【結婚できない30代】生活レベルが下がるから結婚しない!? ほんとにそれでいいの?ドアを<当てつけ>で思いっきり閉めないで! ブチ切れた時こそあえて冷静に・・・

2007年03月01日

愛は言葉だ! <女性が求める優しさ>を与える男の秘策!!

こんにちは!
笹竹 政村です。


一週間更新が滞ってしまいました(汗。
このモヤモヤしてた状態に喝を入れてくれたのは
「成長のお薬」のランキング上位進出を祈って毎日、1クリックしてくれている
素晴らしいファンからの激励メッセージでした。

「笹竹さん、このままじゃどこまでも落っこちていっちゃうよ!!」

有り難かったです。
意気に感じました。

先週のブログでも報告しましたとおり、短期出張のため
十勝から道央圏(札幌方面)に出向き
実に多くの人に会い、今後のライターとしての方向性などを
しっかり確認してまいりました。
・・・があまりにも成した事柄の密度が濃かったため、
しばらく仕事そっちのけで呆けた状態に陥ってしまっていました。

ファンという存在は本当に有り難いものですね!!

今日からまた笹竹 政村、完全復活で
”愛ある暮らしを模索する”すべてのシングル、さらには家庭生活者に向け
「成長のお薬」を処方して参る所存です!

今日のお薬は原点に立ち返り男と女の求める
”優しさ”のギャップ
について考え、処方箋を発行したいと思っています。
<視点としては【男はどのように女性に”優しさ”を表現するべきか】に眼目を置き、稿を進めます>

優しさ・・・この言葉こそ
ジェンダー(性別)、パーソナリティーによって捉え方が変わるものはないかも知れません。

戦前・戦中或いは高度経済成長期に至るまでの男の優しさとは
言葉に頼らず、行動や態度、いわゆる”背中”で
女性への愛情を滲み出してきたかたちが主流であったのは想像に難くありません。

ですが現代においては女性の社会進出も当たり前すぎるほど当たり前のこととなり、
『男は外で戦っているんだ!!』的な自己正当化はもはや化石的と言う以外になくなりました。

男の「言葉なんか要らない」―という欺瞞(ぎまん)を戦中という、
とうの昔に喝破(かっぱ)していたのは”愛と苦悩の旗手”太宰治その人であります。

太宰は作品中で叫びます。

愛は言葉だ。言葉が無くなりゃ、同時にこの世の中に、愛情も無くなるんだ。
愛が言葉以外に、実体として何かあると思っていたら、大間違いだ。
・・・新ハムレットより>



愛の中の一つの大きなツールとして優しさは存在します。
それはあなたがこれっぽっちも愛情を抱けない対象に、優しくなれないことを思い出して頂ければよく判って頂けると思います。

この時代が”態度だけで優しさを表現する”のはアナログ過ぎるというわけではなく、
如何に愛情表現に言語が密接に関与しているか、言葉にしてこそ初めて愛情が伝わるものなのか70年以上も前の日本の作家が全身全霊、作品を通して叫んでいた事実に
私たちは刮目(かつもく)せねばならないでしょう。

女性は惚れた男に対して昔から愛の言葉を口にし、
また男に対しても「私のこと好き?」という必殺のキーワードで
絶えず確認を迫ってきた傾向がありますよね。

そういう観点からは女性の多くは”愛の体現者”であり
男性に対して”優しさ”というツールをふんだんに使用することを願っていることに
男性諸氏は思いを馳せなくてはなりません。

では「お望みどおり愛の言葉を連発し、優しさの大安売りをすれば女性は満足してくれるのか?」―
と考えれば・・・
それは人によっては、
例えば”愛情に対する枯渇状態が強烈な女性”ならば可―かもしれませんが、
一般大多数の女性はそんなに甘くはありません。

如何に自分に対して、さらに言えば自分だけに対して
優しさを自分の納得いく形で表現してくれるか―

女性はまるで会社の人事部の査定評価者のように、
相手の男性の言動をつぶさに見ています。

そうです! 実に女は男の一般的なノリから考えると、面倒くさい生き物なんですよ!(笑)

