【クリスマス目前企画 女性編・1】一通のメールから始まる奇跡!【クリスマス目前企画 女性編・その2】男は社会を創り、女は社会も男も創る!

2006年12月07日

【クリスマス目前企画 男性編・1】笹竹流・mixiを使った正しい出会いの方法

こんにちは!
笹竹 政村です。

前回から始まりました【クリスマス目前!・恋愛強化月間】!
この前は「女性編・その1」をお送りいたしました。
さてその後、如何でしょう。
女性の皆様におかれましては、何らかの進展がありましたでしょうか?

どんな些細なことでも変化は変化です。
のちのち貴女をグローイングアップさせる礎(いしずえ)となります。
どうぞ許される範囲で、状況等コメント頂ければ笹竹は小躍りして喜びます(^∇^)。

さあ、お待ちかね! 
今日は「男性編・その1」をお届けします。
Are you ready?


まず前回女性向けに発信した「既知の異性にメールを打つ」という手法は、
男性からアプローチする場合極めて精度は低いといわざるを得ません。

「気に入っている子」のメアドを知っているなら、
既に貴男はメールを打っているでしょうし、
それでうまくいっていないならば対象の女性から
”強く異性として意識されていない”確率が高いからです。

もし「今現在、頻繁にメールをやり取りしている好きな(気になる)子がいる」―
というのであれば、クリスマス前の今が今年最後のチャンスかもしれません。
容易に会えるならば何も迷うことはない! 
直接会って告白してください。メールは厳禁! 安易過ぎます。

容易に会えないならば、手紙(郵送、手書きによる)が有効です。

『手紙』という手法はアナログか―と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが
意外と女性受けが良いということは覚えていて損はないです。

女性は自分を口説くため、
男性がどれほど熱意をこめて向かってくるかを強く注目しています。

手紙という手間ひまかかる手段であなたがセンスのいい封筒や便箋を選び、

乱文乱筆を避け
(文章は独りよがりにならないよう徹底的な推敲((すいこう))を試み、
文字も自分が書ける最大限の丁寧なもので書く)、
真心をこめて書けば、よほど嫌われていない限り、
貴男への見方が大幅に上方修正されることは間違いありません


封書を開ける時、女性は緊張しますし
「え、なんだろう!?」と胸の高鳴りを禁じえないでしょう。

また段階に合わせた文章を書く―ということも大切です。
大してフレンドリーになれていない状態でいきなり
「好きです、付き合ってください!」と書いても中坊じゃないんですから(笑)、
自分で自分の首をしめるようなもの。

季節ネタや風景描写などを交えながら、
そこはかとなく自分が好意を抱いている旨を匂わすのです。

この方策が告白する際の伏線となり、のちのち大きく活きてきます。
住所を知らないのであれば、多少リスクは伴いますが
「君に手紙を書きたいので住所を教えてくれないかい?」―
と単刀直入に切り出しましょう。

その方が電話帳で調べたり、他人に聞くよりはずっとシンプルで
”怖い印象”を与えずに済みます。

『オレには今、会って告白する相手も手紙を書く相手もいないや!』―
と、ご立腹の貴男へ!


クリスマスまで時間はもうほとんどありませんので、
出会いのチャンスもこれからではそう多くないと思います。
また私のブログに集まってくれる読者の属性から考えても皆さん、
インターネットは大変好きだと思いますのでこの際、ネットを使いましょう!

「出会い系」はほとんどといっていいほど
サクラや売り専門の女しか集まらないのは周知の事実ですし、
そんなもの私は薦めません。

「ネット見合い」もなんだかなー という印象を拭えませんし、
ここはやはり「mixi」や「楽天リンクス」などに代表されるSNSを使うしかないでしょう。(以下、mixi と表記します)

まずあなたのマイミクに既にいい感じで
日記のレスをつけあえる相手がいるかどうかが肝心です。
しかも最初からネットで知り合った相手と
”遠恋”をするというのは不可能に近いことですので、
近距離(デートするに支障ない距離の範疇)の相手をお薦めします。

近距離の相手となるマイミクがいない―という貴男、
自分の加入コミュニティで近距離の女性を検索するなり探すなりしてください。
(同じコミュニティ・・・ここ重要です)
検索した相手の加入コミュで自分がとっかかりのあるものに参加するのも当然アリです。

