「未婚女性の7割は彼氏がいない」って!?相手の「寝顔」に感謝しよう!!

2006年10月05日

「共働きを望む未婚男性急増」、その本質と社会病理

こんにちは!
笹竹 政村です。


前回は9月22日に発表された
国立社会保障・人口問題研究所の
18〜34歳の独身男女を対象とする結婚意識調査において

女性の「恋人がいる」と回答したパーセンテージが
わずか32パーセントにとどまり、
(男性はさらにそれを下回る24パーセントですが・・・)
恋愛においても格差社会の歪みが生じている旨、報告致しました。

今日は前回も告知したとおり
男性がパートナーの収入に対する意識が昔と較べて
大きく変化しているデータを挙げ、
そのインサイドをえぐっていきたいと考えています。

【妻に対し、共働きを求める男性・急増】
妻に専業主婦を期待する男性は5.7パーセント減の12.5パーセント、
女性に結婚生活と仕事の両立を求める男性は9.5ポイント増の26.2パーセントで
同研究所は「男女の意識は復古調ではなく、次の段階に進む兆し」と見ている。

次の段階??? 次の段階とは何ぞや???
そしてなにが復古調なのか???
皆様もそう思われたことと思います。



このブログでも時折、フェミニスト(女権拡張論者)や男女共同参画を訴える
ジェンダーフリー思想の危険性について、軽く触れてきましたが
ことここに至り、皆様にも是非、現代日本社会を蹂躙(じゅうりん)する
悪魔の思想―ジェンダーフリーの恐ろしさについて知っておいて頂きたく
以下にそれについて比較的簡単に説明してあるサイトのリンクを貼ります。

完全に読破しようとなさると、それなりに時間がかかりますので
最初の方だけでも軽く目を通して頂き、お気に入りに登録されて
時間のある時に、ゆっくり読まれるのが良いかと思います。

ジェンダーフリー入門編

如何でしょうか?
皆様も既に周知の事実だったかも知れませんが、
このおぞましい流れは、水面下で脈々と蠢動(しゅんどう)し続け
まさに、若き少年少女や青年達、
そして無防備な主婦層を核に毒化し続けているのです。

男も女もない、共に人間だ―
男だとか女だとか「性」で人間を分けるのはおかしい―
から始まって、専業主婦をあたかも売春婦のように罵り、
働く女性だけを支援する―

そして独身女性には非婚を薦め、子供達には
はちゃめちゃな行き過ぎた性教育を押し付け

「男らしさ」、「女らしさ」という
普遍的で本質的な定義を完全に破壊しようと策動する―
恐るべき欲求不満のフェミニストたちの悪魔的思想に
あなたもげんなりしたことでしょう。

さて話を元に戻しますが
人口問題研究所もジェンダーフリーに乗っ取られた
国の出先機関であるために

この未婚男性諸君の『妻にもパートしてもらわんと困る』という願いに対して
『次の段階に進む兆し』と男女共同参画の立場から
最大限に評価していると判断せざるを得ません。

しかしこのデータの本質は、そんな問題ではないと私は感じます。

かみさんに家を守ってもらいたくとも
かみさんに稼いでもらわなきゃ食っていけない―という貧困層が、
広がる一途の格差ゆえに増大していることが大きいはずです。

かくいう遅咲き駆け出しフリーライターの笹竹 政村も
その一人です(涙)。

でも自分が、大きく文筆の世界で飛翔し
経済的困難が消失したら
妻に無理に働いてもらおうとは思いません。

見栄で行き続ける「男」というものの普遍的本音として
ガッツリ稼いで妻や子に楽をさせてあげたい―

それでもなお、家にいるだけじゃ面白くないというのなら
家庭に影響が出ない範囲で働いてもいいよ―というのが
ごく普通の男というものでしょう。

女性のあなたに質問です。

「いつまでもおまえに稼いでもらわなきゃ困るぜ!」
とうそぶき続ける男に魅力を感じますか? 一生ついていきたいと思いますか?

