女性側の問題

2010年07月15日

出会いのチャンスがない?! NO! さだめに立ち向かう者こそ美しい!

過去の恋愛はいい思い出?勉強? ブログネタ:過去の恋愛はいい思い出?勉強? 参加中
本文はここから


皆様、こんにちは!
笹竹 政村です。

前回、七夕を前にした記事中において
<近日中にとあるナンパの達人をこのブログで紹介したい>
と今回企画について簡単に触れておきました。
ややアップまで日にちがかかりまして
申し訳ありませんでした。

では約束通り、ご紹介申し上げます。
奈良県室生(ムロウ)村出身(現宇陀市室生区、奈良県南端に位置する)、
<34歳絶望男>ことムロウさん(34)です。

ムロウさんもブロガーなんですが彼のブログ『34歳絶望男のナンパ孤軍奮闘日記』
<Seasaaブログランキング>で最高位6位
同ブログランキングにおいて
常時ベスト20内に食い込んでいるという人気ブログの持ち主です。
これは、約13500の登録があるブログ内での順位ですよ!
もうまずこの実績だけで、不肖笹竹脱帽です。
彼は僕が一番欠けているもの、コンスタントにブログを更新し
アクセスを集める能力をお持ちのようです。

是非、今後、私もあやかりたいものです。

出会いのチャンスがない・・・と、好機がないことだけのせいにして嘆いて
年齢を重ね、さらに交際や結婚から遠ざかることは違うのではないか・・・

坐してうろたえ、自己を卑下して女っ気がなくなるようでは男として情けなさすぎないか・・・

ネットの恋愛ブログや恋人作りのための情報商材、メルマガを積極的に
消化し33歳の秋にムロウさんはお住まいの近くの奈良市周辺でナンパを開始しました。

本当に初めて声をかけたときのただ事ではない精神状態地蔵(ナンパできずに
ストリートで立ちすくむことをナンパの世界では地蔵というらしい)になってしまって
自分の勇気の足りなさを悔い、これではダメだと抗い、しかしそれでも臆病風が吹き
声がかけられない・・・。


そんな状態を経て、二年超。今では奈良をはじめ近畿全域の都市や地方に至るまで
積極的に楽しくナンパで女性との出会いを楽しまれています。

そのパワーをもってして、最近カップリングパーティーなどでは女性から高く評価されるように
なりつつあるとのこと。


私、ムロウさんのこのブログ記事、全部拝読させて頂きましたが
多少お下品な文章も交えながら、関西圏の男が一人ストリートに立ち
愛を探してさまよう姿に何ともいえぬ感銘を受けました。


まだ本当の意味で一度もナンパは成功してはいない模様。
しかしムロウさんはへこたれることなくこれからも
「出会いがない・・・」などと自己の言い訳を作らないためにも
ストリートに立ち続けることでしょう。

皆様もムロウさんのブログ、一読されることを是非お奨めしますし
<自分は恋に対して勇気が足りない>と思われる向きは是非、ムロウさんのひたむきさに学んで頂きたいと
思うものであります。

ナンパして歩くことがそんなに重要で素晴らしいと言っているわけではなく、
正直に「彼女(彼氏)が欲しい」とあなたが思うならば
部屋にこもって夢見ていても<栄光の時>は訪れないこと、
何かもう少し、あなたは飛んでみる必要があるかも知れないということを
またこの歌に託し、筆を置きます(笑)




出来る男になるために


幸せ提案








【シガーメイト 300粒×2個】タバコが吸いたいあなたに
4,158円



kokasita at 20:33|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2010年02月14日

「バレンタイン」で緊張している貴方へ・フリーライターからのメッセージ

皆さんこんにちは!
笹竹 政村です。

バレンタイン当日の昼間ということで
のそのそと床を抜け出し、ブログ更新開始です。

・・・えーっとですね・・・
ちょっと昨日痛いものを見てしまったんですよ。
一応、考えた上でその当該する人や皆様の糧となれば良いかなと思い
稿を立ち上げます。

昨日のお昼時、私がよくスープカレーを食べに行く札幌近郊の
少し手狭なカレーハウスに高校生か専門学校生かと思わしき二人とも結構気合い入れて
びしっとキメたいでたちの
カップルか?カップル未満か?

