”感動体質”に変身し、一期一会を大切にしよう!「共働きを望む未婚男性急増」、その本質と社会病理

2006年10月01日

「未婚女性の7割は彼氏がいない」って!?

こんにちは!
笹竹 政村です。


今日は先週頭に発表された国立社会保障・人口問題研究所の
結婚意識調査データを解析、
皆さんと共に問題点を考えてみたいと思います。

まず次のリンクの記事をお読みください。

未婚女性、彼氏がいるのはたったの3割!?




識者も手厳しいことを言っていますが、
確かに全てにわたって格差社会の構造は広がり
女性においてもモテまくりの人とそうでない人が
二分化しているとの指摘は、当を得ていると思います。

この手の話は今までもっぱら男性に該当する問題と思われていただけに、
女性もなかなか結婚相手をゲットできないご時世になっているとのデータには
各紙とも大きな反応を示しているようです。

あなたがこの記事に該当するような日々を送っていたと仮定します。

そしてどう対処すべきか鑑みる時、手前味噌に過ぎますが
今まで私が展開してきたこのブログにすべてのエッセンスが
つまっていると自負します。

適齢期の男女の構成比は数十万人単位で女性の方が少ないんですよ?
時代は大きくうねり、結婚の意思決定権の90パーセントは女性が握っている
―と断じて差し支えない情勢になっているんですよ?

なのに何故出会えないのか、モノにできないのか?

前回の記事にテーマが繋がりますが
「一期一会」を大切にせずに
こころの躍動感を失っているすべてのツケが
回ってきているせいだと思います。

前回、私が提唱した”感動体質”になり
(詳しくは前回記事をご覧下さい)
「一期一会」を大切にする気概を持てば
一人は確実に交際する相手が見つかります。

今日はあくまで女性びいきで記事を書きますが
空き家期間が長いと人間は寂しいオーラを発してしまうようになります。

そんなに美人でなくとも、絶えず男を切らさない女性っていますよね?
一人の男が次なるいい男を見つけるための呼び水になるわけです。

今、心底愛せる男性がいないとお嘆きのあなた、
でも基本的に女性の恋愛というのは足し算ですよね。
(男は引き算です)

だんだん好きになって、だんだん恋になる、
なにもかも忘れられなくなってく―という
原 由子の歌がありますがまさにそうだと思います。

入り口で躊躇し、年齢を重ね
条件をどんどん厳しくするのはやめにしませんか?

男性と付き合えてない7割の人だって本当はとっても
魅力的なはずです。

男も女も大いなるすれ違いを起こしているのが
現代ニッポンの適齢期なのではないでしょうか?

次回はこの調査における男性側の問題、
これもまた実は大問題で、
「妻には専業主婦でなくちゃんとパートをして欲しい」
―という希望が激増・・・というデータを解析、
ともに考えてみましょう。


さてブログランキングですが
10月1日現在、30位と区切りのいい順位に収まっています。

大健闘です。
みなさんのお陰です。

有難うございますm(__)m。
今日も何卒、下のバナーをぽちっとクリックしてやってください!!
宜しくお願い致します。

ワンクリック、プリーズ!

ブログランキング


笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by さくら一番   2006年10月01日 23:03
お呼びでしょうか、ご主人様!って、感じの題名にて、慌てて参りました、はい!今は 未婚女性であり、彼氏もおりません私ですが、バツイチも 含まれますか?
ちょっと違う気もするけど・・・
この記事は今の私の事を言ってるのかと 思いましたよ!恋愛?する気もなけりゃ、おしゃれ?最低限のみ!だって、日々の生活だけで 疲れてます!
でもって、独身の頃は、これでもか!ってくらいお金かけてましたね〜自分に!(洋服やバック靴・遊びに)
でもって、彼氏には もちろん困る事もなかった気が・・・
どっちにも 当てはまれる自分ってのも、面白いが、この記事には 深い意味もあるんですよね〜 少子化も 結局はこれも原因!
あ〜 本物の未婚独身の女性には もうちょっとは頑張ってもらいたいですね♪人生捨てるには もったいない!
結婚や 子供って 本当に良い物なのにね〜(*´∀`)ニタァー♡
2. Posted by コータ   2006年10月01日 23:44
こんばんは☆
よく、コメントを頂きありがとうございます☆
ちょこちょこ覗かせて頂いていたのですが、こういったブログに書き込んだことがなかったので、いつも躊躇してたのですが、勇気を出して書き込ませて頂きます♪(若干意味不明ですが。。)

