デート

2008年02月13日

笹竹流<自然に最高の笑顔でチョコレートを渡せるエクササイズ>

こんにちは!
笹竹 政村です。


復帰二発目! でも少しいやまたしても
だいぶ更新の頻度が遅いっ(゚Д゚;
明日はバレンタインです!
バレンタインの前日に更新しなければ
とてもとても恋愛ジャンルのブログとは言えないっ!!

昨年に続き、今年も<バレンタイン前日>バージョン行きます。
最後までお茶でも飲みながら、ごゆっくりお付き合いください( ^‐^)_且~~

今年はまず、明日、<本命>を渡す女性
さらには渡すにあたっていささかの緊張感や不安、妙なドキドキ感があるという方に対し
笹竹流・<自然に最高の笑顔でチョコレートを渡せるエクササイズ>を伝授します。

それには該当しないという方や男性諸氏も
「このおじさん、面白いこと考えるね」ぐらいの感じで
読み進めてくれれば嬉しいです。

さて、

<本命>も大きなくくりで分けると
まあ、三つに分かれるのかなあ・・・と私は考えています。

一つは
A)STADY に対して(だんな様、彼氏)
二つ目は
B)非STADY に対して(好きな人に告白やアプローチ)
最後に
C)POTANTIAL を秘めた相手に対して(友達以上恋人未満、自分の気持ちがよくわからないが
何か気になる など)

―というように分かれると考えます。

しかしそれらすべてに共通して言えることは
会社などの本当に”お義理”で渡す相手や
好きでも嫌いでもない・・・とか、
或いはむしろ嫌い・・・とか(笑)
そういう<義理>の相手と上記A〜Cは根本的に違うことは言うまでもありません。

<義理>にはまあ、当然といえば当然ですが
さして<自分という女の>心が込められる機会は少ないものですけど

A〜Cには自分という一個の女性が
渡した相手にどう思われるかどのような気持ちで受け取られるか
そしてその行為の後に、どんな未来が拓けるのか・・・

そういう自己を主体とした相手との関係性を心身が
潜在〜顕在意識で占うがゆえに緊張もするし、心拍数も上がる。
臆病にもなる人もいれば、不安が顔をのぞかせる場合もあると言えるでしょう。

グダグダにならず、てんぱらずに
続きを読む

kokasita at 11:44|PermalinkComments(16)TrackBack(0)

2006年10月26日

デート中、色気ムンムンの女が通った! その時・貴男は?

こんにちは!
笹竹 政村です。


今日は今、彼女がいない貴男も
彼女がいる貴男も、はたまた結婚している貴男も

是非、知っておいた方がいい「あるシチュエーション」における
女性への態度の在り方について
サラリと記述しますね(^^)。

例えば、昼下がりのオープンカフェであなたが彼女と
道行く人の群れを観ながら、ティータイムを楽しんでいたとします。

そこに”コウダ・ナニガシ”ばりのショッキングな衣装をまとった
色気ムンムンかつ美しいオナゴがゆっくり通っていったとしますね。

イメージ


そのときあなたは次の二つのうち
どちらに該当する態度をとるのでしょう???

続きを読む

kokasita at 07:48|PermalinkComments(18)TrackBack(0)

2006年08月08日

"出会い始めのデート”でしっかりリードし、男を上げよう!

こんにちは!
笹竹 政村です。

ちょっと更新間隔空いてしまいました。
人気ブログランキングとかで常に上位に進出する人は
ほぼ毎日更新し、自分の置かれている順位というのを
絶えず気にしていますね。

私も人気ブログランキングなど、ブログランキングサイトへの
参戦を最近考え中ですが、どのサイトが自分のブログにマッチしているのか
よく精査していずれリンクを貼りたいよ思いますので
皆さん、是非その折は笹竹 政村を応援してくださいね(^^)。

さて今日は、男性の女性に対するリードのあり方について
男性諸氏に大まかなレクチャーをしていきたいと思います。

良くも悪くもこの男女共同参画と呼ばれる時代、
”女性上司に仕える男性部下”という構図も
全く珍しくない状況になりました。

職場でバリバリ、男の部下を掌握し
指示を下し時に叱責する・・・

そんなデキる女も急増中のこの時代においても
こと恋愛―結婚となると女性は急にしおらしくなる〜
結婚相談所等の職員はそう語っているようです。

時代の様相が如何ほどに変わろうとも
未婚の女性とは、如何に日々の暮らしぶりが逞しかろうとも
乙女心をしっかり堅持しているものなんだなあ
と微笑ましく感じもしますね。

接近、交流、結合と言う過程において
男性=能動的、女性=受動的、という流れは
恐らく生物学的に、人間学的に普遍かつ不変のものであり
本質的な真実でありましょう。

如何に大都市のギャルが逆ナンしようとも
そういう事象は末期的な現代社会のあだ花であって
普通は
”男が誘い、女は待つ”
これがセオリーです。

女性は基本的に男性にリードされたいと思うもの。
出会い始めの頃、男性がいったいどんなプランニングで
自分を楽しませてくれるか・・・
女性はシビアにチェックしています。

私などはこの出会い始めの頃のデートのプランニングが
今までの恋愛でも大好きでしたが
最近の去勢された感のある一部男性の間では

”なんでデートしなきゃいけないのかわからない”