さて、そうやって何人かリストアップして
女性のプロフィールに「足跡帳」があるか否か注目しましょう。

私がここで書くまでもないことですが、
「足跡帳」を設けている人というのは基本的に男女問わず、
多くの人とのコミュニケーションを希望し期待している顕れ―
と受け取って差し支えありません。

「足跡帳」でどれだけネット上での第一印象を上げられるか―
それは全てあなたの腕次第です。

ここまではSNSを日頃からやっている人からは
『当たり前のことを何をえらそうに講釈してるんだ!』―
と怒られそうですが、カギはここから先にあります。

まずmixiで女性と出会おうとしている男性が犯している間違いの一つに、
女性は男性ほどmixiで異性と出会おうとは思っていない―
という現実を認識していない―ということが挙げられます。

女性は何か(誰か)と<繋がる>ことが好きな生き物ですから、
同じ趣味や享有できる話題で盛り上がりたい、楽しみたい―
という目的の人が大半を占めていることを踏まえなければなりません。

にも関わらず、男性側からむやみやたらに足跡をつけまくったり、
いきなりメッセージを送りまくったり―
というのは一種のスパム以外の何物でもないですね。

こういう輩は女性から「無礼者」として烙印を押されてしまうでしょう。

ですが逆説的に言ってしまえば、
こういう輩がいるからこそ”誠実かつ謙虚かつ楽しい
”Gentleman”な貴男とのやり取りが引き立つチャンスが生まれる―

とも言えるのです。

対象女性の日記にハートフルなコメントを一週間つけ続けてください。
(できればその間にマイミクになれたに越したことはありませんが・・・)
そしてマイミクになれた、
或いはフィーリングが合った、今、彼氏がいない女性を一人だけ絞りましょう。

そしてその間、対象女性のこれまでの日記を全て読みます。
(全て読むには分量が多すぎる、或いはキツいという方は自分が読める範囲、
最大限でもいいです)

その中で人間の心の琴線に触れる部分=”喜・怒・哀・楽”に振り分け分類し、
それぞれの感情において貴男の共感できる内容のものを
ニ、三点ピックアップしメモしておきます。

その作業と並行して、日記のコメントに
『○○さんの日記、今までの分も読みたくなっちゃった〜、読んでみるね♪』と残し
”小さな約束”(これの重要性についてはこちらから以前の記事を参照ください)を交わします。

日記を全部読み終えた後、まずノートに”怒”と”哀”についての感想を書きます。
続いて”喜”と”楽”について感想を書いてください。

そして”怒”と”哀”について自分の言葉で、
真心をこめ"共感した旨”の文章をノートに書いてください。
次に”喜”と”楽”についても同じくノートに書き、
それを併せてメッセージを紡ぎます。

ここで注意するのは我田引水で自分の話に持っていかないこと! 
あくまでも主役は女性です。

基本線は
『つらいこともあったけど、こんな楽しいこともあったんだね。○○さんの未来はもっと素敵なものになると思うよ』という流れにしましょう。
またある程度の文章のボリュームは必要ですが、
あまりにも長くならないようにしましょうね(^^)。

そして文末の方に○○さんへの好意をそこはかとなく滲ませましょう

その文章を手紙を書くように推敲(すいこう)を繰り返し、
完成したら満を持してメッセージとして送信します。

以上が私の考え得る「mixiの正しい女性へのアプローチ・メソッド」です。

この先、どうなるかはすべてお相手の女性の感性と貴男の舵取り次第です。

このメソッドは私がマスコミ人として培ってきた
『人と親密になる手段』と『文章で人の心を奪う手段』をミックスしたものを、
mixi仕様にアレンジしたものです。

女性読者の皆さんにおかれましては、
ドン引きする内容だったかもしれません(^^;。

しかし、とかく男性という生き物は自分中心にしか物事が見えず、
ゆえに男女のすれ違いが世の中に横溢(おういつ)していることを考えれば、
一人でも女性の心をつかめる男性が
このメソッドを通して増えるかも知れないことを汲んでご容赦くださいm(__)m。

次回は女性編・その2、
「マイナス70点男・笹竹と妻・明日香の大逆転恋愛―結婚ストーリィー」を通して
「女性の愛される喜びの在り方」についてお話を進めていきたいと思います。

男性読者の皆様は「男性編・その2」もお楽しみに!