が、私の方から一挙一動見えるポジションにご来店、ご着席されました。




近年のご他聞に洩れず、女子側が明朗快活、場慣れしていました。
男子側がもやしっ子(古い表現スマソ)みたいな所謂、典型的草食系。
髪型はウルフでキマッていて、モテ面に類するタイプであるとは思いました。
ただキョドがちょっと酷い。




「ふーん、カレー屋で前日バレンタイン(バレンタインイブ?!)かな、
若いカップルってーのはけなげで可愛くてええのう」などと微笑ましく
感じたりしていました。

私もあんまりジロジロ見てたわけではないんですけど、
こういうブログをやってるせいなのか
時々こうして<神降臨>により近年の男女における諸事情を教えてくださるような
仕組みが発動するので(笑)、こうして皆様とともに考察することができるということはあります。

彼らと同じ空気感の中、理解したのは
「どうもこれは逆チョコ(男から女へ告白して渡すチョコレート)だな」




ということ、彼女の堂々たる振る舞いと<NO・緊張>に比して
彼のキョドが酷く、来店してからほとんど硬化してしまい
話しかけられなくなってしまったことからそのような判断に至りました。

メニューをオーダーしてから、
メニューが卓に出されてから、
食事が終わってから、
二人はまるでお通夜のように無言です。
そして二人ともとてもつらく苦しそうです。

私はこの二人の状態を言葉で軽く説明することができますので
皆さんの今後のデートなどの参考になればと、以下にささっと講釈します。

皆さんは視線恐怖症という言葉を訊続きを読む

kokasita at 14:37|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年02月07日

2010バレンタイン決戦! 今年も大きな成果を目指しましょう!!

皆さんこんにちは
ご無沙汰してます、笹竹 政村です。
そして明けましておめでとうございますΣ(^∀^;)
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
(↑ぬけしゃあしゃあとよくもまあ・・・と自身であきれつつも
そう言い切ってみます(^◇^;)

さて今年もバレンタインデーが近づいてまいりました。
この数年でチョコレートに代表される贈り物の内容、
バレンタインの形態も随分変容してきていますよね。


従来からの恐らく最も重要なものであろう【本命】




そして義理
数年前から女子の間ではやり始めた
仲の良い女子同士で交換するようになった
友チョコ
昨年あたりからかなりマスコミ媒体で取り上げられるようになった
男子から女子に渡し、逆告白するようになった【逆チョコ】等々・・・。




こういうもののトレンドはいつの時代も若年層の動向が
市場に大きく影響を与える
ように思います。
もちろん私たち、結婚適齢期世代のように
【本命】や【彼氏】にブランドチョコ・プラス・ブランドアイテムを贈る財力は
子供たちにはあまりないでしょう。
しかし我々が幼かった時代も
創意工夫で真心をこめたプレゼントを渡すために頑張ったみたいに

彼女らの気合いの入れ方や向かっている方向性から
いろいろ続きを読む

kokasita at 09:49|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年12月06日

年下彼氏の魅力に、現実を見失う或るアラフォー女性の醜態

皆さんこんにちは!
お久しぶりです、笹竹 政村です。

いやあ、もう12月ですね。
この季節になると今年を振り返り
「あの時、もっと強く振る舞うことが出来たのではないか?」
とか
「年頭目標と比較するとまるでだめじゃん・・・」とか
後悔や反省が先に立つ気がしますね。

だから来年はもっとこうあるべきだろう・・・というような
後悔と反省の中、年越す前に
すべてを綺麗に仕上げて、
そしてプライベートでも国民的ビッグイベントが目白押しな月ですから、
それらを存分に楽しんで
全力投球で今年をフィニッシュしたい、そう考える
笹竹 政村です。

年末は時節柄、帳簿を通し
小市民なら誰もが自分の現在の経済力指数を実感させられるもの。

金がすべてではないけれど、やはりお金は常時、ある程度余裕があるべきであり、
その余裕が心にも穏やかさや優しさを与えるものです。

「衣食足りて礼節を知る」とはよく言ったものだよね・・・と先日
女の友人S美さん(36・お子さんと二人暮らし)から或る<女性・トラブルメーカー>の話題を伺い痛感しました。

今日は難しい部分が多いとされる女性同士の人間関係を分析するため
S美さんの許可を頂き、<女性・トラブルメーカー>のハチャメチャな生活をブログにアップして
問題提起させて頂き、皆さんと現代の結婚動態について一緒に考えてみたく思っています。
男性の皆さんにとっても十分、遭遇し得る系統の話であり、総論として
男性の結婚についても触れる
ことになりますので
どうぞ皆さん、お付き合いのほどお願い致します。

<トラブルメーカーA子(35)の抜けられない『だめんずスパイラル』>

数か月前、友人のA子さん(35)からS美さんに
『今月厳しいのでお金を借して欲しいの・・・』と連絡があったそうです。
正直S美さんは
『すごくムカつき、相手の浅はかさに思いを馳せざるを得なかった』と語ります。

