先住民族に学ぶ魔法の「愛の言霊」デート中、色気ムンムンの女が通った! その時・貴男は?

2006年10月21日

「束縛カップル」は精神的に病んでいる?!

こんにちは!
笹竹 政村です。


最近難しい記事が多いと
イチゴ大福もぐ!嬢から指摘がありましたので(^∇^)
今日は非常にPOPな話題で攻めたいと思います。

「束縛」という恋人間における普遍的な問題を一緒に考えてみましょう。

私が以前、知り合った十代の女の子に
「どこに行くのでも一人の場合は彼氏に連絡して許可を取り、
夜6時には自宅(実家)に帰ってないと激しく叱られる」
と嘆いていた例があります。

しかし彼女にはそう嘆きつつも、苦痛が伴った表情は全くなく
むしろそれを積極的に容認している節すら見受けられました。



こういう男女は”相互依存性・病的カップル”と呼ぶことができるでしょう。

男も女も精神的に自立しておらず、
もたれあいの心理が極めて強く、

一方が激しく相手を拘束し
監視の目を光らせ、
そしてそれを「愛しているゆえ」と陶酔する・・・。

もう一方も窮屈さを感じながらも
「こうされてるのも愛の証し」と自己満足し
相手の心理的奴隷になる・・・。

昔も今も情緒的に未成熟な
若年層にこの傾向は強く、

段々、社会的学習を経て人間性の成熟に伴い
”大人の恋愛”ができるようになる人が多いとは思います。

しかし性格的に執着的で粘着質なタイプは
幾つになってもこのような幼稚な付き合いを続けるきらいがあります。

まず明らかにしておきたいのは
異常に相手を束縛すること、
そして束縛されて喜ぶことは

愛し合う男女の
本来的な”愛”ではありえないということです。

究極、愛というものを大別すると
他者の幸せを願う”利他愛(りたあい)”と
その名の通りの”自己愛”がありますね。

「あの人が好きになった、つきあいたい!
KISSしたい!!」この状態はまだかなりの部分、
誰もが自己愛中心ですが、

付き合い始めたあと
情緒的に成熟している者なら

段々、相手の健康、仕事での良き成果、
心の安定などを利他愛をもって
自然と祈るようになるのが健全な姿でしょう。

それらを相手から奪っておいて
「四六時中、自分だけを見てくれ!」と強制する態度、そして

「あなたのために従順にしてるのだから」とアピールする姿は
精神的なSM関係にあるといっても過言ではありません。

例えば”24時間ご一緒カップル”のような付き合いであればあるほど
喧嘩別れの可能性は高くなりますよね。

相手の自由を尊重して、互いに一人の時間を保ってこそ
逢った時の喜びは倍増しますし、楽しい時間を過ごせるというものです。

一人の時間を相手に作らせると
浮気するんじゃないか・・・と怯えて束縛する人は

悲しい哉、最終的に相手に重たがられ、
ウザがられて捨てられます。

ただし年老いた夫婦によくあるように
相手に対して無関心になり過ぎると
これもまた良くありませんね。

相手の重荷にならない範囲での
束縛とはまた違った熱情は
恋愛における大切な潤滑油であることも付け加えさせて頂きます。


さてランキングですが、
21日現在、34位。
どうした! 笹竹 政村!?

J-RANKに全然記事を更新しない、
コメントもほとんどない
「白馬のオオジサマ」が
他者とダブルスコアで1位を驀進中なのは何故か―
と苦情を送った笹竹でした(笑)。

まあ、折角、書いてるんですし
もっと読まれたいので
皆様のお力で笹竹を押し上げてくださいませm(__)m。

ワンクリック、プリーズ!

ブログランキング


笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)。

kokasita at 09:45│Comments(19)TrackBack(0)恋愛 | こころ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by がじゃまろ   2006年10月21日 12:02
束縛、ヤキモチは自信のなさの現れですね。相手の事を信じ合えないカップルはそのうちね。。ねっ!

