2007年06月22日

<×2鬼母・秋田子殺し事件>地獄絵図!高校職員狂気のプロポーズ

こんにちは!
笹竹 政村です。


今日はちょっと久方ぶりにジャーナリスティックにいきます。

みなさんも覚えているでしょうか? というより昨日来の報道で思い出したかもしれませんね。
昨年秋田県で、畠山鈴香事件の直後に発生した<諒介(りょうすけ)ちゃん事件>を。

<秋田園児殺害>母親認める 交際相手の結婚につられ

秋田県大仙市で昨年、進藤諒介ちゃん(当時4歳)が殺害された事件で、
殺人罪に問われた母親の進藤美香被告(31)の初公判が20日、秋田地裁であった。
被告は「間違いありません」と起訴事実を認めた。
検察側は冒頭陳述で、交際相手が暴行発覚を恐れて川に投げ込むよう懇願、
結婚につられた被告が実行したと指摘した。(毎日新聞21日)

要はもうこの断末魔の時代、引きも切らない親の子殺し事件の一つをめぐる刑事裁判が開かれ
また鬼母の凶行がわが国の犯罪史上に爪あとを残したということなのですが・・・

私がこの記事に着目するのは、
二重三重に折り重なった鬼母の自堕落さと身勝手というにはあまりに酷すぎる欲望本位の生き様、
そして交際相手の男だという者と共通するけだもの以下の精神性の低さにあります。

先に引用した記事だけでは、よく見えてこない部分もあるので
今、私の手元にある21日付けの北海道新聞の記事で補完してみましょう。

進藤美香被告は交際相手の畠山博被告(44)の
「言うとおりにすれば結婚できると思った」と動機を述べた。
検察側によると進藤は車内で畠山と性交渉中、
「やめて、やめて」と泣き叫んだ諒介ちゃんにかっとなって始まった暴行がエスカレートし
諒介ちゃんの頭を拳やアルミ缶で殴り、首を絞めるなどして失神させた。
県立高校の非常勤技師だった畠山が、暴行の発覚で正職員になれなくなることを恐れ、
進藤被告に殺害を指示したと指摘した


畠山は「お前のことはおれが面倒見てやる」と結婚をほのめかして承諾させ、
進藤は事故死に見せ掛けようと思い、自宅近くの農業用水路に気を失った諒介ちゃんを放置したとした。

×2の子連れ人格異常女が再婚を焦り、
彼氏のなすがまま幼な児の目前でカーセックスにひたり、
母親の見せたあまりのショッキングな愚行に衝撃で泣き叫んだ我が子を
「私がイクのを邪魔しやがって!!」とばかり暴行を加える。

またこの相手の男もとんだ畜生です。
こんなアフォを非常勤技師とはいえ高等学校の職員にしていた
秋田県の地方公共団体としての資質が疑われるのは当然。
女の連れ子を殺すよう命令した理由が、自分が正職員になるため?!
そして連れ子を殺すことを約束させプロポーズ(爆)、

鬼母は彼氏との新たな旅立ち(?!)を夢見て
実子を用水路に叩き落す―

地獄です。
修羅の如き無間地獄です。


こんな奴らでも出来るのが結婚であり、出産であり
子育て(?!)であるかと思うと
結婚をメインにブログを書いている私はただただ頭を抱え込むばかりです。

今回紹介した事件以外にも周知の通り
親の子殺し、子の親殺しは断末魔ニッポンにおいて
日々のニュースの中でなんら珍しいものではなくなってしまいました。

私たちはこの狂った文明の只中、どうしたら

この巨大な負の連鎖を止められるのでしょうか?

紙幅がないので一気に持論を書きますが
これはもう抜本的に人心の腐敗にストップをかけていく以外になかろうと思われます。

そういう意味では安部首相が強力に推進してきている教育改革は評価に値すると私は考えます。
今回の事件で殺人指令を出した人間は県立高等学校職員という
まさに教育において教える側にある者が犯した大罪です。
いうなれば教育改革を教育改悪と誹謗してやまない
高教組引いては日教組側の人間でしょう?

