【恋愛恐怖症対象講座・1】セルフイメージ向上の第一歩はまず素直な決断あるのみ!人生の基盤づくりの王道は昔も今も<結婚生活>にある!

2007年05月12日

女性との会話で必要なバリエーション・そして話題の”予想ガイ”とは?

こんにちは!
笹竹 政村です。


ここ北海道十勝野は只今、桜の季節。(遅いでしょ?(笑))
明日は妻も私も時間があるので、二人して近場の公園にでも
桜を愛でつつ散策でもしようかな―と思っています。

南は沖縄から北は北海道根室(根室という町が桜前線の終着駅です)まで
実に長いスパンをかけて桜前線は北上し、
みな日本人は等しく大好きな桜を愛でる、桜並木を好きな人と歩ける権利を享受できます。

そう考えると少し心が大らかに広く持てる気がしませんか?
環境によって時期は違えど、いつか春は訪れ、桜は咲く―

例えるならば『只今恋愛真っ最中、二人ラブラブでこの世の春を謳歌してます☆』―
というカップルもいれば
『過去の輝きは今いずこ? この恋も最終局面かもしれない(><)』―
といった厳しい状況の二人もいるかもしれない・・・

或いは

『茫漠たる砂漠を行くようなこの一人旅を終わらせたい! 共に歩むパートナー、君は今何処?』―
という当ブログのメインコンシューマーのあなたもいる。

よく言われることですが
「泣いている人がいれば笑っている人もいる。それでこの世はバランスがとれている」―
といった少し広がりのある考えも時に必要な気がします。

そして「オレ(私)は近いうち、絶対笑う側に入ってやる!」―
とモチベーションをあげることもやはり必要な心の持ちようだとも思います。

今日は「彼女を早くGETしたい!」と願っている男性諸氏に
女性心理を知る上でなかなか示唆に富む「女性側の意見」なども紹介しつつ記事を進めていきます。


「優しさや明るさを持ってフレンドリーに接していれば、きっといつか女はモノにできる!」―
そういう一種ステレオタイプな考え方も、恋愛論的にいまだに根強いものがある気がします。

しかし優しく、

明るく例えば「職務質問」のような会話(親兄弟、学校や仕事の話)ばかりしても
あまり上手くいかないのは目に見えてますね。
男という生き物は女性に較べ論理的な発想で生きてますから
会話も一つ一つ突き詰めて話し、「さて次の話題は・・・」とやりがちなのですが

女性の会話は脱線や飛躍をくりかえしつつ、
また先刻の話題に戻ったりさらに違う方向に進んだりと実にめまぐるしいものがあります。
これもひとえに男性の「論理的」に対し
女性は「感覚的」であることの証左(しょうさ)でしょう。

かって私もこのブログで男性陣に対し
女性との会話の突破口にはまず「いろんな話題をふれ!」と力説したことがありましたね。

自分がテーマにしたい数少ない話題に執着せず、話題をコロコロ変える―
男社会ではバッシングされそうなそんな会話へのスタンスも
相手が女性になるとむしろ極めて好意的に、
帰り際「今日は楽しかった!」と言われるような評価を得られるから不思議です。


要は女性との会話で重要なものは
<変化>や<意外性>、<新しさ>であるということが言えると思います。

このことを裏付ける女性の意見が
リアル恋愛レポサイト「モテ非モテドットコム」の最新記事に載っていましたのでご紹介します。
以下のリンクをご参照ください。

「女心をドキッとさせる”予想ガイ”〜恋に効く! 意外性のある男とは?〜」
人によってキャラの違いもありますし、恋愛へのアプローチの在り方もそれぞれですから
ご覧頂いた記事に書かれていることが絶対的真実というわけではありません。
この<予想ガイ>に反して<予想ナイ・ガイ>というのもあっていいですし、
とことんその<予想ナイ・ガイ>路線で攻める方法も今度、私・笹竹が別稿に記します。

ただ多くの女性の傾向としては、
特に近年はこの<予想ガイ>的なウイットに富む姿を男性に求めるムードが強い気がしますし、
恋愛をより早く成就する近道として頭の中に入れておいても損はないでしょう。

女性読者のみなさまの生の声も私自身、非常に興味があります。
ふるってコメントください。

さてランキングの方は11日深夜時点で31位でした。
今日もお一つ応援何卒、よろしくお願い致しますm(__)m

ワンクリック、プリーズ!

