2007年06月02日

紀香―陣内の格差婚から透けて見える晩婚化時代への処方箋

こんにちは!
笹竹 政村です。


おととい5月30日、女優・藤原紀香(35)
お笑い芸人・陣内智則(33)両人の結婚披露宴が神戸で行われましたね。
紀香―陣内

日テレ系が披露宴の生中継を行いましたが、全国的にも、すごい視聴率で
特に両人のホームグラウンドである関西の視聴率は50%に迫ろうかという数字をたたき出し、
近年増加傾向にある収入格差婚(女性の収入が男性のそれを大きく上回ること)の代名詞とすらなった
二人に対する人々の関心の深さが窺えました

紀香魂―ハッピー・スピリット


この「成長のお薬」では
ひろみGOが「カッコよかった!」とか、
キャメロン・ディアスがコメントを寄せて「さすが紀香!」とか
そんな記事にはしませんのでご安心ください(笑)。

日本芸能界において近頃稀に見る慶事を心から祝福するものではありますが、
紀香―陣内カップルが、
わが国の今後もさらに募るであろう厳しい晩婚化状況に投げかけたエッセンスを咀嚼(そしゃく)し、
読者の皆さまに改めて問い掛けるとともに
一部女性識者が断じてきた論調に一喝を加えてみることを企図するものであります。

あらゆるマスコミ媒体が
<紀香―陣内>と藤原紀香を先に表記することが全てを物語っているように
年齢も、収入も、キャリアも、人的パワーも、
今回の結婚の場合女性が上回ります。
故に収入格差婚という言葉が、わが国の直面している格差社会のキーワードとあいまって
<格差婚、格差婚>と二人を揶揄(やゆ)し
陣内のプライドをズタズタに切り裂いたこともあったと私は思います。

私も病気により会社を辞めさせられ、厳しい状態で結婚したので
私も妻も、心ないわけ知り顔の人間から実に様々な誹謗中傷を浴びました。

<あんな金のない男と結婚して彼女は大丈夫なのか?>
<あいつにはあんないい嫁さんもったいなさ過ぎる、彼女が不幸になるだけだ>

思い出して一々書いていたら枚挙に暇がないほど、
男の立場が弱いと、世間ってやつはいろんな罵詈雑言を浴びせてくれるものです。

こういうことから考えていくと
世間というものは<普通結婚とはこうあるべきだ>的なしがらみの特に暗さを伴う部分に
21世紀に突入した現代においてもいまだ呪縛されすぎているのではないでしょうか?

<こうあるべきだ>の部分、言わずもがなですがあえて書きましょう。

<二人とも働いている時点で結婚するなら、普通、男のほうが収入が多いべきだ!>

そして実はこう思い願い祈っている一番多い層は
30代に入ってもいまだ結婚に躊躇する当該独身女性であることが
今のこの大晩婚化時代の具現化を象徴していると思います。

一部結婚問題専門女性識者による興味深いコラムの中でとりあえず
「比較的正確」な部分の要点を以下に引用します。

<独身女性は結婚相手に「尊敬できる人」であることを一番求める。これは「男女同権」などではなく
「仕事でもそれ以外の点でも自分より上の男」が好みなのだ。それに対し男性は決して自分を凌駕(りょうが)しない自分をサポートしてくれる女性がいい。キャリア女にとって”いい”と思える男も、ピカピカに磨いた三高女(高学歴、高収入、高印象)よりも粗磨きくらいの女を選ぶ。よって就職市場で言うところのオーバースペックが結婚市場でも起き、30代後半の独身女性がますます多数派になる。(中略)02年の調査では東京に住む独身女性の4割以上が年収600万円以上の男性を望んでいるのに対し、独身男性(25〜34歳)で年収600万円以上はわずか3.5%しかいなかった。今はキャリア女性たちに「低方婚(格差婚と同義)せよ」という風潮が推奨されているがなかなか根付かない・・・>

根付かない? そうでしょうか?
格差婚はこの数年、じわじわひたひたと特に自我が形成され親からのパラサイトから脱した
年上女と年下男の間で(年齢が関係ない場合もありますが)進行してきたのではないでしょうか?

