お金

2006年06月17日

「経済力(お金)や外見を魅力として重要視しすぎるとヘタを打つ」

こんにちは!
笹竹 政村です。

前回は相手をふってばかりいる人の
内実はむしろ寂しく哀しいものだ・・・

人一人真剣に愛し愛される喜びは
実に深く素晴らしいもの・・・

そのようなことを提唱させて頂き
本当に多くの方が読んで下さり
心から感謝しております。

(まだ、お読みになっていなかったら
是非、前回の記事をご参照ください)


前回の補足的なこととして

「経済力(お金)や外見を魅力として
重要視しすぎるとヘタを打つ」という

当たり前すぎる、しかし我々人間が
陥りやすい盲点をご指摘させて頂きます。

「男女共同参画時代だ!」と
過激なフェミニストに乗せられて

日本政府もそれに付随する多額の予算を
消費していますが、それはそれ・・・

やはり女性の多くの部分は
「結婚したら家計収入の多くは
旦那に稼いでもらいたい!」と

考えているという点は
データでも明らかになっていますし
このブログの以前の記事でも触れています。

ですから、女性の多くは
お相手選びの段階で
どうしても相手の経済力が
気にかかって仕方ない・・・

「あまりそのことばかりクローズアップして
考えるのは浅ましい感じがして
嫌なんだけど、でもどうしても
かなりの部分で気にかかってしまう・・・」

というジレンマを抱えてしまうケースも
多いと思います。

何故、そのような葛藤が生まれるのか・・・
それは、一言でいってしまえば

「金が全てではない」

という厳然たる事実をあなた自身のココロが
薄々気付いているからだと言うことができると思うのです。

確かに結婚生活を営む上で、
お金=経済力は本当に重要なファクターの一つでしょう。

ないよりあったほうがいいに決まっています。

しかし、「それが最も大きな魅力だ」
ということで結婚するなり付き合うなりすれば
その男性のツキが逃げ、
経済的に困窮するような状態に陥ってしまった時

男性から協力を求められて
<「騙された!」という気分一色になり
相手をなじる、怒りに満ちた瞳でにらみつけ、
失望にあふれたため息をつく>

それが、あなたの近未来だとすれば
実に嫌な未来だとお感じになっていらっしゃいますね?

<経済力>も、

また男女問わず
加齢とともに或いは事故などによっても
衰える可能性にある<外見>などに

執着しまくるのは
日本人の根底に眠る美意識から見ても

ぶっちゃけ
<格好悪い>ものです。

潔くいきたいものですね。

どこまでも大切なのは
<初めて手を繋いだ時の”ときめき”>
に尽きるでしょう。

苦楽を共にしたい・・・!

そう感じられる相手が
ホンモノです。

経済力や外見が第一義にならぬよう
気をつけましょう。

笹竹 政村でした。
いつも有難うございます。


kokasita at 00:14|PermalinkComments(10)TrackBack(0)