なーなー

2010年06月05日

パートナーとの良い意味での距離感の保ち方について

こんにちは! 笹竹 政村です。
久しく更新を怠っていましたが、皆様お元気でお過ごしのことと
拝察いたします。

今日はまず今、パートナーや配偶者がいる方への
メッセージ
から始め
次に婚活中の皆様にも「相手との良い意味での距離感の保つ姿勢」について
言及してみようと思います。

ではパートナーがいる皆様へ・・・

付き合い始め、交際中、婚約中、結婚生活・・・
どのような状態においても
男と女という情緒的な部分が異星人ほど違う二人にとって(笑)

日常の愛を温めあう日々においても
常にいろんな問題
が発生するのは致し方ないことです。

相手に対する不平不満・不足の感情、
日常のデートで例えば彼女側が

「彼ったらいつも同じ場所で同じ食事ばかり・・・
もっとドキドキすることを考えてよ」
・・・
というようなことで嘆く話はよくあるケース。

私が思うにそう思える貴女の方が間違いなく彼より恋愛偏差値は高いように感じます。(というか、いわずもがなですが、この場合彼の恋愛偏差値が低いわけですが・・・・)

よって彼に対して否定的な感情でいっぱいにならない方が
ちょっと癪かもわかりませんけれども、絶対的に互いをよく知りあうためには得なわけで、
この際、

「よしっ、今度の食事は私に任せてっ!!」
役割を変えるのも効果のある重要な方策だと思います。

鈍くない男なら、そこで
「あ、自分はデートへの思い入れをあまり強く表示していなかったかも・・・
以後、気をつけねば・・・」
と感じ、彼なりに情報収集など努力を開始するでしょう。

私が声を強めて言いたいのは
続きを読む

kokasita at 14:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)