【クリスマス目前企画 女性編・その2】男は社会を創り、女は社会も男も創る!【クリスマス目前企画 最終回】”出会い”を求める上での絶対必須原則

2006年12月17日

【クリスマス目前企画 男性編・2】男だったらナンパじゃなく”コウパ”で女性にアプローチしよう!

こんにちは!
笹竹 政村です。

いよいよ来週の日曜はイブですね。
さあ、どうでしょう皆様!

笹竹 政村がお送りしてきた
【クリスマス目前 恋愛強化月間】の成果が
多少なりとも上がってきましたでしょうか!?

まずこの企画を始めるに当たり
予告編をお送りしましたがその文中でも触れたように

「彼(彼女)ができるとかどうかよりも
片思いでもいいから、どれだけほんわかした気分
今年のクリスマスを迎えられるかが重要」と書きました。

”打出の小槌”のように、とかく私たちは
即物的に結果を求めるものですけれど、
問題なのは 渡辺美里風に言えば「My Revolution」が大切なのであり(古っ!)

チャンスやツキ、運を逃さずたたみかけて
”幸せ体質者”になることが肝要だと私は思っています。

ですから、例え「今年のイブも一人・・・(><)」という事態に面しても
「でも、去年と違う・・・何か素敵な予感がする・・・(*^^*)」―
という、”魂が外に向かって開かれた状態”になり得たなら、

まずこの企画はそれなりに有為なものだったに違いありません。

さて、今日の「男性編・2」でとりあえず、男女各論に及んだ
笹竹流の短期間で幸せをGETする方法のレクチャーは終わろうと思っています。

それでは男性諸氏、準備はOK?

前回の男性編でお送りしたmixi活用術は如何だったでしょう?
実践された方がもし一人でもいらっしゃれば、ブロガー冥利に尽きます。

「やってみたけどイマイチ・・・」
「ちょっとめんどくて、できなかった・・・」

いろんな方がいらっしゃるでしょう。

さあ、冒頭で触れたように期限はあと一週間しかありません。

あの手法でうまくいかなかった方は
もうストレートにシンプルに行く以外、手はないですね。

所謂(いわゆる)”背水の陣”というやつです。

街に出ましょう!
そして女性に声をかけましょう(爆)!

「それじゃナンパじゃねーかよ(怒)」

当たりです(笑)

ナンパしてください(^^;。

でもまず所謂、ナンパの先入観をまずここで打破しませんか?

ナンパの語源は詳しく調べたことはないですが、
要は「軟派」な男が見境もなく
手当たり次第に年頃の女と見れば
「声をかけ、引っ掛けまくる」という―
甚だ不名誉な印象が拭えませんよね。

笹竹流は違います。

男性と真剣な交際がしたくて”運命の人と出会うため”に
貴男を待っている女性という存在も、
少なからず街にはいらっしゃるのだ―という厳然たる事実を踏まえ、

ナンパではなく、その方を”お迎えに上がる”のが
笹竹流のナンパ(軟派)ならずコウパ(硬派)です
(笑)。

「そんな女いるのかよ!」―
とお怒りになる前に
まず以下のリンクをご参照ください。

これは、ちょっと記事発表の時期は古いですけども
女性向けの恋愛指南をしている石田陽子女史が
「All About」でマジメに女性向けに書いている内容であります。

あなた好みの「いい男」との出会いの近道 いい男と出会える場所教えます

よく読めばなんてこと書いているわけでもありません。
出会いを求めている女性なら、「こういう行動をとっているだろう」―
と貴男も見聞したり、気付いていたかも知れません。

しかし上記のリンクを読み貴男は、
街角で見知らぬ女性へ声をかけることへの抵抗感が
多少なりとも薄らいだ
のではないでしょうか?

そうです、やはり女性も出会いたがっているのです。
印象のいい相手なら「話ぐらい聞いてもいい」と思っているのです。


リンク記事は何も目新しいことを書いているわけではありません。

スポーツクラブ、
平日の映画館、
スポーツ観戦、
ホテルのラウンジ、
ライブ、コンサート、
カフェ・・・

ただこの記事の評価できるところは
女性の恋愛アドバイザーが
女性向けのサイトで、悩める女性に対して

ここで”出会え!”と指南している点です。


とかくいざナンパをするとなると、後ろめたく
また妙な罪悪感に駆られがちなもの。

でも私たちが目指すのはナンパではなく
運命の人をお迎えに上がる”コウパ”です。

何も恐れることはない、むしろせっかく貴男を待ってくれているのに
声をかけないで逃げるというのは失礼千万!
男の風上にもおけない無礼者です(笑)。

まず運命を信じましょう。

貴男が書かれている場所に行き、
”待っていた”女性がいたとします。

昔から言うでしょう。
”袖振り合うも何かの縁”―と。

縁のない相手とは、どんなに逆立ちしたって出会えないのが運命です。

前回の女性編の記事に書いたように
お互い遠く離れていても、とある地方都市で再会を果たし
結婚までいっちゃうような私たち夫婦のような例は、
実は世間にごまんとある事象なのです。
(前回記事をまだご覧になっていない方はこちらから、お入りください)

