2009年05月26日

「男と女のドライブデート」助手席篇

こんにちは!
笹竹 政村です。

以前予告していた「男と女のドライブデート」
当ブログでも今日と次回に分け、書き進めていきます。

恋人になるかも知れない二人が出会い、
何度かのデートを経てたどり着く大きな関門に
「ドライブデート」があるケースが多いみたいですね。

ドライブデートの最大の魅力・・・、
語り尽くされていることかも知れませんが
クルマは動く密室であり
二人の距離はかなり近い。

そのシチュエーションで澄み切った青空の下、すいている道の上から
田園風景を楽しめば、
日ごろの都市生活で疲れた視神経への癒しになるだけでなく
二人のココロもまたどんどん高揚していくものです。

多くの男性は基本的にクルマ好きな傾向が強く
余程、クルマがポンコツか何かで、
当人も道具として完全に割り切っていない限り、
自分のクルマに少なからず愛情を持つ傾向が女性より強い気がします。
【お買い得車市場対象車両】注文ボタン決済でポイント大還元!【ホンダディーラー3店舗運営】ホンダ シビック ハイブリッド
【お買い得車市場対象車両】注文ボタン決済でポイント大還元!【ホンダディーラー3店舗運営】ホンダ シビック ハイブリッド


女性の多くがアパレルを中心に
ウインドウショッピングするのが好きであるのと同様、
男性の多くもオートバックスやジェームスなどの自動車用品店
基本的に好きで、私などもよくお邪魔して楽しんでいます。

さて
二人の関係をより密接にするはずの
ドライブですが・・・


しかしかえって修羅場と化す危険性が
転がっているのもまた事実。


女性の一部にありがちなタイプとして
<ドライブデート>そのものを楽しみにしているのではなく
ちょっと乱暴な書き方をしますが、
男性に助手席をエスコートされ<ドライブ>したという婚活上の実績が欲しい―
或いは助手席への憧れが一人歩きしている―


もし、そういうテンションならば
デート日まで気の持ち様を修正しておく必要がありますね

修正ポイントなどご自分の助手席スキルを理解するのに最適なHPを見つけましたので
どうぞ一読お願い致します。

『紳士淑女の婚活くらぶ 07号 結婚できる人、結婚できない人 <ドライブデートの心得は?>』 


如何でしたか?
男をムッとさせるのにはUちゃんのようにやれば絶対です。
二度とお呼びはかからないでしょう。

さらに私・笹竹が助手席のNGを二つほど付け加えます。

田舎を走れば野生動物が前方から飛び出し、
道路をちょこまか横断する
ことは山岳地帯の多い日本では日常的に当たり前のことです。
だからいつも心のどこかに「キツネがくるか、鹿がくるか?!」と
心の奥底で警戒して運転しているのですが・・・。
しかし私の経験上、野生動物出現の際、女性は激しく反応し大声や奇声を発しパニクるケースが多い。
ハンドルを握っている私の腕をつかむ人もいる。
はっきり言ってそういった女性の反応の方がはるかに男を動揺させ、
運転に支障をきたさせる結果
になります。
男は女性の突然の叫び声に本当に弱いですよ。

あとカーステやナビの操作など上手にやってくれるのはとても有難いですが
無闇に助手席側の純正スイッチ等を触らないこと。
これは意地悪で言っているのではなく、
輸入車と国産車の一部でもよくあるトラブルに
「窓落ち」と言って窓ガラスを支えている部品が壊れ
窓が落っこちてなくなってしまうということが頻繁に起きる車種が散見されるからです。
修理に結構な金額がかかりますので、まず彼に許可を取って楽勝なことがわかってから
使わせてもらいましょう。


彼に対してポイントを稼ぐ方法には、
例えば「あ、なんか加速も滑らかでとても乗り心地がいい感じがする!」
というような、クルマに対し思ったことや良い印象を多少大袈裟でもいいから言い、
クルマを褒めてあげる
と男性の多くはすごく喜ぶと思います。非常に単純ですよね(笑)
時々、褒め殺し作戦をやって、「クルマについて語らせる」ということを繰り返せば
彼自身、かなり気持ちよくなり、相当貴女に惹かれ始める可能性が高いように思います。


次回は運転席篇をやります。
どうぞお楽しみに。

人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくださいm(__)m
ranking

笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね。

kokasita at 15:58│Comments(7)TrackBack(0)女性側の問題 | デート

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まみ   2009年05月26日 20:27
5 突然の叫び声・・・ww

まみも経験ありです
確かに焦らせちゃいますよね〜!!!ww
気をつけなければ・・・


ダーの運転について、「安心して乗っていられる」って言った事はあります
やっぱりチョット嬉しそうでしたよ



運転席編も楽しみにしています
2. Posted by ちゃけん   2009年05月28日 11:43
5
あ〜、、、確かに助手席でいきなり叫ばれたりするとドキッとしちゃいます
同乗者を事故に巻き込んじゃいけないって緊張と、デートしてるって緊張があるのでしょうか?

ドライブデートするならお互いに楽しみたいですよね。
Sちゃんのような方なら、何度でもドライブデートに誘いたいって気持ちになります。
ま、私の場合まず相手を探s…(超核爆)orz

運転席篇楽しみに待っています。
3. Posted by とおる   2009年05月30日 01:01
ん〜凄い分かりますね〜〜〜。

運転って思いっきり性格でますもんね・・・好かれもするし、嫌われもする空間。。。

運転中に気の利く女性だと本当に惹かれちゃいますよね。
4. Posted by 笹竹 政村   2009年05月31日 05:37
>皆様、毎度の亀レス、スミマセン
今日は北海道、あいにくの今にも泣き出しそうな曇り空。昨日までがよすぎでしたからね。皆様の街はいかがでしょうか? それではレスに移ります!!
5. Posted by 笹竹 政村   2009年05月31日 05:48
>まみちゃん

いい褒め方だと思います。実はダーのような運転こそが一番の王道だったりするんですよ!
他の極めて酷い危険運転者に首をすくめ、怖そうなため息をついて「あー、ダーの隣でよかった!!」なんて小芝居も有効かもよ

絶叫は怖いですが、男の絶叫は気色悪くてもっと怖いかも(笑) 女子の激しいリアクションにもさほど動じない強さを男なら獲得していかねばね、難しいですが・・・。
6. Posted by 笹竹 政村   2009年05月31日 05:57
>ちゃけんさん

ご無沙汰しています。クルマの話題にのってきてくれる・・・流石、東北のライコネンですな(笑)!
(←意味不明) ちゃけんさんの分析のように叫んでしまう人も確かにいるでしょうね。まあ、基本、感情の生き物、それが女性ですから。

80年代の東京などはクルマの有無が勝負を分けてました。先輩がソアラ持ってるって言ったら、飲み屋のお姉ちゃんの態度が豹変してました(笑)
時代は変われど、ちゃけんさんの自家用、絶対武器になりますよ!!
7. Posted by 笹竹 政村   2009年05月31日 06:06
>とおるさん

クルマのプロゆえにいろいろ思うところが多かったのかなと文面から拝察しております。

好かれるも嫌われるも自分次第。それは男も女も同じことが言えそうですね。

ドライブデートは人とのコミュニケーションの集大成・・・とも言えそうですから、テクニックも大事ですが、やはり愛や優しさが鍵になりそうですね

コメントする

名前
URL
 
  絵文字