2006年07月19日

「初婚夫妻の年齢差」から見える現実

こんにちは!
笹竹 政村です。


今日は久しぶりにデータ解析を行おうと思います。

我々の親の時代は10歳以上年齢が離れた夫婦
(無論、男性が年長)というのはかなり多かった印象があります。

私の両親は共に昭和12年生まれで
その年代の結婚では比較的、進歩的(?)な同年齢夫婦ですが
特に、農村部など地方では「嫁は若けりゃ若い方がいい」
とする慣習が長く続いてきた感があるようです。

さて、最近の初婚夫妻の年齢差は
どうなっているのでしょうか?

人口動態統計(厚生労働省・03年発表)によると

夫が年上58%(1〜2歳差が25%、7歳差以上が約10%、その他)、
妻が年上23%(1〜2歳差が14.5%、3歳以上差が8.5%)
夫と妻が同年齢19%

となっており、

10年ほど前に較べると妻の年上率は
約10%以上も増加(かくいう笹竹家も!”姉さん女房”ですね)
反面、夫の年上率は約10%減少しています。

「結婚相手に」と望む年齢は
女性は30歳以上になると、年上ではなく同じ歳など
若い相手を願うようになり、

男性は自分の年齢と共に上昇しているものと見られています。
(国立社会保障・人口問題研究所調べ)

このデータから透けて見えてくるもの・・・

それは女性の晩婚化の進行と共に
かってのような男性が女性の若さのみに
執着し、チョイスできた時代は
完全に終焉(しゅうえん)し

むしろ男性が女性に如何にアピールし
自分との結婚を選んでくれるか・・・

そういう流れに変貌(へんぼう)していることが
窺(うかが)えます。

こういったバックボーンを無視して
相変わらず若さに執着したパートナー探しをしている
男性は少なくなく、

ゆえに一層男女間のすれ違いが発生し
晩婚化に拍車がかかっているという見方もできるでしょう。

特に”ごく普通”の男性が40歳を過ぎても
若さにこだわるような姿勢を見せていては
非常に厳しい現実しか待っていない
ことは目に見えています。

結婚条件の上位は
男女共に人柄を筆頭に家事・育児に対する姿勢や能力、
自分の仕事に対する協力・理解とされるため、

同年代で結婚生活のテーマを享有し合える
相手がいい・・・という若さよりも価値観重視の
トレンドが今後ますます進行していくでしょう。

「女は若けりゃいいんだ!」
と女性の人格をちゃんと直視しなかった時代
から較べれば、精神的には成熟した文化に
なってきたということもいえるかも知れません。
(フェミニズムには反対ですが・・・)

笹竹 政村でした。
明日も読んでくださいね(^^)。


kokasita at 06:32│Comments(11)TrackBack(0)データ | 晩婚化

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by がじゃまる   2006年07月19日 10:58
女性が若い方がいいというのは、出産などもあってでしょうかね?
僕も、年上、年下よりも、なるべく同年がいいっていうタイプ。
 かけはなれてると、価値観とか物の考え方も違ってくるしあわせるの大変かも。

昔は、男性が若い女性を望むのは出産などあるし、女性からしてみれば、生活力、経済力がある程度築き上げた人がよかったのかも。あと、親による見合い結婚などがあるかもしれませんね。
2. Posted by さくら一番   2006年07月19日 20:17
がじゃまるサンの言う事は合ってる!!と 納得して読ませて頂きました。確かに最近は初産は35歳まで!みたいに産婦人科でも言われます。(昔は30歳!!)
幸いにも私は30歳でどうにか初産を経験する事ができたので 良かったです・・・。
年上旦那を求めるのは、やはり経験の多さからでしょうか?もちろん稼ぐカネも多いし・・・
でも、それだけじゃない!!!
一度失敗した私は、色んな事を学びました♪
次もし結婚するなら、年齢とか経験とかカネとかではなく、すべてにおける相性ですかね!!
少しでも疑問不満がある場合は、もう絶対に結婚しない!!!!!!!


