男は”小さな約束”を確実に叶え続けよう!「恋をとめないで」 by COMPLEX

2006年11月20日

恋愛法則<男は引き算、女は足し算>・笹竹解説

こんにちは!
笹竹 政村です。


前回記事の「男は”小さな約束”を確実に叶え続けよう」という記事
(詳細は11月13日付記事を参照くださいね)
が男女読者の心に大きく響いたようで、過去最多のコメントを頂きました。

前回記事の中で触れた<男は引き算、女は足し算>の部分に
女性読者の喜望峰さんが『詳しくレクチャーして欲しいです』との旨、
コメントを頂きましたので、
今日はその辺を私なりにじっくり考証していきたいと思っています。

まず女性は出会いの局面において、
よほど情感的にも性的にもオープンでない限り、
男性に対して精神的にかつ肉体的に”踏みにじられはしないか?”―
という警戒感を本質的に具有しています。


昨今、時代は大きく変わったとはいえ、
精神的にかつ肉体的に異性をもてあそぶ頻度は
抜本的に男性の方が高いわけで、

特に女性の性は基本的に”受動的”なものですから、
『この身を汚(けが)されないか?』、
『心をズタズタに食いちぎられないか?』―と
深層心理、表層心理で身構えるのは
やむを得ないところであると思います。

ゆえに女性は初対面の男に対して0〜100点で現すと
極めてシビアな点数を出す傾向にあり、
男性としては30点もつけてもらえれば
まだまだその後の展開に大きな活路を見出せる
可能性すらあります。

『私にとってものすごくタイプだわ!!』と実感しても
100点をつける女性はまず少ないでしょう。
『本当にこの人でいい(大丈夫な)のか?』、
『本当に信頼できる男なのか?』という疑問は少なからず残り、
女性はその後の男性との交際においてその溝を埋めようとします。

前回記事で紹介した女性から信頼を得る
”小さな約束”を確実に叶え続ける―という方法は
そういう意味でも非常に理に叶った手段であることがわかりますね。

いずれにせよ、最初につけられた30点(だと仮定して話を進めます)
からポイントを増やすのも減らすのも
【これすべて男の人間性ないし努力次第】ということができ、
よって女性の男性への愛し方は『足し算』ということがいえます。


反面、男性はどうでしょうか?

男性は太古の昔から狩猟者(ハンター)であり、
中世からごく近代にかけては一夫多妻を当然のもの―と受け止めてきた
性への貪欲さが骨身に染み付いたDNAを有します。

生物学的にもより多くの自分の種を残そうとする深層心理から、
同時に複数の異なったタイプの女性を平然と愛することが可能であり、
これが現代でも”男の浮気は甲斐性”とする風土が、
依然残存する結果となっている真因でしょう。

基本的に男性は女性以上に『自分の好み(理想)』を、
最初から頭の中で固めており、
さらにはそれが複数のタイプ同居することも珍しくありません。
(清純派もいいし、エロ系もいい―という感じで)

出会った段階において『このコいい!』と思えば
大概、80点以上の高得点を意中の女性に付与し、
【夢中】になっている段階においては100点を付けて必死に追いまくります。

まさにその過程の姿は俗に言う”ゴクラクチョウの舞い”の如きものであり、
相手の良いところしか目に入らないかのようです。

そして女性が自分のモノになった時、愛情はピークに達するとともに、
人によって差はありますが大なり小なりその瞬間から
何ともいえぬ寂しさを感じ始めることになります。

何故ならそこからやめたくともやめれない『引き算』が始まるから・・・です。

交際する前段階に100点を付けていれば、
当然100点満点の人間などまずいないので、
女性側もいろいろな理由で減点されてしまうでしょう。

「思ってたより性格が悪い・・・」
「思ってたよりセンスがない・・・」
「思ってたより優しくない・・・」
「思ってたより体が魅力的でない・・・」
「あ、今、屁こきやがった!!」
「化粧とれると別人だな・・・」

