音楽

2009年11月24日

強き女の肖像<松田聖子>覚え書き

皆さん、こんにちは!
笹竹 政村です。

「50年に一度!」のワイン飲みました?
数年前に「100年に一度・・・」とも聞いた記憶があり、
なかなかフランスという国の広報姿勢も
自分で自分の首を絞めるような余裕のないスピーキングをするものですね。
誰かフランス人の精神性に詳しい方、コメント欄でご教示願います(笑)
ブルゴーニュの名門ネゴシアン[ドルーアン社]社長が『数十年来の最高の仕上がりで、私たちは今年のボジョレ・ヌーヴォーの印象をお伝えすることに、大変、興奮しています。』と語る極上の新酒!ジョセフ・ドルーアン・ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2009
ブルゴーニュの名門ネゴシアン[ドルーアン社]社長が『数十年来の最高の仕上がりで、私たちは今年のボジョレ・ヌーヴォーの印象をお伝えすることに、大変、興奮しています。』と語る極上の新酒!ジョセフ・ドルーアン・ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2009
クチコミを見る


さて今日は、現在の30〜40代女性のライフスタイルに多大な影響を与えたと評される
松田聖子について、同じ時代を生き、つぶさに彼女を観察してきた自負をこめて
笹竹 政村的に松田聖子の歩みについて迫ってみたいと思います。
地球音楽ライブラリー  松田聖子 改訂版
地球音楽ライブラリー 松田聖子 改訂版
クチコミを見る


彼女は私より5歳上、ということは現在47歳になっていらっしゃると思います。
彼女が学生女子用洗顔フォーム(資生堂「エクボ」CM)のイメージソング
SQUALL
SQUALL
クチコミを見る
「裸足の季節」でデビューしたのは80(昭和58)年の初めの頃のことでした。

当時、毎晩22時にニッポン放送系AMラジオ局にて「ザ・パンチ・パンチ・パンチ」
(平凡社「週刊平凡パンチ」提供)なるちょっとセクシーなラジオ放送が全国ネットで流れており、
まさに13歳という人生で最も多感な時期にいた私やクラスメイトの男子は
固唾を飲んでこの放送を聞いていました。そのパンチガールの中心的人物が松田聖子でした。
クラスのみんなはラジオの前でビンビンでした。

夏になる少し前に松田聖子デビュー期の代表的楽曲「青い珊瑚礁」が大ヒット、
機を一にしてベビーフェイスでありながら、超グラマラスな水着姿で売っていた
河合奈保子の「大きな森の小さなおうち」、
金八先生でスケ番役をして、アクの強いイメージで売った三原順子の「セクシーナイト」などが
相次いでベスト10入りし、前年、三浦友和と結婚し、芸能界から完全に引退した
山口百恵のポジション、所謂、<ポスト百恵>の座を巡って激しいつばぜりあいが始まりました。

しかし全国的にも男子学生の半分以上の支持は
男の子の好感を集める所作に長け、
また楽曲の圧倒的なクオリティの高さなどの要素が秀でた
松田聖子に集中、

どいつもこいつも学校の自分の机に
<SEIKO・MATSUDA>、<I LOVE SEIKO>などの文字を彫ったり
鉛筆は無論、マジックで書きなぐったりして、
彼女がほほ笑む缶ペンケース(鉛筆箱)を破顔して見つめ
授業中はひたすら松田聖子のことばかり考えてしまい、勉強が出来ないという奴が激増しました。
私も恥ずかしながら聖子派でしたが、比較的軽症な方でして
本当に「こいつ大丈夫か?」というような奴が誇張でなくいっぱいいましたよ。

僕らの世代の多くは無論、リアルに学校で誰かに恋をすることを覚えましたが、
一方でいつも理想の女性として<松田聖子>が心の中で君臨し、
現代の<アイドル人気分散型>の時代に生きる若者と較べると
信じ難いほど強力な人気を松田聖子は博しました。
(無論、その分アンチ派の人も男女問わず大変多く
その嫌われ方も半端なものではありませんでした。
所属事務所のサンミュージックにはカミソリやナイフが
郵送されてきた封書を開封した者の手を直撃するように仕込まれ、事務所社員そして当事者の松田聖子を大いに悩ませました)

新しい女の生き方を体現し続けると憧れられる、歌手・松田聖子の歴史の始まりは
日本中の男子学生のハートを鷲づかみにすることから始まったのです。

彼女の楽曲を語る上で欠かせない人物として
作詞家・松本隆の存在を忘れてはなりません。
松本隆対談集 『KAZEMACHI CAFE』
松本隆対談集 『KAZEMACHI CAFE』
クチコミを見る


彼が編み出し聖子に歌わせる詞の世界は、男子にとって
とってもセンチでか弱く、「俺が守ってやらねば・・・!」と
思わせるヒロイン像
でした。
作曲も松任谷由美や財津和夫、
佐野元春
といったポップ界の重鎮たちに次々に委ねられ
「松田聖子のシングル曲は絶対1位を取らねばならない」
という重圧が絶えず制作側につきまとっていたそうです。

