こころ

2010年06月05日

パートナーとの良い意味での距離感の保ち方について

こんにちは! 笹竹 政村です。
久しく更新を怠っていましたが、皆様お元気でお過ごしのことと
拝察いたします。

今日はまず今、パートナーや配偶者がいる方への
メッセージ
から始め
次に婚活中の皆様にも「相手との良い意味での距離感の保つ姿勢」について
言及してみようと思います。

ではパートナーがいる皆様へ・・・

付き合い始め、交際中、婚約中、結婚生活・・・
どのような状態においても
男と女という情緒的な部分が異星人ほど違う二人にとって(笑)

日常の愛を温めあう日々においても
常にいろんな問題
が発生するのは致し方ないことです。

相手に対する不平不満・不足の感情、
日常のデートで例えば彼女側が

「彼ったらいつも同じ場所で同じ食事ばかり・・・
もっとドキドキすることを考えてよ」
・・・
というようなことで嘆く話はよくあるケース。

私が思うにそう思える貴女の方が間違いなく彼より恋愛偏差値は高いように感じます。(というか、いわずもがなですが、この場合彼の恋愛偏差値が低いわけですが・・・・)

よって彼に対して否定的な感情でいっぱいにならない方が
ちょっと癪かもわかりませんけれども、絶対的に互いをよく知りあうためには得なわけで、
この際、

「よしっ、今度の食事は私に任せてっ!!」
役割を変えるのも効果のある重要な方策だと思います。

鈍くない男なら、そこで
「あ、自分はデートへの思い入れをあまり強く表示していなかったかも・・・
以後、気をつけねば・・・」
と感じ、彼なりに情報収集など努力を開始するでしょう。

私が声を強めて言いたいのは
続きを読む

kokasita at 14:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年05月09日

笹竹推奨<プラス思考の在り方>

こんにちは! 笹竹 政村です。
皆さん、お元気ですか?

いつにもない冷たい春の印象が強い皐月の頃でしたが
ようやくGWごろから少しは本格的な春の風情が出てきて、ウキウキしてきちゃいますよね。
まあ、このブログの発信地は北海道札幌地域なので
そうともいいきれない地域の方にはお詫び申し上げつつ
センテンスを進めさせて頂きます。

人間の心ってやつは天候によってとても大きく作用されます。
恋や異性を思う気持ちも無論、大きく影響を受けるのは当然なわけで
春の日差しを浴びるたび、その日差しに対して、感謝して行動すれば
女性は綺麗に可愛く、
男性もたくましく男前に

より変貌を遂げられるものです。

人間の思考を測る一つのたとえ話に
「コップの話」がありますね。

グラスに三分程度注がれている水の量を見て
「なんだ、これしかないのか・・・」と不足を感じてしまう気持ちに反し
「おっ、ちょこっと水がある、嬉しいねえ!」と思える気持ちでは
その発想の違いによって人生雲泥の差がでてくる可能性すらあります。
なんでもかんでもプラス思考を進める立場を私は取りませんが、
物事を判断する発想法としては
後者のほうがより自由に、フレキシブルに人生を生きる可能性を示唆するものと私は考えます。

これは、夫婦間や恋人間における
マンネリ対策にも雲泥の結論の差を見せる考え方の違いですので
おいおいこのブログでも書いていかねばな・・・と思っています。

笹竹 政村でした。
次回もよろしくお願いいたします。

kokasita at 05:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月10日

こんな女は男にも女にも嫌われる(1)

こんにちは!
笹竹 政村初の病床からのブログ更新です。モバイルで更新するので紙幅がいつもみたいに無尽蔵にあるわけではありません。入院中の更新はズバッズバッと核心をついていきたく思います。

こんな女は男にも女にも嫌われる(1)

意地っ張り、自分から話に折れることを知らない

このタイプの女性はとても『我』が強く、男と口論になったときなども、まず自分から折れようということはしない。

よく世間では男が理性的、女は感情的…などと評することがありますが、一概にそう決めつけるものでもない。

男だって気分、状況によっては感情に押し流されてしまうこともたくさんある。
そういう時を狙ってるのか否かはともかく『そんなふうに気持ちに流されて男らしくないよ!』などと言ったりして、

続きを読む

kokasita at 11:19|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2009年03月13日

<恋愛恐怖症対象講座3>あれ?なんか自分が変だぞ?!『精神病理面』と繋がりのある恐怖症への対応策

皆さんこんにちは!! 
笹竹 政村です。


前々回記事の続きで、今回も
恋愛恐怖症をとりあげるのですが

今回はごくごく簡単に言ってしまえば、心の繊細さ、臆病さゆえに
前に進めない・・・といった
やや観念上の恋愛恐怖症ではなく、

異性への病的な恐怖感によって
苦しまれている方を対象とした篇です。

恋愛恐怖症を語る際、男性恐怖症や女性恐怖症という言葉がよく出てきます。
これらの事柄を私が前2回この特集で取り上げてきた観念上の恋愛恐怖症と混同し、
軽く見誤ってしまったがためにその後、長い年月
精神疾患に罹患し、苦闘しかねない危険性を孕んでいるため注意が必要です。

