2010年02月07日

2010バレンタイン決戦! 今年も大きな成果を目指しましょう!!

皆さんこんにちは
ご無沙汰してます、笹竹 政村です。
そして明けましておめでとうございますΣ(^∀^;)
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
(↑ぬけしゃあしゃあとよくもまあ・・・と自身であきれつつも
そう言い切ってみます(^◇^;)

さて今年もバレンタインデーが近づいてまいりました。
この数年でチョコレートに代表される贈り物の内容、
バレンタインの形態も随分変容してきていますよね。


従来からの恐らく最も重要なものであろう【本命】




そして義理
数年前から女子の間ではやり始めた
仲の良い女子同士で交換するようになった
友チョコ
昨年あたりからかなりマスコミ媒体で取り上げられるようになった
男子から女子に渡し、逆告白するようになった【逆チョコ】等々・・・。




こういうもののトレンドはいつの時代も若年層の動向が
市場に大きく影響を与える
ように思います。
もちろん私たち、結婚適齢期世代のように
【本命】や【彼氏】にブランドチョコ・プラス・ブランドアイテムを贈る財力は
子供たちにはあまりないでしょう。
しかし我々が幼かった時代も
創意工夫で真心をこめたプレゼントを渡すために頑張ったみたいに

彼女らの気合いの入れ方や向かっている方向性から
いろいろ

学ぶことは可能です。

【参考】
「いまどき女子のバレンタイン事情」
All About 1月22日 (暮らしの歳時記 三浦康子氏)

ソース
http://allabout.co.jp/family/seasonalevent/closeup/CU20100122A/

本命チョコより、友チョコが優勢

友チョコは、いまどき女子の新常識
バレンタインデーといえば、かつては女性が男性にチョコレートを贈って愛の告白をする日でしたが、
やがて、彼氏や夫も含んだ本命チョコ、社交辞令の義理チョコ、自分へのご褒美チョコなどへニーズが拡大。
最近は友達に贈る友チョコや、男性から女性への逆チョコなどが注目されています。

とくに広がりをみせているのが、女友達に贈る友チョコです。
江崎グリコ(株)が調査した「バレンタイン事情2010」によると、10代・20代の女性で最も数が多いのは、女友達への友チョコ!

全体では、昨年チョコをあげた総人数は平均13.7人となっており、そのうちの10.6人が女友達となっています。
世代別にみると、OLは義理チョコがトップですが、大学生は義理チョコと女友達への友チョコが共に首位。
高校生と中学生では女友達への友チョコが断トツのトップとなっています。


【バレンタイン事情2010】 
<江崎グリコ(株)調査。調査対象:2009年のバレンタインデーにチョコをあげ、かつ、2010年のバレンタインデーもチョコをあげる予定の全国の独身女性500名。
内訳:中学生150名、高校生150名、大学生100名、OL(23歳〜29歳) 100名。実施期間:2009年12月4日〜8日>
しかし、そんなにたくさんあげるとなると出費が気になりますね。
[参考・リンク先別表]
金額は、本命と友チョコで大差
10代・20代の女性がバレンタインのチョコにかけた金額は、総額で3524.6円でした。単価でみると、彼氏には1626.2円、女友達には387.6円で、
一点豪華な本命チョコとリーズナブルな友チョコという傾向です。


友チョコが最も盛んで数も多い中学生は、女友達1人につき281.5円をかけていますが、これを1カ月のお小遣いに照らし合わせてみると、
バレンタイン出費のほうが高くなっており、友チョコの重要性がわかります。

また、中高生の間では、バレンタインに一番気持ちを込めた相手の1位が「女友達」で、「彼氏」を大きく上回っています。
なぜ こんなに女友達への友チョコに人気が集まるのでしょう?


あげる・もらうが友チョコルール!?

昨年のバレンタインでは、男性から女デーもチョコをあげる予定の全国の独身女性500名。
内訳:中学生150名、高校生150名、大学生100名、OL(23歳〜29歳) 100名。実施期間:2009年12月4日〜8日>
しかし、そんなにたくさんあげるとなると出費が気になりますね。

[参考・リンク先別表]

安くてたくさん作れる「デコ菓子」

「デコ菓子」はケータイ世代のコミュニケーションツール。作成グッズ付きの商品も人気です
友チョコ人気を支える中高生は、オリジナルのデコレーションが大好き。携帯電話は「デコ電」、
メールは「デコメ」が流行り、ヘアメイクも、小物も、様々な方法でデコレーションしています。


友チョコも同様です。市販のお菓子を自分らしくデコレーションしたものは「デコ菓子」などと呼ばれて大人気。
「デコ菓子」はチョコレートに限らず、クッキー、ドーナツ、カップケーキなどがあります。


たとえば、クッキー1つでも可愛らしくデコれば気持ちを込めた贈り物になるので、
予算の少ない中高生でも、個性的な友チョコをたくさんプレゼントできます。
また、有名店のチョコを好む大人世代とは異なり、中高生はオリジナルのものを好むため、ひと手間かけたデコ菓子は魅力度も高いようです。
さらに、30代以上の大人世代にとっても、目新しいデコ菓子は作るほうも貰うほうも楽しいもの。
センス次第で価値も高まり、気軽にプレゼントできるのでニーズが高まるでしょう。
出来不出来はご愛嬌ですから、友達にあげたくなって、友チョコの裾野が広がるかもしれません。


