晩婚化

2010年06月12日

「非モテ! 男性受難の時代」を読んで

こんにちは!
笹竹 政村です。

今日は05年に「下流社会」のヒット後も
コンスタントに独自調査のデータを基に
現代社会病理を論ずる消費社会研究家・
三浦 展(みうらあつし・58年生まれ)が
上梓した「非モテ! 男性受難の時代」を読み
気にかかった点を書きだし、それを受けて笹竹も論じてみましょう。
非モテ!―男性受難の時代 (文春新書)/三浦 展

¥809
Amazon.co.jp

三浦氏によると、今ほど適齢期男性にとって
顔が良いか悪いか収入が高いか低いかの二点が
女性に問われる時代はなく
1イケメンで高給取り2イケメンで給与は平均的水準3平均的かブサメンで高給取り(論外)としてブサメンで
薄給 というモテについてのピラミッド構成が出来上がっている
ことを強調、
<アキバ事件のKのような何かを破壊したいという苛立ち>を抱える男性データは
経済状態とても悪し・・・31.3%、モテない・・・20.8パーセント、自分の容姿に自信がない・・・20.2パーセント
など逆境に生きる男性ほど怒りの感情を抱えている
と指摘している。

また大学全入時代になって久しいが
<学校のレベルが低いとモテないし、容姿への自信も低い>というデータでは
1高偏差値でモテるとした男子は17.9%2中程度・モテる10.8%3低偏差値10.2%
逆にモテないとした数字は1が43.3%253.4%3においては76%に上る。

これらの数字を見ていると現代社会のモテに対するトレンドは人間性や中身重視などとは
程遠く、男性も女性同様、端正で美しい顔立ち、ないし自信が滲む顔立ちか否か
一昔前の男性よりも圧倒的に女性側が意識して男性を選ぶようになったということ。
それゆえに男の自信を支える一つの大きなファクターとして高偏差値の大学に在籍ないし卒業するものに脚光が今まで以上に当たり
いわゆるFラン系の大学生には世間も厳しく、また学生も必要以上に卑屈になっている危険性が
あるようだ。

ほかにも正社員と派遣社員とではあらゆる面で派遣社員は悪い数字になっており、正社員と派遣社員では圧倒的な数字の隔たりが発生している。
また親の経済状態まで問われ
一昔前にはさしたる問題にはならなかったような事柄まで適齢期男性は婚活の場で
適齢期女性に自分の個人情報全てを丸のみされかねないスタンスで値踏みされている様子が全編を通して
痛々しいまでに焙り出されている。


男性差別という言葉が最近、大きくクローズアップされています。
今の時代、明らかに差別されている性は男性・・・と言い切っても間違いないと思われます。
「そんなことはないわよ!」といきり立たれる女性は<男性差別>というキーワードで
ぜひともググってください。それらの情報を目の当たりにすれば
多少なりとも理解していただけるのではないか・・・と私は信じます。

ここまで綴ってきた男性の窮地を救う最大の方策は
一重に明るさと元気が強く滲み出る人間性を構築する以外ないように私は思います。
それで食っている(生活している)若手お笑いの連中が女性に受けているように
ノリや明るさ、マメさなどは時に二枚目俳優すら凌駕する力を持ち得ます。

いいお相手に久しく出会えず、自信も持てず悩んでいる貴男へのメッセージ・・・
時代が如何様にうねっても、自分は自分。周囲の環境など知ったことじゃねえ!!
強い信念と思い込みだけでもいいから「俺は最終的には勝つんだ!」といった
根拠がない自信を胸に秘め、女性に選んでもらえるように息を潜めるような
ネガティブな生き方は止めにしませんか?!
自分の周りの女史たちにも<草食系>はあまり受けてないみたいですしね。




笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね!

幸せ提案

kokasita at 21:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年11月04日

結婚相手次第で幸せの形も変わる、さあ君はどの道を選ぶのか?!