さてランキングですが、
7日早朝、現在10位。

めでたい! ベスト10からの初めてのご挨拶!
(あれ、前にもあったかな???)

是非、さらなる飛躍を果たしたく
皆様の応援が必要ですm(__)m。

ワンクリック、プリーズ!

ブログランキング


笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)。

観終わったDVDは楽珍堂で高価買取いたします。



kokasita at 08:13│Comments(25)TrackBack(0) 男性側の問題 | 出会い

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ドレミちゃん   2006年12月07日 11:44
読みながら【ほほー】とうなずいちゃったです!!
手紙ですか!確かに突然手紙が来たらワクワクとドキドキで想像しただけでも
楽しそうですネ
2. Posted by コータ   2006年12月07日 19:53
こんばんは☆
思わず、体育座りをして読んでしまいました。。
何となく勇気付けられた気がします♪
行動あるのみとは分かってるんですが、なかなかその一歩が踏み出せない・・・。
そんな感じです。。
でも、大変参考になりました☆
3. Posted by かな   2006年12月07日 21:55
男性はやっぱりミクシィで出会いたい
と思っている人多いのですか??
女性はあまりいないと思うのですが、
どうなんでしょうか?
4. Posted by じゅん   2006年12月07日 23:56
なんだか笑っちゃった♪ほほえましくて(笑)
そうですね〜
確かに、女性はあまりミクシィで出会いとは考えてないかもしれません。
警戒する人が多いと思います(^^;)
私なら、実際会うまでには数ヶ月は必要かな〜
5. Posted by おばゆ   2006年12月08日 01:09
手紙ですか。確かに今は手軽にメールでのコミュニケーションが取れるだけに、効果がありそうだと思えますね。

ちなみにmixiでそれに近い状態まで持っていき、実際に直接お会いした女性が居たのですが、その後さっぱり連絡が取れなくなってしまいました。
何がまずかったのか考える日々です・・・(つД`)
6. Posted by リー   2006年12月08日 09:33
今、みたら8位でしたよ〜。笹武プログ、スゴイですね!!
私もミクシィやり始めは実名と自分の隠れ写真を載せていたのですが、同県のニート君に目をつけられてしまい、早々消しちゃいました(涙
手紙はいいですね〜。少しでもいいと思ってる人からもらえたらイチコロです^^;
やはり、ロマンティックな行動には弱いです。
7. Posted by よっち   2006年12月08日 16:17
mixiで言う足跡帳って、
出会いを求めて設けてる人が
多いのか〜。

足跡帳があるマイミクさんもいるけれど、
「足あと」の方に名前出るから
いいじゃんって思ってました。(^_^;)

8. Posted by まゆみ   2006年12月08日 19:42
手紙いいですねぇ〜♪
メールだと何もしないといずれ消えちゃうけど、手紙って色はあせても無くならないですからね☆
その人の書いた「文字」を見れるのも嬉しいし、メールより気持ちが伝わる気がします☆
9. Posted by いそじん   2006年12月08日 23:26
メールって日常生活の中に溶け込んじゃっていますよね。

たとえばメールで告白されても何のインパクトもないけど手紙ってなぜか、心に響くものがある気がします。

彼女のいない友人に笹竹さんのアドバイスを教えちゃおうかな♪
10. Posted by ★チャソ   2006年12月09日 20:09
手紙もそうですが、自分のための努力が見えると、気持ちも動かされますね。そういう人はマメな人が多いです。逆に、簡単に好きと発言する人の言葉は信用できませんね。
手が届かなそうで届く人っていうのがお互いに刺激されて興味もUPすると思います。
11. Posted by 笹竹 政村   2006年12月10日 03:53
>ドラミちゃん・・・、否、ドレミちゃん・・・否、ドレ・・・ド・ドレ・・・ドレミ! (もういいね(^^;、皆さん、なんのことだか判らん(笑))

一度買った通販から執拗に送られてくるDM
や役所がらみの無機質な送付状に混ざって、知人からの手紙があると無性に嬉しいもんですよね(^∇^)。

それが恋愛前段階の異性とあれば、興奮と緊張は否応なく高まりますね(^^)。
12. Posted by 笹竹 政村   2006年12月10日 04:00
>コータさん

2ちゃんの高校野球板に【東北に大優勝旗が渡るまで体育座りをして待つスレ】というのを思い出しちゃいましたよ(笑)。(知ってるかな???)