貴男が期待して行った場所に
出会いを期待している雰囲気をそこはかとなく匂わす女性がいた―

もうある意味、それは運命なのかも知れません。

一歩踏み出して、勇気を持って
自分の震える心に対し
”よく待ってくれてたね、迎えにきたよ!”
と心の中で呟き、自分自身に暗示をかけて”彼女”の前に立ちましょう!
(でも間違っても、”よく待ってくれてたね、迎えにきたよ!”なんて
口に出して言っちゃいけませんよ(汗)

玉砕しても一向に構わないじゃないですか!
その玉砕と引き換えに
貴男は”大いなる勇気”と”男の色気”
存分に獲得することになるのですから!

玉砕の折は勇気を振り絞った自分を褒めてやりましょうね(^^)。

もし何らかの展開があれば、
話題の展開はリードしつつも、基本的に女性をしっかり主役にし
貴男の本質的に有する優しさと愛情で
”彼女”をほんわかと包み込んであげてくださいね(^^)。

どんどん上手くいく流れならいいのですが、
無論、最初からあまり多くの成果は望まないようにしましょう。

メアドや電話番号を聞ければもうそれは本当に大成功ですよ(^∇^)。

その後の展開の在り方については
今後もこの「成長のお薬」で逐一、一緒に考えていきましょう。

男性諸氏の奮闘をご祈念申し上げております。


さてランキングの方は
17日お昼過ぎ現在13位!
この前見た時は一時、8位まで上げさせて頂きました。

更新のスピードを上げればいいんでしょうけど、
ランキングだけに縛られる、内容の薄いブログ展開はしたくないかな・・・と。

とにもかくにも再び皆様のお力をお貸しくださいませm(__)m。

ワンクリック、プリーズ!

ブログランキング



前回から始めたオススメ商品・・・。
男性諸氏におかれましては
”コウパ”で疲れた心身をゲームで癒すのもまた乙なもの(^∇^)。

「real Player」でお馴染みの
リアルネットワークス社「real Arcaed」は
あなたのマシンにもうインストールされてますよね?

「・・・いや、real Playerは入れてるけど
はreal Arcaedはまだ・・・」というあなた、

世界中の330種類以上のゲームから選べる豊富なラインナップと
月額788円で一本2.000円相当のゲームが入手できる
「GamePass」に登録してみては如何でしょう。

現在、30日間無料トライアル会員登録キャンペーン実施中。
無料登録にも関わらず
「ゲーム一本無料」+「全てのゲームが500円割引で入手」可能―とのことです。

「外に出て戦う時は懸命に戦う」、でも「戦士の休息」もまた必要です。
以下のリンクからお入りください。
RealArcade30日無料トライアルでゲームを思いっきり遊ぼう!


笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)。

kokasita at 14:11│Comments(12)TrackBack(0) 男性側の問題 | 出会い

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まぁ   2006年12月17日 22:02
話は変わってくるかもですが
私はよく見知らぬ人から話しかけられます(^−^)
ま、道をよくたずねられる。とか
地下鉄の隣に座ったおばあちゃんに世間話される。
とかなんですけど‥
ぜんぜん嫌な気分じゃなく、むしろ嬉しいんですよ!!
人と話すの大好きだし。
相手の話を聞くのも好きです。

こーゆー女性きっと少なくないと思いますよ〜
だから男性からどんどん(?)話しかけていいと思いますね
そりゃ、もちろん内容にもよりますけど‥
あと、場所も重要なポイントかもねっ(^0^)
2. Posted by がじゃまろ   2006年12月17日 23:30
出会いが少ないならば、
自ら出会いに出陣するしかないですね!

さぁて、こうしちゃいられない!
女性の前を歩いてハンカチ落とさなきゃ!!

なんて。。。ね。
冗談はさておき、ナンパというのは本来の動物の習性というか本能そのものですよね。
退ける事はありませんよね。と正当化してみましょう!!

といっても、街角で若い女性には道すら聞けない君でした。。。
3. Posted by いその   2006年12月18日 00:04
5 はい、イソジンはやめました(笑)
今後ともよろしくです!