皆さん、こんにちは!
11月一本目の「お薬」を処方します(^.^)

今日は≪ありのまま生きる≫ことの重要性について書いてみようと思います。


ですがまずその前に、今、一番国民の耳目が集中しているであろう犯罪者の問題に私も触れておかねば気が済まないので、ちょっと書かせてください。
木嶋佳苗(34)(容疑者、4日現在)なる北海道野付郡別海町出身の女が
東京を拠点に前代未聞の<連続殺戮(さつりく)結婚詐欺>を実行し続け
血に彩られた忌まわしい一億円近い札束にて、
虚栄心丸出しの生活を送っていたのではないかというニュース

もう皆様もご存じの通り。
稀代の女結婚詐欺師・木嶋佳苗(本人が写メで撮影、ブログにアップ)

北海道新聞社の中標津支局員は多忙な日々が続いていることでしょう。
心血注いだ取材を敢行し、ブロック紙の意地を見せて頂きたいところです。
テレビ局、大手一般紙、夕刊紙、スポーツ紙に至るまで木嶋佳苗のバックグラウンドを取材・調査しているマスコミ人によってこの悪意に満ちた下劣な人間(女)が
広大で美しい根釧原野に暮しながら、どのようにその野獣の如き人間性を形成していったのか―
より突っ込んだ取材による続報を注目したい所存です。実名報道にもう切り換えてもいい頃合だと思うのですが、何かマスコミサイドに遠慮しなければならない要素があるのでしょうかね?
根釧原野(放牧中の牛の群れ)


さて、それでは今日の本題に入っていきます。
人は皆それぞれ実に様々なバリエーションに富んだ人格を有します。
人に相対する時の態度や言動は、本当の自分の<心の芯>投影されます。

自己実現できた状態にある人というのは本当に幸せだと思います。
例えばそれがもし暴力団関係者に代表されるアウトローであったとしても
彼の<精神風景の核>と行動や人間関係における自己の態度が
悪い意味でも一致していれば、まさに筋金入りの”ワル”、

私たち素人は彼らを見るとやはり恐ろしく
多くの人は内心嫌悪感を持ち、反社会的な行動に怒りを覚えますが
その”ワル”は”ワル”なりに人の目を気にせず
アウトローとして幸せな人生を送っていると見ることもできます。

私たち一般市民もまた自分なりに描いた人生設計を俯瞰(ふかん)し、
<精神風景の核>と行動や人間関係における自己の態度が一致し
自己実現できた状態で生活できていれば、心が病むことも少ないし
いろいろつらいことや嫌なことがある生活の中ででも、
概ね楽しい人生を送っているといえるでしょう。

生活の中で、いつも不平や不足、苛立ちなどが精神風景の中に内在していると
自分なりに描いた人生設計・いわば『理想』と『現実』のギャップ
大きな不満を感じ閉そく感(ストレス)があふれ、生きることがつらくなってきます。
その状態にいる人たちこそが詐欺師に一番だまされやすいのではないか―
私は見ています。ストレスがガンガンたまっている時に、そのストレスをそっくり
取り除いてくれて、なおかつ自分で「俺は一発逆転のホームランを打ったぜ!」
というように夢中になってしまう。(注)これは今回の被害者の方々の傾向を分析し、直接的に彼らを指しているのではなく、笹竹 政村による結婚詐欺師に引っ掛かりやすい典型的な例として挙げたものです。
続きを読む

kokasita at 17:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年07月04日

思い悩む前にまず行動! それは結婚に対しても言えることです。

こんにちは! またまたご無沙汰更新ですみません。
笹竹 政村です。


この記事を書いている正確な日時は
08年7月4日、午前1時、
もう眠りについている方も多かろうと思います。
私はその日のスケジュールによって 
朝型だったり、夜型だったり・・・
日々是精進(ひびこれしょうじん)、まだまだ修行が足りません。
貪欲に上を目指して歩いていかねば―と思い悩む毎日です。

かみさんも専業主婦ではなく結構、忙しく生活のために
頑張って頂いていて、日々感謝に耐えません。

勝ち組と呼ばれる層およびそれに近い人たち、
安定力の強い層以外の
いわゆる<庶民>においては
共働きが当たり前の時代となりましたね。

女性自身の職業意識が十数年前とは比較にならないほど高まり
「男も女も関係ない!」とする時代背景にありますが
結婚してからの女性の仕事に対する考え方というのは
大別すると二つの流れになるように思います。

一つは「私、仕事が、外で働くことが好き!
できる限り社会の前線にいたいの」というキャリア志向の強い女性。

もう一つは続きを読む

kokasita at 02:29|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2007年09月22日

現代を俯瞰(ふかん)し”晩婚化”の原因を解析します!