どんどん引き始めます。
そして引いている最中に、
付き合っている相手とはまた違う別のタイプに惹かれ始める場合も多いです。

これが所謂(いわゆる)、男の浮気のメカニズムです。

女性読者におかれましては、
何かすごく男性の性質が嫌なものに感じられたかもしれません。

しかし男性は女性から較べれば遥かに単純です。

例えば女性は『足し算』ですが、
接してみて気に入らない相手だったら男性同様、ボンボン減点しますよね。
それも0点以下、マイナスに至るまで・・・。

恋愛関係でなくとも会社の同僚、上司に至るまでバンバン点数を付けて減点します。

マイナスを付けられた男は悲惨です。
給湯室における悪い話題やオチに絶えず引き合いに出され、弾圧の憂き目をみます。

男性は自分の関心ある対象しか採点しません。
(・・・と思いますけど、皆さんはどう思われますか?)
最近はどうかわかりませんが、
とにもかくにも女性ほど『気に食わない』対象に
かかずらう粘着性は、薄いように思われます。

女性が男性の『引き算』攻勢から身を守るには、手段は二つあります。

『女としての魅力を決して安心せず保ち続け、男に夢を持たせ続ける』こと―

そして『交際する前に見せなかった”新たなる魅力”を滲み出させ続ける』こと―
です。

放っておくと男は減点してくる―となれば
新しい魅力をどんどん提示し、加点せざるを得ないように追い込むのです。

それが何であるかはこれまでの交際過程を回顧し、
貴女なりに妙案をひねり出してみてください。

今日は、あらゆる恋愛指南書に必ずといってよいほど、記されている
<男の引き算、女の足し算>を私の言葉で記述してみました。

前回同様、皆様からの熱いコメントをお待ち申し上げておりますm(__)m。


さてランキングは20日早朝現在、15位。
約一週間更新をサボっていたツケが3ランクダウンという形で現われました。
ランキングも恋も男は努力を欠かしちゃいけませんな(^^;。

さらなる飛躍を祈って皆様の応援をお願い致しまするm(__)m。
ワンクリック、プリーズ!

ブログランキング


笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)。

kokasita at 07:26│Comments(18)TrackBack(0) 男性側の問題 | 女性側の問題

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ゅん   2006年11月20日 09:06
初めまして、ゅんですヾ(o・ω・o)

なんだかスゴィ納得しましたー。今のぁたし、まさに足算罎任(笑)そして今の彼氏サンも、まさに高得点からの引き算罎糞いします(笑)また遊びにきますね◎
2. Posted by 笹竹 政村   2006年11月20日 09:25
>ゅんさん

はじめまして! ようこそおいでくださいました(^^)。

そうですかあ、まさにこの記事どおりの現象を体験中なのですね(^∇^)。

彼氏サンにあまり引かせないよう、女のプライドを見せつけてあげてください!

男は新らしもの好きですが、あなたが日々新しく生まれ変わり続ければ、引くのを止め安定期に入ると思いますよ。

是非、またのコメントをお待ちしていますね(*^^*)。
3. Posted by mulan   2006年11月20日 12:58
4 たしかにそうですね。30点スタート、っていうのもありえます。

いやー、でも女性も引き算しますよ。男性の引き算スピードを「時速1キロ」と仮定すれば、たぶん、早くても3キロとか均等ペースで引き算していくと思うんですよね。悪い意味ではなくて「あきらめる」「長いものに巻かれる」という本意ではない行為を、社会で女性よりも頻繁に繰り返しているからじゃないかと思いますが。

しかし、女性は違う。

足し算スピードは均等ペース、けれど引き算スピードは非常に変則的です。下手するとジェット機並みになることも・・・。

でも、そのジェット機スピードが、あるとき「定速」になる瞬間がある。

それは女性が付き合っている男性と「結婚」という将来像を見つめはじめた時、じゃないかと思うんです。
「恋愛」という見つめ方と「結婚」という見つめ方。確実に違いますから。
(^^)

