2007年05月

2007年05月26日

「女性を褒めて歩くことは軽薄でも何でもないと思います」

こんにちは!
笹竹 政村です。


今日、所用のため車で移動中、ハイチュウを舐めてました。
マスカット味だったかな?

ま、味は関係ないんですが・・・
左上奥歯の銀歯が取れてしまいました。

ハイチュウにしてもスルメにしても
ああいう”おしゃぶり系”は銀歯の天敵ですね(笑)
(銀歯、ギンバと言ってますが歯科用語では何と言うのかな?
まあ、今度までに調べて起きます(^^;)

予定を変更して歯医者へ。

歯医者の医療事務員、かなり可愛いんですね。
年の頃は20代半ばかな? 熊田曜子を上品にした感じとでもいうか・・・

治療が終わり会計を済ませる際に
別に用意していた言葉では全くなかったのですが
彼女に対し思わず
「美人ですよねー」と褒めてしまいました(笑)

こういうことをぬけしゃあしゃあと言えるのは
私がもうオッサンだから―ということが一番大きいんでしょうか?

よもや私には陽気なイタリアンの血でも混ざっているんでしょうか(爆)

まあ、それらの理由もあるかも知れませんが・・・ってイタリアンではありませんが
私は女性が美しくあることが本当に嬉しい男なんですよ(*^^*)

自分のモノにしたいとかそういう打算はほとんどありません。

精神的抑圧が取れかけてきた頃から、魅力的な女性は
褒めまくってきた気がします。否、褒めざるを得ないんです。

何故なら女性は褒めるとますます輝いてくれるし、
その分男を幸せにしてくれるんですから・・・。


照れて微笑み返してくれる時の女性の表情・・・
もうなんていうか・・・
私がこういう言葉を使うのもなんですが
いわゆる”萌え”ですよ(≧∇≦)ブハハハ

美しい―
魅力的―
といってもルックス面だけじゃないんですよ。

重要なのは続きを読む

kokasita at 05:58|PermalinkComments(20)TrackBack(0)雑感 | 恋愛

2007年05月21日

人生の基盤づくりの王道は昔も今も<結婚生活>にある!

こんにちは!
笹竹 政村です。


5月も20日台に入り、季節は深い緑の時へと巡り始めました。

このブログを読まれてる皆様の多くはそれぞれの地域で
自分に与えられた職責をまっとうするため
日々会社などお勤め先に通勤されていると思います。
或いは将来のための布石として、
学校等で知識−教養を得ている学生さんもいらっしゃることでしょう。


「あ〜、かったるい(憂鬱だ)、会社(学校)なんてできれば行きたくないな〜」

仕事や学業に対する個々人の考え方というのも千差万別なものがありますけども
そんな内なる呟きはある意味、持って当然だし、
働かずにセミリタイアして好きなことだけやっていたい―
という願いを持つのは(個人差はありますが)恐らくは正直な感情ではないかとも思います。

人間はやっぱり基本的に
食べていかなきゃならないから、生きていかなきゃならないから
必然性に駆られて働く―という要素が強いものではないでしょうか?

しかしながら・・・

どうせ生きていくならより輝きたい―
自己を燃焼させて生きていたい或いは大物になりたい、自己の地位を高めたい―
世のため人のため貢献できる人間になりたい―

そんな思い思いの理想はふと日常の刹那(せつな)の狭間で
埋没しそうになるきらいがあるかもしれませんが、
結局、理想がある人とない人では
人生のダイナミズムにおいて大きな開きが出てくる
ように思います。

きっとその理想を育み、温め日々の職場という戦場への前哨基地となるのが
<家庭>というものなのでしょう。


「結婚なんてどうでもよくなった! オレ(私)は一人で生きてく!」―
紆余曲折(うよきょくせつ)を経て生涯独身を誓うシングルもどんどん増えているとも聞きます。

それはそれですごい決断だと思うし、私のような弱い人間は率直に頭が下がります。

何故なら彼ら(彼女ら)は<結婚>という<制度>に縛られず
<配偶者>という<支え>を求めず、自分で自分を支えることを決めたのですから・・・。

私は悲しい哉、自分で自分を支えきれません。
最低限、自己のメンタル面での調整ぐらいは具有しているスキル内でやります。

しかし続きを読む

kokasita at 13:40|PermalinkComments(10)TrackBack(0)結婚生活 | 晩婚化

2007年05月12日

女性との会話で必要なバリエーション・そして話題の”予想ガイ”とは?

