2009年02月

2009年02月28日

まだ遠い春の北国から〜男と女のこれから在るべき恋愛や婚活

皆さんこんにちは!! 

今月4日は立春でした。暦の上では春です。
そして今日で二月も最終日。
本格的に日本列島は春に向けて季節が走り始めることでしょう。
「二月は逃げる」と申しますが
本当に早いですよね、二月は!

今月は14日(土)に毎年恒例のバレンタインデーもありました。
皆様の成果はどうでしたか?!

今年は森永製菓がチョコレート類の需要増を目指して
「男性からも好きな女性には贈る」逆チョコがちょっとした話題でした。

何か商業的広告や電通あたりが仕掛けるムーブメントに
そのまま乗ってしまうのは腹ただしい・・・という男性もいるかもしれませんね。
またそう言われても照れはありますわな、男から渡すというのは・・・。

ですが例えば30代、さらには35、そしてアラフォーともなっていくと
どれだけ強がっていても自分の隣に彼女がいない・・・という事態は
本当に寂しい続きを読む

2009年02月12日

<恋愛恐怖症対象講座2>異性の気持ちを学びつつ、あがらない体質へ改善しよう

皆さんこんにちは!! 

久々の更新から一週間経ちました。
お約束どおり恋愛恐怖症からの脱出方法を
該当する皆様のために、提示していこうと思います。
「恋愛恐怖症」は大別すると
精神疾患となっているものとそれ以前のものに分かれます。

今回は前回のアーカイブ記事を受ける形で
精神疾患とはまた別の
恋愛に対する臆病感が強くて困っているタイプの恋愛恐怖症の方に向けての処方箋です。

前回記事では、自分自身のポジションは適齢期世代の中でどういう地点にいるのか
を、まず把握し、そして恋愛恐怖の傾向が強いようだ・・・と自分で理解したならば
不当に低く抑え込まれてしまっているセルフイメージの底上げを始めることの
重要性を説きました。

そしてさらに一歩進んで
「俺(私)は別に彼女(彼氏)なんか今、欲しくない!!」
というように強がって、自分の素直な心を
抑圧している可能性があるならばそれを解放してあげること・・・が必要であり、

「俺(私)はひとりぼっちは嫌だ! 彼女(彼氏)が欲しい! 彼女(彼氏)を絶対つくる!!」
そう自分の心に正直に決断することであると説明致しました。

さて
続きを読む

2009年02月04日

【恋愛恐怖症対象講座再開!】<セルフイメージの昂揚>07・5月5日付

こんにちは!
笹竹 政村です。

07・5月5日付記事をアーカイブします。
一本前の記事で書いた通り、
「恋愛恐怖症」は大別すると
精神疾患となっているものとそれ以前のものに分かれます。
以下の記事を書いた段階で、まだ自分自身
そのあたりの整理ができていなかったことをご了承の上、お読み進めくださいませ。


大型連休も今日、子供の日でいよいよ終盤ですね。
私も今年の連休は大いに遊ばせてもらいました。
今日を境にまたライティングに、ブログに精一杯がむばります!

ところであなたは自分のことを「モテる―モテない」で言えばどう評価していますか?
以下の五項目からお選びください。

(1)自他共にモテると評価されるし、いつもいい線いってると思う
(2)まあまあの評価を異性からつけられるし、自分もまずまずの自信を持っている
(3)気に入ってもらえる人には受け入れられるが万人受けするわけではなく普通だと思う
(4)あまり好意を持たれる方ではない。どちらかというとモテない
(5)モテない。自信もないし、上手く行っている人たちをみるといい感じがしない

今日、私が問題にしたいのは(4)・(5)に該当するとお答えになったあなたです。
(4)は恋愛不安症、(5)は恋愛恐怖症といってもいいかもしれません

実像以上に自信たっぷりで高慢ちきな人間も周りから見て痛いものがありますが、
必要以上にセルフイメージを下げてしまっている(4)・(5)
《特に(5)》にチェックをつけたあなたは
まずセルフイメージの底上げから始めないと、
モテない君(さん)の位置から脱け出せなくなる恐れがあります。

何故、モテないか―続きを読む

冬眠明けのひぐまが「恋愛恐怖症」の二系統について説明する!

皆さんこんにちは!! 

<日本国北海道恋愛山地で去年の年末前に冬眠した
ささたけまさむらくんという雄の肥満体で動きの遅いひぐまが
今ごろになって、ようやく目を醒ましました。
どうもこのひぐまくんは冬眠入りが毎年早く、
明けるのも少し早いという性質を持っているのかも知れません>

気分を新たに冬の青空と輝かしい陽光に包まれ
気持ちよくスパッと切れ味爽やかに
<晩婚化時代から見える社会科学と文化、そして
当事者たちへの一家庭人からの心を込めたエール送り>=「成長のお薬」を再開しましょう。

ところで皆様と私のインターネットを通した出会いのきっかけは何でしたか?

多くのお世話になっているリンク先?
mixi? ネット以外の場での口コミもあるかも知れません。
でもこういうブログに読者を集める一番大事な方策は
やはり検索キーワードということになると思います。

このブログにもいろんなキーワードをきっかけに
様々な立場の方がお見えになっているのが
こちらの管理ツールから一目瞭然よくわかります。

ブログ上の商売敵もいるので(笑)
「笹竹ブログの検索キーワードの上位ランキング!」みたいに公表はできませんが、
今、適齢期該当世代が何に悩んでいるかが手に取るようにわかり
私も本当に勉強させて頂いております。

今日からはいつも検索キーワードの上位に食い込む
続きを読む