ナンパを笑うなかれ! 軽い出会いの中に本物がいることもある<×2鬼母・秋田子殺し事件>地獄絵図!高校職員狂気のプロポーズ

2007年06月18日

June-Brideの月に、女性が喜ぶ<記念日>について考えてみた

こんにちは!
笹竹 政村です。


久方ぶりの更新です。
六月も半ばを過ぎ、日本全国早くも炎暑の様相を見せ始めていますが・・・。
今年の夏は何か大変な夏になりそうな気がしてます(汗

六月といえばJune−Bride(ジューンブライド)ですよね。

June-Bride


シングル女性の多くはやはり、
将来は出来得るならば六月に式を挙げたいと願うものだろうと拝察致します。

それは女性の思考回路がただ単に男よりミーハーっぽいだとか
横並び的意識が強いとか夢見がちで縁起もよく担ぐとかいうことだけじゃなしに
それだけ<記念日>というものに対する意識や思い入れが男性の比にならないほど
強い
ことを物語っていると思います。

私がここで書くまでもなく、キャラクターにより差異はありますけれども
女性は記念日好きです。

どうしてなのだろう?―と私なりに考えてみました。

これは突き詰めれば<証し>に対する意識の顕れを示す事象ではないだろうか―
そんな気がします。

男性の傾向として交際が始まり、恋愛生活を送る中で
<愛の証し>というものに対してあまり意識することなく、
記念日といっても誕生日や交際開始記念日くらいしか回顧しない部分が強いと思うんですね。
(クリスマスやバレンタイン、ホワイトデーといった国民的行事は除いて)
男性の<愛の証し>はかなり即物的なものがあり、例えば『SEX』であったり
どれだけ彼女との恋愛で楽しい思いをできるか―という部分こそが関心事になる傾向があります。

記念日の数は少なく、しかしやるときは盛大にドカーンとやる。
プレゼントにしても物質的に、或いは金額的に大きいものをセレクトする。

アーティストのライブの仕方に例えるならば
年に二回の東京ドーム2days―という感じでしょうか?

女性は男性以上に人間関係に重きを置く習性があると思います。
これはもう、学校や職場における同性同士の人間関係の複雑さを見ても明らかですよね。

とりもなおさず女性にとって、

男性との交際というのも人間関係の一部であり、
そしてより親密で意義を見出せる交際にしたい! 
自分にとって最も輝いた人間関係でありたい!―
という願いが男性のそれと較べて圧倒的に強いのではないか―と思うのです。

そういったデリケートで繊細な関係性への意識が
それぞれの<時系列的ポイント>からの月日の積み重ねに対して
記念日を半ば無意識的に設け、そこまで続いた=頑張った自分を評価し

今風の言葉で言えば<自分へのご褒美>をしたくもなるし
何よりも相手の男性にその気持ちを享有してもらいたい!
共に喜んでくれて<愛の証し>たる一日を過ごしたい!―
という心の動きが女性には内在しているのではないでしょうか?

交際開始後の両性の意識も根本的に違うと思います。
男性は自分を受け入れてくれた段階で極楽トンボになって安心する傾向が強い反面、
女性の恋愛における闘いはえてして交際以後に始まります。
それだけ女性のほうが交際中に不安を抱えやすいと言えそうです。

よって先のアーティストの例えに倣(なら)うならば
女性の場合は、全国縦断ホールライブツアー―ということが出来るでしょう。

こう考えていくと女性に支持される男性側の愛情表現のスタンスは
大きいものをドカーン!―という力任せのやり方よりも、女性の意識に合わせて
より繊細に・・・

物質的にも、経済的にも小さいものをたくさん、
そして女性の打ち出す記念日には極力、満面の笑みで応じるのが得策ではないでしょうか


ただ男性側が先回りしすぎて、女性受けを狙い
「記念日、記念日」言い過ぎるのもどうかと思います。
妙に女っぽいのも引かれますからね。

あくまで女性側からの意向に応じる―
どんどん言ってくるタイプに対してはそのまま笑顔で積極的に応じればいいし
(あまりに共感できない記念日を乱発する彼女には、優しく諌めてあげましょうね(笑))
あまり自分から言ってこないタイプに対しては、
会話の中で発信されるシグナルを感知し
彼女の思いを引き出してあげればいいと思います。

June-Brideという最高の記念日を多くのカップルが刻んでいる月に
交際期間中、欠かせない記念日というものについてアプローチしてみました。

私もまだまだ勉強不足ですので
記念日に対するいろんな気持ちについて是非、コメントくださいね(^^)
いつも皆さんのコメントには大変学びを得させて頂いております。
誠に有難うございます。


ランキングはですねー・・・
更新不足がたたりちょっとお恥ずかしい水準になってしまいましたので
今日は現時点の順位は書きません(^^;

また応援お願いしますっ!!
ワンクリック、プリーズ!