借金を申し込んできたA子は×1・子持ち(2人)で
12歳年下の彼氏T朗(23)と現在交際中。
大型連休に本人とT朗、自分の子供たちとで
一泊二日の旅行に行ったそうですが、
その旅行費用は全額A子持ちだったそうです(笑)

基本的にいつもデート費用は
ジュース一本から食事代、ガソリン代に至るまで
全額A子持ち
だということを知っていたS美さん。

T朗の口ぐせは『お金がないお金がない』

T朗は実家に暮らしていて
家には一銭もお金を入れていないという。
去年は一年間で8回(?!)仕事を変わっており、
今年はまだ2回
だからマシな方だとか(汗)・・・。

そのような自己の根本的問題を棚上げし
『A子と結婚したい』といつも強調している。
聞くところによるとA子にはなかなか男らしく逞しい発言を繰り返している模様。
一例を挙げると続きを読む

kokasita at 11:21|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年11月24日

強き女の肖像<松田聖子>覚え書き

皆さん、こんにちは!
笹竹 政村です。

「50年に一度!」のワイン飲みました?
数年前に「100年に一度・・・」とも聞いた記憶があり、
なかなかフランスという国の広報姿勢も
自分で自分の首を絞めるような余裕のないスピーキングをするものですね。
誰かフランス人の精神性に詳しい方、コメント欄でご教示願います(笑)
ブルゴーニュの名門ネゴシアン[ドルーアン社]社長が『数十年来の最高の仕上がりで、私たちは今年のボジョレ・ヌーヴォーの印象をお伝えすることに、大変、興奮しています。』と語る極上の新酒!ジョセフ・ドルーアン・ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2009
ブルゴーニュの名門ネゴシアン[ドルーアン社]社長が『数十年来の最高の仕上がりで、私たちは今年のボジョレ・ヌーヴォーの印象をお伝えすることに、大変、興奮しています。』と語る極上の新酒!ジョセフ・ドルーアン・ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2009
クチコミを見る


さて今日は、現在の30〜40代女性のライフスタイルに多大な影響を与えたと評される
松田聖子について、同じ時代を生き、つぶさに彼女を観察してきた自負をこめて
笹竹 政村的に松田聖子の歩みについて迫ってみたいと思います。
地球音楽ライブラリー  松田聖子 改訂版
地球音楽ライブラリー 松田聖子 改訂版
クチコミを見る


彼女は私より5歳上、ということは現在47歳になっていらっしゃると思います。
彼女が学生女子用洗顔フォーム(資生堂「エクボ」CM)のイメージソング
SQUALL
SQUALL
クチコミを見る
「裸足の季節」でデビューしたのは80(昭和58)年の初めの頃のことでした。

当時、毎晩22時にニッポン放送系AMラジオ局にて「ザ・パンチ・パンチ・パンチ」
(平凡社「週刊平凡パンチ」提供)なるちょっとセクシーなラジオ放送が全国ネットで流れており、
まさに13歳という人生で最も多感な時期にいた私やクラスメイトの男子は
固唾を飲んでこの放送を聞いていました。そのパンチガールの中心的人物が松田聖子でした。
クラスのみんなはラジオの前でビンビンでした。

夏になる少し前に松田聖子デビュー期の代表的楽曲「青い珊瑚礁」が大ヒット、
機を一にしてベビーフェイスでありながら、超グラマラスな水着姿で売っていた
河合奈保子の「大きな森の小さなおうち」、
金八先生でスケ番役をして、アクの強いイメージで売った三原順子の「セクシーナイト」などが
相次いでベスト10入りし、前年、三浦友和と結婚し、芸能界から完全に引退した
山口百恵のポジション、所謂、<ポスト百恵>の座を巡って激しいつばぜりあいが始まりました。

しかし全国的にも男子学生の半分以上の支持は
男の子の好感を集める所作に長け、
また楽曲の圧倒的なクオリティの高さなどの要素が秀でた
松田聖子に集中、

どいつもこいつも学校の自分の机に
<SEIKO・MATSUDA>、<I LOVE SEIKO>などの文字を彫ったり
鉛筆は無論、マジックで書きなぐったりして、
彼女がほほ笑む缶ペンケース(鉛筆箱)を破顔して見つめ
授業中はひたすら松田聖子のことばかり考えてしまい、勉強が出来ないという奴が激増しました。
私も恥ずかしながら聖子派でしたが、比較的軽症な方でして
本当に「こいつ大丈夫か?」というような奴が誇張でなくいっぱいいましたよ。

