男はハキハキ、ハッキリと!貴重な独身時代だもの、己を磨きに磨こう!!

2006年09月04日

データで見る「絶対結婚できない男」の数に驚き!

こんにちは!
笹竹 政村です。


今日のブログは適齢期男性諸君にとっては
かなりキツい一撃になるかもしれません。

意外と知られていない冷徹なデータを基に
記事を展開していきます。

日本の人口で男と女、どっちが多い???
そう聞かれたらあなたはなんと答えますか?

「・・・女・・・?」

そうです、当たりです。女性の方が多いです。
ただし50歳以上からね。

如何に00年発表(前回)の国勢調査の
一部データを記します。

      男     女
15〜19歳 383万人  365万人
・・・・・・・・・・・・・・
25〜29歳 497万人  483万人
・・・・・・・・・・・・・・
50〜54歳 522万人  523万人

上のデータを見ていただいてお分かりのように
男の方が圧倒的に女より生まれやすいのです。

そして50〜54歳の世代ではじめて女性の方が1万人だけ
多くなります。要は男性の方が短命ですから、
このあたりから、亡くなる人が激増していき
最終的に総人口的には女性の方がだいぶ多くなるのですが、
女性の人数を稼いでいるのは
おばあちゃんがたということになっているのです。

ではまさに結婚するならまったなしの
35〜39歳の適齢者の数はどうなっているのか?

35〜39歳(未婚者) 男105万人 女56万人
というデータが物語るように
この時点で49万人も男性が多く

ここから考察していくと男側に数十万人の
【絶対に結婚できない男】の群れが発生することになります。

この層に該当する女性は、高学歴、高収入の人が多く
「自分よりも上(学歴、収入)」の男性を希望する傾向が顕著。

この層に該当する男性は、低学歴、低収入の人が多く
相も変わらず『若くて可愛い子がいい』と
見果てぬ夢を追い続ける人も少なからず。

若い女の子の同世代やちょっと上の世代自体
男の方が数十万人多いのです。

そこから考えるとよほどの起業家か
やり手ビジネスマンやキャリア職でなければ
一世代離れたおじさんに若い子がついて来るのは
現実離れしていることを

該当世代の男性は識らなければなりません。

また該当世代の女性にしても
『自分よりも上のランクを・・・』と熱願しても
データが同世代の未婚者の多くは
低学歴、低収入です。

経済力を評価して40〜50代に期待をかけるか
それとも若さと将来性を買って、
年下狙いでいくか・・・。

そう、今、多くのこの層の女性は
年下狙いにシフトしているといわれています。

絶対結婚できない男にあなたが入らないようにするには
どうしたらいいか!?

男がこんなにも余っているのに
結婚できない貴女をすくう手立てはないものか?

これからも笹竹 政村は
ジャーナリスティックに、或いはコラムニストのように

幸せを念願するあなたへまごころをこめて
メッセージを展開していきます。

今後とも、宜しくお願い致します。

笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by さくら一番   2006年09月04日 20:32
え〜〜〜女が少ないんだ〜〜♪って 素直に喜んでしまう♪
でも、だからって 男子諸君には 焦って欲しくないですね〜
地味〜に 地道に自分に合う人を よく見極めて欲しいですね。
離婚して・・・考えるのは 互いの生きてきた道・考え方に 大きな違いがありすぎたって事・・・それなのに、結婚したし子供もできたんだから、一緒の道を歩もう!と強要しちゃった私が いけなかった。
まぁ・・・最初はその意見に元旦も賛成してたんだけどね〜
やはり人間、30年も それ以上も生きてると なか△發辰得犬泙譴神格などは簡単には変えられない。
だから 好きって気持ちだけの結婚は 駄目ですね・・・


あ〜〜なんか違う事書いてます?私・・・凹○ コテッ失礼しました
2. Posted by かな   2006年09月04日 22:20
えーほんとにー★
それなのにモテてないって(;;)

昨日、テレビ(スタメン)で
結婚できてない男ってのを特集してたけど、彼らの生活はもうすっかり自己完結してて、妻が入るすきなんてなさそうと私は思いました。
結婚できてない女ってのも男性からこうみられてるのか!?なーんて思ってしまいました。
3. Posted by non   2006年09月04日 23:34
へ〜!とこれまた納得させられました。
数字なんかを見ると余計に。。。
理想を追いすぎず、妥協ってのがこういう場合必要ですね(^_^;)
4. Posted by 笹竹 政村   2006年09月05日 11:06
>さくら一番さん

元旦、ん? がんたん? いやもとだんか(笑)
相変わらず面白いねえ、さくらさんは(^∇^)

今や×2も珍しくない時代ではありますが、さくらさんには是非、子供好きで大らかな心を持った男と結ばれて欲しいですねえ。

焦って、自分の芯をなくす様な婚前活動は、男性もしちゃいかんですな、確かに。

誰が好きなのか、誰を愛し続けたいのか、
折り合いをつけつつも忘れてはいけないポイントは押さえていかなければね。
5. Posted by 笹竹 政村   2006年09月05日 11:11
>かなさん

えーっ!! そんな番組やってたの???
観なかった・・・。大失敗だ。ちゃんと番組表、見ないとダメだね。

男たちどんなこと言ってた???
今度、番組の内容、教えてねm(__)m。

かなさんはもしかしたら隙がなさ過ぎるタイプなのかな???
とにかくこのデータでいけばホモセクシュアルの男性以外は、外人とでも結婚するしかない現実が横たわっているわけですから、積極的に活動してみてください。

私もこれからかなさんの後押しをできるようなブログを展開していきますので。
6. Posted by 笹竹 政村   2006年09月05日 11:16
>nonさん、久しぶり!!