ヤキモチを焼くの「ヤキモチ」って語源なんでしょう?焼いた餅?う〜ん。イメージが沸かない。。。
2. Posted by うのっち   2006年10月21日 13:59
恋する相手を束縛したいと思う事は、程度の差はあれ、誰もが必ず通過する恋愛思春期だと思います。
恐らく渦中の本人はかなりマジになっており、相手を所有したい、目の届く所に置いておきたい、とか、とにかく四六時中相手の事ばかり考える。他の誰かに取られるのではないかと不安になる事が多いですね。

僕が思う事は、そんな束縛愛から脱皮するためには、更なる恋愛経験を積むほかないのではないかな、という事です。

誰かを束縛するというのは笹竹さんが仰る通り、利己的で勝手な事です。思いやりとは違う気がします。「自分は変わるつもりはないが、相手には自分好みに変わってほしい」ということなのでしょう。
3. Posted by ソフィー   2006年10月21日 14:53
気持ちも分からないでもないですが・・・基本的にタブーかもと思います〜^^;

なので、自分はその分趣味や仕事にメリハリをつけて進行していくように心掛けています^^
4. Posted by おばゆ   2006年10月21日 16:09
う〜ん、耳の痛い話ですな(;¬∀¬)

依然付き合っていた女性がその気があったようで、わたしが別の女性を褒めたり、電話を怠ったりすると癇癪を起こされてました。
普段はかわいらしい方だったのですけどねぇ・・・

遠距離というのもあってか、結局近場の男性にいかれましたけどねぇ〜
5. Posted by non   2006年10月21日 20:58
いや〜なるほど。
束縛したりされたりしているうちはまだまだ恋愛的には未熟。。。
読んでて確かにそうだぁ!
と、とても納得☆したのでワンクリック☆w
相手の事を思い合える大人な恋がしたいものです。。。泣
6. Posted by いちご大福もぐ!   2006年10月21日 21:22
いきなり名前が出ておりまして(´艸`)ムププ 驚きました!
束縛・・・確かに若い時はしましたね〜☆そんでもって されてもいたかな〜☆でも、疲れちゃうんですよね!するのも、されるのも!でもって 些細な事で喧嘩!その通り〜〜♪
利他愛・・・一番いい関係を築け、続いてくうえで これがないと途中下車になる!!
すんごい バカな私にもわかりやすく すんごい納得出来ました(*´ェ`*) ポッ適度な束縛と、深い利他愛☆心がけます!今後の恋愛に〜♪♪♪って、また恋愛モードになれるのか?〓■● バタッ そこが一番問題!
7. Posted by じゅん   2006年10月22日 00:36
束縛は、したこともないし、されたこともない!
周りの人の束縛の話を聞いてると、ありえないって思っちゃう(^^;)
一日中、仕事中もメールしてる人の気持ちが分からない(*_*)

一人の時間も好きだから、毎日毎日これじゃ困っちゃうし。。。
8. Posted by ゆき   2006年10月22日 09:53
束縛かぁ・・・。
例えば片方が出かける事があったとして、無事帰ってくるか心配なので、出来たら連絡してね?位は、束縛になりませんよね?
お互いを思いやるのと、自己愛は違うからなぁ。
まぁ、昔から束縛は嫌いなゆきです。
でも笹村さんの仰るとおり、束縛を愛だと誤解してた若い時期もあります(^-^;
「愛」っていう行為自体に慣れてなかったんだなぁ・・・。
今は、笹村さんの言葉が理解できるようになったから、少しは成長できたのかな?と思っています☆
9. Posted by リー   2006年10月23日 17:20
最初のうちは、束縛も「愛されている証」と思って嬉しかったりもするもんですが、長く続くとやはり窮屈さを感じてしまいますよね〜。四六時中なんてとんでもない話です。
お互いに「相手を信じること」と「相手を裏切らないこと」が出来れば、束縛なんて必要ないですよね。
笑ってすぐ許せるぐらいの軽いヤキモチは焼いて欲しい気もしますが(苦笑)
10. Posted by 笹竹 政村   2006年10月25日 15:54
みなさん、レス遅れスマソm(__)m。

またみなさんのクリックによりランキングは19位に浮上!!(25日現在)

これからもどうぞよろしくねっ(^∇^)。
11. Posted by 笹竹 政村   2006年10月25日 15:57
>がじゃまろ君

やきもちの語源を調べました。

>嫉妬することを「妬く(やく)」と言うことから「妬く気持ち」となり、「やきもち」になった。
またふくれっ面と餅を焼いた時の膨らむ姿が似ている事から、洒落で「餅」が添えられたという説もある。

