ルックスの良い人間と悪い人間がモテる?!男はハキハキ、ハッキリと!

2006年08月29日

元彼(彼女)に「ありがとう!!」

こんにちは!
笹竹 政村です。

約一週間のご無沙汰ですm(__)m。
皆さん、お元気にしてましたか?

いやー、季節は確実に巡り、晩夏ですなあ( ̄ー ̄)...
九月に入ればここ北海道では、スタッドレスタイヤのCMが始まり
否応なく冬の予感に怯える日々に突入するわけですが、
その前に、天高く馬肥ゆる秋!

秋を存分に満喫しようではありませんか!
ということで・・・

今日は実りの秋に相応しく
嫉妬の話をします(どこが相応しいねん(笑))

今、交際中の異性がいる・・・
或いは「いいなあ、あの人・・・」と思う対象がいる・・・

そういう相手に対し
我々人間というものは

とかく過去に交際していた異性に対し
えもいわれぬ嫉妬心を抱いてしまいがちですよね。

「元彼(彼女)のこと今でも少し好きなんじゃない?」
「元彼(彼女)とどんなことしたの、どんな思い出があるの?」

訊いても栓のないことを蒸し返せば
相手があなたの人間としての器に疑問を持つだけではなく、
不愉快にさせてしまって、せっかくうまくいっているものも
うまくいかなくしてしまう危険性すらあります。

こういう時は
嫉妬を感謝に変換すればうまくいきます。

感謝・・・誰に???
元彼(彼女)にです。

あなた自身が、人によって数に差はありましょうが
少なくない人たちと交際してきた証として
今の自分が形成されてきた・・・
という事実を忘れてはなりません。

多くの人から学んだ物事が己の中で
血肉化し、大切な自分自身が出来上がっている。

そう考えれば相手も同じです。

相手も素敵な元彼(彼女)がいたからこそ
今の素敵な彼(彼女)になって存在している・・・

自分と元彼(彼女)を比較して
鬱屈した想念を持つのではなく

積極的に「自分が惚れるほどの女(男)」にしてくれた
元彼(彼女)に沸々と

「ありがとう!!」

という思いが湧いてくるではありませんか!

こういう式に進んでいけば
人の世の”嫉妬”にまつわる
【想念の地獄】もだいぶ和らぎ
いきやすい世の中になるんじゃないかなー
と私は夢想します。

(負)の感情そのものを、
真っ向から否定する必要はありませんが

(負)を(正)に切り替えようと
セルフコントロールする姿勢は
尊いものだといえるでしょう。

笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)。

kokasita at 18:57│Comments(12)TrackBack(0) 恋愛 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by loghouse2   2006年08月29日 19:07
ウーン、おっしゃるとおりですネ!
 嫉妬を感謝に変える・・・素敵だ!!
2. Posted by リー   2006年08月30日 01:55
おっしゃる通り!おっしゃる通りです!!

しかし、、、器が狭くてなかなか出来ないんですぅ><。
感謝できたら人としても成長できると思うんですけど・・・(苦笑)
う〜ん・・・・難しい・・・^^;
3. Posted by さくら一番   2006年08月30日 11:14
Σd(゚∀゚)ィヵ酢!! そうゆう考え方もあるんですね!!!
その通りやと今、思いました
これからは そうしよう♪
ちゃんと「過去」になってる場合はね〜〜・・・たまに 連絡取り合ってる人とか居ませんか?別れてるのに。。。まぁ色んな理由があってこそだとは 思うけど、新しく付き合い出した側としては、いい気はしないですよね〜
過去は整理してから、新しい人生を歩み始めましょう♪
4. Posted by ソフィー   2006年08月31日 16:50
うむ。。。。感謝の気持ちか〜いえてる。。。。まさしくです^^
5. Posted by あっこ   2006年08月31日 21:34
なるほど(^^♪
今までの人たちは私にあうまでの練習場だったんですね(^^♪
なんかハッピーな考え方を教えてくれてありがとうございます(^O^)!
6. Posted by 笹竹 政村   2006年08月31日 23:31
>loghouse2さん

初めまして。コメントありがとうございますm(__)m。
一生懸命、ブログ展開していますので、
また是非遊びに来てコメントください(^^)。
7. Posted by 笹竹 政村   2006年08月31日 23:33
>リーさん

器を広げましょう(^∇^)。

その方法は人それぞれ色々あると思います。私も何か役に立ちそうな考え方や情報がありましたら、今後アップしていきますので。

焦らず、落ち着いて着実に・・・ね!
8. Posted by 笹竹 政村   2006年08月31日 23:39
>さくら一番さん

いかしてましたか?(笑) 評価して頂いて嬉しいです(^^)。

ただ過去を清算しないで、上手いことやろうっていうタチの人間は、近年、ますます激増中やね。困ったもんだ。

相手に対する礼儀というものがなってない。日本人は「礼に始まり礼に終わる」という美徳を本来的に持っている民族であるはずなのにね。

「美しい流れ」を微力ながら復活させるために提唱し続けていこうと思います。
9. Posted by 笹竹 政村   2006年08月31日 23:42
>ソフィーさん

コメントありがとう。
自分を省みれば相手を責めれませんよね。
そして自分自身にまつわる素敵な思い出も消し去ることは出来ません。

相手も同じです。そんな相手だからこそ素敵なんですよね。
10. Posted by 笹竹 政村   2006年08月31日 23:47
>あっこさん

ハッピーになってくれてどうもありがとう。私もそう言って頂けるとこの上なくハッピーです。

そうそう、素敵なあっこちゃんに出会うために、みんな練習してんのよ(^^)。

「私に会うまで男を磨いたねぇ!」って
褒めてKISSしてあげてね(>∇<)

11. Posted by がじゃまろ   2006年09月01日 00:02
負は実は、負じゃなかったりしますね。
生きていく上で、無駄な時間はないですね。全ては糧となっているはず。そう信じたいです☆
ふふふふ負。

12. Posted by 笹竹 政村   2006年09月01日 20:21
>がじゃまろ君

ふふふふ負ってアンタ・・・(笑)

誤った親子関係を続けているような人の場合は、その関係で出てきた物事が全くの負でしかない場合もあります。
テーマとは違いますが、それほど親離れは重要ですね。

それはさておき・・・。

正しいベクトルで生きていればがじゃまろ君のおっしゃるとおり、無駄な時間はなく、すべては糧ですね。

糧をたくさん得ることは心の豊かさを育みますよね。がじゃまろ君のように優しげないい男はいっぱい糧、得てるんでしょうね(^^)。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ルックスの良い人間と悪い人間がモテる?!男はハキハキ、ハッキリと!