【中越沖地震】新郎新婦に思いを馳せつつ、原発の脆弱性を嘆く笹竹ブログ、一年四ヶ月目にして幸せ体質者激増!?

2007年07月24日

結婚制度廃止を願う一部30代OLの欺瞞(ぎまん)を撃つ!

こんにちは!
笹竹 政村です。


あるポータルサイトの人気コーナーで
一女性ライターが「結婚制度を廃止してしまえ!」と題し記事を書いています。
それを今、改めて読んでいたのですが
失笑を禁じえない内容でしたので今日はその記事に対し
私・笹竹が「結婚制度・もちろん擁護派」との立場で反駁(はんぱく)を試みます。

該当記事の要約を以下に記します。

外資系IT企業勤務の朝子(30)と大手メーカー勤務の涼子(32)は「そもそも紙切れ一枚にすぎない結婚制度なんかはじめからなければ親をやきもきさせずに済む。結婚願望など自分にはない」と語る。二人ともルックスもよくお洒落。彼氏もちゃんといる。結婚という社会的契約を結ぶことに彼女らは否定的。なぜなら結婚制度は女性に負担がかかるようにできているから―。さらに結婚すれば相手の両親、会社の厳しい監視の目が怖い。「男性だって経済的に社会的に大変じゃない?」との一女性ライターの問いに「経済的に相手に頼るつもりはないし、責任もそれぞれの自己責任でいいのだから男性にとっても悪い話ではない。同じ男を一生愛し続けられるかもわからない。いっそのこと一夫多妻制にしてしまえば?! その方が男性のみならず女性も優秀なDNAを追い求められ続けられる」
そしてお笑いなのが一女性ライターの〆の私感。
<「結婚していようといなかろうと何が悪い!ゴチャゴチャ言うなら無くしちゃえ!」と笑い飛ばす前向きなエネルギーと、ユーモアのある発想力。これだけのパワーを持った彼女達のこと。いずれ結婚するかしないかは別にしても、「これから益々輝きそうだ。」と思うのは独女仲間のひいき目が強すぎるだろうか?>(原文ママ)

強すぎますね、ひいき目。
土台、結婚制度を無くしちゃえ!―などという暴論を吐く女が前向きだとは
私は全然思いませんし、発想はユーモアではなくニヒルなだけ、
パワーは正のパワーではなく負のパワーです。

一つ一つ暴論を潰していきます。
この手合いの女は

<結婚は所詮紙切れ一枚>と必死に結婚を矮小化(わいしょうか)しようとしますが
人の子の世の中、現象化する重要事項には、すべからく紙切れ一枚が付いて回ります。
誕生の際は出生届を親が出す。幼稚園―小学校―中学校―高校と卒業のたびに卒業証書を頂きます。
免許を取って免許証、車を買ったら車検証、就職の際には雇用契約書、人事異動は人事発令、晴れて結婚で婚姻届、(その後失敗した人はもちろん離婚届)、子供が生まれて出生届、引越しのたびに住民票異動、年金もらうには年金手帳、あの世に行くときゃ死亡届を親族が・・・。枚挙に暇がありません。

この女性たちはことさら結婚を私が上記に記した事柄と分離して考えたいようですが、
そんなもん分離する必要ありません。
男がいて女がいて惹かれあい、共に生活したい―と願うようになるのは至極当然な自然の流れです。

そもそも結婚制度なんてなければ親がやきもきせずにすむとは何事ぞ!

君たちの親たちは結婚して、君たちを産み育て、家庭(結婚制度)という枠組みの中
今君たちが在る安定した職種に就けるだけのバックボーンに行かせるため
懸命に学資を投入したのではないですか? 君たちの親も結婚していない親、
(語弊はありますが)君たちは私生児の方が良かったかね?
もっと自分の立脚地点を見つめなければいけない、生まれてきたことに誠実に感謝していればそんな発言は出ないはずだ!―そう私は思います。

所謂(いわゆる)独身貴族の道を本当に邁進したいなら、
親のことなど気にかける必要はないし、引き合いに出す必要もない!
もう子供じゃないんだから、親なんか無視してガンガン好きなようにやればいい。
お決まりのコースが嫌だ―というなら、唯我独尊自分の人生を歩むのに、
何をためらっているの?