ブログランキング




CO*STARRING、2007年SPRING SUMMERのコレクション☆テーマの通り、結婚式をイメージしてつくられたシリーズです。女の子はパーティーという言葉にドキドキしちゃいますよね☆いつもよりオシャレをして、堂々と街を歩けるのってなんだか楽しい♪アクセサリーでお洋服もいろんな表情に。いつものスタイルまでもがパーティー仕様に変身です☆パーティーシーンに合わせたコーディネイトをお楽しみください。


笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)

恋愛/結婚 - livedoor Blog 共通テーマ

笹竹 政村の幸せ提案School「成長のお薬」

kokasita at 09:24│Comments(17)TrackBack(0) 恋愛 | 人間関係

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まぁ   2007年06月18日 13:54
うちは明後日が結婚記念日〜☆

毎年、そんなたいそうなことはしませんが‥

記念日って、人それぞれ意識が違うかもしれないですねぇ

私は、相手が忘れてさえいなければそれでいいかな。(^−^)

スイートテンあたりはビッグなことしたいけどねッ♪
2. Posted by いその   2007年06月18日 15:01
僕も意外と記念日は大切にするほうでして、古い記念日とか今だに覚えているんですよ。
パートナーへ、記念日に何かしてあげたときの喜ぶ顔とか、すごい気持ちいいものです。

ジューンドブライドとはいいますが、なんで6月の花嫁って良いんですかね?

3. Posted by いちご   2007年06月18日 16:51
ご無沙汰しております。
記念日か〜 確かに男より気にしてるね、女は!
もしまた結婚するとしたら・・・6月でなくてもいいけど、元旦との記念日だけは避けたいな
と、思う所も 女らしいんでしょうが
4. Posted by まみ   2007年06月18日 19:00
記念日は、誕生日、母の日、父の日、お付き合い記念日・・・クリスマスも気になりますねぇ☆
毎月彼氏さんとのお付き合い記念日は大切にしたいなぁ〜って思っちゃいます。彼氏さんも記念日を大切にしてくれる人なので、覚えてくれてますし嬉しいです♪

たくさん記念日を作っても、自分も忘れてしまいそうなので、これくらいで十分です(笑)
5. Posted by がじゃまろ   2007年06月18日 20:15
誕生日とか、忘れないでくれて、おめでとうの言葉だけでも嬉しいもんですよね。もう、それだけで感謝でございます☆
6. Posted by コータ   2007年06月18日 21:08
こんばんは☆
やっぱり記念日って大事なんですね。。
あまりそぅいぅ経験がないので覚えておきます♪
まだ付き合ってはいませんが、今度二人で映画を観に行くので、それも覚えておくといぃとゆぅ事ですね☆
7. Posted by じゅん   2007年06月18日 23:46
記念日か〜!
誕生日とクリスマスくらいかな、気になったのは!記念日作りすぎて、忘れちゃいそうだから、これで十分です(笑)
8. Posted by 笹竹 政村   2007年06月19日 03:00
>まぁさん

そうなんですか! それはそれはおめでとうございます。お子様方もけっこう大きいからそろそろあと何年かで10周年?! ダイアモンドも定番ですが、どこで渡されるかというのも私としては気になります。
自分の場合は、自己陶酔しやすいタイプなので場所にこだわるかな(笑)旦那さんはどうでしょうかね?