僕らの世代の多くは無論、リアルに学校で誰かに恋をすることを覚えましたが、
一方でいつも理想の女性として<松田聖子>が心の中で君臨し、
現代の<アイドル人気分散型>の時代に生きる若者と較べると
信じ難いほど強力な人気を松田聖子は博しました。
(無論、その分アンチ派の人も男女問わず大変多く
その嫌われ方も半端なものではありませんでした。
所属事務所のサンミュージックにはカミソリやナイフが
郵送されてきた封書を開封した者の手を直撃するように仕込まれ、事務所社員そして当事者の松田聖子を大いに悩ませました)

新しい女の生き方を体現し続けると憧れられる、歌手・松田聖子の歴史の始まりは
日本中の男子学生のハートを鷲づかみにすることから始まったのです。

彼女の楽曲を語る上で欠かせない人物として
作詞家・松本隆の存在を忘れてはなりません。
松本隆対談集 『KAZEMACHI CAFE』
松本隆対談集 『KAZEMACHI CAFE』
クチコミを見る


彼が編み出し聖子に歌わせる詞の世界は、男子にとって
とってもセンチでか弱く、「俺が守ってやらねば・・・!」と
思わせるヒロイン像
でした。
作曲も松任谷由美や財津和夫、
佐野元春
といったポップ界の重鎮たちに次々に委ねられ
「松田聖子のシングル曲は絶対1位を取らねばならない」
という重圧が絶えず制作側につきまとっていたそうです。

あの頃は全国的に校内暴力の嵐が吹き荒れ、
今の若い子たちのファッションセンスとはかけ離れた
所謂、限りなく「DQN」的な服装や髪形を好む者が男女ともに非常に多かったです。
あの時代において、シンデレラのようなドレスを身にまとい歌い続ける
松田聖子はまごうことなき時代が生んだ「お姫様」であり
DQNは無条件にひれ伏しました。
Candy
Candy
クチコミを見る


現代の極めてファンと至近距離で対話するアイドルたちとは
続きを読む

kokasita at 13:55|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2009年08月10日

こんな女は男にも女にも嫌われる(1)

こんにちは!
笹竹 政村初の病床からのブログ更新です。モバイルで更新するので紙幅がいつもみたいに無尽蔵にあるわけではありません。入院中の更新はズバッズバッと核心をついていきたく思います。

こんな女は男にも女にも嫌われる(1)

意地っ張り、自分から話に折れることを知らない

このタイプの女性はとても『我』が強く、男と口論になったときなども、まず自分から折れようということはしない。

よく世間では男が理性的、女は感情的…などと評することがありますが、一概にそう決めつけるものでもない。

男だって気分、状況によっては感情に押し流されてしまうこともたくさんある。
そういう時を狙ってるのか否かはともかく『そんなふうに気持ちに流されて男らしくないよ!』などと言ったりして、

続きを読む

kokasita at 11:19|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2009年05月26日

「男と女のドライブデート」助手席篇

こんにちは!
笹竹 政村です。

以前予告していた「男と女のドライブデート」
当ブログでも今日と次回に分け、書き進めていきます。

恋人になるかも知れない二人が出会い、
何度かのデートを経てたどり着く大きな関門に
「ドライブデート」があるケースが多いみたいですね。

ドライブデートの最大の魅力・・・、
語り尽くされていることかも知れませんが
クルマは動く密室であり
二人の距離はかなり近い。

そのシチュエーションで澄み切った青空の下、すいている道の上から
田園風景を楽しめば、
日ごろの都市生活で疲れた視神経への癒しになるだけでなく
二人のココロもまたどんどん高揚していくものです。

多くの男性は基本的にクルマ好きな傾向が強く
余程、クルマがポンコツか何かで、
当人も道具として完全に割り切っていない限り、
自分のクルマに少なからず愛情を持つ傾向が女性より強い気がします。
【お買い得車市場対象車両】注文ボタン決済でポイント大還元!【ホンダディーラー3店舗運営】ホンダ シビック ハイブリッド
【お買い得車市場対象車両】注文ボタン決済でポイント大還元!【ホンダディーラー3店舗運営】ホンダ シビック ハイブリッド


女性の多くがアパレルを中心に
ウインドウショッピングするのが好きであるのと同様、
男性の多くもオートバックスやジェームスなどの自動車用品店
基本的に好きで、私などもよくお邪魔して楽しんでいます。

さて
二人の関係をより密接にするはずの
ドライブですが・・・
続きを読む

kokasita at 15:58|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2009年05月17日