ある意味、「症」という言葉を使うのならば
こちらの今回扱う精神病理面でのものの方が
相応しく、また慎重にしっかり取り扱わねばなりません。

ウィキから<男性恐怖症>を引いて以下に
引用してみます。

男性恐怖症(だんせいきょうふしょう)とは、恐怖症のひとつ。個人差はあるが、男性に触れられると強い不安感に駆られたり、
男性と話すと続きを読む

kokasita at 14:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月12日

<恋愛恐怖症対象講座2>異性の気持ちを学びつつ、あがらない体質へ改善しよう

皆さんこんにちは!! 

久々の更新から一週間経ちました。
お約束どおり恋愛恐怖症からの脱出方法を
該当する皆様のために、提示していこうと思います。
「恋愛恐怖症」は大別すると
精神疾患となっているものとそれ以前のものに分かれます。

今回は前回のアーカイブ記事を受ける形で
精神疾患とはまた別の
恋愛に対する臆病感が強くて困っているタイプの恋愛恐怖症の方に向けての処方箋です。

前回記事では、自分自身のポジションは適齢期世代の中でどういう地点にいるのか
を、まず把握し、そして恋愛恐怖の傾向が強いようだ・・・と自分で理解したならば
不当に低く抑え込まれてしまっているセルフイメージの底上げを始めることの
重要性を説きました。

そしてさらに一歩進んで
「俺(私)は別に彼女(彼氏)なんか今、欲しくない!!」
というように強がって、自分の素直な心を
抑圧している可能性があるならばそれを解放してあげること・・・が必要であり、

「俺(私)はひとりぼっちは嫌だ! 彼女(彼氏)が欲しい! 彼女(彼氏)を絶対つくる!!」
そう自分の心に正直に決断することであると説明致しました。

さて
続きを読む

kokasita at 01:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年02月04日

【恋愛恐怖症対象講座再開!】<セルフイメージの昂揚>07・5月5日付

こんにちは!
笹竹 政村です。

07・5月5日付記事をアーカイブします。
一本前の記事で書いた通り、
「恋愛恐怖症」は大別すると
精神疾患となっているものとそれ以前のものに分かれます。
以下の記事を書いた段階で、まだ自分自身
そのあたりの整理ができていなかったことをご了承の上、お読み進めくださいませ。


大型連休も今日、子供の日でいよいよ終盤ですね。
私も今年の連休は大いに遊ばせてもらいました。
今日を境にまたライティングに、ブログに精一杯がむばります!

ところであなたは自分のことを「モテる―モテない」で言えばどう評価していますか?
以下の五項目からお選びください。

(1)自他共にモテると評価されるし、いつもいい線いってると思う
(2)まあまあの評価を異性からつけられるし、自分もまずまずの自信を持っている
(3)気に入ってもらえる人には受け入れられるが万人受けするわけではなく普通だと思う
(4)あまり好意を持たれる方ではない。どちらかというとモテない
(5)モテない。自信もないし、上手く行っている人たちをみるといい感じがしない

今日、私が問題にしたいのは(4)・(5)に該当するとお答えになったあなたです。
(4)は恋愛不安症、(5)は恋愛恐怖症といってもいいかもしれません

実像以上に自信たっぷりで高慢ちきな人間も周りから見て痛いものがありますが、
必要以上にセルフイメージを下げてしまっている(4)・(5)
《特に(5)》にチェックをつけたあなたは
まずセルフイメージの底上げから始めないと、
モテない君(さん)の位置から脱け出せなくなる恐れがあります。

何故、モテないか―続きを読む

kokasita at 15:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

冬眠明けのひぐまが「恋愛恐怖症」の二系統について説明する!

皆さんこんにちは!! 

<日本国北海道恋愛山地で去年の年末前に冬眠した
ささたけまさむらくんという雄の肥満体で動きの遅いひぐまが
今ごろになって、ようやく目を醒ましました。
どうもこのひぐまくんは冬眠入りが毎年早く、
明けるのも少し早いという性質を持っているのかも知れません>

気分を新たに冬の青空と輝かしい陽光に包まれ
気持ちよくスパッと切れ味爽やかに
<晩婚化時代から見える社会科学と文化、そして
当事者たちへの一家庭人からの心を込めたエール送り>=「成長のお薬」を再開しましょう。

ところで皆様と私のインターネットを通した出会いのきっかけは何でしたか?