そうそう、女性が理想を追いすぎなければ
同世代に自分と同程度かそれよりほんのちょっぴり上の条件の男は何十万人単位でいるんです。

そして最も大切な条件は、こ・こ・ろです。
それを忘れずに、現実を見つめ一歩一歩歩んで行きましょう!
7. Posted by hideology   2006年09月05日 12:55
やびー。数字で見るとリアルで怖い・・・。
最近アセっても仕方ないかと思ってましたがそんなこと言ってられないのか・・・。
8. Posted by かな   2006年09月05日 19:58
はっきり見てなかったのですが、
スタメンで、毎週特集してる分です
(わかりますか??)
結婚できない男 にかけて、
結婚できてない男
あのドラマのプロデューサー
も2,3年前まで独身の40代で、
リアルな独身男性の姿を描きたかったのだとか。
特徴いくつかあったけど覚えてるのは
結婚出来そうだけどしてないことと、
経済的には勝ち組ってこと。

何人か紹介されてたけど、
ドラマに出てきそうなおしゃれなマンションにすんでたり、仕事も充実してて、料理も得意。
アフターファイブはおしゃれなお店で
飲む。もはや女性が入る隙はなさそう!
しっかり見られていた方がいらっしゃったらフォローしてください!

ところでこの隙って言葉
どういうものをさすのか気になります。男女差ありそうです!
いつか考察してください☆
9. Posted by リー   2006年09月06日 09:34
シビアすぎます!
>35〜39歳(未婚者) 男105万人 女56万人
この、数少ない女性の中に私も入っているんですよね・・・^^;(正確には1伉手前ですが、、、苦笑)
あまりにも的を得ていて今回はぐうの音もでませ〜ん。
笹竹さんのブログで日々勉強していきたいと思います(笑
まだ、希望は捨てませんよ〜
10. Posted by よいち   2006年09月06日 13:40
ほんと、シビアなデータですね。。

私もまだまだ希望は
捨てたくないんですけどねぇ〜。

笹村さんのブログで、
勉強させてもらいますね☆
11. Posted by がじゃまろ   2006年09月06日 21:58
困りましたね〜/(-_-)ヽコマッター
男性の方が少ないですね〜
それにしても、この数字、もう一つ困った事に、
少子化社会が明らかな数値になってますね〜。
来年でしたっけ?団塊世代の一世定年退職問題って。
 あと、5年もしたらどうなるんだろ〜。
 いろんなツケが回ってきそうですね。
 でも、就職事情は若者にとってよくなるのかな?

あ、すみません。思いっきり脱線してますね。凹○コテッ ←さくらさんのコレ気に入っちゃいました♪
12. Posted by 笹竹 政村   2006年09月07日 05:28
>hideology さん

なんか皆さんを恐怖のどん底に
陥れてしまったようで申し訳ないです>ALL

このデータは随分私の中で温めていて、いつ発表すべきか悩んでいたのですが、

たまには精神論だけでなくシビアな圧倒的なデータを出しても良かろうと思い、発表させて頂きました。

夢と現実を両方押さえることが勝利への近道だと思います。

明るく前向きにいきましょう!!
13. Posted by 笹竹 政村   2006年09月07日 05:37
>かなさん

なるほど。レポありがとう!

あのドラマ、だいぶコメディ色が強いもののある種の「結婚できない男」のポイントをしっかり押さえているいいドラマだと思います。しかし経済的に成功していて、突っ張って結婚してない男性はまだ経済力という救いがあります。

記事で書いたように、経済的に上手くいってない方も多い現状を踏まえるとね。

経済力さえ超える究極のポイント、それは
豊かな人間性や限りない人的魅力です。

「隙」ですね。わかりました。
今度、がんばってみます。
14. Posted by 笹竹 政村   2006年09月07日 05:51
>リーさん

大丈夫、早く結婚すれば勝ちだとか
負けだとかいうことはないんだから。

大切なのは自分の中の幸福感ですよ!

私も一生懸命、ブログやってきますし、
いろいろ自己啓発書や自分磨きの講座などもあると思いますので、大切な独身時代を
パワフルに乗り切りましょう(^∇^)。
15. Posted by 笹竹 政村   2006年09月07日 05:55
>よいちさん

感想を書いてくださった時点で
よいちさんの素直さ、きれいなこころは
証明されていると思います。

よいちさんが目指すべきキャラは
今の【いい人】から【ものすごくいい人】
への進化ではないでしょうか?
(憶測ですみませんm(__)m)

その点につきましては今後、新たに稿を起こしますので宜しくお願い致します。
16. Posted by 笹竹 政村   2006年09月07日 06:05
>がじゃまろ君

そうだね。仰るとおり。

日本は個人の結婚についてとやかく行政が口出す必要はなかろう・・・というムードが顕著であるため、EU諸国と較べれば
大変、少子化対策に遅れを取っているだけでなく、ジェンダフリー(男女共同参画)なるおぞましい施策とセットになっており錯綜ぶりが目立つね。

さくらさん、面白いよね(笑)
君らマイミクになりなさいよ!!
きっとすげ〜楽しいと思います。
17. Posted by かな   2006年09月11日 17:26
機会があれば是非書いてください!
よろしくお願いします(^^)
18. Posted by ニャンニャン   2006年10月21日 07:10
おはようございます。先ほどはコメントありがとうございました。結婚できない男女の話、とっても興味があるというか、私も今、シリーズを書いてる所です。ファン限定記事なんですが『勝ち猫の負け犬考察記』。自分の話です。(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
男はハキハキ、ハッキリと!貴重な独身時代だもの、己を磨きに磨こう!!