2009年02月28日

まだ遠い春の北国から〜男と女のこれから在るべき恋愛や婚活

皆さんこんにちは!! 

今月4日は立春でした。暦の上では春です。
そして今日で二月も最終日。
本格的に日本列島は春に向けて季節が走り始めることでしょう。
「二月は逃げる」と申しますが
本当に早いですよね、二月は!

今月は14日(土)に毎年恒例のバレンタインデーもありました。
皆様の成果はどうでしたか?!

今年は森永製菓がチョコレート類の需要増を目指して
「男性からも好きな女性には贈る」逆チョコがちょっとした話題でした。

何か商業的広告や電通あたりが仕掛けるムーブメントに
そのまま乗ってしまうのは腹ただしい・・・という男性もいるかもしれませんね。
またそう言われても照れはありますわな、男から渡すというのは・・・。

ですが例えば30代、さらには35、そしてアラフォーともなっていくと
どれだけ強がっていても自分の隣に彼女がいない・・・という事態は
本当に寂しい

ものがあるのではないか?と私には思えるのです。

自分の場合、
「もし俺の隣に今、妻がいなければどうなっていたんだろう、俺は・・・」
と心が痛み出してきます。それだけ私自身が孤独に弱く
依存心も強いということも言えるでしょう。

人間、<欲しいものが与えられない>ということほど
ストレスを感じることはないかもしれません。
ストレスは心身を侵蝕します。
生活の活力や健康が減退しないためにも恋はしないよりした方がいい。

私はいっそのこと、どんなイベントでも利用してしまった方が得だ!と思いますね。
イベントの良さは『好きなコに接近し、話しかけるチャンスの日程、恋が始まるタイミングが
ムーブメントで決められているため、彼女に向かう最初の一歩の努力を略することが出来る』

という実に素晴らしい特典があることです。

・・・というわけなので、男性陣はイベントも交えつつ、女性に接近する方法論を増やしてみることも
検討してみてください。

ご参考までに(・◇・)ゞ以下のようなものも晩婚化時代の兵法書と言えましょう。
『ツキを呼ぶ出会い!無限∞出会い術!』



現在、100年に一度の経済危機、それに付随する大幅なリストラが人々を苦悩に追い込んでいます。
私の好きな女性シンガー・aikoさんがよく口にする言葉、
「ピンチはチャンス!」の想念で恋愛や婚活をあきらめてしまわずに、それらの行動をエネルギーに転換して
生活の糧を得る職場での自分自身を、ますます輝かしいものにしていくことが重要です。

女性陣におかれましては男性の経済力ばかりを強く着目する時代は終わった今、
高給取りということだけではなく、男性が多少収入が低くとも
そこでアシストしたり、苦楽を共にし得る大きな母性を育てていきましょう。


次回の記事は<恋愛恐怖症講座3〜の「精神病理」面>を見ていこうと思います。
どうぞご期待ください。

人気ブログランキング参加中。どうぞ下のバナーをぽちっとねm(__)m
ranking

笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね。

幸せ提案「成長のお薬」



kokasita at 03:58│Comments(2)TrackBack(0)男性側の問題 | 女性側の問題

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by じゅん   2009年03月03日 22:05
お久しぶりです
今年のバレンタインは土曜日で、彼もいて、いい一日でした
逆チョコはもらってませんが(笑)
2. Posted by 笹竹 政村   2009年03月10日 18:53
>じゅんさん

最高の思い出に残る記念日がたくさん出来ましたね

おめでとうございます!! 結構、うちのブログ読者が次々に結ばれていきますっ!!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字