いつも読ませて頂いてとても勉強になってますが、なかなか、現実では実行に移す事が出来ません。。

なかなか思い通りにはいかないものですね。。
3. Posted by akko   2006年10月02日 00:19
なあるほど!
データに基づいているから、本格的ですねえ。
私は嫌な事があったらすぐ別れるところを直したいですけど、学生の頃をすぎたら、なかなか「すきになりながら付き合う」なんてことになってしまい、難しいんですよねー。
学生時代に出会って結婚してる人とは女同士、意見は別れます(^^♪
惚れたいです(^^♪
4. Posted by リー   2006年10月02日 01:24
すでに、私の性格は笹竹さんに見抜かれておりますが(苦笑)前回のコメント・・・図星でした(汗)
条件を厳しくしているつもりはないのですが、確かに現実的な事を重視している様な気はしますね。もっと「夢」「希望」というものを大切にして行きたいと痛感しております、、、ハイ><。
5. Posted by 笹竹 政村   2006年10月02日 06:20
>ALL

すみません。1日に記事を読まれた方、
訂正があります。

>適齢期の男女の構成比は数十万人単位で女性の方が少ないんですよ?

の>少ないんですよ? の部分が >多いんですよ? になっていました。お詫びして訂正いたします。
6. Posted by 笹竹 政村   2006年10月02日 06:27
>さくら一番さん

ミクシィを休むっていう衝撃情報が流れただけにもうカキコしてもらえないのでは・・・と危惧していましたが、元気にコメントいただきとっても嬉しいです。

やっぱさくらさんのスパイシーなコメがなければ「成長のお薬」は盛り上がりませんがな!!

今後もよろしくお願い致します。

このデータには離婚者は入っていないと思います。

さくらさんがまさにこのリンク記事の生き字引なのですね!!

援護射撃ありがとん(^^)。
7. Posted by 笹竹 政村   2006年10月02日 06:35
>コータさん

コメント有難うございますm(__)m。

最初は抵抗ありますよね。 でもこうして
コメントしてくださったコータさんの
優しさと勇気に感謝します。

野球でも勝ち癖っていうんですか? ありますよね。阪神なんかいい例で昔はもうダメ虎でしたが、今はどうです?!

最初の一歩を踏み出すのは時間がかかりますが、二歩目は実は楽勝なんです。

今回の記事は女性にターゲットを絞ったものでしたが、

>空き家期間が長いと人間は寂しいオーラを発してしまうようになります。

という部分は共通で、勝ち癖をつけることで、いい状態で物事が循環するようになると思います。

どうぞ、これからも宜しくお願い致しますm(__)m。カキコ、本当に有難うございました(^^)。
8. Posted by 笹竹 政村   2006年10月02日 06:48
>akkoさん

「すきになりながら付き合う」のも結構いいもんですよ。女性は基本的に惚れ方は足し算ですからね。

akkoさんは割りと、最初から「思いっきり惚れたい派」なんですね。
愛に応えるよりも、愛したい、そしてその上で愛されたい・・・という思い、すごいピュアで美しいと思います。

夫婦円満生活を送っている笹竹の家も週に一、二回はピンチが訪れます(笑)

山まさよしの「セロリ」じゃないですが
男と女は衝突し合う運命にありますね、基本的に。

でもだからこそ、心がとことん触れ合えた瞬間が何よりの宝物になるんだとも思います。

私はakkoちゃんの感受性豊かな日記が好きだな(*^^*)。いいモノをこれからもどんどん伸ばしていくといいですよ(^^)。
9. Posted by 笹竹 政村   2006年10月02日 06:57
>リーさん

人生にも大器晩成型があるように、恋愛にも語弊がありますが、それと同様なものがあるように思います。

いくときはガンガンいくR&Rなリーさんですので、ちょっと前回、今回と手厳しい内容だったかもしれませんが、「成長のお薬」として機能すれば幸いです。

女性が現実をシビアに見つめるのは、当然のことですけれども、以前にも書いた「今現在の男の実力よりも将来性を買え」というエッセンスを思い出して頂ければ嬉しいです。

踏み出してみれば、意外になるようになるのが、「結婚」なのかもしれません。

リーさんの素直さは実に誇るべき美徳ですよ!
10. Posted by じゅん   2006年10月03日 00:01
記事、見させてもらいました。
参考になります♪
・・・厳しくなってるんでしょうかねえ・・・(−−;)
自分では昔から変わってないつもりでしたが・・・
そしてそんなオーラもあるのかもしれない(*_*)
女性の恋愛はプラスってのは納得です☆
11. Posted by がじゃまろ   2006年10月03日 01:14
なぁるほど〜〜