おっしゃるように信じあう心が大切ですね(^^)。
12. Posted by 笹竹 政村   2006年10月25日 16:08
>うのっちさん、いらっしゃいませ!
ようこそ、笹竹 政村ブログへ!!
今後、何卒、宜しくお願い致します。

確かに辻 仁成の歌にも嫉妬や束縛をテーマにした名曲が多々ありますよね。

若い時は仕方ないんですよ、ぶっちゃけていえば・・・。
思春期に近い年齢であればあるほど、両思いになれて交際できていることに、ある種、激烈な喜びを感じますから、反動で猜疑心もまた激烈なものになるのは言うに及ばないことです。

当ブログのリピーターは安定期に入った年齢層をターゲットにしてますので(笑)、「その年になってもしこういう付き合い方してたらちょっとやばいよ」というアプローチを試みてみました。

でも初め手を繋いだ時の初々しさは幾つになっても持ち合わせていたいものだとも思いますね。
13. Posted by 笹竹 政村   2006年10月25日 16:10
>ソフィーさん

恋愛対象のみに激しくエネルギーをぶつけるのではなく、自分の実生活全体にエネルギーを分散させる・・・ということにもなりますよね。

自分も相手も重くなりすぎるのは要注意ですから。
14. Posted by 笹竹 政村   2006年10月25日 16:16
>おばゆさん、初カキコですよね!?
有難うございます(^^)。
今後、末永くよろしゅう!!

可愛さの中にも恋愛に対する執着心や激しさを持っていた女性だったんでしょうね。

故に、遠距離には耐えられるタイプでなかったのかも知れませんね。

それもまたおばゆさんにとっていい経験ですよ! 次の恋愛の際のリトマス試験紙として活かしましょう(^∇^)。

15. Posted by 笹竹 政村   2006年10月25日 16:21
>nonさん、ちょい久しぶりかな?
お元気ですか?!

ワンクリック、有難うございます。予断だけどワンクリックって言葉、きょうび、あまりいい意味で使われない傾向があるのは悲しいことです。

笹竹 政村のワンクリックは、ここに集まるみんなと笹竹を押し上げる幸せのワンクリックですから、どんどんクリックしてあげてくださいm(__)m。

いつまでも子供チックな付き合いじゃ
成長はありませんものね。
16. Posted by 笹竹 政村   2006年10月25日 16:27
>イチゴちゃん

名指ししてビックリさせちゃったかな?(笑)

イチゴちゃんは面白いしハートフルだし、ヒューマニズムに溢れてるから、絶対恋愛モードになれますって!

前、書いた独身の男があり余ってる記事覚えてるでしょ?!

だからチャンスは子供ちゃんがもちょっと大きくなった頃、必ず訪れるでしょう。

そうだよねー、イチゴちゃんのいうように
疲れちゃうっていうのが一番のデメリットですねえ。恋愛で疲れるというのは何か間違っている証しですからね。
17. Posted by 笹竹 政村   2006年10月25日 16:33
>じゅんさん

かなり周囲に束縛、被束縛対象者がいらっしゃるようですね。

メールというツールもコギャルみたいにひっきりなしにやりまくるというのは大人気ないことだし、それだけこころが空虚故、ということがいえるかも知れませんね。

会わない時間があるからこそ、相手への愛情も募るというものです。

18. Posted by 笹竹 政村   2006年10月25日 16:38
>ゆきさん

着実に大人の階段を上ってらっしゃいますね(^^)。素晴らしいことです。

出かけた時の電話などは束縛ではなく、連絡です。特に遠方へ行った、拘束時間が長い・・・などの際は連絡するのが男の甲斐性ですね。糸の切れたたこのようでは困りますからね(笑)。

19. Posted by 笹竹 政村   2006年10月25日 16:43
>リーさん

確かに四六時中は、大人になると”とんでもない”ですよね(笑)。私が危惧するのは記事に書いたようなタイプと結婚してしまった場合、子供に対しても同じことを間違いなくするだろう・・・という所感があります。

物騒な世の中ではありますが、親の過干渉は子供の心理的成長の最大の障害になります。バランス感覚が何よりも大切ですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
先住民族に学ぶ魔法の「愛の言霊」デート中、色気ムンムンの女が通った! その時・貴男は?