×2鬼女と<幼な児の目前で>カーセックスに酔い痴れ
自分の人事上妨げになるという低劣な発想で
結婚をダシに子殺しを命ずる―

そんな虫けらのような人材をご同輩として抱えておきながら
人の道を少しだけ教えさせようとするだけで
古い観念を左右させサポタージュする―

それではいけないと私は思うのです。
大きな社会的改革がどうしても必要といわざるを得ません。

私の意見について、また今回の記事について
みなさん、どうぞ闊達に語って頂けると私も大いに勉強になります。
よろしくお願いしますm(__)m

最後に進藤諒介ちゃんのご冥福を衷心よりお祈り申し上げます。
合掌

ランキングはですねー・・・
さっき見たら39位でした。
皆さま有難うございます。

また応援お願いしますね!!
ワンクリック、プリーズ!

ブログランキング


笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)

夫婦関係 - livedoor Blog 共通テーマ

笹竹 政村の幸せ提案School「成長のお薬」

kokasita at 06:15│Comments(12)TrackBack(1)社会病理 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 秋田男児殺害 母親逮捕  [ 王様の耳はロバの耳 ]   2007年06月22日 07:01
交際相手、暴行後「捨ててしまえ」 秋田男児殺害(朝日新聞) - goo ニュース 昨日昼ラジオでニュースを聞いたときは「母親」が殺人容疑で逮捕との事で驚いたついで「秋田・母親・男の影」と重ね「畠山鈴香」の事を思い出した {/kaeru_shock2/} 犯人が他人であれば良いと言う...

この記事へのコメント

1. Posted by ブロガーA   2007年06月22日 09:53
>笹竹政村さま、当方のブログにTBいただきありがとうございました。
わたしが書いた、この事件に関する記事は去年の事件発生時のものですので、この記事をTB返ししても意味がない…なのでコメントを書くことにしました。
さて、この事件は、笹竹さんのおっしゃる通り鬼畜の所業で、あきれを通り越して怒りを覚えますね。こんな鬼母に理不尽に殺された諒介ちゃんが不憫に思います。
しかし後段の、安倍首相の教育改革には異論があります。安倍首相のいう教育改革には、現場を知らない「思い込み」があるような気がします。徳育が必要なのは、自民党をはじめとする政治家ではないかと思います。自民党政治家には、叩けばいくらでも埃が出てきそうな人が大勢います。高教組や日教組にも大いに問題はありますが、安倍首相には「まず隗より始めよ」という言葉を贈りたいと思います。
2. Posted by いその   2007年06月22日 10:26
教育改革法案が可決され、賛否両論が巻き起こってます。
教員免許更新制度など、いいところもありますが「愛国心」を養うなど、ちょっと危なっかしい面もあるかと思います。
ただ、日本の将来を考えると優秀な教員が将来を担う子供たちを作り出すので、これからの改革に期待したいところです。

殺人は鬼畜であり、許されることではありませんが、母親もある意味、畠山の被害者であるかもしれません。
問題は進藤の心の弱さも関係してくると思います。
3. Posted by よっち   2007年06月22日 11:15
最近のこの手の事件は、
間違った愛に溺れた母親の狂った行為
としか思えません。

女友達とこの手の犯行について
論議したことがありますが、
特に女性の方が自分を見失って
男の甘い言葉に墜落し、
自分の子をなんとも思わず
殺めてしまうかも知れないと
言っていました。。。

こんな事件が起こるから、
理不尽な話しだけど赤ちゃんポスト
なんてものが出来るんだなと
悲しくなります。
4. Posted by さくら   2007年06月22日 12:54
悲しい事に、今の日本は家族の絆がどんどん失われている現状ですね。。。
私が子供の頃はこんな恐ろしい事件なんてなかったのに。

ある人とホテル最上階のレストランで少し早い夕食をとっていた時、夕日に照らされた小さなマッチ箱の様な無数のビルや家屋がオレンジ色の光に染まっていきました。
それを見て、私は太陽に手を合わせました。なんとなくそうしたくなったからです。

