2007年06月28日

<世界一のセックスレス大国ニッポン?!>何が男たちの野性を狂わせたか分析してみた

こんにちは!
笹竹 政村です。


今日は大和男児を侮蔑するようでもあり、
かつ非情で滑稽でもあるニュースがこのほど一部マスコミで報道されたので
それを受け、ブログを展開してみます。

以下の記事をお読みください。

フランス公共ラジオは27日、世界26カ国で行われた性意識に関する世論調査の結果、
性交渉の年間平均回数が最も多いと推定されるのがギリシャで164回、
最下位は日本の48回だったと伝えた。

上位はブラジル、ポーランド、ロシアなどで、インド(同130回)が6位、
中国(122回)は9位、フランスは11位。
自身の性生活に対する満足度では「満足している」と答えた人が67%のナイジェリアが1位。
日本は15%で、これも最下位だった。
米大手調査会社ハリス・インタラクティブが計約2万6000人を対象に調査したという。(共同)

これだけの本文による記事なのですが・・・。

まあ、何と言いましょうか(^^;
最近この種のデータでも日本人のセックスレスぶりが
盛んに指摘されることとなっています。

女性誌を筆頭にした活字媒体をはじめ
時にはテレビでも、またこのネットにおいては
実にセックスレスという言葉は凄まじく氾濫していて
検索キーワードとしても<非常に強い>言葉であるため
様々なセックスレス解消ビジネスも花盛りであります。

ともかく今日のところは
話を夫婦に限定して書き進めていきますが
確かに日本は絶倫国家ギリシャや
恍惚国家ナイジェリアのような

<今夜はとことんSEXを楽しむぜ、BABY!>というようなノリは
歴史的にも他国より希薄といわざるを得ないでしょう。
そのことについて私如きが論説を加えるにはおこがましいので
あえて書き得ませんが、
確かにそうであることは多くの方の肯定を頂ける性質のものではないかと思います。

では日本人はエロくないか???―と問われれば
東南アジアで暴れ回る少女買春ツアーのけだものたちは言語道断としても
発展途上国を中心にしてドエロアニマルニッポンの名を男たちが轟かし、
女は女でアメリカやイタリアで一番簡単に<やらせてくれる>イエローキャブと蔑まれ、

氾濫するポルノグラフイック・ムービー・グッスの量、密度は世界屈指でありましょうし
大都市ならどこにでもある性風俗街の活況ぶりは様々なカテゴリを現出させた上で
二次的産業(例えば風俗専門誌や風俗求人誌など、その他たくさん)を
派生させるほどの裾野を擁しております。

また歪んだジェンダーフリー教育の残滓(ざんし)として
売春行為も一般的にはボトムで中学生から年増まで、さらには多国籍軍も加わり
ローマ帝国の断末魔を思わせるような乱れっぷりです。

これだけ善悪の別は度外視して
エロスに満ちた風潮が支配する国なのに
何故、夫婦の営みとなると世界最低水準なのか―

いろんな原因があると

思いますが
個人的に私が名づけた言い回しを用いれば
日本の男は未曾有の<オナニー文化>に毒されている
そう感じずにはおれません。

要は結婚する前の10代〜20代の一番性欲に満ちた時期に、アダルトビデオを筆頭とした
氾濫するポルノグラフイック・ムービー・グッスを用いて
マスをかきすぎで成長してしまう事例が非常に多いのではないでしょうか?

マスをかきすぎると手癖(てぐせ)が板についてしまいます。
実際のSEXとマスのイク部分の性感帯は微妙に違います。

また夫婦和合してエモーショナルを高めあうSEXには肉欲以外にもココロがありますが
マスはどこまでいってもマスです。自己処理に過ぎない・・・。

酷い例になるとかみさんとSEXするより
エロ動画を見てマスをかいた方が楽しい!―
というパターン・・・実はこれ、30代の既婚男性にかなり多い症例ではないだろうか―
と私は見ています。

