増加する一途の”隙のない男”は「都市生活」の産物か?!都市生活に煮詰まった時の処方箋

2006年09月20日

自分が変わらなければ相手は変わらない!

こんにちは!
笹竹 政村です。

前回から「恋愛ブログランキング」に参加しましたが
早速77位にランクイン!

ありがとうございます(>∇<)
皆様のお陰ですm(__)m。

今日もあなたにバナーをぽちっと押してもらえるよう
いい記事を書かねばと武者ぶるいがします。


今回は恋愛のみに限定されない、
他者への要求の最たるものとして
「相手(態度、性格など人となり)を変えようとしてしまう
人間の悲しい性(さが)」について考察してみます。

職場でも交友関係でも、そして恋愛や夫婦関係においても
相手の未成熟な部分、或いは欠点などに目が行き、
それを修正してもらいたいという欲求は
人誰しも持つものでしょう。

職場では、その職場の業務内容や方針、目標などに向かって
相応しい人間に仕込みあげるために
新卒者を新人教育で染めあげますし。

その後の上司等との人間関係の中で
伸展或いは矯正されていきますよね。

この過程は人それぞれの仕事へのモチベーション、
感受性の強弱にもよりますが

決してラクなもんじゃない、
時に非常な苦痛を伴うことは
社会で生き続けなければならない私たちは
嫌というほど知っています。

しかし先に述べた交友関係、
恋愛、夫婦関係においても
「相手を変えよう」と恣意的(しいてき)に迫られることは
それにも増して激しい痛みを伴うものでもあります。

いや、むしろ「ON」である職場の方が
まだ”仕事だから・・・”と割り切れる部分がありますが
「OFF」である交友、
さらにその色合いが濃い恋愛となると

人間性の問題点に対する指摘がほとんどとなるため
時に、自分を”操作しよう”とする相手の意図に
うんざりもし、怒りも感じる局面もありましょう。

「言ってくれるね、でもそういうけどね・・・
あんたはどうなの???」

この叫びが心に沸々と湧いてくる友人、恋人のタイプは
【自分は一切変わろうとしないで、相手を操作して変えようとする】
”卑怯者”である可能性が高いです。

「あー、そうかー、自分は確かにそういうトコあるなあ、
耳痛いけど、言ってくれてありがたいなあ」

そうしみじみ思える友人、恋人は”本物”です。
何故なら彼(彼女)は自分を見つめ
自分を変える努力を続けているから・・・

その真摯(しんし)なオーラが
私たちを素直にさせてくれるのではないでしょうか?

こちら側から相手に注文しなければならない局面は
生きている限り日常的にあるわけですから

自分自身を”本物”に高めていきたいものですよね。

その『良き状態』で指摘しても変わろうとしない相手は
”ダメ人間”の可能性が高いです。

そっと静かに部屋から出て行くのが得策でしょうね・・・。

さて、結婚となると
新婚ほやほやの頃はともかく

互いに慣れてくれば、未熟な者同士
もうこの”変えよう欲求”に日々悩まされることになるでしょう。

夫婦ならばいよいよもって自分を少しでも変えてから、
相手に思いやりを持って
ほだすように問い掛ける必然性がでてくると思います。

私も、我が家も本当にまだまだ・・・です(^^;

がんばります。

みなさん、共に向上の途を辿りたいものですね(^^)。

ランキング、今日で二回目です。
是非、あなたのお力で笹竹の名を押し広げてください!!

ワンクリック、プリーズ!

