2010年03月

2010年03月30日

このブログ連載中に宿り生まれた5人以上の赤ちゃん、そしてお母さんに乾杯!

皆さん、こんにちは!
笹竹 政村です。

今年の冬は全国的にみても
非常に寒く、また不可思議な気象現象が
世界的にも頻発した季節であったように思います。

3〜4月という春の陽光を思わせる数の月にしても
冬の延長戦がしばし続くこちら北海道でも
寒波が居座ることは珍しくないのですが。

しかし今の時期に本州北部でマイナス20度を記録するとか
<地球温暖化詐欺>の指摘が補強されるような数字が出ていることに
驚きを禁じえません。

それはともかく
お風邪など召されぬようしっかり対応策を立て、継続し
それを守っていきたいものですね。

さて今日はいささか私事に近い慶事がこうしている間も
進行しておりまして、自分としても十分に
皆様に記事としてご拝読頂くに足るだろうと判断、

笹竹 政村の幸せ提案School「成長のお薬」>が示唆する
最大の愛のかたちの結実を、人の世の素晴らしさ、美しさを
謳いあげんがため稿を起します。

初めてコメントを頂いてからもう何年が経ったでしょうか・・・?
このブログの記事のほとんどに
コメントを寄せ続けてくれてきた
北海道のMちゃんが昨日出産予定日を経て
続きを読む

kokasita at 05:06|PermalinkComments(7)TrackBack(0)結婚生活 | 少子化

2010年03月15日

ホワイトデーの翌朝、男たちはこの行事の意義を鑑みる

おはようございます!
笹竹 政村です。

今年はバレンタインが日曜ならホワイトデーも日曜で
この機会に告白したり、最初の第一段階を意中の相手に対し
意識付けさせてもらおうとする戦略が、
どうしても一般論的に考えると平日バレンタイン、
平日ホワイトと較べると弱いものがあったかも知れませんね。

それは皆が皆、<職場恋愛>、<カルチャースクール恋愛>、
お酒の場などの<社交場恋愛>をしている比率が高い、
だから顔を合わせる大義名分がなくなる・・・などという
ステレオタイプな意味だけではなく

クリスマスも、春先のこれら一連の行事も平日の方が
仕事場で皆が競い合うように、アポが入っている夕方めがけてテンションを上げていく様が
何ともいい意味で皆さん、
欲が表情や雰囲気に出て
臨場感があるように
私もサラリーマン時代感じたものですから・・・。




私は67(昭和42)年生まれで物ごころついた時から
その時点でバレンタインという習慣は世間に根付き始めていましたが
ホワイトデーというのは昭和50年代中盤にかけて
菓子業界はもとより、多くのホワイトデー収益を期待する様々な業種、
それを取り上げる女性誌、男性誌(エロ本はこの場合除く)の
熱心なキャンペーンにより定着していったような意識が私にはあります。


ホワイトデーの明確な由来に関しては

「All About」にわかりやすく解説されていたので
以下に引用致します。

続きを読む

kokasita at 05:01|PermalinkComments(6)TrackBack(0)恋愛 | 男性側の問題