反面、近年の女性は過去から較べると実に信じ難いほど
欲望に素直になりましたよね。

10代、遅くても20代に処女を喪失後(あくまで全体的傾向として)
恋愛の中のセレモニーとしてSEXを含める女性が圧倒的多数だと思います。
ある種、「その道の先生」と呼べるような技を持つ男とも交際の中で知り合い、
開発されることによって女性はみるみる上達します。

男の手癖と女の熟練―
ここから全ての齟齬(そご)が始まっているような気が私はするのです。

男は本能として女を征服することに喜びを感じる生き物ですから
なかなか思ったように征服できない!!―となると
本来大好きなはずの女性の肉体への各パーツも
「かみさんのじゃ勃たん! 面白くねぇ!」―となり

語弊があるやもしれませんが新鮮味と満足を求めて
積極的な場合は性風俗へ、消極的な場合はポルノへと
散っていっているのではないでしょうか?
(どっちがいいとか悪いとかいう問題ではありませんので・・・)

こう考えていくと80年代に勃興したアダルトビデオ文化のドグマは
非常に強烈であった、そして今もなお形を変えて
さらにヒートアップし続けている・・・

そんな気がします。

近年の女性の背信行為も限りなく増大したことを
看過(かんか)しているわけではないことを付け加え、私の分析を結びます。

皆さまの見識を以って、この問題の核心に迫ってみませんか?
どうぞコメント欄にお言葉下さいませ。


ランキングはですねー・・・
28日21時現在27位でした。
だいぶもとの位置に戻ってこれました(><)
皆さま有難うございます。

今日はちょっとどぎついネタだったかもしれませんが
また応援お願いしますね!!
ワンクリック、プリーズ!

ブログランキング


笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)

はじめの方に記したセックスレスビジネスの一端を窺えるE-BOOKを紹介します。
とことんお悩みの向きは何か気付きがあるかも知れませんね。
離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法【冊子版】

夫婦関係 - livedoor Blog 共通テーマ

笹竹 政村の幸せ提案School「成長のお薬」


kokasita at 23:51│Comments(12)TrackBack(0)セックス | 結婚生活

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by non   2007年06月29日 09:44
え〜!外国の人ってそんなに頻繁なんだ??
計算すると3日に1回!スゴイ!!
日本人は年とともにお互い干渉しなくなってくるのかなぁ。
なんか女として見られなくなってくるようで寂しい気もしますが・・・

今の彼氏と結婚考えてるけどいずれそうなるのかと思うとちょっと悲しい(´・ω・`)
2. Posted by まぁ   2007年06月30日 08:19
うちは、年に48回以上はしてるなぁ
パパ、歳のわりに性欲旺盛だし(露骨な話っ。笑)
決して新婚当時のよーなラブラブ☆とかとは違いますが(笑

夫婦の営みは、なきゃないで寂しいですよね〜
まわりにそーやって言う主婦多いもん。
難しいなぁ‥
3. Posted by かざまつり   2007年06月30日 08:32
日本ではそういうの多いんですかねぇ。
自分は結婚しているとき。
あ。5年間何もなかったです
こりゃ深刻だな^^;
レスとかそういうレベルの問題じゃないかも。
良い相手見つけるようにがんばらないと。
4. Posted by ori   2007年07月01日 08:19
多様化、と言ってしまえば多様化なんでしょうな〜〜。
しかし人間は「愛」という感情を中核にした生き物で、その最中核にある行為だと思いますがな。

熱く柔らかくそして優しい、あの粘膜の記憶には従順でなければなりませんな。

ぇ?
従順すぎるのもイカンて?

ごもっとも〜〜〜^^;
5. Posted by さくら   2007年07月01日 14:35
2 年齢とか体力とかそういう事じゃなくて、気持ち年齢がとてもお年寄りな感じがしますね。。。日本人って。

セックスのない生活は愛のない生活と同じだと思う。

>とかみさんとSEXするよりエロ動画を見てマスをかいた方が楽しい!!!

せめて奥さんに見てもらってしてほしい。
6. Posted by 笹竹 政村   2007年07月02日 14:28
>nonさん

まず口火を切っていただき有難うございます(^∇^) nonさんのコメントは非常にセックスレスに対する女性ならではの悲哀の気持ちが含まれていますね。

今、彼氏と絶好調と拝察致しますが、女性に対して非常に失礼な男の感覚として長い付き合いの女性の肉体に対する”飽き”というのも見逃せない部分です。
ある意味、敷居を高くしてやれば男は新鮮味を再度燃やし、頑張り始める部分もありますので手綱のひき加減、緩め加減を意識されては如何でしょうか?