ルックスよい、お洒落・・・に関してはこのライターの
<今、こういうデキル女が増えている>(決してブサイクな負け犬じゃない)―
という点を強調したい意図が見えすぎている感じを強く受けます。
以前当ブログの記事にも書いたとおり適齢期男性が大幅に余っている時代ですから、
彼氏がいたって何も不思議はない。

結婚制度が女性に負担??? 記事を読む限り、
家事を多めに任されたくないとの意識の現われのようですが
なんとも甚だしい権利意識の肥大化ぶりですね。

男には子供は産めないんですよ、逆立ちしたってね。
母乳も出ません。

家事と育児、昔が酷かったと言われれば痛いですが
それでも近年、随分男もやるようになりましたよ。
相変わらずDV的行為を犯す病んだ男もいますが、
随分と女性に対し、真摯(しんし)に優しい男が増えてきたのではないでしょうか

そして極めつけは一夫多妻制容認発言。

これは自分たちの立場を正当化するためのしっちゃかめっちゃかな発言です。
根本的に一夫多妻制の意味を全然解かっていない。

今なお一夫多妻制が容認傾向のイスラム文化圏の国々は
君たちが言うような野獣のハーレムの如き意図で成立させた制度ではないんですよ?

イスラム社会で一夫多妻制が制度として確立してきたのは、歴史的背景として大昔から戦争状態が恒常的で、男性に戦死者が非常に多かったため、男が足りず結婚できない女性が大変多かったからです。彼らの思想の真骨頂であるコーラン(イスラム教典)は女性の結婚する権利を特に重視していたものでしたから・・・。確かに原則的には男性は4人まで嫁をとれますが、それぞれの妻のあいだにあらゆる面で差異を設けることは決して許されないし、夫は妻を保護し扶助を与えるという厳然たる義務を負い、これらの条件が満たせなければ一夫一妻が奨励されます。現実問題、二人以上の妻をもつ男性の経済的負担は非常に大きく相当の地位と経済力がなければ困難です。歴史的にイスラム社会においても二人以上の妻をもつのは大商人といったほんの一握りの層における話。最近ではイスラム原理主義者を除けばほとんどが一夫一妻なんですよ?

日本においては明治維新で武家を中心にした一夫多妻制は完全に崩壊、唯一側室を置いたのは天皇家です。その天皇家も昭和天皇を境に側室を置いていません。悠仁さまがお生まれになる前、皇太子殿下に「側室待望」の声も一部で聞かれましたが、殿下はそのような雅子さまを悲しませるようなことはしませんでした。

読者の皆さまにおかれましては今回冒頭で大活躍(?!)して頂いた
『自分が結婚できないからといって、世の中の普遍的幸せを破壊してしまおうとするような発言を平易にしてしまう女たち、それを面白がって囃し立てる一女性ライターの仕事ぶり』がどう見えたでしょうか?

ご意見、ご感想お寄せください。


ランキングは24日午前現在49位!
一層精進いたします。
今回も応援お願いしますね!!
ワンクリック、プリーズ!

ブログランキング


笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)


幸せ提案「成長のお薬」

三十路までに結婚するぞ! - livedoor Blog 共通テーマ

kokasita at 06:43│Comments(25)TrackBack(1) 女性側の問題 | 女性の意見

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「結婚制度廃止を願う一部30代OLの欺瞞(ぎまん)を撃つ!」に対する反論  [ 快楽生活 【えっちの知識】 ??明日役に立つ、えっちのうんちくを?? 80へぇ ]   2007年09月08日 18:22
【独女通信】ある30代独女の本音 ”結婚制度を廃止してしまえ!”という記事に対して、笹竹さんというライターが批判している記事を読んだ。これだ。 結婚制度廃止を願う一部30代OLの欺瞞(ぎまん)を撃つ! もう少し勉強しましょう、と言いたい。「結婚制度を無くし...