そんな私を見て、その人は「この世界はとても救いきれない程のひどい現状に落ちいっている」とポツリとおっしゃいました。

見えない力で癒す力を持っているその人はもっと先の何かが見えていたのだと思います。

そういう世の中で、小さいことかもしれないけれど自分で何かできることを探していきたいと思います。
5. Posted by ひつじ   2007年06月22日 18:24
初コメさせていただきます。
この手の事件があった時にいつも感じるのが、なぜ、この人は子供を引き取ったのだろう。という事です。もし、父親に育てられていたら死ななくて済んだかも?もちろん、その父親も最低かもしれないけれど・・・・。
子供を育てる、引き取るという事がどんな事なのか、もっと真剣に考えて欲しいと思います。
6. Posted by まみ   2007年06月22日 20:44
本当に今の日本は、こういう理解に苦しむ事件が多すぎますね。
なんのために子供を産んで育ててきたんだろう。こういうことをするくらいなら、子供作るな!!!と言いたくなります。
7. Posted by がじゃまろ   2007年06月22日 21:11
こういうニュースを聞く度に思うのですが、どこまでが真実なのだろうと疑わざるを得ないです。
 もし、全てが本当の話だとしたら、愕然としちゃうので、僕自身少しでも望みを持ちたいのかもしれません。
8. Posted by おり   2007年06月23日 00:41
被告である進藤美香さんの、これまでの生い立ちを明らかにして、何故そのような人格が形成されてしまったのか、という要因を、
とても難しい事ですが、皆が、自分の事として考える、ということに尽きると思います。

政府やメディアは、我々にその「考える土壌」を作ること。
その責任はあると思います。

ちょっと批判されちゃうかもしれませんが、このような事件を起こした進藤美香さんでも、どこか被害者であるように思えてなりません。

人は産まれた時、けして「鬼畜」はおらん、と思ってます。
何故、鬼畜になっちゃたのか、
させちゃったのか、

新聞やTVニュースの「今日あったこと〜〜」程度の告知では、な〜んにも伝わらんことばかりですな

9. Posted by じゅん   2007年06月24日 00:53
この事件だけじゃなくて、ほんとに怖い事件が多いですよね。
虐待とか・・・
どうしてこういう人のところに、子供が授かったり、結婚できたりするんだろう?
欲しくても出来ない人だっているのに、神様は不公平だなって思っちゃいます。
10. Posted by 笹竹 政村   2007年06月24日 01:07
>ALL

皆さま、重いテーマであったにも関わらず、大変示唆に富むコメントを頂戴し有難うございましたm(__)m

一つ一つのコメントを前に私も書き手の端くれとしてじっくり皆さまの言葉を噛み締め、頻発するこれらむごたらしい現実をどう考えこの社会病理とどう向き合っていくべきか思索してみたいと思います。

故に今回は頂いたコメントに現時点で一件一件レスが出来ないことを何卒、ご容赦くださいませm(__)m

そして一つ一つの皆さまの<どうしたらいいのだろう???>というコメントが無辜なる魂への供養にも繋がっていくように思いました。皆さま、お言葉、誠に有難うございました。
11. Posted by ばちょう   2007年06月24日 01:23
その記事は、自分も気になっていたんですよね〜っ。

まぁ、二人そろってウ○コ野郎ってことで・・・( ゚д゚) 、ペッ。

バカなヤツほど猿みたいにヤリまくる。
結果、今回のように可愛そうな子供が産まれてしまう。

ちとズレた話になってしまいますけど、子供の性に関する認識は、家庭での影響も大きいみたいですね。
12. Posted by レニ   2007年09月14日 10:05
3 現代では子供が殺害されると大騒ぎだが、
昔の方がずっと子供殺しは多かった。
http://kangaeru.s59.xrea.com/G-baby.htm

ようするに子供殺害が著しく減少したため、
そのわずかに起きる子供殺害がマスコミに大々的に報道されてしまうわけだが、
それが皮肉にも「子殺しが急増している。昔の日本はこんなことなかったのに・・・」
とかいう誤認識になってしまっている。

結局、イメージなんてものはマスコミの手の中なんだな。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字