正確な統計が手元にあるわけではありません。
数字が出たところで顕著な伸びは現時点では見込めないでしょう。
しかし漸増はしているはずです。

芸能界でも紀香―陣内以前にも今年のはじめ、
フジテレビ女子アナのウッチーこと内田恭子アナと吉本興業の一社員との結婚がありました。

婚約時の二人の収入差は二倍以上(もちろん内田アナが上)でした。
内田恭子
この結婚についてライターの粂(くめ)美奈子女史は以下のように分析しています。

<高学歴で自分のキャリアを大事にしている女性は、仕事に支障のない生活ができる男性を選ぶ傾向にあり「収入はさほどなくてもいいから仕事の邪魔をせず、家事もサポートしてくれる男性がいい」ということが多いです>と記しています。

粂女史の分析のとおりみんながみんなそういうスタンスならば、
それはそれで延長線上には空恐ろしい女権国家が誕生しそうですが(^^;

重要なのは藤原紀香にせよフジの女子アナにせよ、前述・某女性識者やいわゆる負け犬のように
いつまでも男のステータスや所持金にこだわりはしなかった・・
それどころか自分が稼ぎ頭であることを認識しつつ、共に生活を営み
男を育て上げる喜びを見出した―という点が実に革命的なほどに素晴らしいわけです。

また問題なのは婚約前に世間に格差婚と名指しされる状態にあっても、
当たり前のことではありますが、その後は人間どうなるか全くわからない―ということです。

こんな時代です。
こんな時代ですよ!

私が知る限りこの国で一番甘い汁を吸っている人種は非合法的な輩を除けば
霞ヶ関の高級官僚である(というよりも霞ヶ関を退官して虎ノ門に天下る特殊法人のボスである)
―ということを疑いませんが
彼らにしたってこの十数年で実に厳しい国民の目が向けられるようになりました。

栄枯盛衰―奢れるもの久しからず。

地に足をつけ誇りを持って
自分の職責にまっとうする男子ならば
高級官僚であろうと彼らを乗せるタクシーの運ちゃんであろうと原則的には皆尊いのです。
そして運ちゃんが仕事の傍ら勉強し起業して一発当て成金になり、
ある官僚が汚職で小菅(拘置所)にぶちこまれることも往々に起きる時代が今!―なのではないでしょうか?

「原則的には尊い」と書きました。
今、あの小泉内閣の拙劣な改革が仇をなし
格差社会の程度は過去経験したことのない様相を呈し
マスコミも人々もはじめてそのことに気付いたかのように
<格差、格差>とうろたえていますが
格差はもともとあります。
もともとあったんです。
こんなことを言うと叱られるかも知れませんが、厳しい現実として
<貴賎>すらも意識する人たちの間では相変わらずあるのです。
状況は高度経済成長期前に似た構造に回帰したに過ぎないのではないでしょうか?

「藤原紀香のように莫大な収入があれば私だってそうしたいわ!」

莫大な収入がなくてもいいんです。
つつましく暮らしていけるくらいの数字しかお相手の男性が出せなくても
それが愛する彼が懸命に働いて生み出した労働対価であるならば
そこからが女の底力の見せ所です


二人で大きな夢を追い求めるもよし、
平凡なありふれた人生に幸せを見出し仲良く子孫と共に暮らしていくもよし、

全ての栄光への地図は”損得勘定抜きで愛しあえる”お相手がいてこそ描けます

とにもかくにも今後、紀香―陣内カップルが投じた大きな一石に
30代以降独身女性の結婚市場における動態がどう推移するか注目が集まります。

みなさんも今回の紀香―陣内カップルの報道に際し
感じたことや気付き、私の記事への意見などコメントお待ちしております。


さて1日23時現在、
J-ランクブログランキングは・・・
59位から23ランク上がって36位になりました。

今日もお一つよろしくねっ!!
ワンクリック、プリーズ!