ブログランキング


笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)



kokasita at 00:28│Comments(12)TrackBack(0) 恋愛 | 会話

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ソフィー   2007年05月12日 07:30
なにかと”自然”が好ましい私です^^
結構、相手方が何か考えながら行動されると”不自然にとらわれてしまう傾向があると過去の体験からの発言であります^^
2. Posted by じゅん   2007年05月13日 01:33
なるほど〜
意外性は確かにあると惹かれたりもするね♪
でも、それが自然ならいいけど、不自然にされたらやっぱり引くかも(笑)
難しいとこですね。
3. Posted by kiki   2007年05月13日 10:18
お久しぶりです!!
そぅですね、意外な一面を見ると興味を持ち始めるかも知れません。自分にしか見せない一面があったりなんかに弱いです。逆に誰にでも優しい優しさを持ってる人は一歩引いてしまいます。女性は『じぶんにだけ』と言う特別感が好きな気がします!!清潔感も大事ですよね〜容姿に自信がなくても清潔感のある爽やかな服装も好印象を与えると思います(^^)
4. Posted by 笹竹 政村   2007年05月14日 22:30
>ソフィーさん

確かに自然に振舞うことは大事です。ただ自然すぎて、自分の表現手法に素直すぎてうまくいかない場合もあります。

例えば私は随分かみさんとの交際中に手厳しく指導?!され矯正されました。一つの提言として受け止めて頂ければ・・・(^^;
5. Posted by 笹竹 政村   2007年05月14日 22:32
>じゅんさん

意外性はやはり目を引くものがありましたか(^∇^) ソフィーさん同様、不自然さはNGということですね。うんうん、判ります。要は全体的な底上げが必要じゃないかと思うんです。男も女もね(^^)
6. Posted by 笹竹 政村   2007年05月14日 22:37
>kikiさん

どうも! ブログでは久しぶりだねえ(^∇^) kikiさんのコメントをここを読まれている男性諸氏は要チェックですぞ!
いいこと書いてる!! というか、人口比からも圧倒的不利な男性サイドはkikiさんの提言にじっくり耳を傾ける必要はあると思います。

7. Posted by よっち   2007年05月15日 17:53
経験上、優しすぎるのも善し悪しあると思います。。
その微妙さが難しいのですけどね。
8. Posted by 笹竹 政村   2007年05月16日 01:09
>よっちさん

優しいだけの男なら街にあふれかえっていますもんね。変化や多面性というのも多少必要なEssenceかも…。ただリンク先記事の結びにあるように裏ばっかり突くのも、今回の女性コメントで反映されているように自然さを欠く結果を招きます。

バランスって難しい…。でもバランスがいい男はモテると思います。
9. Posted by とこ   2007年05月17日 16:45
波長かなぁ〜♪
同じシチュエーションで同じことを言われても・・
波長の合わない人だったらマイナスに向いちゃう。。
波長が合うって大事だと思うなぁ〜
10. Posted by まぁ   2007年05月18日 10:54
いろんな話題をふるのっていいと思いますよ〜(*ゝω・)ノ
私は、ですが
ひとつの話題について執着されるのも‥へたしたら飽きちゃうかもしれないです(笑

だから話題は豊富な方がぃぃですね〜そしてたしかに波長★これ大事ですよね 
合う人合わない人って絶対いるもんね
惹かれないのもしゃーないことだ うん
11. Posted by 笹竹 政村   2007年05月21日 12:56
>とこさん

レス遅れすみません(汗
なるほど。波長は大切ですね。
本質的にその人と合うか合わないかという問題は本能みたいなものですからね。

どれだけ話が一応弾んだ・・・っていう体裁でデートを終えても心に隙間風が吹くような時、女性は考え込んじゃうみたいですもんね。
12. Posted by 笹竹 政村   2007年05月21日 13:03
>まぁさん

>合う人合わない人って絶対いるもんね
惹かれないのもしゃーないことだ うん

なんかこの一文、結構恋愛上の真実をポップに表現しているみたいで気に入りました(^∇^) なんかの機会に使わせて頂きます!!

まぁさんもしばらくぶりだねえー(*^^*)まあ、私もしばしブログに手が回らなかった面もありましたけども・・・。

男は女性が退屈しているのに気付かず、自分の話題に粘着してしまう性質が大なり小なりあります。付き合えるようになってからも油断大敵ではありますが、まあ一安心な部分もあります。でも交際前段階は女性にインセンティブがあるこの時代、男性は気をつけるに越したことはないっす! はい。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【恋愛恐怖症対象講座・1】セルフイメージ向上の第一歩はまず素直な決断あるのみ!人生の基盤づくりの王道は昔も今も<結婚生活>にある!