2009年11月

2009年11月24日

強き女の肖像<松田聖子>覚え書き

皆さん、こんにちは!
笹竹 政村です。

「50年に一度!」のワイン飲みました?
数年前に「100年に一度・・・」とも聞いた記憶があり、
なかなかフランスという国の広報姿勢も
自分で自分の首を絞めるような余裕のないスピーキングをするものですね。
誰かフランス人の精神性に詳しい方、コメント欄でご教示願います(笑)
ブルゴーニュの名門ネゴシアン[ドルーアン社]社長が『数十年来の最高の仕上がりで、私たちは今年のボジョレ・ヌーヴォーの印象をお伝えすることに、大変、興奮しています。』と語る極上の新酒!ジョセフ・ドルーアン・ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2009
ブルゴーニュの名門ネゴシアン[ドルーアン社]社長が『数十年来の最高の仕上がりで、私たちは今年のボジョレ・ヌーヴォーの印象をお伝えすることに、大変、興奮しています。』と語る極上の新酒!ジョセフ・ドルーアン・ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2009
クチコミを見る


さて今日は、現在の30〜40代女性のライフスタイルに多大な影響を与えたと評される
松田聖子について、同じ時代を生き、つぶさに彼女を観察してきた自負をこめて
笹竹 政村的に松田聖子の歩みについて迫ってみたいと思います。
地球音楽ライブラリー  松田聖子 改訂版
地球音楽ライブラリー 松田聖子 改訂版
クチコミを見る


彼女は私より5歳上、ということは現在47歳になっていらっしゃると思います。
彼女が学生女子用洗顔フォーム(資生堂「エクボ」CM)のイメージソング
SQUALL
SQUALL
クチコミを見る
「裸足の季節」でデビューしたのは80(昭和58)年の初めの頃のことでした。

当時、毎晩22時にニッポン放送系AMラジオ局にて「ザ・パンチ・パンチ・パンチ」
(平凡社「週刊平凡パンチ」提供)なるちょっとセクシーなラジオ放送が全国ネットで流れており、
まさに13歳という人生で最も多感な時期にいた私やクラスメイトの男子は
固唾を飲んでこの放送を聞いていました。そのパンチガールの中心的人物が松田聖子でした。
クラスのみんなはラジオの前でビンビンでした。

夏になる少し前に松田聖子デビュー期の代表的楽曲「青い珊瑚礁」が大ヒット、
機を一にしてベビーフェイスでありながら、超グラマラスな水着姿で売っていた
河合奈保子の「大きな森の小さなおうち」、
金八先生でスケ番役をして、アクの強いイメージで売った三原順子の「セクシーナイト」などが
相次いでベスト10入りし、前年、三浦友和と結婚し、芸能界から完全に引退した
山口百恵のポジション、所謂、<ポスト百恵>の座を巡って激しいつばぜりあいが始まりました。

しかし全国的にも男子学生の半分以上の支持は
男の子の好感を集める所作に長け、
また楽曲の圧倒的なクオリティの高さなどの要素が秀でた
松田聖子に集中、

どいつもこいつも学校の自分の机に
<SEIKO・MATSUDA>、<I LOVE SEIKO>などの文字を彫ったり
鉛筆は無論、マジックで書きなぐったりして、
彼女がほほ笑む缶ペンケース(鉛筆箱)を破顔して見つめ
授業中はひたすら松田聖子のことばかり考えてしまい、勉強が出来ないという奴が激増しました。
私も恥ずかしながら聖子派でしたが、比較的軽症な方でして
本当に「こいつ大丈夫か?」というような奴が誇張でなくいっぱいいましたよ。

僕らの世代の多くは無論、リアルに学校で誰かに恋をすることを覚えましたが、
一方でいつも理想の女性として<松田聖子>が心の中で君臨し、
現代の<アイドル人気分散型>の時代に生きる若者と較べると
信じ難いほど強力な人気を松田聖子は博しました。
(無論、その分アンチ派の人も男女問わず大変多く
その嫌われ方も半端なものではありませんでした。
所属事務所のサンミュージックにはカミソリやナイフが
郵送されてきた封書を開封した者の手を直撃するように仕込まれ、事務所社員そして当事者の松田聖子を大いに悩ませました)

新しい女の生き方を体現し続けると憧れられる、歌手・松田聖子の歴史の始まりは
日本中の男子学生のハートを鷲づかみにすることから始まったのです。

彼女の楽曲を語る上で欠かせない人物として
作詞家・松本隆の存在を忘れてはなりません。
松本隆対談集 『KAZEMACHI CAFE』
松本隆対談集 『KAZEMACHI CAFE』
クチコミを見る


