【御用納め版】結婚相談所を受験して学んだこと「ドレスコード」を満たし、カッコよくキメて出かけてみましょう!

2007年01月09日

出会いや恋愛で、仕事がデキる男が陥る罠

こんにちは!
そしてあけましておめでとうございます!!(遅っ)
笹竹 政村です。

07年一発目の「成長のお薬」・・・

年末に妻から罹患した風邪が長引き
一時、全く鼻で呼吸できないくらいの
鼻づまり状態に襲われ、仕事始めが大幅に遅れました。

皆さんも何度も経験あると思います。
『鼻づまり』。

あれ、まじめに最悪な身体症状ですよね。
頭は痛くなるし、苦しいので無理やり洟(はな)かんで、
鼻と口の間はティッシュアレルギーとでもいうような
カピカピ状態になって痛痒くなるし、

最悪なのはやる気や集中力が限りなく「0」になり
何も出来なくなってしまうこと・・・。

私も子供時代、蓄膿症を患ったことのある者として
鼻の病気、特に慢性蓄膿症に苦しむ人たちの大変さに
思いを寄せました。

読者各位におかれましても、これからの季節、
風邪には十分御気をつけ頂き、厳しい冬を共に乗り切って参りましょう!

さて、あなたは今年の正月をどのように過ごされましたか?

私共、夫婦はとにもかくにも風邪を押して
近年、稀に見るスピリチュアルな正月を送りました。

毎年、大晦日あけて夜中は、
論客達の品のない長時間に渡る口喧嘩番組・
「朝まで生テレビ!」にかじりついて
テレビに向かって叫ぶような元旦で、ことを始めていましたが

今年は私たち夫婦にとっても、私はライターとして
妻は書道の師範(実はかみさん、そういう才能もあるんですわ(笑))として
大いに心に期するものがありましたので

北太平洋の初日の出を見に、海岸まで車を走らせました。
07初日の出 (北太平洋沿岸にて)

初日が昇った瞬間、集まった人たちからは
どよめきや感極まったような歓声が生じ、

皆、車から降りて思い思いに
初日に向かって手を合わせ、祈りを捧げていました。

信仰心やモラルのかけらもない人間が増えた・・・と嘆かれる現代にあって
純粋な太陽に対する帰依のこころ・・・

まさに祈りの原点である「太陽信仰」を
誰に強制されるわけでもなく自然発生的に行う姿に
清々しいものを感じました。

個人的には様々な思いを初日に捧げましたが

このブログが今年も好調に更新がなされ、
多くの読者の目に留まり
「恋愛―結婚専門ブロガー」笹竹 政村のポジションが揺るぎなきものになるよう・・・

そして私の記事を待ってくださるあなたと共に
素晴らしい一年を享有したい、そう願いました。

三日には神秘の湖・摩周湖に妻と赴き、
鏡のように澄み切った国内屈指、世界第二位(一位はロシア・バイカル湖)の
透明度を誇る神々しい姿を目に焼き付けて参りました。
冬の摩周湖

さらには摩周湖近郊の大牧場の展望台に上り、
今度は今年初めて見る、荘厳な日の入り(夕景)の前で言葉を失いました。
日の入り(多和平より望む)

ここで発表させて頂いた画像が
あなたの心にスピリチュアル的にいい影響が、もしあるのならばとても嬉しいです。



嬉しいと言えば、今年の貰った年賀状のうち三通が
「結婚しました!」という報告を含んだ内容であったのも
大変、嬉しく驚くべきことでありました。

今日はそのうちの一通のバックボーンを紹介し、
共に考察してみましょう。

A男(30代中盤)は、仕事は一流企業勤務で非常にデキる男なのですが、
変に多弁すぎる上に、女性を口説くベクトルがいまいちぶれている観があり
これまで全般的に女性受けが良くなく、
実母からは「できちゃった婚でもいいから、早く結婚してよ!」―
とずっと重圧をかけられてきていました。

過去に私の人脈の秘蔵っ子、麗しの梨子ちゃんを紹介したものの進展もなく、
「彼はなかなか難しいかもしらんな・・・」とも思っていました。

それが今年になって「結婚(入籍)しました!」
とまだ見ぬ配偶者と連名で賀状がきた日にゃあ、びっくりしたのなんのって!