ブログランキング


笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)

恋愛/結婚 - livedoor Blog 共通テーマ

笹竹 政村の幸せ提案School「成長のお薬」

kokasita at 00:05│Comments(23)TrackBack(0)女性側の問題 | 晩婚化

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ソフィー   2007年06月02日 08:14
芸能人の祝い事に興味なかったのですが、今回は二人とも好いてましたので視聴しました^^

ピアノの弾きながらの熱唱は良かったです♪
2. Posted by おり   2007年06月02日 17:27
「格差はもともとある」。
小生も常々そう思っていますなー。

「差別」と言う言葉も悪い印象でのみ使われてますが、
本来「差」も「別」もあるモノですからなー。
アリは小さク、ゾウは大きいモンですから。

強者が居るってことは必ず弱者が居るものですしなー。

もっと言えば、弱者が居るから、強者は強者であれるわけですし、そのせめぎ合いで、世の中に「良きバランス」なるものが形成されてるんですものなー。

しっかりとした心で「格差」や「差別」を捉えて、
強者も弱者も、それぞれの立場で互いを思いやり尊重することこそ、真っ当な事だと思いますな〜。

だいたい「格差婚」なんて言葉自体、排他的ないやらしさを感じますなー。
3. Posted by じゅん   2007年06月03日 00:00
私も見ちゃいました
エピソードとか見て、最後に素敵だな〜と思っちゃいました☆
私も幸せな結婚がしたいな〜
4. Posted by おり   2007年06月03日 10:24
すみません。
前のコメントに付け足しさしておくんなせーw

「平等とは決して五分五分ではない」と言う事。

ボクは8でキミが2。あるいは、
ボクが2でキミが3。

これでも平等は有り得るでしょー?
と、言いたいんです。

ようは、前にも書かせていただいた「バランス」なんす。
それが取れていることが幸せなんですなー。

せっかく様々な尺度で物事を捉えられる我々「人間」ですから、
物質的な尺度でのみで見ると、「紀香―陣内」も格差婚にしか見えないでしょうな〜
5. Posted by アイコースキー   2007年06月03日 12:37
お久しぶりです。笹竹さん
今回の結婚のTVは観ませんでしたが
こんな視聴率とは思っていませんでした。
嫁がいいます。シアワセはお金がないと
ダメだと。それも女性が仕事で稼ぐかどうかで決まるというのです。
所詮私はサラリーマン良いとこの会社だって年収800位。それでも生活で消えます。後は嫁の稼ぎだと。周りは楽な生活
している人多いのは事実。そしてだいたい高収入の嫁がいるんです。
話しがづれていたら申し分けありません。
6. Posted by とこ♪   2007年06月04日 19:25
損得勘定なしに・・・
その人自身に安らぎを感じられる・・
それが大事なんだと思います\_( ・ิω・ิ)【ここ重要】
7. Posted by とこ♪   2007年06月04日 19:26

文字化けしたぁ〜〜〜>┼○ バタッ☆

すんまちぇん。o゜(p´□`q)゜o 。
8. Posted by ばちょう   2007年06月04日 19:54
時代背景が昔とは違うでしょうけど、どちらにしろ自分の今の状況や環境、それに対する周りの状況が影響されるんだと思う。

多分年収云々に関してもそうなんでしょう。
意図的に自分の周り=世の中の常識にしたがってる奴が騒いでるだけなのかもしれない。

それぞれのコメント見ると、それがわかる感じもしますね。

奇麗事になってしまうけど、だからって何でも金って考えるのはどうかと思う、ホリエモンや村上と同じ。

ある意味、独身時代に貧乏生活を多少なりとも味わっておいたほうが、後々の結婚生活にもたくましいかもしれないですね。

9. Posted by 笹竹 政村   2007年06月06日 05:58
>ALL

毎度のことながらレスが遅くなりスミマセン(汗

今からつけていきます!! こんな私ですがどうぞ今後もコメントびしばし下さいね(^^)
10. Posted by 笹竹 政村   2007年06月06日 06:02
>ソフィーさん

視聴されましたか(^^)
陣内さんは一番苦手なジャンルをあえて選びそれを克服せんとし、そして妻を感動の極みに誘ったあたり素晴らしいと私も思いました。ピアノとか楽器系を日頃からたしなんでいる人がやっても女性からすると感動すると思うのですが、からっきしだめな人がだめななりに精一杯挑戦するというのは紀香さんが言っていたように最高のプレゼントですよね(>∇<)
11. Posted by 笹竹 政村   2007年06月06日 06:16
>おりさん

<差別>の言霊的解釈、私もドグマに侵されていたのかてんで気付いていなかった解釈を加えていただき有難うございます。目からうろこでございます!!