こんにちは!
笹竹 政村です。
九月ももう終盤だというのに二回目の更新・・・
いかんいかん(´ヘ`;)、
気を取り直して、
結婚―恋愛・社会科学ブログ・「成長のお薬」の真髄を
今日はみなさまに披瀝いたしたく、キーボードをたたき始めました。
本日もどうぞよろしくお願いいたします!

さて晩婚化、非婚化というけれど
まだ当ブログでは現段階で最新である先の国勢調査(05年実施)を基にした
データ解析は行っていなかったと思いますので(^^;
今回はそれに関して紙幅を割きます。

結婚できないこの時代をあらためて俯瞰(ふかん)し現実に立脚することにより
適齢期シングルの皆様それぞれが、困難にも対峙(たいじ)していって頂きたい
と願うものであります。

平成17年国勢調査・配偶関係 についての記述
(以下、原文、グラフ、ママ。)

20歳代後半から30歳代にかけて未婚率は男女とも大きく上昇

○ 15歳以上人口の配偶関係をみると,有配偶率は男性が60.8%,女性が57.0%,未婚率は男性が31.4%,女性が23.2%となっている。<1>

○25〜29歳の未婚率は,男性が71.4%,女性が59.0%と,平成12年に比べそれぞれ2.1ポイント,5.0ポイント上昇している。また,30〜34歳の未婚率は,男性が47.1%,女性が32.0%と,平成12年に比べそ
  れぞれ4.2ポイント,5.4ポイント上昇している。さらに,35〜39歳の未婚率は,男性が30.0%,女性が18.4%と,平成12年に比べそれぞれ4.3ポイント,4.6ポイント上昇している。(図6) <2>

○未婚率が最も高い都道府県は,男女とも東京都でそれぞれ37.9%,29.9%となっている。一方,最も低いのは,男女とも秋田県でそれぞれ26.4%,17.2%となっている。 <3>

グラフ















<1>に関しては続きを読む

kokasita at 21:32|PermalinkComments(20)TrackBack(0)

2007年08月30日

久々の更新は<結婚費用>について考えます!

こんにちは! 笹竹 政村です。
実に23日ぶりの更新です(汗
長かった諸業務の整理も終え、ようやく戦える体制が整いました。
今日からまた更新の頻度を上げて参りたい所存です。

復帰一発目、何を書こうか迷いますが、
シングル読者の皆様には是非、目標を意識していただきたいと常々思っていました。

目標とは夢物語ではありません。
峻厳たる現実です。

金がすべてではありません。
しかし金はやはり必要です。

相手が見つかる前から結婚費用についてあれこれ考えないものですが、
そして実際、相手が決まり「いざ!」という時、
大慌てするのが人の常ですので(^^;、
この際、結婚にかかわる総費用はどれくらいかかるのか―を
大まかに頭に入れていただき、
より<結婚>というものが<自分にとって当然意識されるべき目標なんだ!>
実感してみるのもいいかもしれません。

近年の結婚費用の相場はUFJ銀行〔旧三和銀行〕の調査によると、新郎側の平均で約445万円、新婦側で約290万円、計740万円近くとけっこう高額な数字が出ています。ですが繰り返しますがこれはあくまで結婚費用の平均値です。
地域性や結婚するカップルの収入の格差による影響もあることは看過できません。
例えば地域差なら名古屋(ド派手婚のメッカ)と北海道(ほとんどの式が完全会費制)、
婿側のステータスでは社長の御曹司と派遣社員など非正規従業員の場合などでは根本的に単位が変わってきましょうし、
両性、両家の考え方に左右される面もありますよね。

