セックスレス

2007年06月28日

<世界一のセックスレス大国ニッポン?!>何が男たちの野性を狂わせたか分析してみた

こんにちは!
笹竹 政村です。


今日は大和男児を侮蔑するようでもあり、
かつ非情で滑稽でもあるニュースがこのほど一部マスコミで報道されたので
それを受け、ブログを展開してみます。

以下の記事をお読みください。

フランス公共ラジオは27日、世界26カ国で行われた性意識に関する世論調査の結果、
性交渉の年間平均回数が最も多いと推定されるのがギリシャで164回、
最下位は日本の48回だったと伝えた。

上位はブラジル、ポーランド、ロシアなどで、インド(同130回)が6位、
中国(122回)は9位、フランスは11位。
自身の性生活に対する満足度では「満足している」と答えた人が67%のナイジェリアが1位。
日本は15%で、これも最下位だった。
米大手調査会社ハリス・インタラクティブが計約2万6000人を対象に調査したという。(共同)

これだけの本文による記事なのですが・・・。

まあ、何と言いましょうか(^^;
最近この種のデータでも日本人のセックスレスぶりが
盛んに指摘されることとなっています。

女性誌を筆頭にした活字媒体をはじめ
時にはテレビでも、またこのネットにおいては
実にセックスレスという言葉は凄まじく氾濫していて
検索キーワードとしても<非常に強い>言葉であるため
様々なセックスレス解消ビジネスも花盛りであります。

ともかく今日のところは
話を夫婦に限定して書き進めていきますが
確かに日本は絶倫国家ギリシャや
恍惚国家ナイジェリアのような

<今夜はとことんSEXを楽しむぜ、BABY!>というようなノリは
歴史的にも他国より希薄といわざるを得ないでしょう。
そのことについて私如きが論説を加えるにはおこがましいので
あえて書き得ませんが、
確かにそうであることは多くの方の肯定を頂ける性質のものではないかと思います。

では日本人はエロくないか???―と問われれば
東南アジアで暴れ回る少女買春ツアーのけだものたちは言語道断としても
発展途上国を中心にしてドエロアニマルニッポンの名を男たちが轟かし、
女は女でアメリカやイタリアで一番簡単に<やらせてくれる>イエローキャブと蔑まれ、

氾濫するポルノグラフイック・ムービー・グッスの量、密度は世界屈指でありましょうし
大都市ならどこにでもある性風俗街の活況ぶりは様々なカテゴリを現出させた上で
二次的産業(例えば風俗専門誌や風俗求人誌など、その他たくさん)を
派生させるほどの裾野を擁しております。

また歪んだジェンダーフリー教育の残滓(ざんし)として
売春行為も一般的にはボトムで中学生から年増まで、さらには多国籍軍も加わり
ローマ帝国の断末魔を思わせるような乱れっぷりです。

これだけ善悪の別は度外視して
エロスに満ちた風潮が支配する国なのに
何故、夫婦の営みとなると世界最低水準なのか―

いろんな原因があると続きを読む

kokasita at 23:51|PermalinkComments(12)TrackBack(0)