2009年02月12日

<恋愛恐怖症対象講座2>異性の気持ちを学びつつ、あがらない体質へ改善しよう

皆さんこんにちは!! 

久々の更新から一週間経ちました。
お約束どおり恋愛恐怖症からの脱出方法を
該当する皆様のために、提示していこうと思います。
「恋愛恐怖症」は大別すると
精神疾患となっているものとそれ以前のものに分かれます。

今回は前回のアーカイブ記事を受ける形で
精神疾患とはまた別の
恋愛に対する臆病感が強くて困っているタイプの恋愛恐怖症の方に向けての処方箋です。

前回記事では、自分自身のポジションは適齢期世代の中でどういう地点にいるのか
を、まず把握し、そして恋愛恐怖の傾向が強いようだ・・・と自分で理解したならば
不当に低く抑え込まれてしまっているセルフイメージの底上げを始めることの
重要性を説きました。

そしてさらに一歩進んで
「俺(私)は別に彼女(彼氏)なんか今、欲しくない!!」
というように強がって、自分の素直な心を
抑圧している可能性があるならばそれを解放してあげること・・・が必要であり、

「俺(私)はひとりぼっちは嫌だ! 彼女(彼氏)が欲しい! 彼女(彼氏)を絶対つくる!!」
そう自分の心に正直に決断することであると説明致しました。

さて


上の私の記述を読んだがために、私が提唱している内容に対し、
肯定的な気持ちと否定的な気持ちが二つに分かれて
相争うような葛藤状態に陥る、陥りそうだ・・・
頭が混乱してくる、気持ちの揺れが強い・・・

もし今あなたがそういう感じになってしまっているならば
今、まだこの問題に決着をつける時期ではないかも知れません。

仕事をするのでも学業にいそしむのでも、自分自身の精神力および体力に
<余力>がなければいっぱいいっぱいになってしまいますよね。
それと同じで、判りやすく例えるならばロールプレイングゲームの主人公が
次のステージに向かうにはまだ体力不足である・・・というならば
体力回復のため主人公を宿屋で休ませて体力を最大限にさせてから、再び旅立ちます。
それと同じで<余力>というやつは本当に大事な力です。

<余力が足りない>と感じた方は無理をせず今回記事のメソッドに取り組むのはやめ、
近日打診する<疾病上の恋愛恐怖症>を参考にされたくお願い致します。


さて本日記事該当の皆様、お待たせ致しました。

「何で俺(私)、異性にこんなおくてになっちゃったんだろ?!」
というような皆さんの声が聞こえます。

しかし実は異性に対する緊張感やおそれというものは大なり小なり、
<皆、自分と同じように誰もが与えられ、そしてそれを皆それぞれどこかの地点で乗り越えてきた、
或いは乗り越えてゆかねばならない事柄だ>
ということを認識する必要があります。
幾度も記事にしてきましたしたように本当に、致命的に、男と女というものは、価値観や行動原理を異にします。
本当に同じ『ヒト』という生き物とは思えないほどです(笑)

『恋愛恐怖症』から脱する重要なポイントを一つ挙げます。
それは
<異性の気持ちを学ぶ訓練を早めに始め、少し時間をかけつつ異性とのコミュニケーションに馴れること>

以下の例などは皆さんも合点がいく内容ではないでしょうか?

今までの私の人間関係で知った事実として
女兄妹に囲まれて育ったヤツは基本的に女心の理解力に長けています。
そう思いませんか?