ではどう優しさを表現し、どのタイミングで愛の言葉を囁けば上手くいくのか―

私、笹竹が考える最も即効性があり、
女性と親密になれる優しさの体現法を今日はご披露致します。
今、女性との関係性において壁にぶっかっている男性諸氏は
特によく脳内にインプットしてみてください!
きっと女性とのお付き合いがいい方向に進むと思いますよ(^^)

【女性へ優しさを体現する即効・笹竹メソッド】
1・話を幅広くふりつつ、女性が食いついてきた話題のいくつかをその日の会話の中心に据える
2・聞き上手に徹し、ひたすらそれらの話題にまつわる女性の話を聞いてあげる(ただ聞いていればいいわけではない、女性の引き出しをどんどん開けてやり、会話の流れはしっかりコントロールしてスムーズに話せるようにしてあげる)
3・女性の多くは話したいから話しているのであり、その話題に対しての解決策やうんちくを聞こうとは思っていないことを肝に銘ずる
4・それらの話を聞いてあげた上で、話すことを話して満足し、上気している女性に自分なりの愛の言葉を囁くなり言い切る そのわずかなキーワードのみで女性は貴男に釘付けになる!

女性の多くはただ単に優しいだけの男には、もはや食傷気味です。
TPOに合わせた優しさを表現できスキルがあってこそ、ある程度モテる女は
初めて貴男を相手にしてくれるようになります。
みんなに優しい男ではなく、自分だけに優しい男の出現を待望しているわけです。

上のメソッドを実行する男性は
話をずっと聞くわけですからまず、”時間”を犠牲にします。
聞き上手に徹するわけですから、男なら誰しもが少なからず持っている
”自分の自慢をしたい”という欲求を犠牲にします。

多くの犠牲と引き換えに相手の女性は
「この人、優しい! 私のためだけにこんなに・・・」―
という感動に近い信頼感を寄せ始めるわけです。

その信頼感を獲得した上で、初めて攻めに転ずる貴男の愛の言葉に
対象の女性はおちるか、ないしおちないまでも
貴男を、異性として意識する対象の一人に加えるでしょう。

現状、なかなか彼女ができない・・・
うまく女性とコミュニケーションができない・・・

そういう男性はむしろチャンスです!
下手な思い込み、思い上がりがない分、
素直にこのメソッドを試せる時に試せばいいだけなんですから・・・(^^)

そして一読いただいて解かるようにそれほどの高等テクニックではありませんよね。
話をふる→話題を決める→話させる→愛情表現する・・・
これだけです。

貴男からの吉報、この笹竹 政村、お待ちしております。
女性読者の皆様におかれましては私の考え方やメソッドに対する感想をはじめ、
男性からは「こういうふうに優しさを出して欲しいなあ・・・」といった意見を
コメントくださると私をはじめ、すべての男性読者の糧になります。
よろしくお願い致しますm(__)m


さてランキングの方は私が更新しない期間も1クリックしてくださった
素晴らしい皆さんのお陰でまだ1ページ目、21位を守っています(1日昼現在)。

さあ、休養満点! 笹竹 政村の上位グループへの肉迫はあるのか!?
それもこれもすべてあなたの一票次第! よろしくお願い致しますm(__)m

ワンクリック、プリーズ!

ブログランキング



笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)



kokasita at 11:33│Comments(20)TrackBack(0) 会話 | 恋愛

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kiki   2007年03月01日 18:19
更新おめでとうございます!!楽しみにしていたファンの一人です(^^)
3番笑っちゃいました(笑)笹竹さんはいつ女性を分析しているんでしょう?!
私が男性に求める優しさはさりげなさですね!!『やってあげた』と言うよぅな押し付けではないさりげなさが大事ではないかと思います!!
2. Posted by コータ   2007年03月01日 19:52
こんばんは☆
実は、、明後日土曜日に久方ぶりにデートをする事になりました♪

とは言っても、、先々週にたまたま合コンに参加する機会があり、そこでチョット仲良くなった女の子にお誘いメールをしたらOKして下さいまして。。。

本日のメソッド、、充分参考にさせて頂きます☆
3. Posted by まみ   2007年03月01日 20:55
こんばんは〜♪
kikiさんのおっしゃるとおりに、さりげなさは大事ですよね〜☆
さりげない優しさだとか、さりげない言葉やしぐさ、そういうものに女はドキッとしてしまうんですっ!!!