差・別・・・というおりさんが教えてくださった解釈に至れなかった自分はまだまだ勉強不足ということも思い知りましたが、ちょっとほかのせいにすると(笑)、私が育った70〜80年代というのは東西冷戦構造の真っ只中でメディアも教育も今から考えると信じがたいほど自由度が不足した空気にあった気がします。悪い意味での<差別>に対する糾弾を行う側の方がインテリだ!―みたいな総体的に左巻き過ぎる傾向があった気がします。

二本目のコメントもストンと心に落ちました。いや〜、学ばせて頂きます! おりさんは当ブログの<智の翁>(笑)ですな!!
12. Posted by 笹竹 政村   2007年06月06日 06:21
>じゅんさん

打算抜きの愛情カップルという点が、人々の心を和ませるのでしょうかね。何にしてもお二人の前途には光明が待ち受けていることでしょうね。

じゅんさんにも必ず<その日>が訪れるでしょう(^^) 一緒にこのブログなどで「幸せ力」を磨いていきたいですね(*^^*)
13. Posted by 笹竹 政村   2007年06月06日 06:32
>アイコースキーさん、お久しぶりです(^^)

いえいえ、全然話ずれてなんかいないですよ〜。大変示唆に富むコメント有難うございます。

そうなんですよね〜。一般的に考えれば亭主が格段に高収入でなければ、どれだけ奥さんがプラスαできるかという点はありますね〜。今の二極化が強烈に進行している情勢では<豊かな生活>のための共稼ぎ以前の問題として非常に多い層として、最低でも妻に扶養の範囲で働いてもらわなければ厳しい―といった人々が非常に増加していると思います。

夫婦は相互補完関係ですから、助け合いの精神が大事ですよね。ただ世帯主は配偶者が必死で補完してくれている部分に最大限感謝し、それに伴った行動をしなければなりませんし、究極的に「将来はおまえに迷惑をかけないよう俺はもっともっと精進するぞ!」という気構えと言葉が必要だ―と私は強く思います。
14. Posted by 笹竹 政村   2007年06月06日 06:43
>アイコースキーさんへ続きです

>所詮私はサラリーマン良いとこの会社だって年収800位。それでも生活で消えます。後は嫁の稼ぎだと。周りは楽な生活
している人多いのは事実。そしてだいたい高収入の嫁がいるんです。

多くのキャリア女性が言葉は悪いですが、相手の男の経済力を強烈に注視するのはアイコースキーさんの文章の逆の立場で、豊かな生活をできる収入の幹を男がたたき出してくれるか―というポイントに気が行き過ぎているのかもしれませんね。

非常に示唆に富む一定義をご提示いただき誠に有難うございました(^^)
15. Posted by 笹竹 政村   2007年06月06日 06:52
>とこ♪さん

文字化けするんだわ、ライブドアブログは(^^; ごめんね、でもライブドアのせいだからね(笑) (ライブドア使ってる私のせいでもありますが(汗)

金が全てではないですよね。しかし金は幸せになるためには非常に大きなツールです。そこで人々は皆、混乱するんだと思います。金を稼ぐために懸命に戦うことは絶対的に必須事項でそこから逃げることはできません。しかし相手の人柄さえも棚に上げて経済力重視一辺倒になる女性はなにか生きることに対して人任せというかダイナミズムに欠けますな。

一緒にもっともっと幸せになろう!―そういうスタンスが何よりもかけがえのないものだと私は思います。
16. Posted by 笹竹 政村   2007年06月06日 07:05
>ぱちょうさん

いつもありがとうございます(^^)