結婚費用に億単位の金をかけるカップルもあれば、
地域相場の平均値周辺の人も多いでしょう。
あるいは「うちは入籍だけで一銭もかかっとらん!」と豪語する方々もおられるやもしれません。
ですが、一銭もかからんわけはないわけでして(笑)、最低限の見積もりをすると(1)新居のための住宅賃貸費、(2)家電・家具等生活インフラ整備代の二つはかかり、
90万円から100万円は入籍だけの場合でもかかると思っておいたほうがいいと思います。

さて両性の合意が叶い、結婚というステージに上がった段階でただの男と女から、それぞれの<家同士の付き合い>という問題が浮上してきます。
スムーズに行く場合もあれば、「もう面倒くさい、やめちゃおうか?!」なんて弱音が出るケースもこれからの二人に対して世の中には山積しています。
女性側の父上が男性側に対して首を縦にふった後でも(その逆も無論あるわけですが・・・)いわゆる<家柄>などを再考してもめる場合も特に封建的で因習的な風土が強い地方であれば、今なお少なくない問題でもあります。

「あの男でおまえは本当に幸せになれるのか?!」と横槍が続きを読む

kokasita at 05:43|PermalinkComments(14)TrackBack(0)

2007年06月02日

紀香―陣内の格差婚から透けて見える晩婚化時代への処方箋

こんにちは!
笹竹 政村です。


おととい5月30日、女優・藤原紀香(35)
お笑い芸人・陣内智則(33)両人の結婚披露宴が神戸で行われましたね。
紀香―陣内

日テレ系が披露宴の生中継を行いましたが、全国的にも、すごい視聴率で
特に両人のホームグラウンドである関西の視聴率は50%に迫ろうかという数字をたたき出し、
近年増加傾向にある収入格差婚(女性の収入が男性のそれを大きく上回ること)の代名詞とすらなった
二人に対する人々の関心の深さが窺えました

紀香魂―ハッピー・スピリット


この「成長のお薬」では
ひろみGOが「カッコよかった!」とか、
キャメロン・ディアスがコメントを寄せて「さすが紀香!」とか
そんな記事にはしませんのでご安心ください(笑)。

日本芸能界において近頃稀に見る慶事を心から祝福するものではありますが、
紀香―陣内カップルが、
わが国の今後もさらに募るであろう厳しい晩婚化状況に投げかけたエッセンスを咀嚼(そしゃく)し、
読者の皆さまに改めて問い掛けるとともに
一部女性識者が断じてきた論調に一喝を加えてみることを企図するものであります。

あらゆるマスコミ媒体が
<紀香―陣内>と藤原紀香を先に表記することが全てを物語っているように
年齢も、収入も、キャリアも、人的パワーも、
今回の結婚の場合女性が上回ります。
故に収入格差婚という言葉が、わが国の直面している格差社会のキーワードとあいまって
<格差婚、格差婚>と二人を揶揄(やゆ)し
陣内のプライドをズタズタに切り裂いたこともあったと私は思います。

私も病気により会社を辞めさせられ、厳しい状態で結婚したので
私も妻も、心ないわけ知り顔の人間から実に様々な誹謗中傷を浴びました。

<あんな金のない男と結婚して彼女は大丈夫なのか?>
<あいつにはあんないい嫁さんもったいなさ過ぎる、彼女が不幸になるだけだ>

思い出して一々書いていたら枚挙に暇がないほど、
男の立場が弱いと、世間ってやつはいろんな罵詈雑言を浴びせてくれるものです。

こういうことから考えていくと
世間というものは<普通結婚とはこうあるべきだ>的なしがらみの特に暗さを伴う部分に
21世紀に突入した現代においてもいまだ呪縛されすぎているのではないでしょうか?

<こうあるべきだ>の部分、言わずもがなですがあえて書きましょう。続きを読む

kokasita at 00:05|PermalinkComments(23)TrackBack(0)

2007年05月21日

人生の基盤づくりの王道は昔も今も<結婚生活>にある!