皆に優しいのは良いんですが、あまりにも優しすぎると、逆にその優しさで傷ついたりもします。女って難しいですね!(笑)
4. Posted by non   2007年03月01日 21:21
読んでると女って厄介な生き物なのかなって思ったりw

でもほんの少しの違いで男性の見る目変わってくるんですよね〜
その少しの気遣いのできる男性に巡り合いたいものです。。。
5. Posted by メグ   2007年03月01日 21:50
 なんて、面白いんでしょう〜。ウチの日記にも近いうちに載せて、この魔力にハマッテもらうことにいたします。
6. Posted by まぁ   2007年03月02日 13:30
女ってほんとやっかいだなぁ(笑

でも、ほんとそうです!
態度だけじゃなくって、やっぱり言葉で表現して伝えて欲しい!
ってたしかに思いますねぇ(@^▽^@)
7. Posted by いちご   2007年03月02日 21:02
5 呼んで頂きました?!
(▼∀▼)ニヤリッ

だよねー 面倒でも しんどくても、恋愛って したくなるよねー(´艸`)ムププ

あ〜〜またしたいな!

あ、恋愛ですよ(´艸`)ムププ
8. Posted by じゅん   2007年03月02日 23:43
ええ、女は面倒な生き物なのです(笑)
言葉は大事♪
だけど、なかなか言葉にして言ってはもらえない(−−;)
たまには言ってもらいたいな〜
9. Posted by アイコスキー   2007年03月04日 15:47
5 お久しぶりです。
読ませていただきました。
笹竹さんは、恋愛・恋愛中のことを
書いていられるのでしょうか。
確かに、女性は社会進出し、
>『男は外で戦っているんだ!!』的な自己正当化はもはや化石的と言う以外になくなりました。
笹竹さんのおっしゃる通りです。
がしかし私の場合は違います。長年
一緒にいると言葉では優しさなど伝わりません。つまり、言葉ではなく、行動をとる。やさしくされているんだという行動が必要になるんです。
お互い忙しい、そのとき彼女の
為にどのように行動したら喜んでくれるかこそ、優しさなのでは。言葉
では、いくらでもいえます。
「妻にいわれました、あなたはサプライズがない人ね」
笹竹さんの書かれた内容とずれている
と思いながら書いている自分です。
10. Posted by 笹竹 政村   2007年03月05日 07:21
>kikiさん

お待たせ致しましたっ(汗。とは申せ、今日5日現在、再び更新する時期ですね・・・。このフットワークの重さは一体・・・(^^;。

分析と言うほどたいしたものではないですが、フラレ虫が意中の女性をゲットするまでに気づいた女性の生態を綴っているまでです(笑)3番、図星でしょ(笑)

私は今回のkikiさんの指摘に(さりげなさ)ついて実に過去はさりげなくなかったなあ、傲慢でおしつけがましかったなあ・・・と思い返しました。これからも女性に対しそういうところが出ないよう努めて参る所存です(^^)。
11. Posted by 笹竹 政村   2007年03月05日 07:27
>コータさん

おおお、急展開ですな!! もう5日の今現在では、土曜日の是非は出ているところかとは思いますが、まずまずこのブログもお役に立てたのでは・・・と自負しています。

女性の心を開かせるには、女性を気持ちよくさせるのが一番です。女性にとってスムーズに会話を楽しめるということはものすごく気持ちの良い事であると強く認識しておく必要があります。

昼下がりのレストランや喫茶店でデザートとコーヒーでねばる女性同士の様子を今度、暇があったらよく観察してみるのも面白いですよ(^∇^)。ほんと活き活きしてますもん(笑)
12. Posted by 笹竹 政村   2007年03月05日 07:45
>まみちゃん

まみちゃんもさりげなさ派ですねえ。逆説的に言えばそれだけ女性がさりげなさを男性に求めると言うことは、男がそれだけさりげなくない人間が多いということも言えるでしょう。

