の問題

2007年04月02日

交際相手がいてもいなくてもストレスにはこう対処すべし!

こんにちは!
笹竹 政村です。


4月ですね。本当に季節の巡りというやつは早いものです。
なにやら昨日は静岡や山梨で真夏日を観測したとかで
この母なる地球の異常気象もここに極まれり、
これからどうなっていくのか考えると空恐ろしいものがあります。

米国は如何なる理由があろうとも京都議定書を批准し真剣に環境問題に取り組み、
軍事力をはじめとした<POWER>ばかり突出した
”警察国家”から脱皮して欲しいと願わざるを得ませんし、

さらに東アジア全域に顕著で悪質な環境破壊を徹底的にもたらし続ける
中華思想に凝り固まったCHINA当局者や国民も、
おごり高ぶった態度や施策を猛省してもらいたいものだーそう切に願うものであります。

また私たち日本国民も「ストップ・ザ・温暖化・たいそう」でも見て楽しみながら(笑)、
Ecoの精神を地道にでも堅持していかねばならないでしょう。

母なる地球にかかる多大なストレスのお話から始めましたが、
今日は恋愛や結婚生活の中で自然とかかってしまうストレスと
如何に向き合い、対処していくべきか考えていこうと思います。


(1)今、お付き合いしている相手がいない―という人も
(2)恋愛の渦中にいる人も
(3)結婚生活を送っていられる人も
等しくさまざまなストレスに見舞われるのは止むを得ないところだと思います。

(1)お相手がいない人にかかるストレス―
それは孤独感や自信の喪失に代表される”寂しさ”がもたらすものでありましょうし、
(2)恋愛の渦中にいる人のストレスは
相手との関係性や感情の不安といった”心の揺らぎ”に負うところが多いでしょう。

(3)結婚生活者のストレスともなれば
経済的心配や子育ての悩み、夫婦間の意思の不疎通、セックスレスなど
各家庭において様々な頭痛のタネが一つや二つはあるものです。

それら悩みに直接向き合い、正面突破を目指す―
という方法が問題の解決や白黒をつけるのに、一番手っ取り早いことは間違いないとは思います。

しかし”ストレスを解消するためのストレス”
というような珍妙なパラドックスに陥ってしまう危険性も孕(はら)みますので
正面突破(問題の核心に触れ、打開策を講じる―という意味で使っています)を
図るのは精神状態や体調が比較的良好な時に
落ち着いたトーンで行った方が賢明でしょう。

自分の苛立つ思いを何らかの形でガス抜きする―
例えそれが愚痴っぽくなってもやる・・・ということは決して悪いことではありません。

私が文章を披瀝(ひれき)しているこの『ブログ』という媒体一つとっても
いわゆる”つれづれ日記”とでもいいましょうか・・・
自分の身の回りの出来事や悩み、思いを日記的に書きとめ発表されている方々のものが一番多いですよね。

またmixiに代表されるSNSなどでは続きを読む

kokasita at 13:19|PermalinkComments(12)TrackBack(0)こころ | 人間関係