ブログランキング


笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)。


kokasita at 02:15│Comments(14)TrackBack(0) こころ | 人間関係

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ソフィー   2006年09月20日 08:33
職場、家庭、人間関係・・・もろもろ・・・あります。必ず、壁にぶち当たります。
ほんとに。コレでもか!って位に。
それでも、社会で生きてく為には避けきれない壁。そうしていやがおうにも成長していくのが人間なのだと思う今日この頃と、笹竹さんのブログを読みうなづきましたー。
自分が変わらないとね・・・少しでも、小さな事でも。自分を治す、変えるというのは相当並大抵な事じゃないと思います。だから少しでも変化の兆しがあれば無意識に、知らず知らずに壁も緩和されると思うので頑張ろうとブログを読んで思いました。

笹竹さん〜ランキング77位オメデトウ♪ますますのご繁栄を祈ります♪
2. Posted by リー   2006年09月20日 17:36
お互いを見つめ合い刺激しあって、素敵に変われればいいんだけどなぁ〜^^;
初めは気にならなかった小さな事が、付き合いが長くなればなるほど気に障るようになりますもんね。
しかしながら、己を向上させようという姿勢はいつも持っていたいもんです。
相手の為に自分を変えれるってすごく素敵なことだと思うなぁ〜。
それだけパートナーの事を思いやってるって事ですもんね。
・・・・・う〜ん、、、いいなぁ・・。
3. Posted by かな   2006年09月20日 20:14
壁にぶちあたると、どうしても逃げてしまいがちです。
正面からぶつかるのが怖いのかな。
相手を変えよう!とまで思ってなくても、自分の方を変えたくないって気持ちありますね。(結局意味合いはにてるけど)

そこまで相手のことを思ってくれる人に出会いた〜い☆←これもまず自分が
相手のことを思えってことですね(^^;)
4. Posted by がじゃまろ   2006年09月20日 22:25
何かに変わろうとする際は、今の自分が何なのかを知ることから始めるって事ですよね♪
変わる前が分からないと、変われようもありませんもんね!

他人を見つめると自分が見えてくるのか。
自分を見つめると他人が見えてくるのか。
どっちなんでしょ?
5. Posted by よいち   2006年09月21日 13:16
私が今勉強している、コミュニケーションスキルにおいても、
このようなことがしばしば、話題に挙がりますよ。
行動に移すのは、ほんとに難しいです。。

最近の"気づき"を言えば、相手との「関係」を意識することが、
自分自身を変えることにつながるのかなぁ、なんて思ったりしてます。

この人とは楽しい関係でありたい!などと自分自身に宣言する、とかとか。

いずれにせよ、相手を思いやる気持ちというのは、大事ですよね。
私もがんばらねば、です。
6. Posted by 笹竹 政村   2006年09月21日 19:11
>ソフィーさん

丁寧なメッセージ感謝します。

>自分を治す、変えるというのは相当並大抵な事じゃないと思います。

まったく仰るとおりです。自分を見つめ、自分を時に否定する厳しさも求められてきますからね。自分が本当に正しいのか、過ちはないのか、そう振り返れば消し去りたい過去や現実、目を背けたい衝動・・・諸々ありましょう。

「優しさ」の意味を「甘やかす」と勘違いする大人が増えています。

ソフィーさん、共に家庭人として精神性の高い家庭を想像していきましょうね(^^)。

ブログランキングに声援ありがとうございます(>∇<)

ソフィーさん、頼んますよー!
まずは50位が目標です(^^)。
7. Posted by 笹竹 政村   2006年09月21日 19:19
>リーさん

溢れんばかりの真に自由な境地への憧憬、伝わってきました。

途中から相手の欠点が気になりだすのは、
「慣れ」から来るものですが、それだけ相手と共に歩めた日々が長期的にわたりつつある証拠でもありますよね。

そんな一種マンネリズムの中、相手だけを裁き責めるのではなくて、まさにリーさん仰せの通り、見つめあいながら変えられるのは、本当に素敵なことだと思います。

夢に向かって、階段を上って行きましょね(^^)。
8. Posted by 笹竹 政村   2006年09月21日 19:29
>かなさん

いつも気持ちいっぱいのコメントをありがとう!

