コンプレックス

2006年09月26日

”感動体質”に変身し、一期一会を大切にしよう!

こんにちは!
笹竹 政村です。


ところでどうですか? あなたは異性に対して理想が高い方ですか?
「自分の周りにいい女(男)いなくって・・・!」とお嘆きになる前に
笹竹の意見も聞いてください。

以前にも書きましたよね。
お相手を高望みしすぎてストライクゾーンを狭めてはいけないと。

今日の内容はあの時と幾分重複するかもしれませんが、
何度強調してもしすぎることのないテーマですので
再度、稿を起こしますね。

私の周辺にも結構います。
「女、紹介してくれ!」とせがむ割りには
実際会うと「ちょっと違う、あのコじゃダメだ」と
否定的な想念に陥ってしまうことを繰り返し続けている人が・・・。

「何で〜? まだどうだかわかんないじゃん。もっと会って
色んな話してみろよ〜」と言うのですが

「いや、ダメだと思う。俺のタイプじゃない」と頑なになり
折角、セッティングしてやったこっちの好意を
簡単にないがしろにしてしまう・・・。

こういうタイプの人は、相手に問題があるのではなく
実は自分自身のこころに大きな問題を抱えていることを識るべきです。

心理学的にいうと「投影」というのですが
自分の秘めたるこころの世界に、
例えばコンプレックス、喪失している自信、トラウマなどがあり

相手とコミュニケーションをとっているつもりでも
暗い自意識がうごめき
相手との空間を居心地の悪いものにしてしまう・・・。

しかし当人はそのメカニズムに気付かず
どこまでも「会ってても楽しめない相手だ」と
居心地の悪さをすべて相手の魅力のせいにし、

何年経っても「自分は女(男)運のない人間だ」と
すねていじけた想念界に低迷してしまうのです。

コチンコチンに理想を固めてしまう前に、
「ああ、人間て素晴らしいものだなあ!」というように
こころがいつも躍動している
”感動体質”に生まれ変わることが急務ではないでしょうか?

人間社会は実に様々なキャラクターたちが
自由自在に織り成す色鮮やかな絨毯(じゅうたん)のようなもの。

十人十色といいますが、よくもまあこんなに
いい意味でも悪い意味でも
いろんな人間がいるものだ!と
多くの人に出会えば出会うほど感心してしまいます。

「へ〜、こんな人もいたのか、初めて会うタイプだ。新鮮だなあ」
「ちょっと今までの好みとは違うけど、こんなタイプも”アリ”かな?」

逐一、日々の出会いで感動を新たにし続けることで
あなたは旧(ふる)い”理想”という名の
自己のしがらみから脱却できます。

常に新たなるもの、
自分のカテゴリになかったものすら受け止めることで、
より多くの出会いが生まれ、
交際の範囲は飛躍的に広がると私は思います。

その感覚を身につけたうえで
「この人、嫌い。合わない」と思う人は
本当にあなたと縁のない、あなたの嫌いな人間です。
関わらない方がいいでしょう(笑)。

”感動体質”に自分を高めるためのエクササイズは
好きな映画、例えばベタですが「タイタニック」が好きなら
何度も何度もDVDで見まくり作品のキモをがっちり掴む、
(読書も同様です)
そしてそういう作品をどんどん増やしていき
価値観の幅を広げることが有効な方策の一つでしょう。

そして精神的に葛藤しないターゲット(物事)なら
どんどん新しい世界に飛び込み、実地で訓練する。

そうしていけば、きっと数ヵ月後には
あなたもこころが常にビートを打つ
躍動美溢れる”感動体質”に変わり、

一度一度の出会いを大切にできる
”大人(たいじん)”へと成長できると信じます。


さてさて、ブログランキングの方ですが・・・

我が目を疑ったのですが
今現在28位!

やったー(>∇<)! 奇跡だ!
皆様のお陰です。

特に過疎ブログだった頃から応援、カキコしてくれている
貴重な男子・がじゃまろ君! ありがとう(><)。

あと3ランク上がれば一番最初のページで紹介されるため
アクセスが飛躍的に上昇するものと思われます。

どうぞ、皆様、今日も宜しくお願い致しますm(__)m。

ワンクリック、プリーズ!

ブログランキング


笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)。

kokasita at 17:07|PermalinkComments(16)TrackBack(0)

2006年08月20日

モテメンチャート/ あなたの該当タイプはどれ???

