2010年03月15日

ホワイトデーの翌朝、男たちはこの行事の意義を鑑みる

おはようございます!
笹竹 政村です。

今年はバレンタインが日曜ならホワイトデーも日曜で
この機会に告白したり、最初の第一段階を意中の相手に対し
意識付けさせてもらおうとする戦略が、
どうしても一般論的に考えると平日バレンタイン、
平日ホワイトと較べると弱いものがあったかも知れませんね。

それは皆が皆、<職場恋愛>、<カルチャースクール恋愛>、
お酒の場などの<社交場恋愛>をしている比率が高い、
だから顔を合わせる大義名分がなくなる・・・などという
ステレオタイプな意味だけではなく

クリスマスも、春先のこれら一連の行事も平日の方が
仕事場で皆が競い合うように、アポが入っている夕方めがけてテンションを上げていく様が
何ともいい意味で皆さん、
欲が表情や雰囲気に出て
臨場感があるように
私もサラリーマン時代感じたものですから・・・。




私は67(昭和42)年生まれで物ごころついた時から
その時点でバレンタインという習慣は世間に根付き始めていましたが
ホワイトデーというのは昭和50年代中盤にかけて
菓子業界はもとより、多くのホワイトデー収益を期待する様々な業種、
それを取り上げる女性誌、男性誌(エロ本はこの場合除く)の
熱心なキャンペーンにより定着していったような意識が私にはあります。


ホワイトデーの明確な由来に関しては

「All About」にわかりやすく解説されていたので
以下に引用致します。



3月14日はホワイトデー。バレンタインデーに贈り物をもらった男性が、その女性に返事やお返しをする日となっていますが、どうしてそんな風習があるのでしょう?


ホワイトデーの由来
ホワイトデーは、日本で生まれた風習です。バレンタインデーに女性から男性へチョコを贈るのも日本独自のことですが(そのいきさつは⇒こちら)、お返しまできっちり決めているのは世界でもめずらしく、
欧米では「クッキーデー」「マシュマロデー」「フラワーデー」などと称し、恋人同士で贈り物をすることはあっても、お返しという意味ではありません。
韓国や台湾などでホワイトデーがみられるのは、日本の影響です。

では、どうして日本ではお返しをするのでしょう?

「キャンディーの日」という案もありましたが、純潔をイメージさせる“ホワイト”が採用され「ホワイトデー」になりました。(全国飴菓子工業協同組合HPより)
日本では贈り物やお祝いに対してお返しをする習慣があり、バレンタインに女性からプレゼントを頂戴し、そのままでは心苦しいと感じる男性が多かったようです。
そこで、お菓子業界がバレンタインのお返しを提唱し、1か月後の3月14日を「ホワイトデー」として定着させていきました。

また、3月14日はバレンチノ司祭に救われた男女(詳しくは⇒【バレンタイン】のいろは)が永遠の愛を誓った日という説もありますが、定かではありません。

●1970年代…世界各国のバレンタインデーにならい、2月14日・バレンタインデーが日本に広がる。
●1977年…石村萬盛堂(福岡)が「マシュマロデー」としてバレンタインのお返しにマシュマロを贈ることを提唱。他のお菓子会社でも宣伝販売の動きが出始める。
●1980年…全国飴菓子工業協同組合が「ホワイトデー(3月14日)はキャンディーの日」として、第1回“愛にこたえるホワイトデー”キャンペーンを実施する。
 
引用ここまで(http://allabout.co.jp/family/seasonalevent/closeup/CU20090216A/) 


由来をたどればあくまでもお返しなんですよねえ・・・。

一部女性というか女性誌とかから聞こえてくる「ホワイトデーは義理チョコであってもバレンタインの3倍返しが妥当!」
というのはちょっと品性に欠ける主張と言えるでしょう。

まあ、とにかく恋に燃える日々を過ごしたいなら
まずは今、自分に与えられている仕事を一生懸命頑張ること、
そして常にスキルアップを期し、心のどこかに
浜田省吾の「MONEY」の主人公のような激しさも持ち合わせると
いい男一丁あがり! だと私は思いますよ( ^∀^)


バレンタインが終わろうと
ホワイトデーが終わろうと
人間の恋愛は365日年中無休です。
さあ、今日からも張り切って参りましょう!!

笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね。


幸せ提案

kokasita at 05:01│Comments(6)TrackBack(0)恋愛 | 男性側の問題

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まみ   2010年03月15日 09:16
笹竹さんは奥様に何かプレゼントしましたか〜!?(*´∀`*)
今回はバレンタインに逆チョコを貰ったので、クッキーを手作りしてみました
お店にたくさんのお菓子が売っていましたが、やっぱり手作りが嬉しそうですw
ゆっくり手作り出来るのも、今のうちかもしれないので…


過去に義理チョコを会社の数名に渡した事はありますが、確かにお返しは自分が渡した物より遥かに高価な物だった気がします(笑)
男性って大変!!ですね(´∀`)
2. Posted by とーる   2010年03月15日 10:07
ホワイトディーか〜今回は縁が無かったっすね・・・仕事でした。。。(汗)

でもこういうイベントってなんか素敵ですよね!

批判的な人もいますけど。。。

おいらは好きです☆
3. Posted by 笹竹 政村   2010年03月16日 05:33
>まみちゃん
大変な時に有り難いコメントありがとうね(^レ^)
そうか、今年も手作りにしたんだね
まみちゃんとこは互いが互い強制でも何でもなく自然な成り行きでその時ベストと思われる贈り物を決めるので素晴らしいと思っています。きっと旦那さんにとっても忘れ難いクッキーになることでしょうね! 僕は今年はインポート物(フランス)のトリュフとチーズケーキを奥様にお渡ししました(´∀`) 予算は全部お菓子に投入という感じです(笑)
そうそう、義理チョコのお返しは最近、賛否両論あるようですね。 男にとっては見栄もあるからねー。男は見栄で生きているようなところもありますからね(^◇^; じゃあ、まみちゃん、がむばってね!!
4. Posted by 笹竹 政村   2010年03月16日 05:39
>とーるさん

とーるさんはクリスマス肯定といい、とても魂が清らかだなって僕は思ってます。

自分が楽しい思いを出来ないと、とかく人間というものは制度全体に対し批判的になり、自分の劣等感の憂さを晴らすことを無意識的にやるものです。まずそういうやつあたり的な発想がないとーるさんは輝いていますよ

来年はバレンタインもホワイトもいいことありそうですね 応援しております。
5. Posted by ばちょう   2010年03月21日 04:31
そっかぁ、先週はホワイトデーでしたね〜っ
すっかり忘れてました

俺は昔から、バレンタインとか全然気になったり意識はしなかったですね
まぁ何でかはしらないですが・・・・・

因みに、彼女いるときでも別にチョコ貰わなかったし、俺も意識はしなかったので、そ〜ゆ〜意味では気は楽だったのかもしれないですね

バレンタインにしろクリスマスにしろ、恋人同士のイベントって、欧米からの文化が輸入されて・・・・ってのが主にですが、日本古来のそ〜ゆ〜恋人同士の文化ってないのかな〜ってふと思いました

俺が知らないだけか、または日本全体でそのような文化を忘れてしまってる、そんな危ない状況にあるのか・・・・・
だとしたら、そのような部分で悲しい気持ちになりますけどね
6. Posted by 笹竹 政村   2010年03月25日 08:40
>ぱちょうさん
超亀レスすみません 全く気付きませんでしたあ諸事に追い回されてて
バレンタインもホワイトも非日常が演出されている要素が強いので、旅の恥はかきすて的な、旅ではないんですが(笑)イケイケになれるのが良いとこかなと私は思います。意外に告白出来ないシャイな人は年齢行っても多いようですよね。日本人はまあともかく欧米に弱すぎる(笑) 日本文化、特亜除くアジア文化由来のものをもっと大切にすべきですよね

コメントする

名前
URL
 
  絵文字