この記事へのコメント

1. Posted by マ・サキ   2007年07月24日 17:35
病んでいると思います。「お金があるから貧困を生む。世界中を現物交換に戻せばいい」と提唱した哲学者みたいなもので、ひねくれた倫理観を正当化するための意見としか…。(苦笑)
自由主義も自己責任主義も、こんな思想を生むまで暴走してしまったら…。

一人の男と一人の女が一生添い遂げられるか。
複雑な世の中でこのシンプルな定説に命かけてチャレンジするから、世の中には恋の楽しみも切なさもトキメキも存在するわけで、それでも現実的にどうしても折り合いがつかなくなったときのために離婚という『紙切れ』もちゃんとある。
それが嫌なら『結婚廃止帝国』でも作ってそこで自由に共同生活してみたらどうでしょう。笑
ただしその帝国には絶対のルールが。『子孫を残すことは許されない。』
家庭に入り込んで7年間不幸な子供たちと一緒に泣いてきたぼくはそう思います。…(^-^;)
2. Posted by うさこ   2007年07月24日 19:56
ええと、、、

わたくし、就職活動をしておりまして、今日は職務経歴書を作成しなければならず、、、
後日ゆっくりとコメントさせていただきたいと思います。

ちなみに、
今ごろになって、ですが
「紀香と陣内」の回にコメントさせていただきました。
3. Posted by じゅん   2007年07月24日 23:50
なんと答えて良いやら(^^;)
結婚制度を無くしちゃえ!とは思いつかなかったなー(^^;)
結婚出来ない人の発言!?そういわれるとちょっと何も言えない私でした(−−;)
4. Posted by まぁ   2007年07月25日 11:40
結婚制度かぁ‥
もし無くしちゃうとなると、日本はどんなん???!!!
さっぱり想像もつかないんですけど〜(^^;

なんか私 頭が悪いのかなんなのか、コメントするのすごく難しいんですけど‥

彼女達、本気で言っているのでしょうか???

まぁたしかに 夫婦が一生変わらずに愛し合っていくってのは 大変というか
色々あるかもしれないけど‥ うーん

私にはわからーん!!(><)

5. Posted by まみ   2007年07月25日 19:32
結婚するしないは自由だけど、まみは結婚は絶対したいですね〜。。

なんだかやけくそな発言にしか聞こえませんね〜(;д;)
6. Posted by コータ   2007年07月25日 23:24
こんばんは☆
男女互いが相手を想い、家庭を築き、子供を育て、子孫を残す・・・
こんな自然な事を否定するなんて、、考えられません。。
一生自由でいたいと思うのも分からないでもないですが、
自己中の極みでもありますよね。。
7. Posted by kiki   2007年07月25日 23:27
そのよぅな方々は黙って一人で生きて行ったら良いのではないかと思います(^o^;
何も結婚を否定する必要はないですよね。
それにほとんどの既婚者は結婚して良かったと思っていると思いますし…
何かとても嫌な思いでもされたのかも知れないですね。
8. Posted by さくら   2007年07月26日 13:45
2 利己主義・自己主義でモラルがどんどんなくなって行く様な気がして怖いです。
浮気容認にすればいいじゃんと言っているような軽い発言で、本当の意味で癒されていない・愛されていない(愛していない)女性の発言なのかなぁ〜と思いました。
9. Posted by かざまつり(病み中)   2007年07月26日 20:24
紙切れ一枚ですかぁ。確かに紙1枚で
結婚できますね

あくまで個人的見解ですが。
結婚制度は無くても良いと思います。
たしかにもう子供じゃないんで、好きなようにやる。ただそれだけで。
制度に縛られる必要がないと思いますので。
自分の発言と行動に責任が持てれば。

仮にに婚姻制度廃止、と唄った人たちがいて、その結果(民主主義において)被るすべての事柄を含めて責任が持てるなら。
独身貴族満喫している人は、何も言わずに満喫してますねぇ(笑)
やっぱり行動あるのみ!ナンテ