こんにちは!
笹竹 政村です。


お盆ボケで更新が少し滞ってしまいました。
ブログ開設時のエナジーを復活させて
皆様に役立つ成長のお薬を処方してまいる所存です。

さて今日は所謂(いわゆる)モテメンの種類には
大雑把に分けて二種類あること、そして女性への愛し方も
大雑把に分けて二種類あること、

さらに女性にとって幸せな気分にさせてくれるモテメンの種類も
大雑把に分けて二種類あること・・・など

今日は大雑把−二種類祭り(笑)と銘打って
記事を展開してみます。


モテメンタイプ・A

イケメン、ないしどちらかというとイケメン、或いは時代トレンドに即した
ルックスなどを武器に、まず見た目でアドバンテージを保つタイプ。
当然、一般受けし、引く手数多。恋愛に強い自信をのぞかせる。
(ただしオタクや最近多い目が死んでるタイプは除外)

モテメンタイプ・B

ルックスは普通、どちらかというと普通以下。デブやハゲも含まれる。
見た目にコンプレックスさえある。それゆえに女性を射止めるために
何とかしたいという内なる闘志に目を見張るものがある。
(ただし清潔感がない、私服がダサい・・・は除外)


愛し方・C

絶えず空家にならないよう努め、比較的多く女性の影がある。
女性は寂しいのが嫌いだから、なんだかんだいっても
女性との接触が恒常的なこのタイプを容認する傾向。
恋愛の危機が訪れた場合は、安易に別れを選択する悪癖がある。

愛し方・D

謙虚にレディーファーストに振舞う。一回一回の恋愛に
神社に願掛けに通い続けるほどの熱情と覇気を持って
プライベートは過ごしているが、そのような様は女性には見せない。
恋愛の危機が訪れた場合は、出来るだけのことはする。


女性の幸せ気分・E

自他共に認める自慢の彼氏であり、元来、普遍的に虚栄心の強い女性の
気持ちを高揚させる。ただし、いつ浮気されるかわからない雰囲気が
漂っているので猜疑心の強いタイプの女性は、気が休まらない。
ゆえに一回一回のデートで激しく燃える気分を味わう。

女性の幸せ気分・F

いつも自分を特別に扱ってくれる居心地のよさに、元来、普遍的に寂しがり屋の
女性の心に平安を与える。ただし、その関係が長期化するにつれ
それが当たり前となり、緊張感が薄れ、浮気癖のあるタイプの女性は自分が敵となる。
そうでない場合は永続的な関係を望むようになり【結婚】も視野に入ってくる。

このA〜Fを各項目別にチャートしていくと
都合八種類ものモテメンと女性の組み合わせが生まれてきます。
皆さんも自分と相手のタイプはどれに該当するか
ゲーム感覚で楽しんでみてください。

以下に組み合わせ別のコメントを記します。


A−C−Eタイプ
ひと夏の一発花火的な、組み合わせとしては最も破滅的なタイプ。
まず結婚はむずかしいでしょう。一日一日をスリリングにお過ごしください・・・。

A−C−F 齟齬(そご)あり非成立

A−D−Eタイプ
男性側がイケメンでも謙虚な分、女性としては幸福感が強いでしょう。
ただ浮気の心配が残るのでより猜疑心に火が点きそうです。お気をつけ下さい。

A−D−Fタイプ
男性がイケメンな上謙虚で、居心地がいいという女性からすれば最高殊勲ボーイ。
所謂(いわゆる)白馬の王子様はこの組み合わせか。
理想は高く持ってこの組み合わせを期待してもいいですが、
いつ現われるか解かりませんよ(笑)

B−C−Eタイプ
所謂(いわゆる)面白い人で押しの強いタイプでしょうか。
なおかつ女癖が悪いとくれば昔のさんまみたいなもんですね。
ナンパ師に多いタイプかもしれません。

B−C−F 齟齬(そご)あり不成立

B−D−Eタイプ
ルックスの悪さを優しさでカバーして余りある魅力が、かめばかむほど出てくる。
また人の良さからか、或いは女癖も多少悪いのか浮気の可能性も一丁前に具有。
女性側の手綱さばきの出来・不出来が問われそう。

B−D−Fタイプ
見てくれは悪いがほかの部分で一生懸命、ポイント高し。
このタイプが実は一番女性に喜びと安らぎを与えてくれる
パートナーであるかもしれません。
てまえみそですが笹竹家はこのタイプです(笑)

コメントで皆さんの該当タイプや
今回のこのチャートに関する感想等お寄せください。
一緒に語り合いましょう!!

笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)。

kokasita at 23:17|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2006年08月01日

出会いの<チャンス>はそこあそこに、無限に転がっている!!

こんにちは!
笹竹 政村です。


「結婚したい、でも出会いがない」

実によく耳にするフレーズです。

でもね、そんなに出会い、皆さんの周りに少ないのでしょうか?

NO! 出会いはそこあそこに無限に転がっています。

今日は私の20代の頃の苦い実例をここで吐露し
ダメな男の代表として参考にしていただければ・・・
と思いしたためますね。

あれは冬でした。
JRの普通列車で「宛てのない旅」をしていた時ですから
正月休みとかじゃなかったでしょうか?

忘れもしません。栃木県の足利という町の駅から
可愛い清楚な感じのOL風の女性が一人乗り込んできて

四人が座れる対面式のボックス座席に
一人座りました。

それまで所在無くデッキでウロウロしていた私は
「これはチャンスだ」と確信し

つかつかと彼女のボックスまで進み

「すみません、ここ空いてますか?」

と問い掛けますと

「ええ、どうぞ(^^)」

と満面の笑顔で座らせてくださいました。

ここまではよかった。実に積極的なよい姿勢です。
でもその後が散々だと、むしろ近寄らなかった方が
お互いのためということになってしまいます。

ああ、嗚呼・・・、今こうして書いていても
あの頃のあまりのうぶさ加減に情けなさを禁じ得ません。

もう普通に考えてこれだけで、大チャンス、
巧い人ならさりげなく話し掛けて
どんどん活路を見出していくシチュエーションでしょうね。

もし懇意になれなかったとしても
こういう場合、
若い男女が対面で座るというケースは

男側が話し掛けるのが礼儀というものです。
何故なら、話し掛けなかったらどんどん気まずくなるからです。

あの当時、前の彼女と別れて数年以上経過しており
私は完全に”女性との場”を創出する柔軟性が欠如していました。

(いい正月ですね・・・、どちらまで・・・
いいとこですね、この辺は・・・あーなんでもいいから話し掛けろ!
座らせてもらってからに、何やってるんだよ俺は!)

そんな具合に逡巡(しゅんじゅん)していると女性も、私の精神の葛藤を
感じ取ったのか、気まずそうに窓からの景色を見たり
うつむいたりして、ますます我々の座るボックスの空気は
淀んでいきました。

結局、足利から数駅離れた桐生で
女性は「失礼しまーす(^^;」と

ひきつった笑顔を浮かべ降りていきました。

何故、私が話し掛けられなかったのか・・・

それはまず一つにコンプレックスです。

ですがそれよりも問題なのは
たいした男でもないくせして
鼻持ちならない自意識過剰さを持っていることが挙げられるでしょう。

<こう話し掛けたらどう思われるだろうか・・・>

<変に思われやしないか・・・>

せっかくの思い出を創る大チャンスを前にして
頭の中で、堕落しきった弱い精神と
チーチーパッパしていたに過ぎません。

そもそも、女性が笑顔で座らせてくれたこと自体
私とのコミュニケーションを拒んでいない、
むしろ少しくらい楽しみに思っている節さえあります。

そもそもデッキでウロウロしていた怪しい男が
いい女が座席に座ったと同時に
移動してくること自体、十分に変です。

でも男と女は、いつ如何なる時でも
相手がいようが、空き家であろうが
素敵な出会いのシチュエーションは求めているものなんです。

とことん出会いがない・・・と言って
大金を払って相談所に行くくらい

男女とも出会いに飢えています。

出会いの場が少ないのではなく、

私の足利〜桐生間の失敗を見て明らかなように
逡巡(しゅんじゅん=思い悩む)する暇があること自体が”敵”です。

足利〜桐生間は20分以上もの時間がありました。
時間がありすぎたのです。

中途半端に時間があるほど、
例えばミクシィなんかで中途半端な出会いのチャンスが
あればあるほど、チャンスを活かせなくなります。

どんどんオフ会やったらいいんです。
「この人はダメだな」と思えばさっさと撤退して
次に行けばいいんですから・・・。

ちょっと今日は自分の情けない話から飛躍して
激しい論調になってしまいましたが

要は”幸せになりたい”という
<何よりも泥臭い執念や根性が実を結ぶのだ>
ということを強調して終わります。

チャンスはそこらじゅうに転がってますよ!
それを忘れずに!
GOOD LUCK!

笹竹 政村でした。


kokasita at 19:09|PermalinkComments(8)TrackBack(0)