彼が編み出し聖子に歌わせる詞の世界は、男子にとって
とってもセンチでか弱く、「俺が守ってやらねば・・・!」と
思わせるヒロイン像
でした。
作曲も松任谷由美や財津和夫、
佐野元春
といったポップ界の重鎮たちに次々に委ねられ
「松田聖子のシングル曲は絶対1位を取らねばならない」
という重圧が絶えず制作側につきまとっていたそうです。

あの頃は全国的に校内暴力の嵐が吹き荒れ、
今の若い子たちのファッションセンスとはかけ離れた
所謂、限りなく「DQN」的な服装や髪形を好む者が男女ともに非常に多かったです。
あの時代において、シンデレラのようなドレスを身にまとい歌い続ける
松田聖子はまごうことなき時代が生んだ「お姫様」であり
DQNは無条件にひれ伏しました。
Candy
Candy
クチコミを見る


現代の極めてファンと至近距離で対話するアイドルたちとは
続きを読む

kokasita at 13:55|PermalinkComments(6)TrackBack(0)女性側の問題 | 音楽

2009年11月04日

結婚相手次第で幸せの形も変わる、さあ君はどの道を選ぶのか?!

皆さん、こんにちは!
11月一本目の「お薬」を処方します(^.^)

今日は≪ありのまま生きる≫ことの重要性について書いてみようと思います。


ですがまずその前に、今、一番国民の耳目が集中しているであろう犯罪者の問題に私も触れておかねば気が済まないので、ちょっと書かせてください。
木嶋佳苗(34)(容疑者、4日現在)なる北海道野付郡別海町出身の女が
東京を拠点に前代未聞の<連続殺戮(さつりく)結婚詐欺>を実行し続け
血に彩られた忌まわしい一億円近い札束にて、
虚栄心丸出しの生活を送っていたのではないかというニュース

もう皆様もご存じの通り。
稀代の女結婚詐欺師・木嶋佳苗(本人が写メで撮影、ブログにアップ)

北海道新聞社の中標津支局員は多忙な日々が続いていることでしょう。
心血注いだ取材を敢行し、ブロック紙の意地を見せて頂きたいところです。
テレビ局、大手一般紙、夕刊紙、スポーツ紙に至るまで木嶋佳苗のバックグラウンドを取材・調査しているマスコミ人によってこの悪意に満ちた下劣な人間(女)が
広大で美しい根釧原野に暮しながら、どのようにその野獣の如き人間性を形成していったのか―
より突っ込んだ取材による続報を注目したい所存です。実名報道にもう切り換えてもいい頃合だと思うのですが、何かマスコミサイドに遠慮しなければならない要素があるのでしょうかね?
根釧原野(放牧中の牛の群れ)


さて、それでは今日の本題に入っていきます。
人は皆それぞれ実に様々なバリエーションに富んだ人格を有します。
人に相対する時の態度や言動は、本当の自分の<心の芯>投影されます。

自己実現できた状態にある人というのは本当に幸せだと思います。
例えばそれがもし暴力団関係者に代表されるアウトローであったとしても
彼の<精神風景の核>と行動や人間関係における自己の態度が
悪い意味でも一致していれば、まさに筋金入りの”ワル”、

私たち素人は彼らを見るとやはり恐ろしく
多くの人は内心嫌悪感を持ち、反社会的な行動に怒りを覚えますが
その”ワル”は”ワル”なりに人の目を気にせず
アウトローとして幸せな人生を送っていると見ることもできます。

私たち一般市民もまた自分なりに描いた人生設計を俯瞰(ふかん)し、
<精神風景の核>と行動や人間関係における自己の態度が一致し
自己実現できた状態で生活できていれば、心が病むことも少ないし
いろいろつらいことや嫌なことがある生活の中ででも、
概ね楽しい人生を送っているといえるでしょう。

生活の中で、いつも不平や不足、苛立ちなどが精神風景の中に内在していると
自分なりに描いた人生設計・いわば『理想』と『現実』のギャップ
大きな不満を感じ閉そく感(ストレス)があふれ、生きることがつらくなってきます。
その状態にいる人たちこそが詐欺師に一番だまされやすいのではないか―
私は見ています。ストレスがガンガンたまっている時に、そのストレスをそっくり
取り除いてくれて、なおかつ自分で「俺は一発逆転のホームランを打ったぜ!」
というように夢中になってしまう。(注)これは今回の被害者の方々の傾向を分析し、直接的に彼らを指しているのではなく、笹竹 政村による結婚詐欺師に引っ掛かりやすい典型的な例として挙げたものです。
続きを読む

kokasita at 17:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)晩婚化 | 社会病理