私の記事がコータさんのハートに火を点けられたならばこんなに嬉しいことはありません。それが私のブログをやっている目標なんですから(^∇^)。

是非、何らかの方法で吉報をお寄せください! そーです! 女のいない人生なんて寂しいし、つらいということを逃げずに見据えることがこれ肝要(^^)v。
13. Posted by 笹竹 政村   2006年12月10日 04:09
>かなさん

検索エンジンで「mixi 出会い」で検索すると約277万件HITします(爆)。もちろん、女性と出会うための【出会い】だけではないでしょうが、mixiにおける多くの男性陣のコメントを見ているだけでも、「あわよくば何とか出来ないか?!」という思いが滲んでいますね。

男性はプライドがミョ〜に高いですから、よほど困らない限り、(早急に結婚したい或いはしなければならない事情がない限り)なかなか、面倒なことはしない傾向があると思います。

そういう意味ではmixiは手軽ですし、写真付きの女性へのアプローチはハンパでないと聞き及びます。
14. Posted by 笹竹 政村   2006年12月10日 04:19
>じゅんさん

あはは、けなげでしょう! 一途でしょう!! でもじゅんさんも大いにmixiの出会いに抵抗を感じることから解かるように、これくらいやらないと「女性のガードは解きほぐせないんだよ」ということが言いたかったんです。

言葉は悪いですが相手が「どこの馬の骨ともわからない」のがmixiのみならずネットでの出会いですもんね。

15. Posted by 笹竹 政村   2006年12月10日 04:33
>おばゆさん

へえ! すごいじゃないですか!!
そこまで持っていっただけでも大殊勲ですよ(^^)v。よほどその女性、おなゆさんとのコミュニケーションが楽しかったんでしょうね。

リアルに会ってからトンズラされる という話はよくあるようですね。何もおばゆさんが悪かったということではないと思います。ホント、よくあることですよ、聞くところによると。

その経験を自信に変換して、またがむばってみてくださいな(^^)。
16. Posted by 笹竹 政村   2006年12月10日 04:47
>リーさん

貴重な体験談発表有難うございますm(__)m。ニート っていうのが痛かったですね(^^;(ひょっとしてその上に ヲタ も入ってた???)

清志郎の歌にも「手紙」をモチーフにした歌、結構ありますよね(「あの娘のレター」とか・・・)

じゃあ、近日「いいかも!」って思ってる人から手紙が来たら、リーさんのW-ドレスを着る日が一気に近まるんだね(^^)v。

薩摩隼人よ! リーさんに手紙を書け!!

ランキングは、ホント皆様のお陰で好位置をキープさせてもらってます(><)。
感謝です>ALL
17. Posted by 笹竹 政村   2006年12月10日 04:53
>よっちさん

「出会い」というより「コミュニケーション」をたくさんしたい・・・「自分のトコにきた人に素通りされたくない」或いは意味不明な足跡は気持ち悪いので何か「一言」かけて欲しい・・・といった目的が各人各様あると思います。

まあ、コミュニケーション上の門戸が広い証しですかね。



18. Posted by 笹竹 政村   2006年12月10日 05:08
>まゆみさん、ようこそ! 笹竹 政村ブログへ! コメント嬉しいです。

その通りですよね。普通、変な手紙じゃなければ何年経っても捨てませんものね、手紙は。

>手紙って色はあせても無くならないですからね☆

例え何年経って便箋がセピア色に焦がれても、それすらが味になるわけだし、「こんな時代もあったね」と回顧できる最高のプレゼントかもしれませんね。

素敵な手紙をいっぱい書き、素敵な手紙をいっぱいもらってね☆
19. Posted by 笹竹 政村   2006年12月10日 05:15
>いそじんさん

教えてあげて、教えてあげて! URLごと!(笑)。是非、愛読者になって頂きたいです、その彼には(^^)。

メールなんてまだ生まれて10年ちょいのアイテムですが、手紙はもう弥生時代から脈々と続く(他文明はもっと古いですね)
大伝統の礎によって立つ、素晴らしい文化であります。