10. Posted by 笹竹 政村   2007年07月26日 22:12
>みなさんへ

コメント有難うございます!
ちょっと今立て込んでいるので個別レスはつけられませんが、近日つけますのでしばしお待ちをm(__)m

皆さまの高い見識、勉強になります(^∇^)
11. Posted by ばちょう   2007年07月29日 02:13
「結婚していようといなかろうと何が悪い!ゴチャゴチャ言うなら無くしちゃえ!」
↑これのどこがユーモアのある発言なんでしょうな〜っ、アホ発言そのもののような気がしますなっ( ゚д゚) 、ペッ。
上で書いてあるアホ女の朝子と涼子は、自己責任うんぬん言ってるんなら、当然自分の親の老後の世話を、自分でするんでしょうな〜っ。
逆に自分自身の老後の生活も、誰にも頼らないで、自分ひとりでキチンとするんでしょうな〜っ(´_ゝ`)。
しかも「社会的契約を結ぶことに彼女らは否定的」とか言いながら、会社に居座ってるのもおかしいって話ですなっ、あれも会社との社会的契約でしょ。
否定的なら、さっさと会社辞めてニート生活でもしろって話ですなっ。

そう考えると、ある意味ニートよりタチが悪いかも??ww。

まったくあ〜ゆ〜のに限って、紙キレ紙キレうるさい連中だ。



12. Posted by 笹竹 政村   2007年07月29日 03:45
>マ・サキ君

前回の原発に関しての記事に続き、今回も経験に基づく貴重な意見をどうもありがとう(^∇^) マ・サキ君が関わったというつらい思いをした子供たちが今もなお、想念の地獄にのたうっていないことを、何らかの社会的扶助、また環境の変化などにより少しでも安らいだ状況で暮らしていることを切に祈ります。『結婚廃止帝国』・・・まったく現実的ではないですが(笑)非常にナイスアイディアです。自分のわがままだけで、一端の意見をマスコミ相手に喋るならば、それ相応の”痛い目”に遭うことも彼女らは知らなければならないかもしれませんね。
13. Posted by 笹竹 政村   2007年07月29日 03:47
>うさこさん

就職活動中のお忙しい日に当ブログにお立ち寄りいただき誠に有難うございました(^∇^) いい結果を私も念願していますよ(^^)

陣内―紀香記事ですね!! わかりました! 後ほど拝見させていただきます。
14. Posted by 笹竹 政村   2007年07月29日 03:54
>じゅんさん

思いつきませんよね普通は・・・。じゅんさんが正常です! 私もこの人たちを「結婚できない人」のカテゴリに意識的に加えました。恐らく彼女らは「できないんじゃないよ、しないだけ! したくないだけ!!」と叫ばれるやも知れません。しかし自分たちの立場を正当化するために、世の中の大多数が享受している結婚制度を「なくせ!」とのたまう段階で、正真正銘結婚できない人たちであることに気付いた次第です。
15. Posted by 笹竹 政村   2007年07月29日 04:00
>まぁさん

まぁさんには今回の彼女らの主張があまりにも小ざかしく屁理屈をこね回しているため理解できなかったのでしょう・・・。というより立派なお子さんを二人も抱え、旦那さんとも楽しい生活を送っているまぁさんの環境、そして穏やかで深く悩まないまぁさんのような健全なタイプからは、まったくの異物をみるような不愉快さすら伴ったのではないでしょうか・・・。

まぁさんにとって理解不能の輩を題材にした記事に対しても混乱をあるがまま言葉に乗せてくださり誠に有難うございました!
16. Posted by 笹竹 政村   2007年07月29日 04:05
>まみちゃん

そうです! まみちゃんがもしこんな暴論を吐く女性を目前にした時、「結婚するしないは自由だけど、まみは結婚は絶対したいですね〜。なんだかやけくそな発言にしか聞こえませんね〜(;д;)」とそのまま言うに限ります(笑)

こういうことを言い出す人すらいるから今の20代は「今の30代みたいになりたくない!!」の願い、ある意味早婚化が増えているのもまた事実でしょう。
17. Posted by 笹竹 政村   2007年07月29日 04:11
>kikiさん

嫌な思いか〜。引用記事を見る範囲では極めて楽しく独身ライフを満喫しているとのこと。でもこのライターの原稿の行間に、顕在的或いは潜在的なトラウマチックなものもあるのかも知れませんね。
その着眼点は私にはなかった・・・。kikiさん、有難うございます。まあ、人に歴史ありですから、いろんな経験の果てにこういう考えに至ったんだろうなあ・・・と考えてあげるのは優しさがありますね・
18. Posted by 笹竹 政村   2007年07月29日 04:18
>コータさん、レス順が逆になってすみません(汗

今のコータさんであるからこそ(^^)、その思いもひとしおだったのではないでしょうか?!

