「お相手高望みの旅」は人生を”険しく寂しく”させる?!「相手をふってばかりいる」キャラの内実

2006年06月12日

結婚は”鳥かご”なんかじゃない!と信じたい!!

こんにちは!
笹竹 政村です。

バタバタしてたんで三日ぶりの更新です。
ブロガーとしてはまだまだ精進が足りませんね(><)。
これからも一生懸命がむばりますっ!!
どうぞ皆様、今後ともよろしくお願いします!!


「結婚は鳥かごのようなものだ。外にいる鳥たちは
徒(いたずら)に入ろうとし、中の鳥たちは徒に出ようともがく」

16世紀・フランス、ルネッサンスを代表する懐疑的哲学者
ミシェル・ド・モンテーニュが遺した言葉です。

そうですね・・・。
確かにそういう傾向は本質的に人間には
あるのではないかと私には思えます。

自分に与えられていない理想を
求真(ぐしん)し必死になる。
だが一度その理想を得たなら、
その不自由さに嫌気を覚え逃亡を企てる・・・。

最近の20〜30代の若い夫婦には
この傾向は高い離婚率などから拝察しても
強そうな気がします。

でも16世紀の懐疑論者の言葉どおりに
事情が進んでいるなんてちょっと癪(しゃく)ですよね?

何とかそういった流れを止めて、
変えていきたいものです・・・。
だってあまりに最近、殺伐としすぎているでしょう?
世相全体が・・・。

モンテーニュの吐いた言葉の呪縛などに
影響されない、美しい結婚生活を少なくとも
私達夫婦は続けていきますし、

多くの愛情で満ち溢れた夫婦の営みが
きれいな流れを生み出して
”鳥かご”などと過小評価されない・・・

幸せに祝福された”愛の巣”として
温め合い、育みあって
行きたいものだと熱願します。

それを受ける格好で
明日は「簡単に恋人や配偶者と別れる」
キャラクターを分析してみます。

明日も読んでくださいね。
笹竹 政村でした(^^)。

kokasita at 20:48│Comments(4)TrackBack(0)結婚生活 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by がじゃまる   2006年06月13日 00:27
タイトルの〜信じたい!って。。。
完全に言い切れてない所を見ると、笹竹さんもそう想う傾向が?(¬。¬)

鳥かごも世界で唯一の居場所と思えば。。。思えない?(^^;;;)
2. Posted by 笹竹 政村   2006年06月13日 07:05
がじゃまる君、おはよう!

私の書いた、「信じたい」の意味は、あまりに今日び、簡単な離婚が激増してるでしょう? 皆が鳥かごから出ようと突破を図っているようにも思えるし、だからこそ、その流れを食い止めて殺伐とした世相にピリオドを打ちたい・・・という祈りを持つ様を表現したつもりだったんだけど、うまく伝わらなかったね(^^;。

またご指摘、待ってます!!
いつもありがとう!!
3. Posted by リー   2006年06月13日 09:52
「結婚は鳥かごのようなもの」・・・確かに一理あるとは思いますが、それにハマるのも確かにシャクです。
「結婚」に限らず、色々な事に言えるのかもしれませんが・・・

隣の芝が青く見えるように、双方の無い物ねだりですね〜。
この風潮、打破して欲しい(したい)ものです。
4. Posted by 笹竹 政村   2006年06月13日 13:58
癪でしょう、そうでしょう!

「そんな大昔の外人に言われたくねーぜ!」って忌野だったら言ってますって(笑)

まさに仰るとおり、芝生の例えがぴったりです。

人の心が世の中を醸成するものならば、
ココロを美しく維持する努力が必要ですし、
また例えば畠山鈴香のような人間の転落人生における失敗を、しっかり目を見開き、刮目(かつもく)し学習する必要もあるでしょう。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「お相手高望みの旅」は人生を”険しく寂しく”させる?!「相手をふってばかりいる」キャラの内実