あの頃は全国的に校内暴力の嵐が吹き荒れ、
今の若い子たちのファッションセンスとはかけ離れた
所謂、限りなく「DQN」的な服装や髪形を好む者が男女ともに非常に多かったです。
あの時代において、シンデレラのようなドレスを身にまとい歌い続ける
松田聖子はまごうことなき時代が生んだ「お姫様」であり
DQNは無条件にひれ伏しました。
Candy
Candy
クチコミを見る


現代の極めてファンと至近距離で対話するアイドルたちとは
続きを読む

kokasita at 13:55|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2009年10月09日

鼠先輩の引退に立ち会い、個性の大切さを再認識する

皆さんこんにちは!
笹竹 政村、棲息地北海道・道央、
日本列島を直撃した今年最大級の台風とともに
ブログ戦線に帰ってきました。

先日、私のビジネスパートナーから光栄にも
お呼ばれして観に行った鼠先輩の引退ツアー・札幌ライブですが
はっきりいってしょーもなかったです。
ベストヒット☆コレクション-2008~2008-(初回生産限定盤)(DVD付)ベストヒット☆コレクション-2008~2008-(初回生産限定盤)(DVD付)
アーティスト:鼠先輩
販売元:ユニバーサルJ
発売日:2008-12-24
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

しょーもなかったんですが、特に芸事というのは<突き抜ける>
美⇔醜、うまい⇔下手、高尚⇔低俗といった世間一般の価値観を破壊し
不思議な感動をリスナー側に与えることがあります。

鼠先輩のヒット曲は後にも先にも「六本木〜GIROPPON〜」一曲のみで、
ほかにも数曲出すには出しましたが全然売れませんでした。
この日の客もさほど大きくないライブハウスに100人も入らず
閑古鳥が鳴いていましたが、前述のヒット曲は
一説によると着うた(R)で120万ダウンロードを達成したとも聞き及んでいます。
モバうた
モバうた
クチコミを見る

100人と120万人、このギャップをどう説明したらいいのだろう・・・。
嫌われているのか、好かれているのか?
一時的なネタに過ぎないまさにお笑い草の一発屋であることには違いないにせよ。
続きを読む

kokasita at 12:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月21日

きっと彼のこの叫びに似た歌声の世界に<SEX>の本質が含まれているようにも思う・・・

こんにちは! 皆さんお元気ですか?!
いやあ、もう前回記事から二ヶ月も経ってしまいまして・・・
それなりにコアなファンがいるというのに
それを袖にしてこの放置っぷりは如何なものなのかよ、笹竹 政村!!

・・・とまあ、自分に軽く喝入れをしてから
近況報告かたがた記事を進めていきますかね。

それとモバミクでmixiを楽しまれている方は
カキコはできないけれどブログの閲覧はできるようになっているみたいですね!!
そんなモバミク中心の方にとっては初めて読まれる・・・という方もいらっしゃるやもしれません。
どうぞ、これを機に末永くよろしくお願い致しますm(_ _)m

メルマガの方にも書きましたが
昨夏に続いて今夏も慌しく引越しを決行、
(なんかわからんけど、私の最近の星回りは
夏場に越す流れが出てきているような気もします)

長年親しんだ北海道の十勝圏から同じ道内の道央圏に越してまいりました。
ま、要は札幌周辺ということなんですが
遅咲き職業もの書き屋としての将来性や出張等の経費などを考えると
実入り不足の状態で田舎暮らし、流行りの「スローライフ」を気取ってみたところで
それは見様によっては単なる「生活困窮者」Σ( ̄□ ̄;)の範疇に入る可能性も大有りかと(;><)・・・

我が家のバランスシートを突きあわせ、夫婦ともども思案に暮れて
そこで才色兼備を誇る我がかみさんの頭脳明晰な一言、
「頻繁に札幌行かなきゃならないんなら私たちが札幌に行けばいい話なんじゃないの?!」

「お、お前頭いい!!」

続きを読む

kokasita at 13:54|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年05月20日

「大阪で生まれた女・18」の素晴らしい世界にぜひ触れて下さい!

こんにちは! またまたご無沙汰更新ですみません。
笹竹 政村です。


出会いと別れの季節である春も徐々に遠のき始め
季節は巡り、初夏のほのかな香りが漂い始めた日本列島ですね。

私がこの列島で住民登録した行政区は
北海道の十勝管内と東京都の城北地域の何区かにまたがった時代が十数年あったのみで
生活者として街を語れるのは十勝と東京のみに絞られます。

しかし私が昔も今もたまには訪れ、惹かれ続ける街に
大阪という大きな存在があります。数度ほど短期的にしか滞在していませんから
前述したように生活者の視点で大阪並びに近畿圏を語ることは出来ず
フォリナーの視点での語りになるのに歯がゆさを覚えつつも、