こんにちは!
笹竹 政村です。


5月も20日台に入り、季節は深い緑の時へと巡り始めました。

このブログを読まれてる皆様の多くはそれぞれの地域で
自分に与えられた職責をまっとうするため
日々会社などお勤め先に通勤されていると思います。
或いは将来のための布石として、
学校等で知識−教養を得ている学生さんもいらっしゃることでしょう。


「あ〜、かったるい(憂鬱だ)、会社(学校)なんてできれば行きたくないな〜」

仕事や学業に対する個々人の考え方というのも千差万別なものがありますけども
そんな内なる呟きはある意味、持って当然だし、
働かずにセミリタイアして好きなことだけやっていたい―
という願いを持つのは(個人差はありますが)恐らくは正直な感情ではないかとも思います。

人間はやっぱり基本的に
食べていかなきゃならないから、生きていかなきゃならないから
必然性に駆られて働く―という要素が強いものではないでしょうか?

しかしながら・・・

どうせ生きていくならより輝きたい―
自己を燃焼させて生きていたい或いは大物になりたい、自己の地位を高めたい―
世のため人のため貢献できる人間になりたい―

そんな思い思いの理想はふと日常の刹那(せつな)の狭間で
埋没しそうになるきらいがあるかもしれませんが、
結局、理想がある人とない人では
人生のダイナミズムにおいて大きな開きが出てくる
ように思います。

きっとその理想を育み、温め日々の職場という戦場への前哨基地となるのが
<家庭>というものなのでしょう。


「結婚なんてどうでもよくなった! オレ(私)は一人で生きてく!」―
紆余曲折(うよきょくせつ)を経て生涯独身を誓うシングルもどんどん増えているとも聞きます。

それはそれですごい決断だと思うし、私のような弱い人間は率直に頭が下がります。

何故なら彼ら(彼女ら)は<結婚>という<制度>に縛られず
<配偶者>という<支え>を求めず、自分で自分を支えることを決めたのですから・・・。

私は悲しい哉、自分で自分を支えきれません。
最低限、自己のメンタル面での調整ぐらいは具有しているスキル内でやります。

しかし続きを読む

kokasita at 13:40|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2006年12月27日

【御用納め版】結婚相談所を受験して学んだこと

こんにちは!
笹竹 政村です。

クリスマスも終わり、巷は年の瀬の慌しさ一色ですね。
皆さんのお勤め先も明日には御用納めという所も多かろうと思います。

笹竹ブログもとりあえず本年の諸業務(笑)は、
今日の記事を持ちまして御用納めとさせて頂きます(^^)。

年末くらい私の細かな(^^;、恋愛―結婚テクや観念から離れ、
ゆるゆるとご家族で楽しい団欒のひと時を過ごしてくださいませね。

「成長のお薬」を立ち上げたのは今年4月30日、木星人(−)の私にとって
満を持した『財成』の日でありました。

初めの頃の記事でも触れているのですが、私が会社勤めを断念し
フリーライターの途を志向したのは忘れもしない今年2月2日、早朝のことでした。

長きに渡った新聞社・宮仕えの日々の中、体調を崩しリストラされ
ようやく完全復活できる目途が立って05年一年間に及んで回りも回ったり20数社、
ことごとく年齢等諸問題で再就職試験に落ち続け、
フリーとしてやっていく決断をしたわけですが、続きを読む

kokasita at 20:00|PermalinkComments(26)TrackBack(0)

2006年07月19日

「初婚夫妻の年齢差」から見える現実

こんにちは!
笹竹 政村です。


今日は久しぶりにデータ解析を行おうと思います。

我々の親の時代は10歳以上年齢が離れた夫婦
(無論、男性が年長)というのはかなり多かった印象があります。

私の両親は共に昭和12年生まれで
その年代の結婚では比較的、進歩的(?)な同年齢夫婦ですが
特に、農村部など地方では「嫁は若けりゃ若い方がいい」
とする慣習が長く続いてきた感があるようです。

さて、最近の初婚夫妻の年齢差は
どうなっているのでしょうか?