こんなせわしない時代だからこそ、手間ひまかけて綴る手紙の重さ―強さが際立つのだと思います。
20. Posted by 笹竹 政村   2006年12月10日 05:27
>★チャソ さん

マメな男を「マメ男」などと呼称して小馬鹿にする風潮が依然ありますが、とんだ大間違いですね。

マメさこそが、ルックスにも経済力にも恵まれなかった私のような男が女性をモノに出来るか否かを占うと思います。

>逆に、簡単に好きと発言する人の言葉は信用できませんね。
手が届かなそうで届く人っていうのがお互いに刺激されて興味もUPすると思いま
す。

すごく示唆に富むメッセージ有難うございます(^^)。

「好き」というキーワードに重みがなければ、軽薄ふちょうのそしりを逃れられないということですね。

私もかみさんへは「手が届かなそうで・・・」というイメージを持っていました。彼女は違いました(^^;。思いっきり「手が届き」まくってたと思います(笑)。

是非★チャソ さんにおかれましては、刺激が維持できる素敵な男性と結ばれてくださいね(^^)。応援してます。

21. Posted by がじゃまろ   2006年12月10日 20:39
なかなか具体的ですね!
今や、メールの時代になりつつあり、手紙を書く習慣まったくなくなってしまいました。

でも、贈り物とかする時は、一言二言の手書きメッセージは添える様にしてますが^^

次回は、笹竹さんエピソードなのですね。すんごく楽しみです!!
22. Posted by 笹竹 政村   2006年12月10日 22:56
>がじゃまろ君

うざいくらいに具体的ですね(笑)。
誰か試してくれてるのかなあ???
そうだったら是非、イブまでの成果を教えて欲しいです。

手紙は貴重ですよ、この時代。

郵政民営化も郵便事業の大赤字が大義名分を小泉に与える結果となってしまいましたしね。まあ、確かに切手やハガキ売ってる人が公務員というのもこの時代、そぐわないという面はありますけども・・・。

楽しみにしてくれてありがとうございます。みんないい人たちだ〜(><)。
23. Posted by マ・サキ   2006年12月10日 23:57
どうも。ドラミちゃんとの思わせぶりなやりとりをはたからへらへら見つめているものです。笑

ぼくは小さい頃から手紙を書く習慣がありました。それは母が周囲に絶妙なタイミングで上質な手紙を送ることに敬意を抱いていたからです。
というわけでこの記事を機に、ペンをとり久しく向かっていなかった便箋に向かおうと思います。
相手の喜怒哀楽を個々にピックアップし独りよがりにならなように適切にレスするスベ。勉強になります!!
24. Posted by マ・サキ   2006年12月11日 00:07
あれ?さっき前回の記事で「妻とのストーリィー」に心躍らせ、過剰の期待を抱いてここにきたのに うまく次回にひっぱってある!
う…う… 生殺しですょ 笑
25. Posted by 笹竹 政村   2006年12月12日 06:21
>おお。これはこれはドラミちゃんと相性100点のマ・サキ君、二通もコメントありがとん(^∇^)。

ドラミちゃんも愉快だけど、最近「名探偵コナン(劇場版)」にハマって遊びに来ない”イチゴ大福もぐ!”ちゃんも面白いよ(*^^*)。今度チェックしてみてください。

なかなか瑞々しい感性の持ち主のようで。>ご母堂
親のいいところはどんどん吸収するに限りますな。
私のやり方は【暗から明へ】。このじわじわとした転調の仕方がミソです。
是非、強く自分の心を訴求したい相手に試してみてね。

生殺しちゃってごめんねm(__)m。
今から書くから〜。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【クリスマス目前企画 女性編・1】一通のメールから始まる奇跡!【クリスマス目前企画 女性編・その2】男は社会を創り、女は社会も男も創る!