「初婚夫妻の年齢差」から見える現実自分の育った家庭も検証してみよう

2006年07月23日

<親の代理見合い>に関して笹竹からの警鐘

こんにちは!
笹竹 政村です。

今週は更新が若干滞り、大変不甲斐なく思っています。
もっと皆様に、どんどん情報を提供し続けられる
笹竹 政村でありたいと願っております。
何卒、今後ともよろしくお願い致しますm(__)m。


さて、以前もちょっと触れましたが
今、結婚パートナービジネスは
ターゲットを未婚の男女の<親>に絞り
攻勢をかけています。

親の代理見合いを数年前から(業界で一番最初に)始めた
札幌のオフィスアンによると

これまでで親の参加者は2500名、成婚者は50組を数えるといいます。

私の文章では信憑性がないとお考えになられる向きも
あろうかと思い、下に朝日新聞の当該記事リンクを貼りました。
是非、ご一読ください。(因みに記事はもう一年以上前のものです)

http://www.be.asahi.com/20050416/W13/0040.html

どうでしょう?!
なんかすごいことになってきてますね。
一年経った今はますますヒートアップしているようです。

私が独身だったら、親の代理見合いだけは
絶対勘弁!!って感じです。

だって恥ずかしいじゃないですか!(汗

人によりけりでしょうが
自分に置き換えてみて
親が自分の資料を持ち歩いて

熱気ムンムンの大人数が集まった
よその親達に自分を結婚させようと

会場内を汗を拭き拭き駆けずり回らせるなんて
そんなことさせられまっかいな!?

でもこの記事にあるように
47歳の独身男性を抱える72歳のお母さんの悲痛な叫びも
解からないことはないです。

本人が独身主義者、結婚懐疑論者で
独身を貫いている場合に関しては

親も内心「結婚してくれればなあ」と願いつつも
「本人がしたくないって言ってるもの仕方ないか・・・」
と諦めもつくかもしれません。

しかし、本当は結婚したいのにできずに
どんどん結婚戦線から逸(そ)れていく
寂しそうな我が子を見るに忍びない・・・

「家が途絶えるから」
「今は仲人がいない時代、親が動かなければ・・・」

親達はそう口にしているようですね。

ですが、そんな言葉の数々に私はえもいわれぬ
気持ちの悪さを覚えて仕方ありません。

きっとそれは、親達が自分達の教育をわきまえない
”エゴイズム”で突っ走っている印象が拭えないから
ではないでしょうか???

婚期を極端に逃してしまった男女、
或いは異性との交際に進展しないタイプを
仮に”非・恋愛体質”と名づけるならば

最大公約数的に【育った家庭の特徴】というものが
あるのではないでしょうか?

彼ら(彼女ら)の親達は異常に禁欲的(ストイック)に
ふるまってそれを
彼ら(彼女ら)の思春期に押し付けようと
していなかったでしょうか?

親達はあなたをよい子に仕立て上げ
他人に迎合するキャラクターになることを無理強い
してこなかったでしょうか?

もしあなたの青春の一部を散々奪っておいて
「家が途絶える」から結婚してもらわなきゃ困る!
とあたふたされ始められた日にゃあ、
親の自己中心性ここに極まれり・・・
と言う以外にないでしょう。

皆が皆、私の記述したパターンに当てはまるとは
限りません。

明日、一冊の文献を基に
親のおしつけから脱出しなければいけないタイプの
キャラクターについて触れようと思います。

ま、ともあれ、
皆さんもリンク先の記事を読んでの感想や、
自分の親が動き始めたらどう思うかなど
コメントお待ちしています。

笹竹 政村でした。
明日も読んでくださいね(^^)。

kokasita at 00:15│Comments(11)TrackBack(0)親子関係 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ★チャソ   2006年07月23日 02:41
私の親は結婚相談所までは行きませんが、お見合い話を持ってきたりします。断ってますが。まだ親の世話した人と、、って気になれないので。。
私の幸せを願うというより、自分の世間体を考えてる感が強いので余計に嫌です。母親の友達同士でそういう話になるみたいで、肩身の狭い思いをするらしいです。そういうのを前面に押し付けないでほしい。
って、ここで愚痴ってすみません^^;
私だって、普通に恋愛して結婚したいのにー。はぁ。。
2. Posted by がじゃまる   2006年07月23日 04:11
へぇ、そんな事あるんですね〜。
流石、職業柄お詳しいですね!
 見合いの話がくるのは、女性の方がよく来るんですかね〜。
 僕の所には、そんな話一度も来たことないゾォ。

お見合いの話は、ほとんど親が持ってきますよね。
昔は、近所つながり、職場繋がり等で交流が盛んだったから、会話の中でそういう話が出てきたんでしょうね。
最近は親の世代でもそれほど親密な交流は薄くなってきている様に感じます。そんな背景だから、親が結婚相談所に駆け込む様になったんでしょうか。。
 結婚相談所が間違いとは思いませんが、見つけるんなら、自分で申し込めと。。
3. Posted by かな   2006年07月23日 11:02
最大公約数的に【育った家庭の特徴】というもの。
        ↑
これ、バッチリ当てはまってます。
これが原因でいまだ独身なのでしょうか??明日の更新も興味深いです。

