2010年06月12日

「非モテ! 男性受難の時代」を読んで

こんにちは!
笹竹 政村です。

今日は05年に「下流社会」のヒット後も
コンスタントに独自調査のデータを基に
現代社会病理を論ずる消費社会研究家・
三浦 展(みうらあつし・58年生まれ)が
上梓した「非モテ! 男性受難の時代」を読み
気にかかった点を書きだし、それを受けて笹竹も論じてみましょう。
非モテ!―男性受難の時代 (文春新書)/三浦 展

¥809
Amazon.co.jp

三浦氏によると、今ほど適齢期男性にとって
顔が良いか悪いか収入が高いか低いかの二点が
女性に問われる時代はなく
1イケメンで高給取り2イケメンで給与は平均的水準3平均的かブサメンで高給取り(論外)としてブサメンで
薄給 というモテについてのピラミッド構成が出来上がっている
ことを強調、
<アキバ事件のKのような何かを破壊したいという苛立ち>を抱える男性データは
経済状態とても悪し・・・31.3%、モテない・・・20.8パーセント、自分の容姿に自信がない・・・20.2パーセント
など逆境に生きる男性ほど怒りの感情を抱えている
と指摘している。

また大学全入時代になって久しいが
<学校のレベルが低いとモテないし、容姿への自信も低い>というデータでは
1高偏差値でモテるとした男子は17.9%2中程度・モテる10.8%3低偏差値10.2%
逆にモテないとした数字は1が43.3%253.4%3においては76%に上る。

これらの数字を見ていると現代社会のモテに対するトレンドは人間性や中身重視などとは
程遠く、男性も女性同様、端正で美しい顔立ち、ないし自信が滲む顔立ちか否か
一昔前の男性よりも圧倒的に女性側が意識して男性を選ぶようになったということ。
それゆえに男の自信を支える一つの大きなファクターとして高偏差値の大学に在籍ないし卒業するものに脚光が今まで以上に当たり
いわゆるFラン系の大学生には世間も厳しく、また学生も必要以上に卑屈になっている危険性が
あるようだ。

ほかにも正社員と派遣社員とではあらゆる面で派遣社員は悪い数字になっており、正社員と派遣社員では圧倒的な数字の隔たりが発生している。
また親の経済状態まで問われ
一昔前にはさしたる問題にはならなかったような事柄まで適齢期男性は婚活の場で
適齢期女性に自分の個人情報全てを丸のみされかねないスタンスで値踏みされている様子が全編を通して
痛々しいまでに焙り出されている。


男性差別という言葉が最近、大きくクローズアップされています。
今の時代、明らかに差別されている性は男性・・・と言い切っても間違いないと思われます。
「そんなことはないわよ!」といきり立たれる女性は<男性差別>というキーワードで
ぜひともググってください。それらの情報を目の当たりにすれば
多少なりとも理解していただけるのではないか・・・と私は信じます。

ここまで綴ってきた男性の窮地を救う最大の方策は
一重に明るさと元気が強く滲み出る人間性を構築する以外ないように私は思います。
それで食っている(生活している)若手お笑いの連中が女性に受けているように
ノリや明るさ、マメさなどは時に二枚目俳優すら凌駕する力を持ち得ます。

いいお相手に久しく出会えず、自信も持てず悩んでいる貴男へのメッセージ・・・
時代が如何様にうねっても、自分は自分。周囲の環境など知ったことじゃねえ!!
強い信念と思い込みだけでもいいから「俺は最終的には勝つんだ!」といった
根拠がない自信を胸に秘め、女性に選んでもらえるように息を潜めるような
ネガティブな生き方は止めにしませんか?!
自分の周りの女史たちにも<草食系>はあまり受けてないみたいですしね。




笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね!

幸せ提案

kokasita at 21:53│Comments(2)TrackBack(0)晩婚化 | データ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by とーる   2010年06月12日 23:55
お疲れさまです。

いや〜人間は性格っすよね☆

いつもポジティブに笑顔で行けばきっと・・・いや多分・・・いい未来があるはず!
2. Posted by 笹竹 政村   2010年06月13日 20:42
>とーるさん

そうそう、本当におっしゃる通りなんですよね。
今の時代がおかしいんですよ。
「夫婦別姓法案」などはその極みです。
素晴らしいとーるさんの明日をこれからも支援していきたいです

コメントする

名前
URL
 
  絵文字