ほんと、出会いってどこに転がっているか分からないですよね!その転がっている恋愛をいかに拾い上げられるかが鍵だと思います。

出会いは待っていてもつかまらない。当たり前のことですけど忘れがちですよね。
4. Posted by じゅん   2006年12月18日 23:50
出会いはどこにあるか分からない!
けど、見つけるのも一苦労だ(笑)
ここに書いてあったこと、半分以上はやってるんだけどなあ・・・(^^;)
5. Posted by コータ   2006年12月19日 20:48
こんばんは☆
前回の作戦、全てではありませんが、チョット勇気を出して実行してしまいました♪
結果は・・・、失敗とも成功とも言えませんが、、少なくとも、1歩前進した気がします☆

第2弾は・・・考えて見ます。。。
6. Posted by yuko   2006年12月20日 02:46
そうよ、そうよ!!
男性人がんばって!!

私も応援しますよ。
女としてはナンパは当然。

硬派も軟派もかわりゃせん(ごめんなさい)

そうやって理屈付ける前に声かけちゃいなよ!
ふられてからがスタートだと思うくらいでいいんじゃない?

そんなたくましい男性を見ると私は絶対落ちちゃうと思う。

女も傷つきたくなくってさ、3回くらい言われないと応じれないのも。
防衛心が働いちゃう。
それを取っ払うのも男のしごと、もしくは共同作業なの。

ね?! 笹竹さん!!
7. Posted by 笹竹 政村   2006年12月20日 05:19
>まぁさん

きっとまぁさんは雰囲気的に親しみのもてるタイプなんでしょうね。
それに心が外向きに広がってますね。素晴らしいことだと思います(^^)。私もあやかりたいですね。

私は20代あたりの頃は相当やさぐれてましたんで(汗、近寄って話し掛けてくるのは警察くらいなもんでしたわ(笑)。
でも今じゃ「太っちょの面白いおじさん」として子供達に絶大な人気を博していますが・・・。

そうですよねえ、場所と内容(言葉)たいせつですよねえ。
失礼な例では、声をかけた人がまだすぐそばにいるのに次々に・・・ってのは、所謂ガキのナンパで、大人としては格好悪いですが、優しくほだすように話しかけるなら、むしろ何もアクションを起こせない男より格好いいですよね(^∇^)。
8. Posted by 笹竹 政村   2006年12月20日 05:37
>がじゃまろ君

よ〜し、早速長浜で「オススメの屋台どこですか???」と聞いてみよう!
教えてくれたら「そこ一緒に行きませんか? ご迷惑でなかったら・・・」と口説け!

これからのがじゃまろ君はハンカチもわざと落とすし、知ってる道もわざと聞く・・・その路線にシフトチェンジしませう(^∇^)。

最初のデートは果物狩りで決まりだな>がじゃまろ君の場合
9. Posted by 笹竹 政村   2006年12月20日 05:41
>いその君

イソジンは製薬会社からクレーム来たの?(爆)
ま、それはともかく

「宝くじは買わなければ当たらない」と同じことが言えますね。やはり出会うための策を練り、実行しなければいつまでも助手席は空席です。

いその君の指摘通り、原点に立ち返った出会い活動の必然性がありますよね(^^)。
10. Posted by 笹竹 政村   2006年12月20日 05:50
>じゅんさん

えらい! もう既に石田陽子女史の作戦を半分は遂行してるんだね(^∇^)。

よ〜し、じゃあこの際もう半分もやってみますか! どこにじゅんさんの運命の人が隠れてるのか判りませんからね。悪質な出会い系を除きやれることは全てやって見ましょう。

聴いた話ですが、年齢分だけ彼氏いない歴を更新していた女性が、ものすごいイケメンの実業家をゲットし、結婚まで持ち込んだとのこと―。彼女は自分でやれることは全てやり、片っ端から男と会いまくることで”女力”を磨き、魅力的に生まれかわっったそうです。

本当に”これだ!”と思える相手と出会うまでの練習だ―くらいの感覚がある意味、女性には必要かも知れません・・・、。
11. Posted by 笹竹 政村   2006年12月20日 06:00
>コータさん

『mixiを使った正しい出会いの方法』おやりになったみたいですね!
ノウハウを提供されても素直に実践するのは、全体の2割くらいだ・・・とも言われます。コータさんはその少数実践者なんですね(^∇^)。

まあ、相手との相性や様々な問題はありますけども、最初の一歩を踏み出せば、二歩目は楽勝です。
12. Posted by 笹竹 政村   2006年12月20日 06:11
>yukoさん

元気いっぱいの男性陣の闘志に火を点ける素敵な応援コメ、ありがとうm(__)m。

まあ男は理屈で生きてるトコ往々にあるので、(それは判るでしょ、今までの男性とのつきあいで)私は読者各位の心に火を点ずるためコウパを提唱します(^^;。
硬派じゃなくてコウパよ、パ!

何にせよ>

そんなたくましい男性を見ると私は絶対落ちちゃうと思う。

という言葉、多くの女性の隠された真意であるような気がします。

yukoさん、

その後どう?

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
【クリスマス目前企画 女性編・その2】男は社会を創り、女は社会も男も創る!【クリスマス目前企画 最終回】”出会い”を求める上での絶対必須原則