こんにちは!
笹竹 政村です。


ここ北海道十勝野は只今、桜の季節。(遅いでしょ?(笑))
明日は妻も私も時間があるので、二人して近場の公園にでも
桜を愛でつつ散策でもしようかな―と思っています。

南は沖縄から北は北海道根室(根室という町が桜前線の終着駅です)まで
実に長いスパンをかけて桜前線は北上し、
みな日本人は等しく大好きな桜を愛でる、桜並木を好きな人と歩ける権利を享受できます。

そう考えると少し心が大らかに広く持てる気がしませんか?
環境によって時期は違えど、いつか春は訪れ、桜は咲く―

例えるならば『只今恋愛真っ最中、二人ラブラブでこの世の春を謳歌してます☆』―
というカップルもいれば
『過去の輝きは今いずこ? この恋も最終局面かもしれない(><)』―
といった厳しい状況の二人もいるかもしれない・・・

或いは

『茫漠たる砂漠を行くようなこの一人旅を終わらせたい! 共に歩むパートナー、君は今何処?』―
という当ブログのメインコンシューマーのあなたもいる。

よく言われることですが
「泣いている人がいれば笑っている人もいる。それでこの世はバランスがとれている」―
といった少し広がりのある考えも時に必要な気がします。

そして「オレ(私)は近いうち、絶対笑う側に入ってやる!」―
とモチベーションをあげることもやはり必要な心の持ちようだとも思います。

今日は「彼女を早くGETしたい!」と願っている男性諸氏に
女性心理を知る上でなかなか示唆に富む「女性側の意見」なども紹介しつつ記事を進めていきます。


「優しさや明るさを持ってフレンドリーに接していれば、きっといつか女はモノにできる!」―
そういう一種ステレオタイプな考え方も、恋愛論的にいまだに根強いものがある気がします。

しかし優しく、続きを読む

kokasita at 00:28|PermalinkComments(12)TrackBack(0)恋愛 | 会話

2007年05月05日

【恋愛恐怖症対象講座・1】セルフイメージ向上の第一歩はまず素直な決断あるのみ!

こんにちは!
笹竹 政村です。


大型連休も今日、子供の日でいよいよ終盤ですね。
私も今年の連休は大いに遊ばせてもらいました。
今日を境にまたライティングに、ブログに精一杯がむばります!

ところであなたは自分のことを「モテる―モテない」で言えばどう評価していますか?
以下の五項目からお選びください。

(1)自他共にモテると評価されるし、いつもいい線いってると思う
(2)まあまあの評価を異性からつけられるし、自分もまずまずの自信を持っている
(3)気に入ってもらえる人には受け入れられるが万人受けするわけではなく普通だと思う
(4)あまり好意を持たれる方ではない。どちらかというとモテない
(5)モテない。自信もないし、上手く行っている人たちをみるといい感じがしない

今日、私が問題にしたいのは(4)・(5)に該当するとお答えになったあなたです。
(4)は恋愛不安症、(5)は恋愛恐怖症といってもいいかもしれません

実像以上に自信たっぷりで高慢ちきな人間も周りから見て痛いものがありますが、
必要以上にセルフイメージを下げてしまっている(4)・(5)
《特に(5)》にチェックをつけたあなたは
まずセルフイメージの底上げから始めないと、
モテない君(さん)の位置から脱け出せなくなる恐れがあります。

何故、モテないか―続きを読む

kokasita at 03:35|PermalinkComments(17)TrackBack(3)恋愛 | こころ