おっしゃるように女性でも人それぞれ、かなり記念日への思い入れの差はあると思いますね。
9. Posted by 笹竹 政村   2007年06月19日 03:09
>いその君

いその君はモテ体質でもあるし、さりげない優しさも具有してますね。彼女は幸せでしょうね。女を幸せな気分にできる男というのはたいしたものだと思います(^^)v

ジューンブライドはですね・・・

6月すなわちJune という月名が、ローマ神話の結婚をつかさどる女神であるジューノ "Juno"からきてるんですね。
女性の権利と婚姻を守護するこの女神の月に結婚すれば、 花嫁は幸せになるだろうと言われています。まあ、日本で定着したのは戦後で、基本的にはヨーロッパ・キリスト教国の伝統です。
10. Posted by 笹竹 政村   2007年06月19日 03:17
>いちごちゃん

あ〜、いちごちゃんが帰ってきたよー(><) ペーソス溢れる面白おかしくも示唆に富むいちごちゃんの本音コメントは当ブログの大きなアクセントになってるんだから、今後もよろしく頼んます(^∇^)

元旦に結婚したくないよな〜、ホント。祝日や国民的行事のある日もなんか癪だし、やっぱりオフィシャルに記念日になっていない自分たちだけの記念日が欲しいですよね! まぁさんへのレスにも書きましたが
女性でも意識の差はキャラによってだいぶ違います。男と較べれば、もう断然女性の方が気にかけますよね。

あまりに男側が無頓着だとそれが破局の引き金になる危険性もあると思わない?
11. Posted by 笹竹 政村   2007年06月19日 03:25
>まみちゃん

素敵な彼氏で素晴らしいですね。まみちゃんの嬉しさがコメントから伝わってきました(^∇^) 毎月の交際記念日・・・うちら夫婦忘れちゃってますね(^^; まあ結婚すると結婚記念日はもとより、結納、さらにさかのぼってプロポーズと記念日が自然発生的にたくさん生まれるので、仕方ないっか(笑)(←自己弁護デス)

よく調べてみなければ判りませんがまみちゃんのスタンスがまあ一般的な水準なのかなって思いました(^^)
12. Posted by 笹竹 政村   2007年06月19日 03:30
>がじゃまろ君

欲がないなあ、がじゃまろ君は!(笑) でも本文でも書きましたが男側が「記念日記念日」言いまくるのはいささか痛いものがありますので、多くを求めない男の姿勢はかえって凛々しいかもしれませんね。

彼女が出来たら、彼女がめちゃめちゃに記念日を乱発しない限り、合わせてあげましょう(^∇^)
13. Posted by 笹竹 政村   2007年06月19日 03:36
>コータさん

おお! 着実に攻めに転じてますね!! 当ブログ主宰者として大変嬉しいです。恋人ができると本当に生きることに張りができますし、将来への展望が拓けてきますよ!! 焦らずじっくり攻略してください(^∇^) 

コータさんにとってその映画に行くであろう日が思い出の一日になることを心から祈念いたします(@^ー^@)
14. Posted by 笹竹 政村   2007年06月19日 03:40
>じゅんさん

なるほど。みなさんの意見を聞いていると本当に参考になります。ちょっとした調査ですよね(笑)

無理にこしらえる記念日よりも自然発生的に生まれる記念日が増えると素敵だと思いますよね(^∇^)
15. Posted by ばちょう   2007年06月21日 20:40
最低限の記念日みたいなものを除いては、余り必要ない感じもしますね。

まぁ自分の場合、今までの彼女がそ〜ゆ〜部分で余り気にしない部分があった女性だったんで、結構自分も気にしない部分はあると思います。
個人的には、クリスマスは記念日としては必要ないかな。

あるなら最低限ですね、最低限。

16. Posted by 笹竹 政村   2007年06月22日 01:55
>ぱちょうさん

なるほど。そう考えていくとぱちょうさんは記念日に小うるさいタイプはNGですね。人によっては非常にそういう日を多く持ちたいタイプの女性も多いと思うんですよ。特に最近はね。
ただそういうものに支配されず、また彼女もそれを必要なしに情緒的安定を保てるタイプの方も無論、おおくいらっしゃると思います。

じっくり自分の人生の歩幅に合わせて、めぐり合えたら良いですね(^^)
17. Posted by ばちょう   2007年06月22日 02:28
記念日に小うるさい人は、何とかこっちのペースに引き込ませるようにしますww

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ナンパを笑うなかれ! 軽い出会いの中に本物がいることもある<×2鬼母・秋田子殺し事件>地獄絵図!高校職員狂気のプロポーズ