【関西】結婚を目前に控えた女性から頂いたメール

皆さん、こんにちは!
笹竹 政村です。

先々週、このブログの復活声明を出した時にも書いた通り、
読者の皆様の寿ラッシュが
ジューンブライドを前に続いています。
img-3
今日はある一人の30代中盤の女性から頂いた
メールを基に
記事を構成して参ります。
そしてこのごろメディアも視聴率が取れると踏んで
「婚活!、婚活!」とかまびすしく取り上げている
現代の晩婚化について
一人の笹竹ブログファンが
結婚に関して忘れてはいけない大切なものを教えてくれるでしょう。


メールをくれたC・Sさんは兵庫県の一地方の方。
最近まで自分が結婚するイメージをなかなか描けなかったものの
この度、トントン拍子で縁あって結婚することになったことが
「今でも信じられない」と文面の中で苦笑する。

結婚生活のあらゆる面で
「正直、不安要素が多く、喜んでばかりいられない」と気を引き締める。
その慎重さには周囲も呆れている様子で
「そんなに冷めてばっかりいるんじゃないよ!」と指摘されることもままある。

彼女のメールには
「それぞれ理想とは程遠いことは判りきっている」

文面には実にストレートな言葉も散見され、思わずドキッとさせられる。

続きを読む

kokasita at 01:13|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年02月28日

まだ遠い春の北国から〜男と女のこれから在るべき恋愛や婚活

皆さんこんにちは!! 

今月4日は立春でした。暦の上では春です。
そして今日で二月も最終日。
本格的に日本列島は春に向けて季節が走り始めることでしょう。
「二月は逃げる」と申しますが
本当に早いですよね、二月は!

今月は14日(土)に毎年恒例のバレンタインデーもありました。
皆様の成果はどうでしたか?!

今年は森永製菓がチョコレート類の需要増を目指して
「男性からも好きな女性には贈る」逆チョコがちょっとした話題でした。

何か商業的広告や電通あたりが仕掛けるムーブメントに
そのまま乗ってしまうのは腹ただしい・・・という男性もいるかもしれませんね。
またそう言われても照れはありますわな、男から渡すというのは・・・。

ですが例えば30代、さらには35、そしてアラフォーともなっていくと
どれだけ強がっていても自分の隣に彼女がいない・・・という事態は
本当に寂しい続きを読む

kokasita at 03:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年07月21日

<30代製造業派遣・男性の魂の叫びから>適齢期女性陣よ、拝金主義から脱却せよ!

こんにちは! 皆さんお元気ですか?!
今回の記事を書き出した時刻は朝方04時、
早いんだか、遅いんだか訳わからない時間で
おなかも空いてきました(笑)

改めましておはようございます! 笹竹 政村です。私は至って元気です。
本日の内容は少しヘビィかも知れません。

先日、或る30代前半・独身男性の手記を読ませて頂く機会に恵まれました。
彼の手記からはロストジェネレーション(失われた世代=1993年から2004年の
就職氷河期に社会人となる時期にぶつかった現・20代後半から
30代中盤を指す)の大勢が抱く、不安、苦悩、焦燥、そして希望の光などが
短い簡明な文章の中において象徴的に顕れており、
こういうブログをやっている私自身、大変響くものがありました。
まずは下記に転載いたしますので皆様、是非ご一読くださいませ。

『俺の現実』
NHK・BSで、この前、夜中に「働くお父さん特集」みたいなことをやっていた。
そこで、とある働くお父さんの誕生日に子供がビデオレターを送るって企画をやっていた。
某大手旅行会社(みんな知ってる)のAさん、年齢は俺と同い年だった気がする。
普通に働いて、そこそこ出世して、奥さんも普通にカワイイ、幼稚園くらいのカワイイ娘さんがいる。
番組の出演者が、誕生日にAさんの会社に行き、娘さんからのビデオレターを渡して一緒に見る。
娘さんが画面の向こうで「パパ誕生日おめでとう」と言い、似顔絵を見せる。
喜ぶAさん。

たまにこうゆう番組を見るのも、何か微笑ましいし、いいものだなと思った。
ただその反面、妙な羨ましさや虚しさもあった。

そう、Aさんと同い年でも、今の俺の現状が俺の現実なんだ。

昨日、また新たに登録した派遣会社に、仕事が欲しい旨のお願い電話をした。
そうだ、これが今の俺の現実・・・・・・orz


さて、(資格のための)勉強するか・・・・。


この手記の書き手である某県在住のD君に話が聞いてみたく思った
私・笹竹 政村は彼にコンタクトをとり、続きを読む

kokasita at 23:25|PermalinkComments(7)TrackBack(0)