長々、失礼しました。(^^)/




4. Posted by 笹竹 政村   2006年11月20日 14:43
>mulanさん

なるほど! 私の論説の若干、ステレオタイプ的な部分に対し有意義なご指摘を加えていただき有難うございます。

>足し算スピードは均等ペース、けれど引き算スピードは非常に変則的です。下手するとジェット機並みになることも・・・。

このくだり私の記事に欠けていた部分を見事に喝破し補完して下さいました。

記事に書いたとおり、女性も『マイナスになってもなお手を緩めずに引き算(減点)する』が、それは音速の如き猛烈な引き方をする―というのはよく判ります。

女性は一度、心底相手が嫌になったら、そう簡単に修正できない性質を具有しますからね。
5. Posted by イチゴ大福もぐ!   2006年11月20日 21:04
まさに!そうですよね〜!女は加算!男は引き算!だから 私も 出会いの時はわざとバカな女を演じてみたりしますわん♪
料理?できな〜い♪お米をとぐ?洗剤で洗うんでしょ?と普通に言っておいて、いざ付き合ってみると 家事は その辺の主婦よりか 出来る♪料理?そこそこに出来ないモノはありません!みたいなψ(*`ー´)ψ ゥヶヶ
最初っから 全部見せちゃうと面白くないしね!
それは殿方にも言える事ですよね!
仕事?適当〜とか言うときながら、実は バリバリこなしてる!とか 給料いい!とか♪
最初っから 全部見せちゃうと あきる!し、面白くないよね♪
その手で、これからは もっといい男をGETしなきゃ!!!日々精進ですわ!笹竹先生ところで勉強して もっと ええ女になり もっとええ男を捜さなきゃ!!ご指導の程 宜しくお願いします(o^―^o)ニコッ
6. Posted by マ・サキ   2006年11月20日 22:26
んん、的確!表裏、光闇、プラスマイナスなど相対するものはがいくつかあるけれど、男女ばかりはさかんにお互いに関わり合おうとするからその折り合いのつけ方は奥深い!だから決してひとくくりにはできないけれど、確かに身近では「この人とだけはあり得ない」がいつしか逆転し意外な一面を見つけるごとにヒートアップするのは女性が多いっす。その代わり減点速度は尋常じゃないほど早い!無意識の言葉じり・行動に傷つきいったん急落した線を回復上昇に転ずるなんぞは至難の業…。笑 いつの時代も男性は女性の忍耐力や妥協に大いに救われているのかなぁなんて。でも自分は男なのにばりばりの足し算…。引き算は事あるごとに失望し諦めるネガティブ寄りなのに対し足し算は事あるごとにときめけるし恋もずっとハッピーでカラフルなものになるような?と勝手に自分を正当化。笑 でも人の良い点に積極的に目をとめるのは得策だと改めて感じました。
7. Posted by よっち   2006年11月20日 23:57
釣った魚に餌をやらないと
言われるのは男ですが、
やっぱその辺りの裏付けも
今回の日記の通りだと思うのです。

自分は、そうならないように
しなければ。(^_^;)
8. Posted by じゅん   2006年11月21日 00:07
前回同様、納得。
なので、私も最近では自分をよく見せようとはしません(笑)初めからいいって思われても困るので(^^;)
ある男性が、欠点を先に見せてしまうって言ってました。
点数が低ければ、上がるしかないわけじゃん?って(笑)
まさにその通りだなと、これ読んで思っちゃいました(^^;)
でも、どうしても、最初は良く見せたいって思っちゃうもんですけどね〜
9. Posted by 暴君イソジン   2006年11月21日 02:56
5 なんだかとっても納得!

自分の経験の中でも、女性を減点していったことが多々あります。そして30点を切った時点で、お別れの準備をしました。そんな僕は残酷なのか?と考えてしまいましたが、男性の本能なんでしょうかね。

またこれから新しい恋愛を始めるにあたり、色々と考えていきたいです。
10. Posted by ★チャソ   2006年11月22日 02:01
今まで合コンやったときなど、自分をよく見せる努力をしていたけど、それはマイナスになる確率を上げてたんですね。
でも最初の入りが点数低いと、その後も続かないような、、。どの程度晒すかが問題かな?
ギャップのある人は興味ありますけどねー。
11. Posted by 喜望峰   2006年11月23日 01:09
4 引き算であろうが、足し算であろうがお互いに努力し続けないといけないんですね。
解説をぶった切るようなコメントですいません。
しかし、このようにレクチャーしていただいて、とてもありがたく、うれしく思っています。

やっぱり、女として新しい部分を時々見せ続けることは、それなりの苦労がありますよね。それが報われたときは苦労も忘れますが。

男の人だけに「足し算させろよー」って思うのは私の怠慢だなーと反省。

これから、好きな人や友達に対して支えたり元気をプレゼントできる一女性になっていけるよう精進します。

ありがとうございました☆
12. Posted by 笹竹 政村   2006年11月25日 13:25
>イチゴちゃん

流石、百戦錬磨のイチゴちゃんらしい
心理戦の巧みさがにじみ出ているコメントありがとう!