<中略>

バレンタインデーに女性が男性にチョコで告白をするのは日本生まれの習慣ですが、友チョコの定着により、
いまどき女子のバレンタインは益々ヒートアップしていきそうです。

(引用・ここまで)



お金がない若い世代は、確かに自分たちが同じ年齢層だった頃を思い出せば判るように
時に考えが固定化してしまっているアラサー、アラフォー世代には思いもつかない逆転の発想
バレンタインを楽しむ能力を具有しているように思います。

まあ、友チョコ云々については正直、私も勉強不足であまり判らないんですけども(^◇^;
一つ言えることは長きにわたり固着化していた<女→男への愛の告白・プレゼント日>という
概念を砕き「女子同士でも、もっと楽しもうよ!」といったエナジーで
菓子業界にも地殻変動を与えるようなムーブメントを、当該女子たちは現在進行形で巻き起こしているということが言えるでしょう。

さて、或る意味恋愛→結婚への予行演習をしているとも言える
10代・20代前半がこれほど気合いを入れて
多くの周囲の人々と、例えいささか自己満足的要素が強いかもしれないのはさておき
気合いをいれて頑張っているということであれば、


まさに親・兄弟、親族郎党挙げて
貴女の恋路が充実したものになり、さらには濃密になり、やがては華燭の典にお呼ばれされるのを期待されている人たちは

ここは友チョコもいいですが、無論、近年の女性同士のコミュニケーションとして
とても重要な事象なのはしっかり認識した上で、
ぐっと未来の旦那様になるかも・・・的な相手に強力なアプローチをしておく必要性を
バレンタインデーというイベントから改めて感じて頂きたいと切に願います。





予算が足りない、なんか贈りづらいと逡巡し、結果、しょぼいチョコを渡すよりも
真心込めたそれこそ「デコ菓子」、「手作り」は男性側に
貴女に対する”多少の気”があればちょっとの失敗作であれ
間違いなく相手は喜んでくれるものです。

反面、あまり相手の気持ちがつかめきれていない場合、
しかし貴女の相手への愛情がそれなりにある場合は
それ相応のブランド菓子を渡すことが肝要です。




そしてメール文化に浸りきり過ぎている今の自分の精神性から脱却し
何年ぶりかでもいいから、
そっとインパクトのある言葉を手書きで書いた
可愛らしいカードを添える
ことをお忘れなく!

14日(日)までまだ日にちがまずまず残っているので
今年、各所で話題になっている<バレンタイン・日曜日問題>について
同じコミュニティにいる相手に対しどう攻略していくべきか
私も考えを凝らし、このブログで提示できれば・・・と考えています。

どうぞその際は宜しくお願いいたします。





笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね!!


幸せ提案

kokasita at 09:49│Comments(4)TrackBack(0)女性側の問題 | 人間関係

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まみ   2010年02月07日 12:29
5 バレンタインデーですね(*´∀`*)

今年は初の旦那様へのチョコレートですが、どうやら手作りできなさそうです
それにプラスするプレゼントも買いに行けない状態です
今年はチョット我慢してもらいますw


付き合って1番最初にあげたチョコレートは、手作りのトリュフを作って、とても喜んで貰えた記憶があります。
やっぱり手作りがイイんでしょうかね〜

友達にチョコレート渡した事ありますw
男の子より、なんだかウケ狙いのような面白いチョコレートをあげたり貰ったり…
結構楽しかったです
2. Posted by 笹竹 政村   2010年02月08日 00:32
>まみちゃん!!

こうしてまた自分の大切なブログで言葉を交わせることが何よりうれしく、そして今もあの頃とかわりなく真っ先に温かく楽しいコメントを掲載してくれるまみちゃんに対し、感謝があふれます。どうもありがとう!!
今はチョコよりも一つの生命という何よりの一大プレゼントを彼に、彼の一族に、そしてお二人の愛の証としてお産みになるのですから胸をお張りになってくださいね そうねー、やっぱり手作りは明らかに既製品よりは心がこもっているからうれしいものだよ ただしあまりの失敗作はNGかな?! 友チョコは何かすごい盛り上がるみたいだね。来年あたり妄想ちゃんとかとやると面白いカモ・・・
3. Posted by ばちょう   2010年02月24日 03:26
なるほど、友チョコを利用して男性にチョコを・・・・ってことですね〜さすが!!^^

ただこの「三浦康子」って女が何を言いたかったのかは、俺にはわからなかったけどwww
4. Posted by 笹竹 政村   2010年02月27日 11:35
>ばちょうさん

バレンタインがこれほどまでに全国的恒例行事になった現在、日ごろ付き合いがあって世話になっていたり、これから恋愛に発展する可能性がちょっとでもあるのであれば、きっかけとして渡しておく方が無難な感じもしますよね

三浦康子さんは確かにあまり筆力がない気もしますが、考え方は比較的常識人で女尊男卑社会の構築のために頑張っている輩ではないような気がします。はっきりしたことはわかりませんけども・・・(^◇^;

コメントする

名前
URL
 
  絵文字