皆に優しすぎる男は女性を傷つけますねえ、ただそういう対象は振り分けられて結局女性から離れていく結果を生み出しているようにも思えます。

人間的に優しさがベースにある・・・ということは必要なんですがね。
13. Posted by 笹竹 政村   2007年03月05日 15:36
>nonさん
久しぶりのカキコですかね(^-^) ありがとうございます。
女性が厄介という訳だけでなく、私は過去を振り返り男も至らぬ点が多々あると思います。
母源病という言葉がありますが、日本の男は総じて心理的離乳が遅く、出会う女性を母親と同一視するきらいがあり、一個のパーソナリティとして女性を扱うのが大変下手だと思うんですねf^_^;
nonさんにおかれましては、そのような気遣いが出来る=自我の確立された男性という視野を持って今後男を見ていかれるといろいろ相手が見えてくるかも知れません(^O^)
14. Posted by 笹竹 政村   2007年03月05日 16:50
>メグさん

喜んでいただき光栄です(^-^) 是非メグさんの仲良し男子にもこの魔法をお広め下さい。

きっとその方たちにとって新しい第一歩が踏み出せるのではないかなあ…と思ったりしてます。

それを境にいつもブログに遊びに来てくれるようになれば、この上ない喜びなんですが…(笑

またよろしくお願いします!
15. Posted by 笹竹 政村   2007年03月05日 17:01
>まぁさん

旦那さんにいつも言葉で表現してもらってますかあ(^O^)
厄介にみえる女性の生態ですが、そのきめ細やかさが男にはない繊細な部分であり、この人間社会の潤いだとも思うんですよねえ(^-^)

これからも旦那さんに時には愛の言葉をささやかすよう仕向けてやってくださいねo(^-^)o
16. Posted by 笹竹 政村   2007年03月05日 17:16
呼びましたよ! いつも僕の心は君を呼んでいるよ、いちご!ちゃんポッ(笑

そうだよねえ、いくつになってもどんな境遇でも恋愛したいのが人間というもの! 恋愛欲求をなくしたら、というか異性への愛が(同性愛者を除く)なくなったら「枯れた」ということになるのでしょうf^_^;

花沢類くんでも笹竹政村でもいいから(爆)、恋し続けましょうね(笑
17. Posted by 笹竹 政村   2007年03月05日 17:34
>じゅんさん

そうですよねえ! 言ってもらいたいですよねー(^-^) 「鉄は熱いうちに打て!」といいます。交際が始まった今こそ、「甘 いだけの女じゃないわよ!」とアピールしておけば、彼もぐっといい意味で緊張し、気遣いある交際が深められるかも知れませんよ(^O^)

いい恋愛を続けて下さいねっ!
18. Posted by 笹竹 政村   2007年03月05日 18:42
>アイコースキーさん

お久しぶりです。コメントと高評価ありがとうございます!

アイコースキーさんは私よりも遥かに家庭生活者の先輩ですから、さらに突っ込んだ先輩ならではの打開策を日々の暮らしの中で得られたんですね。

言葉が空虚になった時はやはり行動が物を言いますよね。

是非、今後も私を含め皆さんの知恵となるエッセンスをご披露ください(^O^) お待ちしております!
19. Posted by かな   2007年03月05日 20:52
みんなに優しい男ではなく、自分だけに優しい男の出現を待望しているわけです。

笹村さんオンナ心を掴んでまね!!!
そのとおりなんです☆
私だけ特別扱いっていくつになっても
憧れますね(^^;)


20. Posted by 笹竹 政村   2007年03月07日 20:12
>かなさん

お褒めに預かり光栄です(^^)
例えばフーテンの寅さんはみんなに優しいけど結局誰も射止められず、消えちゃいましたね。

それと同じです。

危険なのは「お兄ちゃんみたい!」とか言われて舞い上がることですね。お兄ちゃんになった途端、お兄ちゃんなんですから恋愛対象からは外れるわけです。

男も女に特別扱いして欲しければ、自分も相手を特別扱いするしかないという道理ですね(^∇^)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【結婚できない30代】生活レベルが下がるから結婚しない!? ほんとにそれでいいの?ドアを<当てつけ>で思いっきり閉めないで! ブチ切れた時こそあえて冷静に・・・