という実に哀しいことを言う人も増えているようです。

そんなんではいつまでもマニアックな趣味に埋没するか
AV鑑賞で自分を慰め続けるしかない人生が茫漠(ぼうばく)と続くのみです。

好感を持つ女性の心からの笑顔ほど
男を癒す美しいものはありません。
ほんとです。
ほんとにいいものです。

どんどん出会い始めのデートで女性をリードする
喜びに目覚めていって欲しいと思います。

行き先、食事場所などちゃんと決まっていないと
「自分のことを大切に考えてくれないんだ・・・」
と女性はいじけます。

結果、無言の気まずさのまま
「もうこの人とは会いたくない」と判断されてしまいますので

余裕のなさ過ぎるキツキツの計画を立てろ―とは言いませんから
大まかなデート当日の青写真は描いておいてください。

男性の皆さんは初デートの思い出や
苦い経験など、そして今度出会う相手とは
どんなデートをしていきたいか・・・etc カキコして
頂くと嬉しいです。

また女性の皆さんは
出会い始めの頃のデートで体験したいい思い出、
ありえない思い出などのエピソードも交えて
いつもどおり
忌憚(きたん)のない男性への意見をお願いします。

笹竹 政村でした。
明日も読んでくださいね(^^)。


kokasita at 16:35|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2006年06月26日

会話中の沈黙を恐れるな!

こんにちは!
笹竹 政村です。

今日は日常でも男女間でも
往々にして起きる
<会話の途中で不意に言葉が途切れ気まずくなる>

そんな時の有効な対策を伝授させて頂きます。

まずあなたに質問ですが
そもそも人と会話でコミュケーションするとき
専ら喋り手ですか? それとも聞く側?
或いは両方共に当てはまる?

末永く恋愛する、
パートナーと連れ添って生きていく・・・

そのためには「喋り専門でも「聞き専門」でもうまくいきません。
「両方を兼ね備える」ことが肝要です。

特に喋ることがコミュニケーションを成立させるために
何よりも重要なカギを握る・・・と
考えられている向きには

次々に話題を振って、盛り上げることに
全精力を注ぎ込みますよね?

そして何よりも会話が途切れる
シーンとした沈黙・気まずさを怖がる・・・

怖かるゆえに更に喋り倒し
お相手に幻滅を与えるという
スパイラルに陥ってしまいます。

そもそも何か面白いことを言って<喋り倒す>ことで
異性が陥落するという考え自体、
大いに間違っているのですが

それはさておき・・・

もし今度、あなたがデート中
例の<恐怖の沈黙>が訪れ気まずくなったら
その気まずさを隠し、
何か別の話題を振ろうとする前に

一言

「気まずいね」

と正直にお相手に
呟いてみてください。

「そうだね、気まずいね」お相手はそういいつつも
ほっと笑顔を見せてくれるかも知れません。

どういう風な対応が待っているかは
お相手によって千差万別だとは思いますが、

少なくとも、
<会話中の沈黙すら許せないあなたの神経質さ>
から解放されて、二人の関係はより良い方向に向かう
可能性のほうが高いと思います。

気まずい時は「気まずいね」と正直に言う。
その方が相手は「自分に心を開いてくれている」
と感じるものです。

とにかく、
異性へのしゃべくり倒しには、注意にも注意が必要です。

笹竹 政村でした。
明日も読んでくださいね(^^)。

kokasita at 16:22|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

2006年05月13日

女性との会話は「一つの作品」のように紡(つむ)げ!

こんにちは!
笹竹 政村です。

今日は初対面の女性とのコミュニケーションで、
かって私が大いに間違っていたポイントを要約して
共に考えてみましょう。

20代の自意識過剰に過ぎた時代、私は
とにかく場を盛り上げて、笑いを取り、

「面白い人だ」と思われれば勝ちだ・・・
と勘違いしてしゃべくりまくってましたね。

痛いですね・・・(^^;
振り返るだけでも痛々しく、恥ずかしくなります。

何人かの女性とお付き合いし
今の妻と夫婦生活を営む過程で思い知ったこと、

人間同士の会話は”双方向”でなくてはならない、
それが女性相手なら尚のことです。

女性はいうまでもなくその場の
雰囲気=ムードを大切にしますよね。

会話も例えお茶らけた馬鹿話でも
「一つの作品」を紡いでいくようなスタンス、

いうなれば様式美を求めている存在=女性
ということがいえるでしょう。

それを一方的に、相手の心の状態も吟味しないまま
一方的に勘違いに過ぎた

”誤った黄金パターン”で押しまくるものですから
多くの女性に敬遠されるようになったものです。

まず、女性の話を引き出し、じっくり聞いてあげること、

いうなれば”父性”の如き大らかさで
女性を包み込み、前述した双方向の会話であるかを
よくよく吟味する。

せっかくの初デートが
”男の演説”で終わってしまわない様
注視しながら、お相手の女性の引き出しを
一緒に開けてあげる

まずはこの点に集中してください。
その後からなら

あなたの話したいこと、
伝えたいメッセージも

容易に、双方向に
伝わっていくと思います。

笹竹 政村でした。
明日も読んでくださいね(^^)。


kokasita at 06:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)