2009年08月30日

過去の恋の「廃墟」を壊し、新しい第一歩を踏み出そう!

みなさん、少しくご無沙汰していました。笹竹 政村です。
今、私は北海道南部のダム湖を目前にしながら、運転席で携帯でのブログ更新を試みています。

ダム湖にも、ロケーションによってなかなかどうして自然湖に負けず劣らずのものがあります。
例えば北海道北部の幌加内町・朱鞠内(しゅまりない)湖など
朱鞠内湖

入江が複雑に入りくみ、湖の中にも複数の小島が散見され
とても哀愁漂う素敵なダム湖で私個人、非常に好きな場所です。

ですが今、目前にしているまったく無名のこのダム湖からは
やはり私はさほどの魅力を感じることはでき得ずにいます。
ダム

天然の自然ポイントに恵まれない地方自治体などが
自然湖と等しく同じ水辺の風景だとパンフレットやHPでアピールしたとて
地球が悠久の年月を費やして創出した天然の湖の美しさには
冒頭に記した朱鞠内湖ぐらいのレベルをたたき出せなければ
観光的に太刀打ちできるものではないということでしょうか。

参考1・透明度世界一、不動の神秘の湖・摩周湖
摩周湖

参考2・三つの品格ある山岳を従え、近隣の札幌市の喧騒を忘れさせる支笏湖
支笏湖

ただ、ひどく汚染されていない限り、水辺の風景というものは人の心を和らげる作用があるのでしょうし、
男女がデートをする際の、格好の場所になる要素は最低限持ち得るとも思います。

実はこの湖のほとりにも、以前かなり大きなフレンチレストラン

がありました。
今は見事にぶっつぶれ、クルマさえも放置されています。(私のブログは廃墟マニアのブログではないので、写真はアップしません。撮影もしませんが・・・)

廃墟の風景とはあらゆるものに敗北した滅びの風景ということが言えると思います。
調査会社に依頼すれば、何故に敗北したのか、様々な要因が抽出できるでしょう。

より水準の高い恋愛を求め、悩んだり傷ついたり、ドキドキしたり、顔の締まりが崩壊するほどの笑顔が花開いたりしながら、
きっと私たちは間違っても、今のこの恋を廃墟になんかしない、してははならないと自分に誓ってみてください!

それぞれの人生の歴史の中で何度か恋の廃墟をつくってきたとしても、
また蓄えた力でやがては立ち上がろう、
私は皆さんに立ち上がってもらい、みっともなく廃墟を晒しっぱなしにしていないで
過去の恋の廃墟はちゃっちゃと清算、解体させ更地にして
反省すべきは反省し新しい第一歩を踏み出して欲しいと思います!

まず自分を好きになること、次いで損得や打算抜きで素敵だなあ…と思う異性に心寄せてみること、
一番心を寄せれるようになる方法は就寝前の布団の中にあるのは、古今東西変わることなき真実です(笑)

メインもサイドも美味しく、
二人が落ち着けて楽しめてアゲアゲになれる皆さんそれぞれが贔屓にする
水辺のレストランは絶対どこかにあるはずです。

無論、テーブル席なら目の前に、カウンターならすぐ隣りに座る相手も必ずどこかにいるはずですから…。

抱きしめ抱きしめられる夢のようなイマジネーションの時間の集積が
荒れた心を必ず癒しに導きますから・・・。


では私もそろそろこの水辺から立ち去ります。

笹竹 政村でした。
次回も読んで下さいね。


kokasita at 11:23│Comments(1)TrackBack(0)恋愛 | デート

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yuntan   2009年09月09日 21:20
こんばんは♪
コメントありがとうございます。


笹竹政村さんのご提案の
「あたたかな家庭生活を求めるすべての男女に幸せ提案」
素晴らしいですよね。益々ご活躍の事と存じます。
相互リンクの件、私のブログで宜しかったら、
是非よろしくお願いします。

リンク先が分かりにくいのですが
linksのボタンのlinksにありますので
どうぞよろしくお願いします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字