>一生自由でいたいと思うのも分からないでもないですが、
自己中の極みでもありますよね。。

このセンテンス、問題の本質を簡明な言葉で的確に射抜いてますね。こういう人と議論になったらコータさんの上記コメントを一言ズバリと言い放った方が得策やも知れません。 
19. Posted by 笹竹 政村   2007年07月29日 04:25
>さくらさん

同じ女性でもこうまで(いい意味で)違うさくらさんが逞しく思えますよ(^^)、的確なコメントありがとうございますm(__)m

そうですね。男の数は多く知っているのかも知れませんが、愛の数も少なく質も粗悪でなければ、ここまで本質的に自分に誇りを持てない生き方をしてしまうことはないような気もしてきました。彼女らは無論、浮気は容認するし、自分も浮気する―というスタンスなのでしょう。そこには理性のかけらもありません。可哀想な人たちです(><)
20. Posted by 笹竹 政村   2007年07月29日 04:37
>かざまつりさん

(病み中)とありましたが、どこかお体かお気持ち優れないのでしょうかね??? 或いはこういう結婚への価値観について(病み中)かもしれませんね。

彼女らは堂々と「一人でいきる決心」をしている・・・自己責任を貫こうとしている・・・それはそれで殊勝なこととも思います。自分たちの葛藤は他に拡散させないでもらいたいですよね(笑)
21. Posted by 笹竹 政村   2007年07月29日 04:46
ぱっよううさん

すみません。今眠くて仕方ないので近日ままたレスしますね〜m(__)m
22. Posted by ゆき   2007年07月29日 14:48
笹竹さんこんにちは(*'-')
いつも、見守ってくださってありがとうございます┏o

彼と、婚約しました(*´ェ`*)

私の答えが、この記事の答えになりませんでしょうか。
私は…笹竹さんの意見に全面賛成です。
まだ早いですが、笹竹さん夫妻のように、将来なれるよう頑張ります!
mixi、更新しましたので、また遊びに来てくださいね(*´ェ`*)
23. Posted by 笹竹 政村   2007年07月31日 05:45
>ぱちょうさん

先日は失礼しましたm(__)m。寝ぼけつつも書いた私のレス、面白いので記録として残しておきますね(笑)

ぱちょうさんの着眼点は正しいと感じました。よく「人は一人では生きていけない」というけれど、生きていく上で当然向き合っていかねばならない問題を明確に焙り出し、彼女らのロジック(と、呼べる性質のものかはおいといて・・・)の盲点をおもいっきり突いてますね。さすが社会派ですね、ぱちょうさんは!!

きっと彼女らはまったくそこまで考えていないでしょうね(笑)
24. Posted by 笹竹 政村   2007年07月31日 06:02
>ゆきさん

それはそれはおめでとうございます!! mixi覗いてなくてすみません(^^; 最近あまりの忙しさにてんぱってます(笑) 昨日、当ブログのブレーンから「婚約した人のレスが付いてるよ!」と携帯にメールをもらってましたが、ゆきさんでしたか! もし私のブログで展開してきた記事がゆきさんたちの背中を押すことに多少なりとも役立てたならこれほど男冥利に尽きることはありません。

答えの大きな一翼をゆきさんの現実も担うことになります。ここで糾弾した女性たちが当ブログを見たとき、所詮は自分たちが「結婚できない女たち」であることを知るでしょう。ただ考えが偏った女性はなかなか非を認めませんがね(^^;

ゆきさん! いつまでもお幸せに!!
25. Posted by ゆき   2007年08月03日 09:01
ありがとうございます(*´ェ`*)
私は、笹竹さんと出会えて、
色々なことを勉強させていただいて、
ここまで来る事が出来ました。

悩んだ時には、笹竹さんの、力強く、
的確なアドバイスを頂いたり、
こちらで、心の指針となるようなお話を聞かせていただいたり…。
本当に、感謝しています☆

これからも、すばらしいお話を聞かせてくださいね。
身体には、充分気をつけながら(^-^*)
私も、幸せになります!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【中越沖地震】新郎新婦に思いを馳せつつ、原発の脆弱性を嘆く笹竹ブログ、一年四ヶ月目にして幸せ体質者激増!?