壁に向かっていくことも大切なら、うまく切り抜ける術も生き抜くためには必要でしょう。逃げながらもその過程で、大切な何かを掴める場合もあるように思います。

例えはちょっとアレですが「電車男」も変わっていきましたよね、愛する人と自分のために・・・。

今現在、幸せ指数が思うような数値でないなら、愛される女への変貌を遂げる必要が中長期的にあるやもしれません。

ブログでまたこれから様々な形で応援していきますので、明るい未来をイマジネーションしてがんばっていきまっしょい!!
9. Posted by 笹竹 政村   2006年09月21日 19:39
>がじゃまろ君、いつも闊達で楽しいコメントをありがとう!

全くそうですね。自分が何者なのか把握できていなければ目標も定まりませんからね。シビアでありながらも根詰めすぎず、楽しく自己分析していきたいものです。

>他人を見つめると自分が見えてくるのか。
自分を見つめると他人が見えてくるのか。
どっちなんでしょ?

私観なのですが、前者の場合は「他者依存」傾向が強い判別の仕方で、自律性の欠いた自己評価になってしまうのでは・・・という危惧があります。

やはり後者のスタンスで、切磋琢磨の上に成り立った高い精神性の下でものを見るやり方のほうが、私は好きです。

がじゃまろ君の大陸的な大らかさで、より建設的な人間関係を求真されてください(^^)v。
10. Posted by 笹竹 政村   2006年09月21日 19:52
>よいちさん

がじゃまろ君に続いてお言葉いただけるようになった新たな男性コメンテーターとして、とても心強いです。ありがとうございます!

あ、そういう勉強をされてらっしゃるんですね。素晴らしい! 今度、是非、具体的内容をコメントしてくださいね(^^)。

>この人とは楽しい関係でありたい!などと自分自身に宣言する、とかとか。

うん、なるほど!
自分の心に向かって叫ぶわけですね。

前の記事に書いた「気迫が大切」っていううのと共通するスタンスだと思います。

自分で強く念じ、自己に誓うこと・・・人間は自分を裏切れない生き物ですから、必ず思いは実現していきますよ!

リラックスして、深呼吸して、
歩く時力強く、大地を踏みしめて
進んでいきましょう(^^)。
11. Posted by あっこ   2006年09月21日 21:16
そうなんですよね〜。
私もよく考えるんです・・・。
でもお付き合いしたら、男性はあまり、「ここ変えて」って言わないんですよ。
わがままは言ってくれますが(^O^)。
男性って女性ほど緻密に「2人の関係は」って考えないでいるように思うんですが、そんなことないんですか?
私から「あたし達・・・」とか言い出すと、「そんな事考えてたの?!」って驚かれるんですけど(^O^)。
でもそんな男性がいいんですけど♪
喧嘩できて、仲直り何度もできる関係がいいです。
12. Posted by 笹竹 政村   2006年09月22日 13:40
>あっこさん

いつもまっすぐ正面を見据えて生きようとする素直さに共感いたします。コメントありがとう!

>男性って女性ほど緻密に「2人の関係は」って考えないでいるように思うんですが、そんなことないんですか?

うん、なるほど。性別としての仕訳を試みた場合、いつも他者との関係性を意識して行動する傾向の女性と較べれば、そういう側面もありますね。ただし男女という分類だけでは収まりがつかない人間としての感覚、感受性というもので分けた方がいいかもしれません。

男性でも例えば尾崎豊のように関係性の苦悩をテーマにする人もあれば、女性であっても竹の割れた性格のような人もありますから。

喧嘩するほど仲がいい・・・は本当に紛れもない真実ですね。

いい出会いを!! 応援しています(^^)。
13. Posted by hawaii sightseeing   2006年12月20日 11:25
5 I don't exactly know how much my father was sincerely pious, and made it necessary for me to understand, at the hour.
14. Posted by halogen floor lamps   2006年12月28日 01:18
4 exclaimed Judith, to come and receive your good looks may be well enough, she continued.

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
増加する一途の”隙のない男”は「都市生活」の産物か?!都市生活に煮詰まった時の処方箋