女性の大半は「家計収入は夫が稼ぐべき―」
という意見が圧倒的です。それが女性の本音です。

私のここまで展開してきた論調などは
人口問題研究所にいわせれば
まさしく『復古調』以外の何物でもないでしょう(苦笑)。

私はこの時代に【古いタイプ】と断ぜられる対象なのかもしれません。
しかし男と生まれてきたからには
妻子を養ってあまりある経済的基盤を構築するのは責務だ―
と真摯に考えます。

皆さんはどう思われますか?
率直なご感想、聞かせて頂けたら幸いです。

今日は少し肩のこる内容だったかもしれません。

次回はPOPにいきたいと思っております(^^;。


さて、ブログランキングですが
本当に皆様のお陰で、一時は
10位台中盤につけてたみたいで、
ただただ驚き、そしてにやけるのみでした(笑)

5日現在で20位をキープしております(^^)v
誠に有難うございます。

今日も皆様のワンクリックが
笹竹を押し上げます。

どうぞ、宜しくお願い致しますm(__)m。

ワンクリック、プリーズ!

ブログランキング


笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by コータ   2006年10月05日 22:41
こんばんは☆
結婚していない自分からすると、妄想にしかなりませんが、やっぱり、奥さんには、出来るだけ働かせたくないですね。。
『働きたい!!』というのであれば無理に『働くな!!』とは言わないと思いますが。。
どうしても、男の甲斐性次第だと思います。。

それにしても、現在『17位』☆
すごいですね〜♪
2. Posted by じゅん   2006年10月05日 23:11
やっぱり、男の人に稼いでもらいたいですね〜
結婚したら出来たら辞めたいし。
せめて子供が出来たら辞めたいな〜
けど、お金は大事だから・・・
なかなか難しいですね。
3. Posted by 笹竹 政村   2006年10月06日 19:47
>コータさん

ここんとこコメントいただけるようになってとっても嬉しいです(^∇^)。ありがとうございますm(__)m。

そうですよね。普通はコータさんや私のようなスタンスが当然だと思います。
やっぱりジェンダーフリーはおかしいでしょ?

甲斐性あげていきたいもんです。私もがむばりますっ!!

そう、ランキングいい感じなんですよ〜♪
 最新の順位もチェツクして頂いて有難うございます。

更新滞らないよう、いい記事を書いていきますので、応援頼みますね☆
4. Posted by 笹竹 政村   2006年10月06日 19:52
>じゅんさん

素直な感想有難うございます(^^)。

最初からパートが前提の男なんて、どっか情けないし、男としての逞しさに欠けますよね?

じゅんさんもまた、普通の一般的なスタンスの方で安心しました。

止むをえない苦労は共にする覚悟さえあればいいと思います。
5. Posted by かな   2006年10月06日 22:16
変な発言してしまうのですが・・・
私の母は専業主婦ですが、
昔父が飲み歩きが多かった事もあって、「外の女の人に負けたくない」って父が帰ってくる時間になるときっちり化粧直ししてた姿の妙な気迫が怖かったです。。
もちろん、男性にはある程度仕事に頑張ってほしいというのはありますが、
私は専業主婦になるってとても怖いです。。
単に人間不信なのかな????

6. Posted by あっこ   2006年10月06日 22:40
新婚当初は専業主婦してみたいですが、
私も、笹竹さんには負けますが
書くことがしたいので、外に働きにでるなら、
「ネタ探し」程度にするのが理想です。
もっと言うと理想は
料理、掃除、飾りつけ、メイク、お菓子なんて焼いちゃって、全部したいんですが、苦手なので、どうにもならないです(T_T)。
さすがに「ご飯係交代ねー」とは言いませんが、従兄弟は男ですが朝食係、毎日やってるし、できることしたいですー。
そんなに稼ぎない方を好きになったら、
「この人1に重い荷せおわせたらいかん」ってアンテナははっておくと思います。
7. Posted by 首領リブ   2006年10月06日 23:00
最近よく結婚したいなぁって思うことが多い自分も「もし結婚したら自分のパートナーに働かせるのかなぁ・・」などと色々と頭の中で考えていたのでじっくり読ませていただきました。自分の理想はやっぱり夫一人の収入で妻子を安心して一生暮らさせてあげたいですね。
8. Posted by 笹竹 政村   2006年10月06日 23:58
>かなさん

大変興味深くエピソードを拝見しました。
お母さん、苦労なさったんですね。
でもかなさんはそのお母さんの見せる「女」としての顔に子供心に”引いて”しまったんでしょうね。

軽いトラウマかもしれませんね。

私も女性に対して専業主婦をごり押しするものでは決してありません。文中に書いたとおり、女性が「働きたい」というのであれば応じるのがそれもまた男の甲斐性だと思います。

かなさんも将来は、働きながら、旦那様と楽しい日々を送られればいいですね♪
9. Posted by 笹竹 政村   2006年10月07日 00:04
>あっこさん