同じ難しい年頃を、同じ家の中で可愛がられたり、可愛がったり、
大喧嘩したり、また仲直りしながら成長できる異性の兄妹を持つ者は
家庭で異性とのつきあい方を強制的に学ばされることになるので
否が応にも異性とのコミュニケーションレベルは上がります。

その対極に、男兄弟のみに囲まれて育った者は、女子に対し恐怖感や緊張感を抱きやすいように思います。
女姉妹のみの場合はちょっと私にも解かりません。
(女姉妹のみの場合はどうなのか、該当する方コメント欄で教えてください)

女兄妹に囲まれて育った者のように家庭の中で、異性との交流の難しさを学び、早々に乗り越えていく者がいれば
成人し、適齢期に入ってしまうまで絶対的経験値が少なく推移し、今に至る・・・という場合もある。

もし今、あなたがつらくなければ、嫌でなければ、
これから乗り越えてみる機会を創ってみては如何でしょうか?


いきなり告白しろ、とかいろんな出会いの場所に通い始めろ、とか今回はいいません(笑)
まずどんな対象でもいいから(この場合、恋愛対象でない方にして下さい)異性と時間を共有する機会を持ってみることです。
会社なら上司や同僚、取引先、職場でいろんな名目で行われる飲み会、そういう場がなければ
活発な友達に事情を話し一緒に合コンではない普通の飲み会をやってみる、(この場合、異性は最低1名いればOKだが2〜3名がベスト)
会社の人間だと問題があるならば今までの人生で知り合った人達とでもいいし(無論、あなたも連れの友達を見つけてからの話ですよ)
学生時代の対象でもいい。
とことんいないならmixiのマイミクでもいいと思います。

そしてその中で自分の意識している弱点の修正すら図ってみることです。

いつも「うまく話そう」と思って力んで、かえってしどろもどろになっている方は
「とにかくこの場が皆、楽しく過ごせればいい、いっぱい勉強させてもらおう」と
開き直り、いつもよりも人の話をよく聞いて自分の会話の滑舌(かつぜつ)に対する執着心を取る。

人それぞれいろんな問題を抱えていらっしゃるハズですから、ここで私が想像力を逞しくして
いろんな類例を事挙げしても栓のなきことに思えます。
重要なのは、今までコンプレックスや嫉妬心を心の奥底に抱え、異性に怯えていた気持ちを解放し、
お酒で洗い流してしまいましょう。
そして心の根底に「愛」を持ち、集まっている異性の表層ではなく中身を見てあげる。


そうこうしているうちに、あなたは今まで自分の弱点に目が行きすぎ、如何に異性はおろか
同性の友人、そして自分自身の心を見ていなかったか・・・
要は「余力が欠如していたか」が解かる時が来るように思います。


少し観念的な方法かもしれませんが
いろんな人(異性)の人生をダイレクトに見つめる機会を通し、
あなたからいずれ良き便りがくるのを楽しみにしています。



人気ブログランキング参加中。どうぞ下のバナーをぽちっとねm(__)m
ranking

笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね。

幸せ提案「成長のお薬」

全米で人気のカウンセラー、ソニア・ショウケットのスピリチュアルメッセージ。
心が沈殿した時、効き目を現してくれるでしょう・・・。
ほんとうの自分になれる120の習慣
ほんとうの自分になれる120の習慣
クチコミを見る


kokasita at 01:47│Comments(2)TrackBack(0)こころ | 人間関係

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まみ   2009年02月14日 00:30
こんばんは(*´∀`*)ノシ

確かに異性と付き合う(話をする)のは大事だと思います!!
友達の姉弟の弟さんは、姉2人と育ったせいか異性の言うより、普通に女友達といるような感覚でおしゃべりが出来たりしますw
まずはそういう人と接して慣れていくのもイイかと思いますw
2. Posted by 笹竹 政村   2009年02月18日 01:41
>いらっしゃいませ、まみちゃん(*^-^*) 

なんか懐かしいね(笑)そうそう、その姉弟のような慣れといい意味での軽さがいいんですよね!
まみちゃんがおっしゃるように、その男子の行動形態や表情を近くで学ぶといいと思うし、てらいがなければそういう慣れた人とは是非、仲良くして損はないです。

まあ、この段階ではあまり考えすぎずにね

コメントする

名前
URL
 
  絵文字