2006年07月28日

全国的に婚姻増の兆し、あなたもツキをつかもう!

こんにちは!
笹竹 政村です。

出張中、ブログを更新できないのが何より気がかりでした。
今、帰宅してこうしてセンテンスを連ねられる喜びに
私は満ち溢れています。

いつも読んでくださる素敵な読者のみなさん、
本当にありがとうございます。

皆さんのハートフルな書きこみが何よりの
私への栄養です。皆さんとの出会いに感謝します(^^)。


さて、先日は加藤諦三氏の文献を紹介し
親離れの重要性をアピールさせて頂きました。

私、思うに結婚とは究極的に
ルックスでもカネでもなく
どこまでも「縁」だと思うんですね。

また結婚以前に恋愛になかなか発展しない、
恋愛対象が現れないというのは

何か歩んできた人生において、根本的に
大きな間違いがあるからではないか・・・

それが親から心理的離乳を果たしていないという特徴が
共通しているからではないかと思い記事をしたためました。

でもみんながみんな、親離れしてないからだ−
と乱暴な結論を導き出すつもりはありません。

親離れの作業が完了していても
いまいち、現状でツキがなく
お相手に恵まれていないということも
あります。

皆さんもご存知かも知れませんが
人生の”ツキ”に関しては
今、この人のこの本が大変な注目を浴びていますね。

ツキを呼ぶ「魔法の言葉」―幸せになる!お金が舞い込む!病気も治ると大評判
 五日市 剛ほか著
一会社員・五日市 剛さんの人生を変えた三つの魔法の言葉、
実践された方々から大変な反響が上がっています。

まだお読みになっていない方は「言葉」の持つ力のすごさを
これらの書籍を手にとって再認識してみてください(^^)。

先日非常によい兆候を示すニュースが厚生労働省から発表されました。
4か月連続で出生が増加、背景に婚姻の増加があると見られているとのことです。
(以下のリンクをご参照下さい)

ニュース<出生増、4か月連続・背景に婚姻増>


行き着くところまで進行した晩婚化−非婚化の波も
底打ち、回復基調にある事実を踏まえ、一言で総括するならば

<多くの適齢期対象者が、結婚に幸せの価値を再び見出し始めた>
ということがいえるでしょう。

この全国的な好ましい流れに、結婚を希望する
あなたもうまい具合に
乗っかることができればいいですよね(^^)。

笹竹 政村でした。
明日も読んでくださいね。


kokasita at 10:10│Comments(6)TrackBack(0)少子化 | データ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by さくら一番   2006年07月28日 18:34
最近なんか子供が多い気がしてたんですが・・・そんな統計が出てたんですね。
周りも 出産ラッシュ!!このまま増えると良いですね〜〜♪私も縁があれば、また結婚したいです(*´ェ`*) ポッ
2. Posted by がじゃまる   2006年07月28日 21:38
そうなんですね。
結婚する人増え始めたんですね。
僕の周りは、僕を含め未婚者が多いんですが、そろそろ回りも結婚し始めるのかな〜

正直、あまり親しくない人の結婚式は行きたくないんですよね〜。
 頼む。僕を呼ばないでくれ!(ノoノ)
あ、イヤ、ご祝儀がですね。。。ハハハ。
3. Posted by かな   2006年07月29日 12:01
婚姻数が増えたのは何ででしょうね??
今負け犬といわれている世代を見て、
(私もです)結婚したほうがいいと思ったという説があるらしいですが・・

会社の後輩も20代の人のほうが
保守的なような気はしてます。
バブルを知ってるか知らないかの違いは大きいのかもしれないですね。
4. Posted by 笹竹 政村   2006年07月31日 21:35
>さくら一番さん

そうですか。身に沁みて出生増を
感じていらっしゃるんですね。

貴女ならもう一花、必ず咲かせられるハズ。
笹竹ブログで恋愛力、運命力を
高めましょ♪(←てまえみそでんな)
5. Posted by 笹竹 政村   2006年07月31日 21:41
>がじゃまる君

本当に全国的な大雑把な統計だから、
必ずがじゃまる君の周りで結婚する人が
目に見えて増加するかはわからないね。

そうそう! 大して仲良くない人間に
ハデコンやられたら周りが迷惑。

これからはトレンド的にも一層ジミ婚
が主流になっていきます。

がじゃまる君の式には来賓でお邪魔しましょうか(爆)ヾ(@^▽^@)ノあはは
6. Posted by 笹竹 政村   2006年07月31日 21:56
>かなさん

確かに若い世代の早婚がこのところ
激増しているようではありますね
(ちゃんとしたデータ持ってないので
いい加減なことは書けませんが、若い世代
が非常に結婚に積極的になっているのは
雰囲気的に事実ですね)

そして着実に長年シングルだった人たちも
幸せをちらほら掴み始めてるのかも
知れませんね。

あのバブルはあらゆる価値観、時代の流れを薙ぎ倒し、様相を一変させました。

あの狂気の時代にあっても浮かれず、流されず着実に歩武を進めれば今はもっと
あらゆる意味で豊かになっていたかもしれないな・・・と時々反省します。
(↑個人的な話ですが(^^;)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字