一番望ましいスタンスだと思うよ(^∇^)。旦那が収入低ければそれに応じて、援護射撃する気持ちを持ってくれているだけで男は安心すると共に感動します(^^)。

そしてそんなあっこさんだからこそ、絶対路頭に迷わせちゃいかん!!って頑張ると思いますよ。

文化方面などに才能のある人は、その能力を発揮する責務があります。

共に文筆の世界で成功しましょうね(^^)v。
10. Posted by 笹竹 政村   2006年10月07日 00:13
おおっ、首領リブさま、いらっしゃいませ(^^) 
初カキコ有難うございますm(__)m。しりとりすごい続いてますね(笑)。リブさんの人望あったればこそですよ。

じっくり読んで頂いて光栄です。

やっぱ男の理想はそうですよねー。

とにかく、男が会社で稼ぐには非常に厳しい時代ですからね。

給料を貰う―という考えから、自分が利益を上げて、還元させる―ぐらいの気概がなければやっていけないですよね。

人的魅力を磨いて、職能も大いに磨いて、
「栄光の時」を迎えましょう(^∇^)。

また是非、コメントください。
待ってます(^^)。
11. Posted by がじゃまろ   2006年10月07日 01:54
子供が出来れば話しは別ですが、
基本的には共に働きたいかな〜って。
もう、一人暮らし歴長いですし、自分の事、家の事ある程度出来ますモン。
自分の母親を見てて、家事、子育てもろもろ、それだけの人生って寂しくないか?って思った事ありますね。
僕ら子供が大きくなった今では、半分趣味みたいにパート行ってるみたいですが、楽しそうですよ♪
12. Posted by 笹竹 政村   2006年10月07日 02:57
>がじゃまろ君

>僕ら子供が大きくなった今では、半分趣味みたいにパート行ってるみたいですが、楽しそうですよ♪

私は本人が働きたいというならば、そして
それが生き甲斐になるのなら働いた方がいいと思います。

私が許せないのは、自分たちが結婚できなかったからといって、卑怯な手段を用いて国をミョ〜な方向に持っていこうとするフェミニズム勢力です。

がじゃまろ君の穏やかな感覚も素敵ですね☆




13. Posted by イチゴ大福   2006年10月07日 20:29
私の理想としては、やはり旦那に稼いでもらい、私は 家の事や 子供の事だけを考えて生活していきたいですね!
でもね〜 やっぱ共稼ぎを希望する殿方は 確かに多いと思います!
自分の稼ぎが少ない事を理解して、でも もっと豊かな生活がしたい!みたいな・・・凹○ コテッ
これよりひどくなると、子供なんかいらない!生活もっと苦しくなるし、自分勝手な生活が出来ない!なんてね〜 言ってる長男とか!!
昔気質な親に育てられた私には 理解不可能な人が多い 今の世の中。
もう、母子家庭でいいや!と つい思っちゃいますね!殿方に 今後の人生を任せられない!ってのが 本音です!
14. Posted by がじゃまろ   2006年10月08日 09:50
あ、そうそう!
言葉足らずでした。

本人次第ですね!家事に専念したいというのならばそれでもいいし、働きたいと言えば働いてもらってもいいしって事です!
友人も専業主婦になるといって、結婚退職してましたが、家にじっといられなくて再就職してましたよ♪
でも、あれですね。子供出来たら、家に居てもらいたいって、これだけは思いますね。

今日もポチッと♪
15. Posted by 笹竹 政村   2006年10月08日 23:19
イチゴ大福さん、はじめまして(笑)

いろんな人を見て知ってらっしゃいますね。

>これよりひどくなると、子供なんかいらない!生活もっと苦しくなるし、自分勝手な生活が出来ない!なんてね〜 言ってる長男とか!!

ひどいな〜、そりゃ。公共心ゼロ! 自分のことしか考えてない。日本人の精神性もそこまで地に落ちたか・・・って感じがする情報ですね。

でもイチゴさんを心から理解し引っ張ってくれる殿方は出現しますよ。イチゴさん、美人だから!!(笑)
16. Posted by 笹竹 政村   2006年10月08日 23:23
>がじゃまろ君

再度のコメントと投票ありがとん(^∇^)。

鍵っ子は可哀想だし、この時代セキュリティ的に大きな問題がありますもんね。

孤独に耐えてたくましく育つタイプと横道それちゃうタイプがありますから、子供の個性に見合わせて親がセルフコントロールする必要はありますよね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「未婚女性の7割は彼氏がいない」って!?相手の「寝顔」に感謝しよう!!