彼自身、異例の昇進で仕事は大変やりがいのあるポジションについたものの
想像をはるかに超えた仕事上の重圧は大変なものがあり、
職責に苦しんでいたことは私も知っていました。
そんな状況下、きっとこの連名の女性は彼をしっかり支えたのでしょう。

男が苦しんでいる時、つらい時に、痛みを分かち合ってくれる女性は本物です。
(昨年末の記事にも書いたように、私も大変なスランプの時期を妻に救われた一人です)

またその厳しい環境が、少し構えすぎていた節のある
彼の行動や仕草をほぐし、より柔らかなものにし、
女性に受容される人柄に変化させたことは想像に難くありません。

男は強くなければなりませんが、かといって強すぎても女性にモテない―
という傾向があると思いませんか?

『この人は私がいないとダメなんだ!』―

そんな風に、女性の”プライド”と”一緒にいることの必然性を”感じさせる弱さは
鎧をまとってがんじがらめに頑なに、その弱さを隠すのではなく
”等身大の自分”として振舞ってみる勇気も、時には必要か―と思います。

かといって、弱みを売り物にしてジゴロのような生活をしろ! 
といっているわけではありませんので・・・(^^;。


弱音を全く吐かない、自分をさらけ出さない・・・という
男性が女性に対して【良かれと思って取る言動】は、
実は多くの女性を孤独にし、不安にさせます。


女性自身が積極的に対象の男性と関わっていけない、
いまいち身近に感じられない・・・という状態では
いくら相手がデキる男でも女性は近づかない、否、近づいていけないのです


女性は享有することを求め、疎外されること、無視されることを非常に嫌がります。

「一緒に〜しよう」
「僕たちで〜に行こう」

【一緒に】
【〜たち】


この二つは女性と親しくなる上で
必須のキーワードですので、男性諸氏は強く念頭において下さいね。

私の例でもこのA男の例でも解かるように、
独身としての生活が仕事に、遊びに、活力に漲っている時
或いは、一人でそれなりに楽しめる生活を送っている時は
むしろその勢いに反比例して、女運がなくなる傾向があるきらいがあると思います。

仕事や人間関係でクタクタになり
精神的に追い詰められた状態の時の方が
男の【要らぬ虚栄心】が殺がれますから、

対象の女性に対して素直にもなるし
意見にも耳を傾けるようになる・・・

そして何より、対象の女性が精神的支柱になりますので
相手に対して非常に優しくなり、二人の時間を慈しむ気持ちが生まれ
穏やかな眼差しで彼女を見つめることができるようになるのかも知れません。

「今、オレは女のことは除いて何もかも順調なんだけど
オレに不幸になれって言うの?!」―


という問いが聞こえてきそうですが
生活全般がうまくいっているならわざわざ不幸になる必要などないです。

そういう場合は
ここまで記した事柄を踏まえ、自分の言動を客観視する目を持ってみましょう。

調子に乗って、オレオレトークに陥っていないか・・・
心の奥底は、自分を良く見せようと虚栄心で満ち溢れていないか・・・
自分の主義主張、趣味、嗜好を押し付けようとしていないか・・・

そして
【僕たちで】【一緒に】楽しもう!
という享有感覚と共感能力を持って
お相手と対峙(たいじ)しているか・・・

<第二の目>で自分を観察し、
自分の誤った女性に対するベクトルを修正してみましょう。


今日は、一人の男の幸せ満面・年賀状から窺える
男性へのメッセージであり、また女性の微妙な心理について綴ってみました。

さて年頭の順位は
出遅れが響き31位。

更新されなかった期間もクリックしてくださり有難うございましたm(__)m。

何卒、今回もよろしくお願い致しますm(__)m。
ワンクリック、プリーズ!

ブログランキング


笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)。


kokasita at 20:16│Comments(19)TrackBack(0) 男性側の問題 | 恋愛

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by かな   2007年01月09日 20:46
題名に食いつきました(笑)
女性をくどくベクトルがずれている
ってどんな方向にずれてたのでしょうか?→オレオレトークなんでしょうか?