将来を見据えて素敵な愛ある暮らしを、油断なくお進めになられてくださいね(*^^*)
7. Posted by 笹竹 政村   2007年07月02日 14:35
>まぁさん

タフガイな旦那様をGETできて本当に幸せですね(>∇<) まぁさんのコメント読んでコンプレックス感じちゃう男女は少なくない筈です。そんな時代です。まぁさんのとこが普通なのにね・・・。

まわりの悩んでいる友達の支えになれる時があったらなってあげてね。みんな苦しんでるんだからね(^^; まぁさんのとこは旦那がお盛ん(笑)なだけでなく、意識してないかも知れないけどまぁさんにも長い付き合いの旦那様をエレクトさせる何かがあるのではないですか?

今度取材にでも行くかな〜(笑)ま、ともかく今後も素敵な夫婦生活を末永く!!
8. Posted by 笹竹 政村   2007年07月02日 14:42
>かざまつりさん

う〜む・・・厳しい夫婦生活でしたねー・・・。ここでお伺いするのは失礼に当たるので書きませんが何かお二人の間にただならぬ溝があったんでしょうね。

次回の結婚はたまっていたエナジーを全て開放して爆裂しませう(^∇^)御健闘を祈念致します。
9. Posted by 笹竹 政村   2007年07月02日 14:49
>おりさん

粘膜の描写、口説くならず下卑ずにバランスの取れたいいセンテンスですね(^∇^)
おりさんは相当ハッスルボーイ(!?)なんでしょうなあ(笑)
おりさんのコメントを読んで再度思ったのですが、やっぱ30代は元気ないかもね(><) 恐らく思春期からAVにはまった世代のような気もしますので・・・。(みんながみんなでは無論ないですけどね)

戦中、戦前の人たちが如何におりさんの言葉を借りれば”従順”だったか―子供の数で一目瞭然ですね!!
10. Posted by 笹竹 政村   2007年07月02日 14:56
>さくらさん

せめてみてもらってして欲しい―という言葉、実に深いものを感じました。そんな妻を冒涜するようなポルノに酔い痴れるなら、いっそのことこそこそやらずに奥さんの前でしたらどうか?! その勇気があるのか―という女性の魂の叫びのようなものを感じました。もっといろんな意味が含有されてるんでしょうね。

行き過ぎた文明ゆえの不自由なのでしょうか? ナイジェリア人の満足度を見てそういう思いも沸きますね・・・。
11. Posted by おばゆ   2007年07月04日 00:15
読んでいて身の詰まる思いです・・・

半年前にできた彼女とやっと結ばれて、幸せなはずなのに・・・イケマセン orz
一人が長く、日々自慰していたのがとても悪く影響しているものと思われます。

正直・・・
>エロ動画を見てマスをかいた方が楽しい!―
これ、ありますわ。

まだ結婚前なのに・・・(滝汗
12. Posted by 笹竹 政村   2007年07月10日 16:12
>おばゆさん

レス遅れすまそm(__)m。そして赤裸々な告白頂きましてブロガー冥利に尽きますです、ハイ!

一気に減らすのは(AV)良くないと思うので・・・何事も急激にことは成らないものだと思いますので、自慰を漸減、上手くいかなくても良いから愛情を込めて性交渉を漸増・・・というパターンにシフトしてみたら如何でしょう?  

或いは「結婚までは控えよう、何故なら君が大事だから!」とあえてプラトニックラブの方向に修正するテもありますよ! 表現方法によると思いますが愛情さえちゃんと伝われ彼女も大目に見てくれる可能性があります。その猶予期間に極端な自慰癖を修正し、医療機関(心因性の場合は心療内科、器質性の場合は泌尿器科)で治してしまいましょう!!

暗く考えず、「ピンチはチャンス!」ととらえて邁進しましょう(^∇^)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字