あ、今回は初婚の話しですね、すいませ〜〜ん┐(´∀`)┌ヤレヤレバツイチ女
失礼しました〜〜〜♪
3. Posted by かな   2006年07月19日 20:39
以前は、女性のほうが寿命が長いから男性のほうが年上になるのかな?なんて思ってました(笑)

私の場合、20代の頃は年下の男性
とお付き合いするなんて考えたことも無かったですが、30代に入ると、年下の男性のほうがいいかも?と思うようになりました。
なんでだろう??
若い人のほうが一般的に柔軟性があるからかなあ?

私も、20代の頃なら全てを捨てて結婚したかもしれないけど
(してないから分からないけど)
今は捨てられないモノや習慣が
あって”まっしろ”な状態には
なれない気がします(苦笑)
4. Posted by リー   2006年07月20日 23:10
昔は、「エレキを持ったら不良!」のように、「嫁のほうが年上なんて!」と、当事者よりもその親や周りが拘ってたように思います。
私は若い頃、同世代がいい!と思ってました。今まで1歳以上離れた人とお付き合いしたことがありません。しかし、最近は「話が合って、価値観が同じなら歳は関係ないかなぁ〜」と思うようになりました。・・・というか、理想は同世代ですが そんなワガママはもう言ってられません(苦笑)
5. Posted by 笹竹 政村   2006年07月22日 20:59
みなさん、またまたレスが遅れてごめんちゃい(><)

ちょっと体調を崩していました。かなり
眠っていました。冬眠ならぬ夏眠(かみん)です(笑)

今からビシバシ、レスお返ししますので
こんな私を見捨てないでー(^^;
6. Posted by 笹竹 政村   2006年07月22日 21:06
さくら一番さんが禿同(笑)している
通り、がじゃまる君の解析は的確ですね。

特に田舎では女性を子供を産む道具の
ように見なしていた封建性が昭和30年ごろ
までは強かったようです。

「経済力をある程度築く」このキーワードもまた的確です。高度成長期には
多くの男性がちゃんと会社に通っていれば
そこそこの経済力の基盤を構築できました。
今は正社員になるのが大変な時代・・・

晩婚化も進むハズです、ハイ(><)。
7. Posted by 笹竹 政村   2006年07月22日 21:14
>さくら一番さん

絶叫してまんなあ!!
離婚ホヤホヤの(スマソ)さくらさん
ならではの貴重な叫びを聞くことが
出来ました。

みんな、さくら一番さんの
第二ステージを応援しようじゃありませんか!!

教訓を得た者は強し!

女性はバツイチでもなんぼでも再婚できる
時代です。(男性の方が難しいとか)

がむばってください!!
8. Posted by 笹竹 政村   2006年07月22日 21:23
>かなさん

まさにかなさんの心境の変化こそが
多くの女性が抱く傾向です。
ある意味そう考える部分がでてきたと
いうことはかなさんが”姉さん女房”
としてやっていく資質が大だからだと
思いますよ。

しがらみ増えましたか・・・。
でもあまり束縛されず
ニュートラルに来るもの拒まずといっては
失礼ですけれども、
生理的にダメとか論外な人間以外は
対応していってもいいのでは?
とも思います。

コメント有難うございました(^^)
9. Posted by 笹竹 政村   2006年07月22日 21:32
>リーさん

元巨人軍の江川卓氏が10歳年上の
スッチーと結婚した時も
相当「江川、馬鹿じゃないか?!」みたいな陰口を叩かれましたが、最近は
スポーツ界なんて特に”姉さん万歳”状態。

時代は常に流れていますね。

ワガママではないと私は思いますが、
まあストライクゾーンは広めにしておいた
方がいいかもしれませんね。

結婚バトンのレスに書いてましたが
そちらは男性少ないとのこと。

活気あるふるさと創りに汗を流している
いい男よ!
リー嬢の前に進み出よ!!
10. Posted by がじゃまる   2006年07月22日 23:39
体調崩してたんですね。
もしかして、一人で美味しい物食べてお腹壊してたんじゃないでしょうね!!
あ、いやいや、ジョウダンですよ〜。(^^ゞ
お体、お大事に!!(^ー^)ノ~~
11. Posted by 笹竹 政村   2006年07月23日 15:43
>がじゃまる君

君じゃあるまいし、そんな食道楽な
真似してませんよ(笑)

ちょっと体だるくて寝てばっかりいました。
今はむしろ全然寝てません。
この極端な乱れた生活・・・改善せねばなりませんな。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字