私も男性に対するベクトルがずれてるかもってちょっと気になりました(汗)

確かに疎外されるってのは嫌ですね。
ただ、私の周りには強すぎる男性
っていなくておとなしい系の男性が
ほとんどのような気がする(^^;)
ので強い男性にお会いしてみたいです♪
なんせ、私はけっこうワガママで
我が強いとおもうので、弱い男性だと
傷つけてしまいそうなんです(><)
2. Posted by かざまつり   2007年01月09日 21:45
この人は一人で生きていける人。
何で自分で何でもかんでもやっちゃう(できちゃう)の。

・・・そういう言葉何度も聞きました。

よろしくないんでしょうねぇ。
でも僕は強くてなんでもできる女の人に
あこがれるんですけどね。

#だからなるべく見合うように少しずつ努力してきたつもりなんですけど。
 裏目なんでしょうね。
自分でも解ってはいるんですが。。。

3. Posted by コータ   2007年01月09日 22:01
こんばんは☆
明けましておめでとうございました♪
何卒今年も宜しくお願い致します☆

今年は久しぶりに初詣に行って来まして、もちろん『今年こそ!!』と願って参りました♪
ついに神頼みか。。とちょっぴり悲しくなりました。。
自分はまだまだ『出来る男』には程遠いですが、何事もネガティブにならないように頑張ります☆
4. Posted by まみ   2007年01月09日 23:01
写真すごく綺麗ですね〜☆
実際にその場で観たら、言葉がなくなりそう!摩周湖もイイですね♪

確かに孤独って嫌ですね〜。。なんでも自分ひとりで決めてしまう人も苦手です。私なんて必要ないの!?って思ってします。

出来るだけ好きな人の力になりたいって思ってはいるんですが、実際、力になれているのかどうか不安です。(笑)
5. Posted by じゅん   2007年01月09日 23:58
一人で生きていける・・・これ、私言われたことあります(;_;)
彼氏からではないですが。

私の場合は好きな人のために力になりたくて、頑張るのですが、逆に重荷になったりしちゃったかも・・・
頑張るの疲れたなって病んでました(^^;)
6. Posted by いその   2007年01月10日 02:56
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

苦しんでいるときに痛みを分かちあってくれる相方さんがいるっていうことはとても重要ですよね。

「一緒に〜」なんていわれたら男でも女でもコロッていっちゃいますよ。
7. Posted by いちご!   2007年01月10日 21:12
昨夜何度投稿しても失敗で駄目でした・・・明けましておめでとうございます!
私も一人で生きていける(男に頼りきれない)タイプなんでね〜今だに一人ですわw
これからは、ちゃんと頼れる可愛い女を目指します!
8. Posted by がじゃまろ   2007年01月11日 22:50
ご挨拶遅れてすみませ〜ん^^

本年もよろしくお願いしま〜す♪
来年のお正月には、素敵な報告の賀正遅れる様に頑張りま〜す。

今年もたっくさん頑張りましょ〜
9. Posted by 笹竹 政村   2007年01月12日 01:58
>かなさん

この記事に関しての”ベクトル”については大体そんな感じです。この場であまり詳しくは言及できません。ごめんねm(__)m。

記事の中でも私は<男は強くなければならない>と記しており、弱い男を奨励しているわけではありません。
また 強さ という定義ほど、どんな意味でも解釈されるキーワードは少ないと思います。

私の人間として、ライターとしての熟練度はまだまだですが、今私なりに「強さとは?」と問われれば、「自我が確立されている」ことを第一義に挙げますね。

タイトル良かったですかあ(^∇^)。
タイトルに関してはどういう言葉を連ねればアクセスアップに繋がるか現在研究中です。かなさんのようにガブっと食いついてくれた方がいたということは、まずは今回に関しては及第点でしょうか。

10. Posted by 笹竹 政村   2007年01月12日 11:06
>かざまつりさん

なるほど。かざまつりさんはコメントから窺うに、ある意味今の時代の女性に結構、求められる性質の恋愛観と行動パターンを具有しているのではないか・・・と思いました。

かざまつりさんの前の方が割合、一般的に過ぎたのかも知れません。
でも恋愛なり結婚というのは相手のあることですから、自分のスタンスを貫きすぎると齟齬(そご)が生じ、溝ができてしまいます。

これからは相手の考え方、行動様式も理解してあげて、愛を育んでいってくだされば・・・と思いました。
あまり悩まないでくださいね(^^)。
11. Posted by 笹竹 政村   2007年01月12日 11:12
>コータさん

あけましておめでとうございました(^∇^)。

神頼み・・・全然恥じることじゃないですよ。みんな同じです。私は妻と交際にいたる前段階、正月でもないのに何回も何回も願掛けしました。
自分でできる努力はした上で、占いでも神頼みでも総動員してぶつかっていく気迫こそ大事です。

デキる男になりすぎて今回書いた記事のような状況に陥らないよう注意したいものですね。デキないよりはデキた方がいいに決まってますが、人的魅力が殺がれては台無しですから・・・。