少し前、テレビで親のお見合の番組やっていたと聞いたことがあります。
その番組では、男性のお父様が参加されて見事?二人の女性の釣書をゲットして家へ帰ります。
(私の勝手な想像ですが、親の集まりってほとんど母親もしくはご両親で参加では?と思うので、父親一人参加&釣書ゲットについては甲斐性ある方だなあと思いました。)

家で母親と息子に写真を見せると息子さんは二人のうちイマドキの風貌の女性がよくて、母親は大人しそうな女性が好みで、ずれてたようです。。
このあたりも微妙ですね・・

先輩は途中までしか番組見てなかったようで最後はわからないのです。。
4. Posted by かな。続きです。   2006年07月23日 11:03
ところで、私も親の薦める人と結婚
ってかなり親の策略的なものを感じて
断ってきました。
でも、今頃結婚したいと思っても、「女性はやっぱり若さが命」のむごい
仕打ちにあっています。。
難しいですね。。
年齢を気にしない男性もいると思うけど周囲にはいない(苦笑)どこにいるのでしょうか?
友達曰く、”フランスとかイタリアじゃない?”
それはちょっと・・・
5. Posted by さくら一番   2006年07月23日 14:54
全く理解できないし、うちの家庭には  ありえない事で 驚くばかりです(´・ω・`)
ですが見合いの話しは 何度かありましたね。けど、私の元に来る前に 親が断ってました・・・なぜかは わからないけど・・・結婚は 自分で決めてするモノ!と 親は思ってつんでしょうね。
けど、親が勧める結婚は 失敗が少ないように思います。やはり親は子の幸せを一番に考えてると思うから。けど、それは形の話しであって、心がついていくか・・・は 難しい問題ですがね。
明日の更新 楽しみにしてます!
6. Posted by 笹竹 政村   2006年07月23日 15:53
>★チャソさん

お見合い話は許容できる範囲内ですよね。
昔からよくあるパターン。
それに較べると親の代理見合いは異様です。

ただその見合いにも述べられているような
嫌な雰囲気が付きまとってるんですねぇ。

お母さんも★チャソさんのプライドを尊重する形でもっとうまく表現すればいいのにね。親の紹介してきた相手がビビビ(古っ!!)とくるタイプかもしれないので、
その選択肢は悔しいですが、捨てなくてもいいと思います。

でもダンスとかアクティブに余暇を過ごされている★チャソさんですから、まだまだ勝負はこれからですぞ。ゆったり構えましょうよ(^∇^)。
7. Posted by 笹竹 政村   2006年07月23日 16:05
>がじゃまる君

見合いは今や男女問わず、積極的に行われていると思います。全未婚男女の見合いの件数自体は減少傾向にあると思いますが・・・。

がじゃまる君の仰る指摘は一つ一つ当を得ています。
また文末の
>結婚相談所が間違いとは思いませんが、見つけるんなら、自分で申し込めと。。
と言う部分、まさに私がこの記事を書いているバックボーンですらあります。

ただね・・・、相談所での活動を何年も自分でやってきても50歳近くなる、主に男性などは、親が代理見合いに「行ってもいいかい?」と訊かれ、「・・・頼む」と言葉少なに一縷の望みを託す・・・というエピソードも先日知りました。

人それぞれ、どうしても親に頼まねばならぬ人もいるようです。
8. Posted by 笹竹 政村   2006年07月23日 16:20
>かなさん

長文に渡るコメント有難うございます。

私が勉強した範囲では、実はかなり父親が
息子、娘をプッシュしに代理見合い会場に来ることが少なくないようです。

それだけ父親というのは”家系”の存亡に
危機感を持っている現われでもあるかもしれません。

前回の記事では、時代が年齢をこだわる背景にもはやないのに、相変わらず古い価値観丸出しの男たちが若さに固執し、ゆえにまたその男たちもどんどん結婚できずに老いていく・・・という実態をデータを基に紹介しました。

少なくとも一昔前よりは年齢に執着する男は減っていると思われます。

かなさんにおかれましては、挫けそうな心をこの笹竹 政村ブログで癒してもらって(^^)、粘り強く活動を続けてください。日差しはいつかあなたを照らします(^^)v。

9. Posted by 笹竹 政村   2006年07月23日 16:29
>さくら一番さん

自律性豊かな親子関係を築いてこられましたね。精神的に成熟した親御さんでよかったです。

>親が薦める結婚は失敗が少ない・・・
そうですね。本当にエゴとかから脱して、
娘、息子の為を思って行動される親御さんなら間違いは少ないのは事実でしょう。

そして仰るとおり、心がついていくか・・・、これに関してはある程度分かり合えるまで交際期間を保つか、勢いでソッコー結婚してしまってそれから育てていくか、岐路に立たされると思います。
10. Posted by かな   2006年07月23日 20:11
ありがとうございます。
いつか日差しが照らしてくれることを
願ってます(^^;)

私の周りでは、お見合いで結婚した同世代の人いうのは皆無ですが(明かしていないだけかもしれないですが)
実際された方がいたら、話を聞いてみたいなあと思います。

11. Posted by 笹竹 政村   2006年07月28日 07:22
>かなさん

レス有難うございます。
友達の紹介や合コンも考え方によっては
お見合いなわけで・・・、隠している人が多いんじゃないでしょうか?

情報いっぱい持つことは大切ですね。

ホント、決まる時はスルスルと決まるもんです。明るい気持ちでその日を待ちましょう(^^)。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「初婚夫妻の年齢差」から見える現実自分の育った家庭も検証してみよう