>意図的に自分の周り=世の中の常識にしたがってる奴が騒いでるだけなのかもしれない。

自分なりの価値観をしっかり持つことが大事でしょうね。そうすれば自我が確立されトレンドに流されすぎない人間になっていくと思います。

結婚できないことを男の経済力のせいにばかりしているきらいのある女性は今一度、自分の生きてきた過程、そして何か自己の心に矛盾や問題がないか再点検する必要があるかもしれません。

とこさんあてに書いたレスと重複しますが男は甘えず、”愛に満ち溢れながら、利潤追求”する、繊細さと豪放さを兼ね備える、そして女が未来を投資したくなるようなオーラをまとえるよう精進していくことが肝要―と思いますね。
17. Posted by メグ   2007年06月06日 10:08
コレ、ウチのコミュで使っていいですか?

熱いっ!!
笹竹さんの情熱を支持します。
18. Posted by まみ   2007年06月08日 00:01
陣内さんが最後まで芸人の自分を捨てなかったのが感動しました。
紀香ちゃんの方が最終的に陣内さんに惚れたんだなぁ〜♪
結婚式前に別れ話になっていたとか、いろんな事が明かされて、ビックリしながら見ていました。
やっぱり、いくら稼いでいるっているのはそんなに重要じゃなくて、一緒にいたいと思うか思わないか・・・ってのが大事なんだと思います♪
19. Posted by 笹竹 政村   2007年06月09日 03:40
>メグさん

レス遅れスミマセン(^^;

どうぞどうぞ!! 是非お使いください(^^)よろしくお願いしますね(^^)
20. Posted by 笹竹 政村   2007年06月09日 03:45
>まみちゃん

同じくレス遅れすみません(^^;

まみちゃんいいこと言うね〜。そうなんだわ。まず損得勘定抜きに惹かれあってから全てが始まるんだよ。きれいごとだと私を非難する人もいるでしょう。でも理想はより高く清らかに持つべきです。否が応でも現実との狭間で”黒み”を帯びてしまうのが人間なのだから・・・。
そして金はやっぱり大事だよ。夫婦二人で貧乏時代を懐かしめるような中高年になれたほうが人生面白いやね(^∇^)
21. Posted by うさこ   2007年07月22日 00:08
ちょっと遅いですが、コメントしてみました。

「紀香と陣内」「紀香がもったいない」などなど言われてましたけど、
あとデヴィ夫人も「陣内にはもったいない。あんな才女が」などと言っていたらしいですが、この結婚である意味大変だったのは、陣内の方だったと思います。
本当にプライドズタボロだったと思います。
本人が選んだ人なのだからいいではないか。大きなお世話だぜ。と私は思ってました。

ちなみに、私は―――

お金はあったに越したことはありません。大きな家に住みたい。旅行がしたい。。。。お金が無ければ、しなくて良いケンカもしてしまうかも知れません。

(つづく)
22. Posted by うさこ   2007年07月22日 00:09
長くてすみません。
つづきです。

お金はあったに越したことはありません。大きな家に住みたい。旅行がしたい。。。。お金が無ければ、しなくて良いケンカもしてしまうかも知れません。

けど。

良い会社に入ってもリストラされるかも知れないし(私自身がリストラ経験者なので、いつ誰に起こるか分からないと思っている)、相手が会社を辞めたいと言い出すかも知れない。事故か何かで身体が不自由になってしまうかも知れない。


人生、何が起こるか分かりません。
それでも。
それでも「この人と一緒になってよかった。」「私が力になってあげよう」
と思える人、と一緒になりたいのです。

多分、私、夢見がちなタイプです。
けど、今はそう思ってます。

23. Posted by 笹竹 政村   2007年08月26日 03:34
>うさこさん、大変長らくこのコメントへのレスが遅れすみません(汗
あまりの自分の至らなさに深くお詫び致します
デヴィはくだらん女だと常々思いますね。芸能界の寄生虫にほかなりません。彼女はじめ多くの心無い人にあざけられうさこさんおっしゃるように彼は相当つらかったと私も思います。
うさこさんのリアリストながら夢見る乙女の心を持ち続けるスタンスに共鳴いたしました(・∀・) やっぱ夢がなくちゃね!!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字