僕の回りの女の子のお友達も、
二重がいいだの、一重がいいだの
色白で、肌が綺麗な人がいいだの。。。

確かに、こういうお嬢さん方は、売れ残っていらっしゃいます^^
女性のこだわりって面白いですね。
そんな事が大事なの?って思っちゃうのですが。
12. Posted by ★チャソ   2006年10月03日 01:20
お久しぶりです。
最近バタバタしてて覗くだけになってました。
今日はパソコンの調子がいいのでコメント書かさせていただきます。

今日も注目すべき題名ですね。
まさに題名通りなんですけど^^;
彼氏いたらとっくに結婚してると思います。
最近じゃ、好きな人が出来なくて困ったます。好きにならなくちゃいけないんだって思って余計焦ってダメなのかもしれないです。
いいなと思ってもすぐに嫌なところが見つかって冷めたり。。最近はそれの繰り返し。。我慢が出来なくなってるのかな。
相思相愛になるのってすごい確率なんだなぁとしみじみ思いますね。
年齢を重ねると好きだけじゃない他の問題もあるし。
難しいです。
13. Posted by 笹竹 政村   2006年10月03日 19:09
>じゅんさん♪、いらっしゃいませー!!
ようこそ、カキコ有難うございます。

変なことを言うようですが、処女を失う年齢は凄まじい勢いで低年齢化しているのに、18〜34歳女性が意外に交際できていない事実はいったいどういうことなんだろうか―と私も考え込んでしまいます。

このデータ間違ってるんじゃないの???と思っちゃいますがちゃんと人口問題研究所が調査した内容ですので、やはり男女とも厳しい時代なんでしょうね。

そんなオーラがある・・・って認めても、あまりとらわれない方がいいですよ。

I LOVE 自分、のスタンスでいきませんか? 自分を愛することがまず人を愛するための、最初の扉です。

またおこしくださいませ〜♪
14. Posted by 笹竹 政村   2006年10月03日 19:14
>がじゃまろ君、こんばんは!

そかそか、こだわりのある女性に囲まれてるの〜(笑)

ディテールにこだわりすぎると本質を見失うよ。

その人たちはもう少ししたら気付くことになるんだろうけど、がじゃまろ君からも
「そんなしょーもないことばっかこだわってたら一生結婚なんて出来ないぞ!」って言ってやりなよ!

このブログのURLを教えてもいいしね(笑)
15. Posted by 笹竹 政村   2006年10月03日 19:22
>★チャソ さん、お久しぶり!!

>好きにならなくちゃいけないんだって思って余計焦ってダメなのかもしれないです。

眠んなきゃ、眠んなきゃと思うほど眠れなくなるように、無理に自分の心を急き立ててもうまくいかないですね。焦ることはないと思います。

いろいろ苦しまれていらっしゃるんですね。でもヨサコイとかいろいろな世界でチャレンジしてらっしゃるから、
愛せる人がきっと現われると信じて
あきらめずにいきましょう(^^)。

私も、これからも、微力ながらご助力していきますので。
16. Posted by かな   2006年10月03日 21:35
ということは多数派なんですね(笑)
空き家期間めちゃくちゃ長いですね〜〜
なんだか今の生活で結構満足しちゃってます。。

いつも思うんですけど、
この手のデータってどの程度
正確なんでしょうか?????


17. Posted by 笹竹 政村   2006年10月04日 01:25
>かなさん

データの信憑性については、機関の調査精度を信じる以外にないですね。

このデータ人口問題研究所は公的機関で、
男女の結婚問題について一番明るいところですから、真実に近い数字が望めるよう、
多角的に調査ターゲットを絞っているとは思います。

現状を肯定することは大切で、
強迫的になるのが一番、こころにも
また人的魅力にも影響しますから
「ここから、始めて」いきませんか?

今、この場所、この段階から全てが始まる。

そう思えば、リラックスできる気がしますね(^^)。
18. Posted by Yuko   2006年10月13日 23:06
ありがとうがざいます。
暖かい気持ちになりました。
Smileで 行きまーす。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
”感動体質”に変身し、一期一会を大切にしよう!「共働きを望む未婚男性急増」、その本質と社会病理