人口動態統計(厚生労働省・03年発表)によると

夫が年上58%(1〜2歳差が25%、7歳差以上が約10%、その他)、
妻が年上23%(1〜2歳差が14.5%、3歳以上差が8.5%)
夫と妻が同年齢19%

となっており、

10年ほど前に較べると妻の年上率は
約10%以上も増加(かくいう笹竹家も!”姉さん女房”ですね)
反面、夫の年上率は約10%減少しています。

「結婚相手に」と望む年齢は
女性は30歳以上になると、年上ではなく同じ歳など
若い相手を願うようになり、

男性は自分の年齢と共に上昇しているものと見られています。
(国立社会保障・人口問題研究所調べ)

このデータから透けて見えてくるもの・・・

それは女性の晩婚化の進行と共に
かってのような男性が女性の若さのみに
執着し、チョイスできた時代は
完全に終焉(しゅうえん)し

むしろ男性が女性に如何にアピールし
自分との結婚を選んでくれるか・・・

そういう流れに変貌(へんぼう)していることが
窺(うかが)えます。

こういったバックボーンを無視して
相変わらず若さに執着したパートナー探しをしている
男性は少なくなく、

ゆえに一層男女間のすれ違いが発生し
晩婚化に拍車がかかっているという見方もできるでしょう。

特に”ごく普通”の男性が40歳を過ぎても
若さにこだわるような姿勢を見せていては
非常に厳しい現実しか待っていない
ことは目に見えています。

結婚条件の上位は
男女共に人柄を筆頭に家事・育児に対する姿勢や能力、
自分の仕事に対する協力・理解とされるため、

同年代で結婚生活のテーマを享有し合える
相手がいい・・・という若さよりも価値観重視の
トレンドが今後ますます進行していくでしょう。

「女は若けりゃいいんだ!」
と女性の人格をちゃんと直視しなかった時代
から較べれば、精神的には成熟した文化に
なってきたということもいえるかも知れません。
(フェミニズムには反対ですが・・・)

笹竹 政村でした。
明日も読んでくださいね(^^)。


kokasita at 06:32|PermalinkComments(11)TrackBack(0)

2006年06月09日

「普通の人では結婚できない!」という言葉の意味

こんにちは!
笹竹 政村です。


だいぶ前にネットサーフィンをしていた時、
ある結婚問題を取り扱うサイトで
「現代は普通の人では結婚できない!」

という何とも激しい論調の言葉が踊っていたことを
今でも覚えています。

それ以上のことはよく読みませんでしたが
果たして実際はどうなのか
今日はこのキーワードをピックアップして
考察を深めていこうと思います。

「普通の人」・・・、

恐らくこの筆記者が言わんとすることは
比較的スムーズに結婚できた(するのが自然だった)
”団塊の世代”からそれ以降の
昭和30年代に生まれた人たちの世代において

語弊を恐れずに書けば、
「特筆に価する人的魅力も富裕な経済力も
問われず結婚できた・・・」。

彼ら(彼女ら)のような一般ピープルを
「普通の人」と呼称しているような気がします。

前述した人的魅力、或る程度の経済力は言うに及ばず
異性に対する理解力や、両性の親の老後問題、
家庭における役割分担など要求される能力は増える一方です。

様々な条件をお互い抱えて
婚前に対峙(たいじ)するようになった当世において、

適齢期を迎え・・・ないし過ぎつつある
男女がうまく結婚という名の契約を
まとめ上げていく作業は

確かに「団塊期世代の普通の人」の想像を絶する
厳しさがあるといわざるを得ません。

そしてその「団塊期世代の普通の人」の息子、娘たちも
そろそろ適齢期に差し掛かってくる現実は何とも皮肉でもあります。

「普通の人では結婚できない!」という言葉は
「普通以上に魅力や経済力がなければ結婚できないのだ!」
というような一種、差別的な意味で例のサイトの筆記者が
書いたものでないことを私は信じたいです。

笹竹 政村でした。
今日(9日)はもう一発、続けてアップします。

いつも有難うございます。


kokasita at 16:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)