貴重な独身時代だもの、己を磨きに磨こう!!自分が変わらなければ相手は変わらない!

2006年09月14日

増加する一途の”隙のない男”は「都市生活」の産物か?!

こんにちは!
笹竹 政村です。


女性読者の、かなさんから
先だってリクエストがありました
男女の恋愛に大きな影響を与える
「隙」というキーワードに的を絞って
本日は稿を起こしてみようと思います。

かなさんが教えてくれた情報によると
ある報道番組で経済的には勝ち組でありながら
結婚できていない30〜40代男性の実像を
やんわりと俯瞰(ふかん)した特集があったとのこと。

番組内では

『何人か紹介されてたけど、
ドラマに出てきそうなおしゃれなマンションにすんでたり、
仕事も充実してて、料理も得意。
アフターファイブはおしゃれなお店で
飲む。もはや女性が入る隙はなさそう!』(視聴した、かなさんの感想)

該当番組の担当ディレクターの弁は以下の通りです。

【取材した人々には、共通点がありました。
一つは、20代は「一人前」になるため、懸命に仕事に打ち込んできたこと。
そのころはバブル崩壊の直後で日本は不況で落ち込んでいました。

そしてもう一つは30代に結婚を意識した相手がいたこと。
その後は、確立された自分の生活スタイルの中で
「結婚」という存在が優先されなかったというのです。

今回は40歳代の独身男性にスポットをあてましたが、
このような考え方は実は30歳代に多いのではないでしょうか。
このテレビ業界にもたくさんいます。ちなみに私も34歳“結婚できてない男”です】

なるほど、時代に翻弄されてきた世代が
今の30〜40代の世代という指摘は当たっていると思います。

最近でこそ自民党が、今現在が戦後最長の好景気が続いているとして
”小泉景気”などとふざけた戯言を抜かしていますが

まだまだ好況を呈しているのは大都市、大企業か
新進気鋭のベンチャーくらいなもんで
地方の中小零細に勤めるサラリーマンなどには
どこ吹く風。

・・・でも意外と地方で貧しいながらも
かみさんにパートさせつつも
子供二、三人抱えて
幸せな中年夫婦になっている層というのも
自分が地方にいるだけに非常に多い気がします。

生活が豊かだからこそ、余暇を自分なりに大いに楽しみ
ライフスタイルを充実させて、自己完結した暮らしぶりにこだわる。

その孤独ながらも優雅な暮らしの中、
自分のスタンスを崩すのが嫌になり
さらには加齢と共に頑固さも増長し
非婚について論理武装を始め、結婚しない男
要は、「隙のない男」になっていく・・・。

列挙してきた例の中から(あくまでこれらの例ですが)
男の隙のなさというものを現象面でとらえると
こういうところに落ち着くのかもしれません。

今日のところはあまり、
真実に肉迫できなかったかも知れませんが
お許しください(^^;。

またいずれ、「女性の隙」についても
考察を加えてみたいと思います。

あと・・・それとね、
今日からブログランキングに参加するので
皆さん、是非、応援してください。
下のバナーを1クリックするだけでOKです。

よろしくねっ(>∇<)。

ブログランキング

笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)。


kokasita at 11:06│Comments(6)TrackBack(0)男性側の問題 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by さくら一番   2006年09月14日 20:12
ぽちっとしたら エロっぽいブログが上位をしめてて驚きました(´艸`)ムププ
こっちも地方なんで やっぱパートママに 会社員パパ、子供数人ってパターンが多いですね、でも・・・独身女も多いですよ!結婚したいけど、仕事もある。ええ男がいない。って感じですかね?
私は もう一回リタイヤしたんで まだ∈萄Г辰胴佑┐蕕譴覆い韻鼻△い弔また・・・気が向けばしたいですね。子供が成人してからとか♪
結婚や子供ってのは 人生観を大きく変えるんで☆一度は経験した方が 人生よけいに楽しくなって いいと思いますね〜〜♪結婚に夢を持てない気持ちも十分わかるけど(笑)
結婚って 意外といいもんですよ♪
2. Posted by かな   2006年09月14日 21:21
さっそくリクエストにこたえていただきありがとうございます☆
女性版も楽しみにしてます。

私は自由きままというのが捨てられないですね。。
これってやっぱりわがままかな
(^^;)
3. Posted by 笹竹 政村   2006年09月14日 21:30
>さくら一番さん

ぽちっとしてくれたみたいでありがとう(^^)。

意外とエロッぽいの女子が書いてるんだよね〜、これも時代の流れか。
毎回頼みますねっ(^^;

いい事かいてくださる。
皆さんの後押しを温かくしてくれる貴重な存在ですよ。さくらさんは。

地方の現象についてはいろいろ諸説ありますが、まともな稼ぎ手としての男性の数が都会と較べて極端に少ないという事実が横たわっています。

よし、今度は地方の出会い事情などについても書いて見ますね☆
4. Posted by 笹竹 政村   2006年09月14日 22:34
>かなさん

どもども、納得していただけなかったかな(^^;
女性版もがんばりますね。

自由気ままというのも素晴らしいことですが、40歳、50歳ともし独身を貫かれた場合のことを考えると、人にもよりますが、基本的には結婚した方がいいと私は思います。

・・・う〜ん、多少・・・わが・・ま・・ま・・かも・・ね(汗
5. Posted by あっこ   2006年09月18日 22:53
「時代に翻弄されてきた世代」っていうのは、この世代で初耳だったので「おー!」っと思いました。
なるほどです。
そういうこともありますね〜。
私は自分自身の選択に翻弄されまくりですが(T_T)。
いろいろあって独身、なんですよねえ。
6. Posted by 笹竹 政村   2006年09月19日 01:14
>あっこさん

ほんと遠い将来、「あの時がわが国の重要な分岐点だった」といわれてもおかしくない激動期を、今の30〜40代前半該当者は過ごしてきたと思いますね。

自分で翻弄・・・(笑)でもみんなそうですよ。和田あっこさんが♪人は皆、悩みの中・・・、あの鐘を鳴らすのはあなた・・・と歌ってる通りです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
貴重な独身時代だもの、己を磨きに磨こう!!自分が変わらなければ相手は変わらない!