今から30年ほど昔に大ヒットした大阪発の名曲の
そしてその名曲の原曲の素晴らしさを、同世代や諸先輩から若い世代の皆様に至るまで認知して頂き、
その偉大なる曲に含有される人間の営みの普遍性をあらゆる垣根を越えて共感しあえたら
とっても素敵だなあ・・・と思い稿を進め始めました。

私が初めて大阪に行ったのは続きを読む

kokasita at 03:27|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2008年01月21日

復帰一発目! 福山雅治に学ぶシングルとお酒の関わり

こんにちは!
笹竹 政村です。

当ブログを更新のたび読んで頂いていた読者の皆様、
ブラウザにブックマークして下さったり、RSSリーダーなどで読んで下さっていた皆様、
時折、何か真新しい情報はないかと確認に来て下さっていた皆様、
検索キーワードで当サイトの該当記事をチェックする機会を得られた皆様に・・・

四ヶ月にも及ぶ更新の停滞がありましたこと深く申し上げます。
ご心配をおかけ致しましてすみませんでした。

諸事・雑事に追われていたのは事実ですけれど、
確かに私自身、若干、モチベーションを落としていたきらいもありました。

でもここで知り合えた皆様とまたWEB上を通して再会したい!―
その思いの熱は止むことはなかったのです。

ただ一年数ヶ月にわたり多くの記事を書いてきたとはいえ
更新を怠りすぎるとブログ自体の生命力が衰退してしまいますよね。
私自身、また今日から初心に返り
ブログを始めた時のような
この恋愛/結婚ジャンルで”キラリと輝くブロガーになる”
という情熱を呼び覚まして、「成長のお薬」を処方して参る所存です。

どうぞ、皆様、今後もこの不肖・笹竹 政村をよろしくお願い申し上げます。


昨日の日曜日はいつものように妻とちょっと離れたところにある温泉に出かけ
帰りは愛車のカーステから流れるラジオの音に続きを読む

kokasita at 09:15|PermalinkComments(20)TrackBack(0)

2007年04月16日

彼女がオバさんになったら貴男はオジさんです!

こんにちは!
笹竹 政村です。


私の40歳の誕生日から早、5日が経過し
この記事を掲載するタイミングとしてはいささか間が抜けておりますが
今日は前回お約束したとおり私と同じ4月11日生まれの
著名人女性をリスペクトし、彼女の世界観から学び得る「お薬」を抽出してみましょう。

私が二十代の頃、熱狂して応援し続けた歌い手さん
その人は森高千里さん(38)であります。

森高千里 画像

今回の渋谷区長選挙に立候補するという、宅八郎に代表されるようなオタクのハシリのみが
森高ファンであったかのような誤解を持っている方は是非、その認識を改めて頂きたい。

森高千里の詞世界を高く評価する識者は多く
(有名なところでは石井竜也、大槻ケンヂ、タモリなど)
私も渉外先の高齢なオエライさんが熱狂的な森高ファンであったため、
交渉が極めて有利に働いたことが何度もありました。

80年代後半から99年、江口洋介氏と結婚するまでの間
「森高ワールド」とまで言われた
彼女自身のライティングで繰り出される
おもしろおかしくも涙さえ誘う詞世界と
けれんみのない打ち込みサウンド、
そしてあのカモシカのような脚線美と美貌で
続きを読む

kokasita at 08:10|PermalinkComments(12)TrackBack(1)

2007年01月14日

「ドレスコード」を満たし、カッコよくキメて出かけてみましょう!

こんにちは!
笹竹 政村です。


景気回復に伴う形なのかもしれませんが、最近、パーティーなどの場で
全国的にフォーマル(インフォーマル含む)の
「ドレスコード」が復権
してきています。
例えばこのようなイベントが近々あります。

ドレスコードの発祥は約100年前の英国。
元来、社交界で男性はタキシードなどを着用し、
女性は大いにドレスアップして「正礼装」で歓談のひとときを過ごし始めました。

会社に行く服装、或いはスポーツ観戦に行く服装、etc...

強制力を持ってドレスコードが規定される一方、
暗黙の了解のうちに醸成されているドレスコードに対するムードもあります。

シングルの男女にとって大きな出会いの”決戦場”として
同僚や友人の結婚式(二次会含む)というものがありますよね。

続きを読む

kokasita at 09:00|PermalinkComments(20)TrackBack(0)

2006年11月25日

「恋をとめないで」 by COMPLEX

こんにちは!
笹竹 政村です。


いやあ、今日は土曜日ですね(^^)。
これから土曜の夜が帳を開きます。

土曜の夜=SATURDAY NIGHT っていうのは
幾つになってもワクワク感が伴うものです。

たとえ、私のような妻帯者でも、
曜日に関係ない仕事をしていたとしても、
トキメキを求めて夜のマチに繰り出したくなる衝動に駆られます。

シングルの皆様にとっては、
新しい恋を獲得したい意欲が
週で一番高まる時間帯=それが土曜の夜なのかも知れませんね。

今、好きな人がいてもなかなか踏み出せない―と思う人や、
現状、いい人が見つからない―とお嘆きの向きには続きを読む

kokasita at 17:40|PermalinkComments(20)TrackBack(0)