多くのお世話になっているリンク先?
mixi? ネット以外の場での口コミもあるかも知れません。
でもこういうブログに読者を集める一番大事な方策は
やはり検索キーワードということになると思います。

このブログにもいろんなキーワードをきっかけに
様々な立場の方がお見えになっているのが
こちらの管理ツールから一目瞭然よくわかります。

ブログ上の商売敵もいるので(笑)
「笹竹ブログの検索キーワードの上位ランキング!」みたいに公表はできませんが、
今、適齢期該当世代が何に悩んでいるかが手に取るようにわかり
私も本当に勉強させて頂いております。

今日からはいつも検索キーワードの上位に食い込む
続きを読む

kokasita at 14:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月09日

適齢期になって親が急にうるさくなり始める―その隠された動機とは?

こんにちは! 
ひと月ぶりの笹竹 政村でございます(;^_^A

ある30代男性・シングルの父親が
なかなか女っ気が出てこない息子にむかって
ポツリと「お前、女とももっと遊べよ・・・」と言ったそうです。
その言葉に息子は多少なりとも傷つきながらも、
いつも寡黙で柔らかいテーマについて話せるタイプでない父親にこんなことを言わせちゃならん・・・
と真剣に結婚について考えるようになった―
という話をよく聞きます。

男性もまた女性においても異性との繋がり方にいろんなタイプがあります。

恋人ナシの期間がほとんどなく常時、異性と繋がっているタイプもある。

あるいは半年、一年とかそれ以上の期間をおいて
人生のなかで大きなターニングポイントになり得る
”恋のビッグバン”をそれなりに幾度か経験しながら年を重ねている場合もある。

もう随分長いこと独りだなあ・・・という人もいるでしょう。

さらには『ほとんどまともな恋愛経験はないかも・・・』―
という人もいるかも知れない。

ただ、どのタイプに属性があるとしても続きを読む

kokasita at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月26日

<恋人ができる or できない> その決定的な差はどこにある?!

こんにちは! 
五日ぶりの笹竹 政村でございます。

適齢期世代となり、若さだけで突っ走っていた時代から一息つくと
シングルの皆様の多くはより慎重になるし、
恋愛に臆病になったりするのもいた仕方ない面はありますよね。

そこで出てくるのが”恋愛の駆け引き”的な方法論であり
マニュアルだったりするわけですが・・・。
私はマニュアルすべてを否定するつもりはもちろんないし
自分にフィットするマニュアルがあれば
購入して読むのも、ポジティブさの発露であるわけですから
恋愛に後ろ向きになるよりはずっといいことだと思います。

でも素晴らしい異性と出会う前から
駆け引き染みたことばかり考えるのも
如何なものでしょうか・・・。

これは恋愛に限らず、仕事や人間関係、
人と対峙しなければいけないすべての局面においていえることなのですが、
<物事は最初の一歩を踏み出せるか否かで成功するかしないかがはっきりと決する>
という厳然たる事実を踏まえれば

0から1になる、その1を踏み出す期間がまさに産みの苦しみであり
一番葛藤し、傷つきもする。
その段階を超えるにはとても強いエネルギーやパワーを必要とするわけですから
続きを読む

kokasita at 05:50|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

2008年04月11日

羊の赤ちゃんから学ぶ<美しいものを美しいと思える暮らし>の重要性

こんにちは!
笹竹 政村です。


毎回毎回、更新遅延のお詫びを重ねつつの
ブログライティング・・・
なんとも不甲斐なき哉、
数え42の男の大厄のこの一年、
とうとうたった三回のアップデートで
満41(数え42)と相成りました。

とにかくこの一年は低空飛行でもいいので
身を律し、心を修して、無事に来年の元日を迎えたい・・・その一念です。

私の周囲も過去においても、現在においても
この男の大厄という激流の前では
相当、ひどい目に遭うケースを見てきた気がしています。

先日、北海道内でも名医として評判のドクターから
お話を聞かせて頂く機会を得ましたが
「厄とは大元の陰陽道に限定した話ではなく
医学的見地からも影響があるといわざるを得ない性質のものと踏まえている」
とおっしゃっていました。

・・・とまあ、悪いことばかり書きましたけども
最近の歌い手さんでは私も非常に気に入っている
aiko 嬢(33)も盛んに「ピンチはチャンス!」と
気勢を上げていらっしゃる姿などを拝察して
きちっと、攻めるべき、闘うべき局面では、挑んで参りたいと思う次第です。

三日前、読売の社会面(08/4/8)に
北海道は十勝、狩勝峠麓のYORKSHIRE FARM(ヨークシャーファーム)
(観光牧場・宿泊施設
)で
生まれたばかりの子羊ちゃんたちの写真が大きく掲載されていました。
ヨークシャー 読売
続きを読む

kokasita at 04:59|PermalinkComments(10)TrackBack(0)