ネット見合い

2006年06月09日

「お相手高望みの旅」は人生を”険しく寂しく”させる?!

こんにちは!
笹竹 政村です。


唐突ですが・・・

男女の出会いにおいて
「お金や時間をよりたくさん投資すれば、
理想に近い人に出会える・・・とは限らない」

という冷徹な真実について
今日はまた一から考えていきましょう。


賢明な皆さんならそのようなことを
私から今更、繰り言のように言われるまでもなく
解かっていらっしゃると思います。

しかしあまりにこれまで
「異性運がなかった」などの理由で、
「出会い」とは、そして「恋愛」とは
という基本的な部分を履き違えている方に

「金を使えば使うだけいい相手にめぐり会えるはずだ・・・!!」

そうココロの中で叫び、結婚相談所を掛け持ちし
大金をつぎ込んでいる方も(概して30〜40代男性に多いようです)
この国には存在する・・・ということを文献等で知りました。

このブログを始めたばかりの頃の記事にも
結婚相談所に湯水の如くお金をつぎ込む前に成すべき事、

<それは”非・恋愛体質”から”恋愛体質”への脱皮を図り
自己維新を遂げることだ>と強調してきましたね。

私も結婚紹介業全てを否定する
思想の持ち主でもありませんし
何ごとも新しいことを始める時には
お金が要るものだ―ということくらいは理解しています。

ですが、出会いの形が多様化する中で
片っ端に様々なチャネルに登録して
なけなしの軍資金を投資し続けても

理想のお相手に辿り付けるかは
甚だ疑問符をつけざるを得ません。

結婚相談所にしても
ネット見合いにしても
或る程度のリサーチ期間を経たなら

「よし、ここで決めてやる!」とハラを括(くく)り
勝負する、そして妥協すべきは妥協する。

あくなき「お相手高望みの旅」は
むしろ人生を”険しく寂しく”させるとは思いませんか?

どうも私にはそんな気もしてしまうのですが・・・。


笹竹 政村でした。
明日もよろしくお願いします。

kokasita at 19:25|PermalinkComments(10)TrackBack(0)