そうです、そういう具合にいい意味でじらせば大概の男は単純にいい意味で手の平で転がせる力を女性は持っていると思います。男はとにかく外部的な新しい情報に貪欲ですから、そこの心理を逆利用して自分の虜にするのも、比較的たやすいと思います。

確かに男もいっぺんに全部出しちゃ新鮮味をアピールできませんが、自己顕示欲が強いため大概、全部晒してゴクラクチョウの舞をしてしまう悲しい生き物だな〜と感じます。

私もイチゴちゃんの期待に応えられる人間性と情報量を獲得するため日々精進させて頂きます。応援、ありがとん!!
13. Posted by 笹竹 政村   2006年11月25日 13:44
>マ・サキさん

>確かに身近では「この人とだけはあり得ない」がいつしか逆転し意外な一面を見つけるごとにヒートアップするのは女性が多いっす。その代わり減点速度は尋常じゃないほど早い!

後者の例から復活するのは仰るように至難の業ですね。でも不可能というわけではない。しつこくならない範囲で一発逆転に賭けるのもそれなりに男らしくもあるもの。

>いつの時代も男性は女性の忍耐力や妥協に大いに救われているのかなぁなんて。

うん、そういう部分確かに大きいかも知れませんね。『だんだん好きになってだんだん恋になる・・・』確かに一目ぼれもいっぱいあると思いますが、『』内のキーワードが女性の幸せになる恋愛パターンである気がします。マサ・キさんの素敵な個性、感受性、愛し方を大切に出会う女性の方々を幸せにしてあげてくださいね(^^)v。
14. Posted by 笹竹 政村   2006年11月25日 13:48
>よっちさん

男はつきあうまでが勝負、女性はつきあってからが勝負―という意識の大きなズレが
「釣った魚・・・」論になるのでしょうね。

安心しきってると逃げられます。緊張感を持ちつつ、交際相手は大切にしてあげたいものですよね(^^)。

15. Posted by 笹竹 政村   2006年11月25日 13:59
>じゅんさん

そうですね。あんまり最初から飛ばしすぎるとネタ切れというか・・・資源の枯渇的状況に陥ってしまいますものね。

それと相反するようですが最初、いい姿を見せたいというのはそれはそれで絶対いいと思います。やはり男の愛し方を考えると、ある程度自分の魅力をアピールして高得点を付けさせる必要もありますので・・・。

交際してから隠しアイテムや新しい技を滲み出してマンネリを打破していきましょう!

まずは好感持てる男にそれとなくアピールですよ、じゅんさん(^^)v。

16. Posted by 笹竹 政村   2006年11月25日 14:40
>暴君イソジンさん

そうですか。30点切った時点でお別れを繰り返してきましたか(^^;。やっぱみんな同じことやってますね〜(笑)

ま、本能というかそういう性質が男性の恋愛パターンに多いのは事実ですよね。
でもそこで踏みとどまれば、女性同様足し算できる自分に 変貌できる可能性も大ですし、恋の安定期さらには結婚まで至るチャンスも広がると思います。

年齢と共に落ち着いたいい男にランクアップしていきたいものですよね(^^)。

相方さんをいつまでも大切にねっ(^^)。
17. Posted by 笹竹 政村   2006年11月25日 14:49
>★チャソさん

久しぶりのコメントありがとね(^∇^)。

う〜ん、一概に今までの★チャソさんの努力が全てマイナスというわけではないと思うんですね。やっぱりある程度、高得点を付けてもらう努力は必要なんですけれども、最初から全て手の内を見せず、秘蔵アイテムを隠し持ち、付き合う前段階から徐々に小出しにしていくことも重要でしょう。

鏡の前で自分なりの飛び切りの笑顔をエクササイズし、実地で関心のある相手に微笑んであげることくらいは押さえておいてください。

ギャップね! 重要なテーマです。意そのネタいただき!! 今度じっくり考えてみますね(^^)。
18. Posted by 笹竹 政村   2006年11月25日 14:54
>喜望峰さん

良かった! 喜んでいただけて私も幸いです。

あくまでもこういう傾向があるのでは・・・というマクロ的な概説であり、絶対的真実には及ばないことは自分でも認識しています。

私自身、今後も喜望峰さん同様、支えたり元気をプレゼントできる人間への昇華を怠りなく実践して参りたい所存です。

どうぞ今後もいろんな貴重なご意見をお寄せくださいねっ(^∇^)。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
男は”小さな約束”を確実に叶え続けよう!「恋をとめないで」 by COMPLEX