仰るように前向きにポジティブにいきませう!!
12. Posted by 笹竹 政村   2007年01月12日 11:19
>まみちゃん

女性をリードしていく多少の強引さは男性に求められますが、FACE TO FACEで相談や打ち合わせをする必要はありますよね。
独断専行が過ぎると確かにまみちゃんが仰るような気分になるのも不思議はないです。

多少不安なくらいが恋愛にとっていい効果をもたらすと思います。いい意味で緊張感を持続している証拠ですもんね(^^)。
マンネリズムは怖いよ〜(^^;。

写真気に入ってくれてどうもありがとう。
きっとスピリチュアル的にいい影響があったと思いますよ(^^)。
13. Posted by 笹竹 政村   2007年01月12日 11:27
>じゅんさん

その言葉はお相手の男性が自分のことを指して言ったのですか?
それとも男性がじゅんさんをそう評したのですか?

文脈から判断するに恐らく前者だと思いますが確かにキツく寂しい展開ではありますね。

独身時代にあまり男に対して頑張りすぎると、普遍的傾向として男は逃げます(汗。

今後は、その教訓を活かしてもうちょっとフワっとPOPにいった方がいいのかな?
でもそれだけ相手に尽くせる力を持っているというのもじゅんさんならではの美徳ではありますので胸を張ってください(^∇^)。 
14. Posted by 笹竹 政村   2007年01月12日 11:34
>いその君

あけましておめでとうね(^∇^)。
共に生きよう・・・と願うこれらのフレーズは確かに男女両方の心を打つでしょう。
でもやはり女性のほうが、これらのキーワードを欲しているし、それだけ男性がキッづいてあげられず言わないという傾向もあるのではないでしょうか?

とことんつらい時ひとりぼっちじゃ本当に洒落になりませんよね。最悪、親に守ってもらうという可能性もありますが、いつまでもそれでは 親離れ=自我の確立 が大幅に遅れてしまいます。
やはり、男も女も愛する異性に守ってもらいそして自分も相手を守る というのが、王道と思われ・・・。
15. Posted by 笹竹 政村   2007年01月12日 11:42
>いちご!ちゃん

久々の素早いコメント有難うございます(*^^*)。そっかー、きっとその時間ライブドアのサーバーが悲鳴をあげてたんだわ、あとでほかに原因ないか調べてみますがこれに懲りず、これからもよろしくおねがいします。どうもすみませんでしたm(__)m。

いちご!ちゃんはそうはいうけど、めちゃめちゃ恋愛体質じゃないですか!(^∇^)。本気出せばバンバン寄ってくるって、魚のように(笑)

ポーズだけでも、頼ってあげるといいですよ。そして男に正当な理由があるなら頼られてもみてください(^^)。
16. Posted by 笹竹 政村   2007年01月12日 11:46
>がじゃまろ君

いえいえ、こちらこそ、ご挨拶が遅れました。いまさらなんだけどあけましておめでとうございますm(__)m。

まあ、楽観的なところが魅力でもあるがじゃまろ君ですから焦らず参りましょう!!

博多美人というけれど、そちらはやはり美人さんが多いのかな?

ルックスも大事ですが全体から放たれるオーラや人間性も今の女性には求めたいところですよねー。

今年一年、宜しくお願いしますね!
17. Posted by あっこ   2007年01月13日 04:36
明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願い申しあげますヽ(^o^)丿
さっそく、大賛成ですね!
私も「一緒にしよ」って男性じゃないと、
男の背中ばっかりみせられてもときめかないです(^^♪
離れちゃいます、気持ち。
納得ですね!
18. Posted by 笹竹 政村   2007年01月13日 08:01
>あっこちゃん

遅ればせながらあけましておめでとう!!
今年も元気いっぱいにいきまっしょい(^∇^)。

大賛成の旨、しかと承りました。あっこちゃんらしい溌剌としたコメントありがとねえ。

太宰治が「愛は言葉である」と書きましたが、まさにその通りで二人の関係に慈しみやいたわりがなければ、愛も枯れてしまいます。ただし人それぞれ、表現の上手下手はあるのでそこは大目にみなければならないですけども・・・。

そちらにもなるべく早く遊びにいきますね(^^)。
19. Posted by じゅん   2007年01月14日 23:58
男性が私に言った言葉ですよ。。。
めっちゃショックでしたよ〜〜〜(−−;)
頑張り過ぎないかー
つい好きになってしまうと、してあげたくなっちゃうんですよね。。。
難しいな〜

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【御用納め版】結婚相談所を受験して学んだこと「ドレスコード」を満たし、カッコよくキメて出かけてみましょう!