2009年02月04日

冬眠明けのひぐまが「恋愛恐怖症」の二系統について説明する!

皆さんこんにちは!! 

<日本国北海道恋愛山地で去年の年末前に冬眠した
ささたけまさむらくんという雄の肥満体で動きの遅いひぐまが
今ごろになって、ようやく目を醒ましました。
どうもこのひぐまくんは冬眠入りが毎年早く、
明けるのも少し早いという性質を持っているのかも知れません>

気分を新たに冬の青空と輝かしい陽光に包まれ
気持ちよくスパッと切れ味爽やかに
<晩婚化時代から見える社会科学と文化、そして
当事者たちへの一家庭人からの心を込めたエール送り>=「成長のお薬」を再開しましょう。

ところで皆様と私のインターネットを通した出会いのきっかけは何でしたか?

多くのお世話になっているリンク先?
mixi? ネット以外の場での口コミもあるかも知れません。
でもこういうブログに読者を集める一番大事な方策は
やはり検索キーワードということになると思います。

このブログにもいろんなキーワードをきっかけに
様々な立場の方がお見えになっているのが
こちらの管理ツールから一目瞭然よくわかります。

ブログ上の商売敵もいるので(笑)
「笹竹ブログの検索キーワードの上位ランキング!」みたいに公表はできませんが、
今、適齢期該当世代が何に悩んでいるかが手に取るようにわかり
私も本当に勉強させて頂いております。

今日からはいつも検索キーワードの上位に食い込む


「恋愛恐怖症」というキーワードについて
該当される方の針路・方向性を共に見据えていきたいと思います。

視線恐怖症とか対人恐怖症、
不潔恐怖症といった「〜恐怖症」というものがすべて・・・というわけではないでしょうが、
またその程度、症状にもよりますが
日常生活に支障をきたすレベルで苦しまれている方々の多くは
強迫性障害(強迫神経症ともいう)などの精神科系の疾病に罹患している場合が多いと私は見ます。

二年前に書いた記事段階では
私自身がそういった精神疾患における病気の「恋愛恐怖症」
世間一般で恋愛に対し非常に臆病なタイプの人を指す意味での「恋愛恐怖症」
ごっちゃにしてしまっており、そのことに対しての説明がないまま記事を進行させてしまっておりました。

この点に関しては、古い話とはいえ不快な思いをさせてしまった方々に深くお詫び申し上げます。
今後表記は前者を「疾病上の恋愛恐怖症」
後者を単純に「恋愛恐怖症」と立て分け、記事を進めて参ります。

また今日二本目の記事として、二年前の該当記事を改めてアーカイブさせておきます。
是非、お読みくださいね(*^-^*)


人気ブログランキング参加中。どうぞ下のバナーをぽちっとねm(__)m
ranking

笹竹 政村でした。
アーカイブも読んでくださいね。

幸せ提案「成長のお薬」



kokasita at 14:57│Comments(0)TrackBack(0)こころ | 人間関係

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字